女子ゴルフの日程。2021年の速報と優勝者一覧。

スポンサード




2021年女子ゴルフの国内女子ゴルフツアーの日程と速報です。優勝者と賞金額を一覧で紹介します。

2021年は公式戦以外の「LPGAが主催」する新規大会の開催が決定しました。

仮称としていた「楽天スーパーレディース」が正式に決定しました。

開催日は7月29~31日でJLPGA主催の新規競技の大会名称は「楽天スーパーレディース」です。

開催コースは、東京五輪期間中のため西日本で調整されていましたが兵庫県加東市の「東急グランドオークゴルフクラブ」に決まりました。

女子ゴルフトーナメントは新型コロナウイルス感染拡大の影響により、2020年と2021年が統合し1シーズンになっています。

2020年の14試合、そして2021年の37試合で1シーズンです。

又、2021年は女子ゴルフの「東京オリンピック2020」が7月29日~8月7日まで開催されます。

コロナ禍の緊急事態宣言化ですが無事に行われることを願うだけです。

こちらの記事も合わせてお読み下さい
2021年副賞の車

女子ゴルフトーナメント2021年。優勝賞金と副賞の車一覧

さて、熱中症で倒れるゴルファーが多くなっています。紫外線は体力を消耗させます。

ラウンドする前に、資生堂のANESSA(アネッサ) でしっかりと紫外線対策を行って下さい。

ANESSA(アネッサ)はシトラスソープの香りがとてもいいですよ。それでは、各試合の優勝者と注目選手を紹介します。

目次

 

出張の多いゴルファーの皆さん!

ゴルフ大好きな40代~50代のゴルファーさん。少しづつ有観客になってきました。

さて、商談は今でもリモートですか?でも詰めは「対面」ですよね。そんな大事な出張には、

航空券プラス宿泊で格安になるエアトリを利用して下さい。

↓↓エアトリの評判と特徴はこちらから↓↓

女子ゴルフの日程。2021年の速報と優勝者一覧。21戦~30戦。

()内は2020-21年シーズンです。

第21戦(35戦)「大東建託・いい部屋ネットレディス」(有観客)

小祝さくら選手は今大会で連続出場111試合目です。

開催日程:7月22日~7月25日
開催場所:滝のカントリークラブ(北海道)/(6,578 Yards/Par 72)優勝賞金:2,160万円

第21戦の速報。優勝は申ジエ、通算26目。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E7%94%B3%E3%82%B8%E3%82%A8&imageId=250479

優勝:申ジエ:35+36=71(-1)4バーディ、3ボギー

通算:68+68+66+71=273(-15)

首位から出た申ジエプロが4バーディー、3ボギーの71で回り、通算15アンダーで優勝しました。

今季(20-21年)4勝目です。日本ツアー通算26勝目で永久シードまで残り4勝となりました。

念願の日本での賞金女王に少しづつ近づいています。

26勝の履歴はこちら⇒申ジエのゴルフと“2020-21年4勝目”のクラブセッティング2020。

第21戦の速報。3Rの首位は申ジエ

1位:申ジエ:32+34=66(-6)6バーディ、ボギーフリー
通算:68+68+66=202(-14)

第21戦の速報。2Rの首位は全 美貞

1位:全 美貞:32+36=68(-4)7バーディ、1ボギー、1ダブルボギー

通算:65+68=133(-11)

第21戦の速報。1Rの首位は渡邉彩香

1位:渡邉彩香:8バーディ、ボギーフリー

ホストプロ渡邊彩香のコメント:引用:ヤッフーニュース

「年間を通して頑張りたい試合の一つ。去年は開催ができなく久しぶりなので、気合いが入っています。インコースはティーショットをきざんだり、頭を使わないといけないホールもある。メリハリをしっかりつけていきたい。アウトコースは比較的に飛距離で勝負ができそう。インコースは安全に」

2位:全 美貞:8バーディ、1ボギー

第22戦「2021楽天スーパーレディース」(有観客)

開催日程:7月29日~31日
開催場所:東急グランドオークGC(兵庫県)
日本女子プロゴルフ協会が主催する新規大会です。

1日当たりの一般ギャラリーは最大2000人、関係者らも含めて3000人に制限する予定です。

第23戦「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」

開催日程:8月13日~8月15日
開催場所:軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県) / 6,705Yards Par72(36,36)

優勝賞金:万円

第24戦「CAT Ladies 2021」

開催日:8月20日~8月22日
開催場所:大箱根カントリークラブ(神奈川県) / 6,704Yards Par73(36,37)

優勝賞金:万円

第25戦「ニトリレディスゴルフトーナメント」

開催日:8月26日~8月29日
開催場所:小樽カントリー倶楽部(北海道) / 6,650Yards Par72(36,36)

優勝賞金:万円

第26戦「ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント」

開催日程:9月3日~9月5日
開催場所:ゴルフ5カントリー四日市コース(三重県) /

優勝賞金:万円

第27戦公式「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」

開催日程:9月9日~9月12日
開催場所:静ヒルズカントリークラブ(茨城県)

優勝賞金:万円

第28戦「第52回住友生命Vitalityレディース東海クラシック」

開催日:9月17日~9月19日
開催場所:新南愛知カントリークラブ 美浜コース(愛知県)  / 6,437Yards Par72(36,36)

優勝賞金:万円

第29戦「第48回ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」

開催日:9月24日~9月26日
開催場所:利府ゴルフ倶楽部(宮城県)  / 6,505Yards Par72(36,36)

優勝賞金:万円

第30戦「公式戦、日本女子オープンゴルフ選手権競技」

開催日程:9月30日~10月3日
開催場所:烏山城カントリークラブ(栃木県)

優勝賞金:万円

女子ゴルフの日程。2021年の速報と優勝者一覧。11戦~20戦。

()内は2020-21年シーズンです。

既に報道されてご存知だと思います。黄金世代の三浦桃香選手は紫外線アレルギーで体調を崩しツアーの第一線から引退することになりました。

紫外線アレルギー?私は関係ないと思っている方は、検索して調べて下さい。

日焼け止めも難しくなってしまうようですよ。アレルギーになる前に、ラウンドする前に、しっかりと紫外線対策をして下さい。

資生堂のANESSA(アネッサ) はシトラスソープの香りがとてもいいですよ。自分に合う日焼け止めを見つけて下さい。35

第20戦(34戦)「GMOインターネット・レディースサマンサタグローバルカップ」

小祝さくら選手は今大会で連続出場111試合目です。

開催日程:7月16日~7月18日
開催場所:イーグルポイントゴルフクラブ(茨城県)/ 6,657Yards Par72(36,36)


優勝賞金:1,800万円

第20戦の速報:優勝は若林舞衣子、悔し涙から歓喜の涙へ。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E8%8B%A5%E6%9E%97%E8%88%9E%E8%A1%A3%E5%AD%90&imageId=250075

1位タイ:若林 舞衣子:34+35=69(-3)5バーディ、2ボギー
通算:63+69+69=201(-15)

若林舞衣子が2017年以来のツアー通算4勝目を挙げました。

先週の「ニッポンハムレディスクラシック」ではプレーオフで堀琴音に敗れましたが、今回はプレーオフで優勝することができました。

優勝時のセッティング⇒若林舞衣子「ママで優勝する」のクラブセッティング

若林舞衣子のコメント:引用:ヤッフーニュース

「今、若い世代が出てきていて、絶対に結婚、出産について1回は悩むと思う。私やさくらさんが頑張ることで結婚、出産をしてもトップで戦えると思ってもらいたい。それは復帰する時に思っていた。ただ復帰するだけでなく、結果を残して復帰したかった」

とても素晴らしいコメントです。女子ゴルフは確かに若いプロゴルファーが続々と誕生しそして活躍しています。

しかし30代になると少しづつ優勝争いする選手も少なくなってきます。

横峯さくらプロも出産し今参戦しています。米国では女子ツアー会場には子供を預かってくれる施設があるそうです。

日本でもこれからママプロゴルファーが増えて若林プロのように優勝争いをする選手も増えてくることでしょう。

ちなみにいままで国内女子ツアーで出産後の優勝者は5名でした。若林プロが6人目ですね。

第20戦の速報:優勝は若林舞衣子、女子ゴルフママさん優勝は6人目。

女子ゴルフではママさんになって優勝したプロは5名いました。

  1. 森口祐子の出産後の初優勝:89年4月(出産後の勝利数:11勝)
  2. 樋口久子の出産後の初優勝:90年8月(復帰後27試合目)
  3. 木村敏美の出産後の初優勝:93年4月(復帰後43試合目)(出産後の勝利数:10勝)(最後のママさん優勝:07年3月に挙げたアコーディア・レディース)
  4. 山岡明美の出産後の初優勝:94年5月(出産前には優勝経験無し)
  5. 塩谷育代の出産後の初優勝:01年5月

若林舞衣子のママ優勝は14年ぶりの快挙ですね。結婚を考えている女子プロゴルファーの皆さんも若林プロの優勝で新たな境地が開かれたと思います。

1位タイ:野澤 真央:36+34=70(-2)
通算:63+68+70=201(-15)

首位から出た野沢真央は、プレーオフの末に若林舞衣子に敗れ、初優勝はお預けになりました。

プレーオフ2ホール目のバーディーのコメント:引用:ヤッフーニュース

上りだったので、しっかりと打ったんですけど、それがちょっと保険をかけて厚めに読んだのがカップに蹴られた

第20戦の速報:2Rの首位は野澤 真央

1位:野澤 真央:33+35=68(-4)5バーディ、1ボギー

通算:63+68=131(-13)

2位:若林 舞衣子:33+36=69(-3)3バーディ、ボギーフリー

通算:63+69=132(-12)

若林舞衣子はツアー通算3勝の“ママさんゴルファーです。初優勝は2008年の「SANKYOレディースオープン

2018年11月から産休制度を利用し、2019年4月に第一子となる長男を出産しました。

2R目は3バーディー、ボギーなしの69で回り、通算12アンダーで首位と1打差の2位でフィニッシュしました。

第20戦の速報:1Rの首位は野澤 真央、若林 舞衣子、濱田 茉優

1位:野澤 真央:32+31=63(-9)10バーディ、1ボギー
1位:若林 舞衣子:29+34=63(-9)9バーディ、ボギーフリー
1位:濱田 茉優:32+31=63(-9)10バーディ、1ボギー

素晴らしいスコアーが出ました。ママさんで優勝を狙う若林舞衣子が9アンダーで首位に立ちました。ノーボギーは立派です。

第19戦(33戦)「ニッポンハムレディスクラシック」

小祝さくら選手は今大会で連続出場110試合目です。

開催日程:7月8日~7月11日
開催場所: 桂ゴルフ倶楽部(北海道)/ 6,602Yards Par72(36,36)
優勝賞金:1,800万円

第19戦の速報。優勝は堀琴音。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%A0%80%E7%90%B4%E9%9F%B3&imageId=249748

1位:堀琴音:33+34=67(-5)5バーディ、ボギーフリー
通算:67+72+68+67=274(-14)

堀琴音は首位の若林プロとは2打差で2位からのスタートでした。

スタートホールをバーディで発進し5バーディボギーなしの「67」通算14アンダーで回りました。

若林舞衣子は安定したショットで3バーディボギーなしで通算14アンダーでフィニッシュしました。

堀琴音と若林舞衣子とのプレーオフは3ホール目で堀プロが制し、プロ8年目の25歳で悲願のツアー初優勝を遂げました。

堀琴音プロの優勝時のセッティング⇒堀琴音が復活「涙の初優勝」のクラブセッティング。

1位:若林 舞衣子:34+35=69(-3)
通算:68+71+66+69=274(-14)

第19戦の速報。3Rの首位は若林 舞衣子

1位:若林 舞衣子:32+34=66(-6)6バーディ、ボギーフリー
通算:68+71+66=205(-11)

若林舞衣子はママさんで初優勝に大手です。フロントナインで4つ伸ばし、トータル9アンダー・単独首位に浮上しました

2位:堀 琴音:35+33=68(-4)4バーディ、ボギーフリー
通算:67+72+68=207(-9)

第19戦の速報。2Rの首位は西村 優菜

1位:西村 優菜:33+35=68(-4)6バーディ、2ボギー
通算:68+68=136(-8)

2位:森田 遥:33+35=68(-4)6バーディ、2ボギー
通算:69+68=137(-7)

今大会での注目は「最終プロテスト合格者」の5人が出場しましたが決勝進出者は2人でした。

父がシニアプロの橋添穂(みのり)はトータル1アンダー・25位タイでプロになって初めての決勝進出です。

決勝ラウンドでどこまで伸ばせるか?注目です。

もう一人は単年登録者として参戦していたリ・ハナ(韓国)が決勝ラウンドに進みました。

残念ながら予選落ちした選手は、地元でデビュー戦を迎えた内田琴子がトータル4オーバーで74位タイ。

後藤未有はトータル10オーバーで113位タイ。

松本珠利はトータル11オーバー・115位タイ。

第19戦の速報。1Rの首位は堀琴音

1位:堀琴音:33+34=67(-5)6バーディ、1ボギー

プロ8年目でツアー初優勝を目指す堀琴音が6バーディー、1ボギーの67で回り、単独トップで発進しました。

堀琴音の首位は2017年「フジサンケイレディスクラシック」第1ラウンド以来、85試合ぶりです。

2018年にドライバーショットが極度の不振に陥りシードを失いもがき苦しんでいました。

何かキッカケが欲しかったのか?

長年住んでいた神戸を離れ、東京で一人暮らしを始めたのが転機となったのかもしれません。

森守洋コーチ(44)に師事し、持ち球をドローからフェードにチェンジしました。安定度はこれからのデータから分かりますね。

期待しましょう。2位タイは10名

第18戦 (32戦)「資生堂 アネッサ レディスオープン」(無観客)

小祝さくら選手は今大会で連続出場109試合目です。

昨年はコロナ禍で中止となり、今年2回目で無観客の開催です。2019年の初代女王「渋野日向子」は欠場です。

開催日程:7月1日~7月4日
開催場所:戸塚カントリー倶楽部(神奈川県)


優勝賞金:2,160万円

後藤未有をはじめ先週プロテストに合格した新会員9名のプロゴルファーが参戦します。

決勝に進出したプロテスト合格者の中で最高位(31位)の平井亜実は「凄いデビュー戦になった。

最後は悔しいゴルフになったけど、足りない部分が分かったのでいい経験になりました」とコメントを残していました。

第18戦の速報。優勝は鈴木愛。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E9%88%B4%E6%9C%A8%E6%84%9B&imageId=249387

優勝:鈴木愛:33+35=68(-4)1イーグル、3バーディ、1ボギー

通算:66+68=134(-10)
セカンドカットも行われ最終Rの決勝が始まりました。

1打差2位から最終Rをスタートした鈴木愛が1イーグル、3バーディー、1ボギーの68で回り、通算10アンダーで今季初優勝を手にしました。

2019年11月伊藤園レディス以来、約1年8カ月ぶりの優勝でツアー通算17勝目です。

第18戦の速報。3Rは4時間遅れでスタート。

7時に1番ティーからスタートする選手は2時間、2時間遅れの11時のスタートになりました。

そのため45人が第1ラウンドを終了できず、日没サスペンデッドとなりました。明日の天気も不安定で36ホール完遂できない場合は競技は不成立になります。

注目の選手は、「平井亜実」選手です。先週のプロテストは5度目でした。合格しホットした後の試合は暫定8位。

24歳の石川県出身の女子プロゴルファー新たなスタートです。

第18戦の速報。2Rは悪天候のため中止。

悪天候のため2日連続の中止が決定しました。

従って、今大会は36ホールの短縮競技(賞金加算額は50%)となり、70位タイまでの選手が最終ラウンドに進出します。

しかし3日も天気予報では悪天候ですので、完全中止になってしまうのでしょうか?

第18戦の速報。1Rは悪天候のため中止。

第17戦(31戦)「アース・モンダミンカップ」(有観客)

小祝さくら選手は今大会で連続出場108試合目です。

開催日程:6月24日~6月27日
開催場所:カメリアヒルズカントリークラブ(千葉県)


優勝賞金:5,400万円

第17戦の速報。菊地絵理香は完全優勝。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E8%8F%8A%E5%9C%B0%E7%B5%B5%E7%90%86%E9%A6%99&imageId=248892

優勝:菊地 絵理香:34+34=68(-4)4バーディ、ボギーフリー

通算:65+69+66+68=268(-20)

菊地絵里香は初めて4日間大会を制しました。2017年3月のTポイントレディス以来、ツアー通算4勝目です。

プロ14年目の菊地は初日から1度も首位を譲らない完全優勝でした。

2位:西郷 真央:33+33=66(-6)7バーディ、1ボギー

通算:67+69+68+66=270(-18)

第17戦の速報。3Rの首位は菊地 絵理香。

1位:菊地 絵理香:33+33=66(-6)7バーディ、1ボギー

通算:65+69+66=200(-16)

菊地絵理香は2位のテレサに2打差の単独首位でスタートし、7バーディ1ボギーの66で終了し通算16アンダーで2位に4打差をつけて完全Vに向け独走態勢に入りました。

優勝すれば2017年3月のTポイントレディス以来となるツアー通算4勝目になります。

2位:西郷 真央:35+33=68(-4)5バーディ、1ボギー

通算:67+69+68=204(-12)

第17戦の速報。2Rの首位は菊地 絵理香。

1位:菊地 絵理香:33+36=69(-3)4バーディ、1ボギー

通算:65+69=134(-10)

2位:テレサ・ルー:34+36=70(-2)5バーディ、3ボギー

通算:66+70=136(-8)

2位:西郷 真央:33+36=69(-3)6バーディ、3ボギー

通算:67+69=136(-8)

第17戦の速報。1Rの首位は菊地 絵理香。

1位:菊地 絵理香:32+33=65(-7)7バーディ、ボギーフリー

2位:イ ミニョン:32+34=66(-6)6バーディ、ボギーフリー

第16戦(30戦)「ニチレイレディス」(無観客)

小祝さくら選手は今大会で連続出場107試合目です。

開催日程:6月18日~6月20日
開催場所:袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コース(千葉県)/ 6,550Yards Par72(36,36)


優勝賞金:1,800万

第16戦の速報。申ジエがプレーオフで逆転優勝。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E7%94%B3%E3%82%B8%E3%82%A8&imageId=248341

1位:申ジエ:34+32=66(-6)7バーディ、1ボギー

通算:70+70+66=206(-10)

申ジエが逆転優勝。全美貞が17番でボギーとし通算10アンダーで並び申ジエとプレーオフへ。

そしてサドンデスのPO4ホール目で申ジエがバーディーを決め、JLPGA通算25勝目を挙げました。

2位:全 美貞:36+34=70(-2)5バーディ、3ボギー

通算:67+69+70=206(-10)

第16戦の速報。2Rの首位は森田 遥と全 美貞

1位:森田遥:34+34=68(-4)6バーディ、2ボギー

通算:68+68=136(-8)

1位:全 美貞:35+34=69(-3)4バーディ、1ボギー

通算:67+69=136(-8)

この2日間の森田が、際立ったのはパッティングです。2日間の合計が47パットで、2Rは22パットでした。

森田のコメント:引用:JLPGA

小さなグリーンです。だから、たとえオンできなくても、それが当たり前と割り切っている。アプローチでピンへボールを寄せることができなかったら、パッティングで頑張ればいい。

第16戦の速報。1Rの首位は田辺ひかりと全 美貞

1位:田辺ひかり:34+33=67(-5)5バーディ、ボギーフリー

1位:全 美貞:33+34=67(-5)6バーディ、1ボギー

注目選手:5位:吉川桃:36+33=69(-3)4バーディ、1ボギー

残念ながら予選通過はできませんでした。

選手のサポートに忙しいクラフトマン。でも動ける範囲はサービスカー周りだけの規制。

第15戦(29戦)「宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」(無観客)

小祝さくら選手は今大会で連続出場106試合目です。

開催日程:6月10日~6月13日
開催場所:六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫県) 6,511Yards Par72(36,36)


優勝賞金:2,700万円

第15戦の速報。優勝は逆転で青木瀬令奈。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E9%9D%92%E6%9C%A8%E7%80%AC%E4%BB%A4%E5%A5%88&imageId=247869

1位:青木瀬令奈:33+34=67(-5)5バーディ、ボギーフリー

通算:71+67+66+67=271(-17)

4打差の2位から出た青木瀬令奈が5バーディ、ボギーフリーの「67」でプレーし、通算17アンダーで逆転優勝しました。

2017年「ヨネックスレディス」以来、4年ぶりのツアー2勝目を挙げました。

2位:稲見萌寧:37+35=72(±0)3バーディ、3ボギー

通算:66+68+66+72=272(-16)

稲見萌寧選手が珍しく最終日に3ボギーを叩いてしまいました。1番のティーショットから少し不安でしたが予想が当たってしまいました。

稲見選手のコメント:引用:ヤッフーニュース

「単独トップで出て負けたのが初めてで、自分のミスで負けたので、そこがすごく悔しい」

2位:山下美有夢:32+35=67(-5)5バーディ、ボギーフリー

通算:66+70+69+67=272(-16)

2位:西郷真央:34+34=68(-4)4バーディ、ボギーフリー

通算:71+66+67+68=272(-16)

第15戦の速報。3Rの首位は稲見萌寧

1位:稲見萌寧:34+32=66(-6)6バーディ、ボギーフリー(54ホールノーボギー)

通算:66+68+66=200(-16)

最終日は2位の青木瀬令奈選手と4打差あるので稲見萌寧選手の一人旅になるのではないかと思います。

とにかく今の稲見選手は強いです。

2位:青木瀬令奈:33+33=66(-6)7バーディ、1ボギー

通算:71+67+66=204(-12)

2位:西郷真央:34+33=67(-5)

通算:71+66+67=204(-12)

2位:西村優菜:32+36=68(-4)6バーディ、2ボギー

通算:66+70+68=204(-12)

第15戦の速報。2Rの首位は稲見萌寧

1位:稲見萌寧:34+34=68(-4)4バーディ、ボギーフリー

通算:66+68=134(-10)

2021年既に5勝(通算7勝)している稲見萌寧が4バーディ、ノーボギーの「68」でプレーし、通算10アンダー単独トップに浮上しました。

2位:福田真未:34+34=68(-4)5バーディ、1ボギー

通算:68+68=136(-8)

2位:山下美有夢:35+35=70(-2)3バーディ、1ボギー

通算:66+70=136(-8)

2位:西村優菜:34+36=70(-2)3バーディ、1ボギー

通算:66+70=136(-8)

第15戦の速報。1Rの首位は比嘉 真美子

1位:比嘉真美子:32+32=64(-8)10バーディ、2ボギー

ツアー通算5勝の比嘉真美子が10バーディー、2ボギーの8アンダー、64をマークし、単独首位でホールアウトしました。

2位:山下 美夢有:32+34=66(-6)7バーディ、1ボギー
2位:西村 優菜:32+34=66(-6)6バーディ、ボギーフリー
2位:臼井 麗香:31+35=66(-6)6バーディ、ボギーフリー
2位:葭葉 ルミ:33+33=66(-6)1イーグル、7バーディ、1ボギー、1ダブルボギー
2位:稲見 萌寧:34+32=66(-6)6バーディ、ボギーフリー


練習日のクラフトマンは超忙しいのだ。

第14戦(28戦)「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」(無観客)

小祝さくら選手は今大会で連続出場105試合目です。

開催日程:6月4日~6月6
開催場所:ヨネックスカントリークラブ(新潟県)(6,456ヤード/パー72)
賞金賞金:1,260万円

第14戦の速報。優勝は笠りつ子

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E7%AC%A0%E3%82%8A%E3%81%A4%E5%AD%90&imageId=247272

1位:笠りつ子:35+34=69(-3)3バーディ、ボギーフリー

通算:66+69+69=204(-12)

トーナメントを視聴していると「一打の重み」を強く感じることがあります。ヨネックスレディスで優勝した笠りつ子選手の最終日はまさにその「一打の重み」です。

笠と優勝争いをした三ヶ島かなは最終ホールをバーディで上がり11アンダーとし笠と並びました。

笠がバーディパットを外せばプレーオフになるシーンでしたが見事にカップインし一打差で5年ぶりの優勝を挙げました。通算6勝目です。

ゴルフを辞めたい時期もあったそうです。優勝インタビューで応えていましたね。とても辛いそして周りの方達にもキャディをした父にも迷惑をかけたのでしょう。

でも乗り切りました。30代で今やベテランと呼ばれてしまう女子ゴルフ。増々白熱する女子ゴルフ。皆さんで応援しましょう。

第14戦の速報。2Rの首位は笠りつ子

1位:笠りつ子:35+34=69(-3)3バーディ、ボギーフリー

通算:66+69=135(-9)

首位から出た笠りつ子が、3バーディー、ボギーなし69と手堅く回り、通算9アンダーで首位をキープし2Rを終えました。

通算6勝目は2016年ニトリレディスでした。5年ぶりの優勝に向けて最終日に臨みます。

2位:三ヶ島かな:35+34=69(-3)3バーディ、ボギーフリー

通算:68+69=137(-7)

第14戦の速報。1Rの首位は笠りつ子

1位:笠りつ子:32+34=66(-6)6バーディ、ボギーフリー
笠りつ子が6バーディ、ボギーなしの「66」でプレーし、6アンダーで単独の首位です。

2位タイには4名。
2位タイ:山城 奈々:34+34=68(-4)1イーグル、3バーディ、1ボギー
2位タイ:高橋 彩華:33+35=68(-4)5バーディ、1ボギー
2位タイ:山路 晶:33+35=68(-4)4バーディ、ボギーフリー
2位タイ:三ヶ島 かな:34+34=68(-4)7バーディ、1ボギー、1ダブルボギー

第13戦(27戦)「リゾートトラスト レディス」(無観客)

小祝さくら選手は今大会で連続出場104試合目です。

開催日程:5月27日~5月30日
開催場所:セントクリークゴルフクラブ(愛知県)


優勝賞金:1,800万円

第13戦の速報:優勝は逆転で勝みなみ。

1位:勝みなみ:36+35=71(-1)3バーディ、1ダブルボギー

通算:69+70+69+71=279(-9)

2位タイ282(-6):吉川 桃:36+36=72(±0)2バーディ、2ボギー

2位タイ282(-6):比嘉 真美子:36+36=72(±0)4バーディ、4ボギー

2位タイ282(-6):大里 桃子:36+36=72(±0)4バーディ、4ボギー

1打差の2位で出た勝みなみが3バーディー、1ダブルボギーの71で回り、通算9アンダーで、2年ぶりの今季初優勝を挙げました。

第13戦の速報:3Rの首位は工藤 遥加。

1位:工藤遥加:37+36=73(+1)1バーディ、2ボギー

通算:68+66+73=207(-9)

2位タイ:新垣比菜:32+35=67(-5)7バーディ、1ダブルボギー

通算:72+69+67=208(-8)

2位タイ:勝みなみ:36+33=69(-3)6バーディ、3ボギー

通算:69+70+69=208(-8)

第13戦の速報:2Rの首位は工藤 遥加。

1位:工藤遥加:31+35=66(-6)7バーディ、1ボギー

通算:68+66=134(-10)

2位:林 菜乃子:32+33=65(-7)7バーディ、ボギーフリー

通算:72+65=137(-7)

山路晶が2Rで2度のホールインワンを達成しました。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%B1%B1%E8%B7%AF%20%E6%99%B6&imageId=246599

一つ目:パー3の3番(150ヤード)10万円

二つ目:パー3の7番(175ヤード)100万円

最終日には賞金800万円を貰えるが予選日では報酬はありません。しかし主催のリゾートトラストから上記の金額が贈られるようです。

1ラウンドの中で2度ホールインワンを達成するのは国内男女ツアーを通じて史上初の快挙です。

しかし、スコアーは75+73=148(+4)と激しいアップダウンとなり75位タイで決勝へは進めませんでした。

第13戦の速報:1Rはサスペンデット。

1位:吉川 桃:34+33=67(-5)8バーディ、3ボギー

2位:比嘉 真美子:32+36=68(-4)6バーディ、2ボギー

2位:稲見 萌寧:34+34=68(-4)4バーディ、ボギーフリー

暫定1位:稲見 萌寧、比嘉 真美子、穴井 詩

1R(27日)は降雨のため5時間9分も中断しました。その影響で日没順延となりました。

第12戦(26戦)「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」(無観客)

開催日程:5月21日~5月23日
開催場所:中京ゴルフ倶楽部 石野コース(愛知県)


優勝賞金:1,260万円

小祝さくら選手は今大会で連続出場103試合目です。

第12戦の速報:優勝は稲見萌寧(2021年5勝)

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E7%A8%B2%E8%A6%8B%E8%90%8C%E5%AF%A7&imageId=246254

1位:稲見萌寧:34+34=68(-4)4バーディ、ボギーフリー

通算:61+68=129(-15)

稲見萌寧の2R(決勝)は4バーディ、ボギーなしの68で回り通算15アンダーで優勝しました。

2021年は12戦で5勝し統合された20―21シーズンでは6勝目となる通算7勝目を挙げました。

【今大会のスタッツ】

  • 平均飛距離240.25ヤード
  • フェアウェイキープ率71.4%
  • パーオン率は83.3%
  • 合計パット数は51。
  • 初日が24パット。
  • 2日も27パット。

パーオン率は83.3%で高いほどパット数は増えるのが一般的です。83.3%のパーオン率を考えれば驚異的なパット数です。

この要因についてコーチの奥嶋氏はパッティングの際の右腕のポジションを変えたんです。とコメントしています。

以前はわきを締めて、右腕を体にピタッとくっつけるようにストロークしていたんです。

しかしそれだとクロスハンドで握る彼女にとっては窮屈になってしまい、上手くストロークできていなかったんです。

なので『少し右腕を離してみたら?』という話をして。(右腕の構え方を)変えてからストロークも安定してきました。

転がりが良くなったというよりも、自分が思ったところに打ち出せるようになったのでしょう。

おそらく『ヤマハレディースオープン葛城』くらいから、自分の思ったように打てる感覚を感じていたと思います」

ショットの安定感そしてパッティングのライン読みが全て超一流です。このペースですすめば今シーズンはあと何勝するのでしょうか?

2位:大里桃子:34+34=68(-4)5バーディ、1ボギー

第12戦の速報:2Rの首位は稲見萌寧

1位:稲見萌寧:32+29=61(-11)13バーディ、2ボギー

9番から15番までは怒濤(どとう)の7連続バーディですよ。13バーディ、2ボギーの11アンダー、61の首位でホールアウトしました。

稲見萌寧のツアー自己最少は63(2019年富士通レディース1R)ですので2打更新しました。

大会トーナメントコースレコードは2019年の第2R勝みなみの62でしたので、前回の記録も塗り替えましたね。

2位:鈴木愛:34+32=66(-6)6バーディ、ボギーフリー

第12戦の速報:1Rは中止

悪天候の影響によるコースコンディション不良のため中止となりました。36ホールの短縮競技となります。

第11戦(25戦)「ほけんの窓口レディース」(無観客)

開催日程:5月14日~5月16日
開催場所:福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県)


優勝賞金:2,160万円

小祝さくら選手は今大会で連続出場102試合目です。

第11戦の速報:優勝は大里桃子。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%A4%A7%E9%87%8C%E6%A1%83%E5%AD%90&imageId=245744

大里桃子はプレーオフでささきしょうこを制して優勝しました。3年ぶりで2勝目です。

2週間前の「パナソニック」では上田桃子とのプレーオフで敗れました。そして1週間後、西村優菜に3打差で敗れたのが前週の国内メジャーでした。

悔しい思いを2度しています。そして3度目の正直で優勝しました。正直2勝目は長かったと思います。

初優勝したCATレディスから長い時間が経ちました。これで次はメジャーを手にしてもらいたいですね。

第11戦の速報:2Rは首位はささきしょうこと大里桃子

1位タイ:ささきしょうこ:34+33=67(-5)6バーディ、1ボギー

通算:68+67=135(-9)

1位タイ:大里桃子:35+33=68(-4)5バーディ、1ボギー

通算:67+68=135(-9)

第11戦の速報:2Rは暫定首位は有村智恵と吉田優利

2Rは全選手が競技を完了できずサスペンデットになりました。大会は36ホールに短縮し、賞金は規定により75%に減額されます。

雷雲接近により中断し、天候の回復が見込まれず16日に順延になりました。

暫定1位タイ:有村智恵:2Rはスタートできませんでした。

暫定1位タイ:吉田優利:2Rはスタートできませんでした。

暫定1位タイ:淺井咲希:7Hを終了し、5バーディ。

暫定1位タイ:原英莉花:3Hを終了し、3バーディ。

第11戦の速報:1Rは首位は有村智恵と吉田優利

1位タイ:有村智恵:34+32=66(-6)6バーディ、ボギーフリー

1位タイ:吉田優利:33+33=66(-6)7バーディ、1ボギー

有村智恵が久しぶりにトップで1Rを終了しました。2019年から目澤秀憲コーチの指導を受けている有村智恵。

目澤コーチと言えばマスターズで松山選手を優勝に導いたコーチとして時の人になりましたね。

米国から帰国した同コーチが隔離期間を終えて月曜に練習をチェックしてもらい本戦に臨んでいます。

有村のコメント:引用:ヤッフーニュース

気持ちの面では、今は昔くらい優勝したいという欲があります。ただ、昔は自分が一番うまいと勘違いもしていた時もあったので、

今の難しさは倍くらい違うと思います。今は誰が勝ってもおかしくないので自分で壁を作らないようにしたい。

目澤コーチの指導で気持ちも楽になったような有村智恵が3年ぶりの優勝に挑んでいます。

同じく首位タイの吉田優利は世代3人目のツアー初優勝に向けて発進、ツアー参戦で初めての首位タイでした。

今大会前に辻村明志コーチの指導を受け、パターのヘッドが外側から内側に入る「カット軌道」を修正したようです。

これでパッティングのイメージが良くなったのだと思います。

女子ゴルフの日程。2021年の速報と優勝者一覧。1戦~10戦。

第10戦(24戦)公式「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」(無観客)

開催日程:5月6日~5月9日
開催場所:茨城ゴルフ倶楽部 東コース(茨城県)


優勝賞金:2,400万円

第10戦の速報:優勝は西村優菜

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E8%A5%BF%E6%9D%91%E5%84%AA%E8%8F%9C&imageId=245303

小祝さくら選手(28位タイ)は今大会で連続出場101試合目です。

 

優勝:西村優菜:34+33=67(-5)6バーディ、1ボギー

通算:69+69+69+67=274(-14)

2位タイ:大里桃子:33+37=70(-2)3バーディ、1ボギー

通算:67+71+69+70=277(-11)

2位タイ:臼井麗香:35+34=69(-3)4バーディ、1ボギー

69+67+72+69=277(-11)

2位タイ:稲見萌寧:35+31=66(-6)6バーディ、ボギーフリー

71+72+68+66=277(-11)

メジャー初戦の最終日が終わりました。優勝は、2000年度生まれのプラチナ世代・西村優菜です

昨年の「樋口久子 三菱電機レディス」で初優勝果たしています。

小柄ながら安定感バツグンのゴルフでプラチナ世代の中ではメジャー戦は初制覇です。

残念なのは、12アンダーで単独首位でスタートしたツアー未勝利の黄金世代・高橋彩華です

KKT杯で、ヤマハレディスでもトップでスタートし最終日にあと一歩のところで崩れてしまう高橋彩華。メンタルの弱さなのか?

そして、黄金世代でツアー1勝している大里桃子。先週の「パナソニックオープンレディース」では同郷熊本出身の上田桃子との“モモコ対決”に敗れ惜しくも2位でした。

第10戦の速報:3Rの首位は高橋彩華

1位:高橋彩華:35+34=69(-3)3バーディ、ボギーフリー

通算:70+65+69=204(-12)

2位:西村優菜:34+35=69(-3)3バーディ、ボギーフリー

通算:69+69+69=207(-9)

2位:大里桃子:33+36=69(-3)4バーディ、1ボギー

通算:67+71+69=207(-9)

2位:西郷真央:35+36=71(-1)2バーディ、1ボギー

通算:68+68+71=207(-9)

高橋彩華が3バーディ、ノーボギーの「69」で回り、通算12アンダー単独トップで黄金世代10人目のツアー初優勝に王手をかけました。

第10戦の速報:2Rの首位は高橋彩華

1位:高橋彩華:32+33=65(-7)8バーディ、1ボギー

通算:70+65=135(-9)

2位:鈴木愛:34+33=67(-5)6バーディ、1ボギー

通算:69+67=136(-8)

2位:上田桃子:33+32=65(-7)1イーグル、7バーディ、2ボギー

通算:71+65=136(-8)

2位:西郷真央:34+34=68(-4)6バーディ、2ボギー

通算:68+68=136(-8)

2位:臼井麗香:34+33=67(-5)5バーディ、ボギーフリー

通算:69+67=136(-8)
上田桃子のイーグルは14番パー4です。直接カップインのスーパーイーグルでした。残り135ヤードの第2打は9番アイアンでした。

第10戦の速報:1Rの首位は笠りつ子

1位:笠りつ子:33+33=66(-6)7バーディ、1ボギー

2位:大里桃子:32+35=67(-5)6バーディ、1ボギー

2019年のチャンピオンは渋野日向子です。この国内メジャー大会で優勝し大躍進し世界のしぶこになった年でした。

しかし、2020年はコロナ禍で試合は中止になりました。

2021年ディフェンティングチャンピオン渋野日向子が茨城ゴルフ俱楽部のティーグランドにはいません。米国ツアーに参戦しているためです。

その渋野日向子に協会は100万円の罰金を課しました。出場義務違反とのことです。ネット上では疑問の声が・・・

第1回リランキングが大会終了後の獲得賞金で決まります。

第9戦(23戦)「パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント」(無観客)

2021年9戦目の女子ゴルフは関東開催です。有観客であれば大勢のギャラリーが浜野に押し寄せたでしょう。

パナソニックも無観客ですのでネット中継で楽しみましょう。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E4%B8%8A%E7%94%B0%E6%A1%83%E5%AD%90&imageId=244890

開催日程:4月30日~5月2日
開催場所:浜野ゴルフクラブ(千葉県)


優勝賞金:1,440万円

小祝さくら選手は今大会で連続出場100試合目です。

第9戦の速報:優勝は上田桃子

W桃子の対決は上田桃子がプレーオフを制し、2019年「ヨネックスレディス」以来となるツアー通算16勝目を挙げました。

1位:上田桃子:36+37=73(+1)

通算:70+68+73=211(-5)

2位:大里桃子:35+38=73(+1)2バディ、3ボギー

通算:69+69+73=211(-5)

最終日は強風が吹き、予選を通過した60選手でアンダーパーで回ったのは比嘉真美子とわずか2人でした。

風でグリーン上のボールも止まらないほど選手達は苦しいラウンドでした。

その厳しい展開で勝利したのはやはり全英で6位の実績を持つ上田桃子選手でした。やはり若手に待ったをかけたのはアラサーの代表上田桃子選手です。

第9戦の速報:2Rの首位は古江彩佳。

古江彩佳:34+33=67(-5)5バーディ、ボギーフリー

通算:69+67=136(-8)

2位タイ:西村 優菜:71+67=138(-6)

2位タイ:上田 桃子:70+68=138(-6)

2位タイ:原 英莉花:70+68=138(-6)

2位タイ:大里 桃子:69+69=138(-6)

ホールインワン:原 英莉花が13番で直接ホールに入るホールインワンでした。プロ初のホールインワンを達成しました。

暗闇の中(午後6時47分)、最後の1人がプレーを終えコースへ一礼しアテストに向かいました。これで全組がホールアウトしました。

ゴルフは運と不運が背中合わせですね。バンカー脱出で手首は大丈夫だったろうか?浜野の女神は見ている、きっと最終日には女神は

降りてくるよ。頑張れ!植竹希望は11位タイでした。

第9戦の速報:1Rの首位は植竹希望。

植竹希望:33+33=66(-6)7バーディ、1ボギー

2021年の植竹希望はパナソニックで4戦目です。先週のフジサンケイで8位タイの成績を残し好調を維持しながら今大会に挑んでいます。

黄金世代の10人目の優勝者となるか?この好調を維持してほしいですね。

2位タイは堀 琴音:33+34=67(-5)6バーディ、1ボギー

2位タイは岩橋 里衣:31+36=67(-5)5バーディ、ボギーフリー

2位タイはS.ランクン:33+34=67(-5)6バーディ、1ボギー

第8戦(22戦)「39thフジサンケイレディスクラシック」(有観客)

開催日程:4月23日~4月25日
開催場所:川奈ホテルゴルフコース 富士コース(静岡県)
優勝賞金:1,440万円


出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E7%A8%B2%E8%A6%8B%E8%90%8C%E5%AF%A7&imageId=244522

第8戦の速報:優勝は稲見萌寧が2位から逆転優勝。(2021年4勝)

稲見萌寧:32+35=67(-4)5バーディ、1ボギー

通算:67+67+67=201(-12)

2位:山下美夢有:36+35=71(±0)3バーディ、3ボギー

通算:68+65+71=204(-9)

小祝さくらの連続試合出場は99試合です。最終日スコアーを伸ばし7アンダー3位タイでフィニッシュしました。

首位と1打差の2位から出た稲見萌寧が5バーディー、1ボギーの67で回り、通算12アンダーの大会新記録で逆転優勝を飾りました。

通算6勝目です。2021年は8戦4勝で優勝確率5割と驚異の強さです。

2位は3打差で山下美夢有でした。

第8戦の速報:2Rの首位は山下美夢有。

山下美夢有:33+32=65(-6)7バーディ、1ボギー

通算:68+65=133(-9)

トップとは3打差の9位から出た山下美夢有が7バーディー、1ボギーの65を出し、通算9アンダーで単独首位に浮上しました。

先週初優勝した「KKT杯バンテリンレディース」に続く2週連続Vを目指します。

圧巻は最終18番でした。長いスライスラインを読み切ってのバーディーフィニッシュでした。

有観客でしたので大きな拍手を浴びながら自分のパットに目を丸くして驚き、白い歯を見せて笑っていましたね。

2位は稲見萌寧:32+35=67(-4)6バーディ、2ボギー

通算:67+67=134(-8)

第8戦の速報:1Rの首位は永峰咲希。

永峰咲希:32+33=65(-6)1イーグル、4バーディ、ボギーフリー

2位は田辺ひかり:35+31=66(-5)7バーディ、2ボギー

作業に励むオノフクラフトマン。

フォト:オノフ柏田さん

第7戦(21戦)「KKT杯バンテリンレディスオープン」(無観客)

開催日程:4月16日~4月18日
開催場所:熊本空港カントリークラブ(熊本県)
優勝賞金:1,800万円

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%B1%B1%E4%B8%8B%E7%BE%8E%E5%A4%A2%E6%9C%89&imageId=244038

第7戦の速報:山下美夢有が4位タイから逆転優勝。

山下美夢有:32+34=66(-6)7バーディ、1ボギー

通算:67+69+66=202(-14)

圧勝でした。そして落ち着いていました。でも優勝インタビューではやはり涙が止まりませんでした。

お世話になった方を思い出したのでしょうね。01年度生まれの新世紀世代では笹生優花に続いて2人目です。

2打差4位から出た山下美夢有は7バーディー、1ボギーでこの日のベストスコア66をマークし、通算14アンダーに伸ばしてツアー初制覇を果たしました。

通算14アンダーは2014年の勝みなみの通算205(11アンダー)を3打更新する大会新記録です。

第7戦の速報:2Rの首位は高橋彩華

高橋彩華:34+32=66(-6)7バーディ、1ボギー

通算:68+66=134(-10)

2位タイは吉田優利古江彩佳

高橋彩華は第5戦のヤマハレディスでも3日目はトップでした。今年こそは初優勝とそのカップが目の前にあります。

2日目は4位でスタートし、通算10アンダーで単独首位に立ちました。

1打差の2位に、トップタイで出た古江彩佳と前日7位の同じく初優勝を狙う吉田優利がいます。

第7戦の速報:1Rの首位は古江彩佳、沖せいら、山下美夢有

古江彩佳:33+34=67(-5)5バーディ、ボギーフリー

沖せいら:33+34=67(-5)6バーディ、1ボギー

山下美夢有:34+33=67(-5)6バーディ、1ボギー

第6戦 (20戦)「富士フィルム・スタジオアリス女子オープン」【無観客】

開催日程:4月9日~4月11日
開催場所:花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース(兵庫県)/6,390Yards Par72(36,36)


優勝賞金:1,800万円

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E7%A8%B2%E8%A6%8B%E8%90%8C%E5%AF%A7&imageId=243520

第6戦の速報:稲見萌寧がプレーオフで小祝さくらを制し優勝。(2021年3勝)

稲見萌寧のスコアー:35+35=70(-2)4バーディ、2ボギー

通算:72+69+70=211(-5)

2位は小祝さくら

小祝さくらのスコアー:35+35=70(-2)4バーディ、2ボギー

通算:72+69+70=211(-5)

稲見萌寧と小祝さくらがトータル5アンダーで並びプレーオフになりました。プレーオフは18番ホールを繰り返し。

2ホール目で稲見萌寧が7メートルほどのバーディパットをねじ込みました。

稲見萌寧は先週の「ヤマハレディースオープン葛城」に続く2週連続優勝です。2021年3勝通算5勝です。

小祝さくらは97試合連続出場です。

第6戦の速報:2Rの首位は稲見萌寧と岡山絵里、小祝さくらとペ ソンウの4名。

2Rのトップは稲見萌寧、岡山絵里、小祝さくらの2021年優勝者とペ ソンウの4名です。

稲見萌寧:35+34=69(-3)3バーディ

通算:72+69=141(-4)

岡山絵里:37+36=73(+1)1バーディ、2ボギー

通算:68+73=141(-4)

小祝さくら:36+33=69(-3)

通算:72+69=141(-4)

ペ ソンウ:33+34=67(-5)6バーディ、1ボギー

通算:74+67=141(-4)

日没サスペンデッドになった第2ラウンドを11日、午前7時22分から行い、午前9時30分ごろから第3ラウンドがスタートしました。

首位の三名は絶好調ですね。ペさんが最終日にどこまで伸ばせるか?注目ですね。

第6戦の速報:1Rの首位は岡山絵里

1Rのトップは岡山絵里です。

1R:35+33=68(-4)5バーディ、1ボギー

2位は小祝さくら

2R:35+37=72(±0)2バーディ、2ボギー

JLPGA発表

スタート時間を6時間30分遅らせる異例の事態の中で始まった。初日は参加114人全員がホールアウトできず、午後6時13分に日没サスペンデッドとなった。

屋外で作業する中継スタッフ1名がPCR検査で陽性と判明したことにより、大幅に遅れていた第1ラウンドだが、当初のスタートから6時間30分遅れの午後2時に第1組がティオフした。

フォト:オノフの柏田氏

現在、賞金ランキング1位の小祝さくらが記録更新しています。

当大会で2017年のプロデビューから数えると節目の100試合目です。

2017年は3試合に出場しましたが、実質プロデビューの2018年からは1試合も休まずに参戦しています。

今大会で初日スタートすれば連続出場は97試合になります。

第5戦(19戦)「ヤマハレディースオープン葛城」【無観客】

開催日程:4月1日~4月4日
開催場所:葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(静岡県) / 6,564Yards Par72(36,36)


優勝賞金:1,800万円万円

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E7%A8%B2%E8%A6%8B%E8%90%8C%E5%AF%A7&imageId=243111

第5戦の速報:稲見萌寧が逆転優勝。(2021年2勝)

稲見萌寧が2021年5戦目にして早くも2勝し通算4勝です。

首位の山下、高橋とは3打差の6アンダー6位からスタートした“谷間の世代、狭間世代”の稲見萌寧です。

3Rは6バーディー、ノーボギーの66で終了しました。そして、最終日も同スコアーをマークし、通算12アンダーで優勝しました。

4日間競技では自身初の優勝ですので価値ある1勝になったと思いますし、自信にもなったと思います。

稲見萌寧の優勝インタビュー

私自身、4日間大会で勝つのは初めてなので勝ててうれしいです。今年は複数回優勝が目標だったので良かったです。

次はしたことのないメジャー優勝を目指して頑張ります。

 

首位スタートの“新世紀世代”山下美夢有は5バーディー、3ボギーの70とスコアを伸ばしたが、通算11アンダーの2位で終了しました。

第5戦の速報:3Rの首位は山下美夢有と高橋 彩華。

3Rの首位タイは山下 美夢有:37+35=72(±0)3バーディ、3ボギー

通算:66+69+72=207(-9)

1Rから首位を走り続けている山下美夢有は3Rもトップタイで完全優勝ツアー初Vに王手をかけました。

最年少での4日間競技の完全Vは、2005年日本女子オープンで達成した宮里藍選手がいます。

その時の宮里選手は20歳105日ですので史上初の10代での快挙となりますね。

3Rの首位タイは高橋彩華:35+35=70(-2)3バーディ、1ボギー

通算:66+71+70=207(-9)

高橋彩華が優勝すれば黄金世代として10人目のツアー優勝になります。

第5戦の速報:2Rの首位は山下美夢有。

2Rの首位タイは山下 美夢有:34+35=69(-3)

通算:66+69=135(-9)

21世紀生まれの19歳山下美夢有が強風が吹く難コース葛城で耐え3アンダーでフィニッシュしました。

「番手選びが難しかった。アプローチとパットでしのぎました」と語っていました。

2Rの単独2位は高橋彩華:35+36=71(-1)

通算:66+71=137(-7)

第5戦の速報:2Rの小祝さくらは7位タイ。

まさか、まさかの18番のティーショットがOBでした。スローで見るとヘッドが右を向いているのがはっきりわかりました。

FWも右に、痛恨の6オン2パットでトリプルボギーにしてしまいました。

小祝のコメント:引用:ヤッフーニュース

ティーショットも、3番ウッドの4打目も右に行ってしまいました。最後いきなり体が止まったというか振り遅れて…。まさかあんな球が出るとは思ってもいなかった。

第5戦の速報:1Rの首位は高橋 彩華と小祝さくらそして山下美夢有。

1Rの首位タイは高橋彩華:32+34=66(-6)6バーディ、ボギーフリー

1Rの首位タイは小祝さくら:33+33=66(-6)6バーディ、ボギーフリー

1Rの首位タイは山下 美夢有:34+32=66(-6)7バーディ、1ボギー

春の女王戦1Rにトップの名を挙げたのは黄金世代の高橋彩華と小祝さくらの二人、そして21世紀生まれの山下美有夢有でした。

今年は今まで以上に「ネットLIVE配信」が充実しています。

LIVE配信は「ABEMA TV」でブース内に薬師寺さんと解説者がそして小祝さくらの組に全ホールをタケさんがラウンドレポートしていくれました。

小祝さくらのプレーを全ホール視聴することができました。これは画期的です。解説も素晴らしい映像も昔よりは鮮明になりました。

タケさんに頼んでいたのは小祝さくらの14番です。14番は苦手ホールですのでここをパーで乗り切れればスコアは良くなります。

タケさんのTWコメント


それにしても小祝さくらは凄い、今日本で一番です。それとこの中継をしているアべマTVは凄いですね。

春の女王戦・ヤマハレディースオープン葛城

葛城ゴルフ倶楽部( 山名コース)ですね。井上誠一設計の戦略的コースでゴルファーなら一度は回ってみたいと思うはずです。

私も仕事とプライベートで何回もお世話になりました。

さて、今週はネットライブ中継がありますね。タケ小山さんが小祝さくらの組のラウンドレポートをするそうです。

小祝さくらが山名14番をどのように攻めるか?の解説を聞きたいですね。

第4戦(18戦)「アクサレディスゴルフトーナメントin MIYAZAKI」【有観客】

開催日程:3月26日~3月28日
開催場所:UMKカントリークラブ(宮崎県) / 6,525Yards Par72(36,36)


優勝賞金:1,440万円

 

一日1000名のギャラリー制限です。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E7%B5%B5%E9%87%8C&imageId=242629

第4戦の速報:岡山絵里が逆転優勝。

FRの首位は岡山絵里:34+33=67(-5)5バーディ、ノーボギー

通算:68+68+67=203(-13)

5バーディも凄いのですが、ノーボギーはもっと凄いです。ショットメーカーの本領が発揮しました。

首位の河本結とは5打差の4位で出た岡山絵里が逆転優勝です。

5バーディー、ボギーなしの67で回り、通算13アンダーで逆転優勝を飾りました。2018年リゾートトラストレディス以来、3年ぶりのツアー通算2勝目です。

岡山のコメント:引用:ヤッフーニュース

今年始まって割と早めに2勝目を挙げられたので、ホッとしています。

2勝目まで長かったな、凄く長かったと話した後の涙がとても印象的でした。おめでとうございます。


2位は河本結:37+36=73(+1)1バーディ、2ボギー

通算:68+63+73=204(-12)

これが優勝のプレッシャーなのでしょうか?バーディが1つしかないのはやはり追われる立場の心の問題なんですね。

第4戦の速報:2Rの首位は河本結。

2Rの首位は河本結:31+32=63(-9)9バーディ

通算:68+63=131(-13)

2ラウンドの9アンダーは大会新記録です。

68の8位で発進した河本は2Rを驚異の9バーディー、ノーボギー63で回ってきました。

大会コースレコードを塗り替え、一気に2位に4打差の単独首位に躍り出ました。

河本結のコメント:引用:ヤッフーニュース

今日は今までの自分のゴルフとは全く違ったゴルフで、キャディーの清水(重憲)さんがピン位置とは違うターゲットを設定してくれて、そこを狙ってバーディーを取っていった。収穫のある一日でした。

日体大を今月卒業した河本結が社会人になりました。最終日は天候が心配ですが2勝目を手にして渡米してほしいですね。

2ラウンドの2位タイは申ジエ:35+31=66(-6)7バーディ、1ボギー

通算:69+66=135(-9)

申さんが伸ばしてきましたね。2021年の初戦でこのスコアーですよ。試合勘がないと言っているそうですが、なんとなんと不気味な存在です。

でも申さんが上位にいると試合が締まりますね。とても素晴らしいことです。

2ラウンドの2位タイは稲見萌寧:37+33=70(-2)1イーグル、2バーディ、2ボギー

通算:65+70=135(-9)

第4戦の速報:1Rの首位は稲見 萌寧。

第2戦目で2勝目を挙げている稲見萌寧が7バーディ・ノーボギーの「65」をマークし7アンダーで単独首位発進を決めました。

とにかく体が一回り大きくなった稲見萌寧です。第4戦で3勝目を挙げることができるのか?

1Rの首位は稲見萌寧:34+31=65(-7)7バーディ

1Rの2位タイは穴井 詩:36+31=67(-5)1イーグル、5バーディ、2ボギー

1Rの2位タイは酒井 美紀:33+34=67(-5)6バーディ、1ボギー

1Rの2位タイは宮田 成華:34+33=67(-5)7バーディ、2ボギー

1Rの2位タイは渡邉 彩香:33+34=67(-5)5バーディ

1Rの2位タイは葭葉 ルミ:35+32=67(-5)1イーグル、3バーディ

1Rの2位タイはテレサ・ルー:35+32=67(-5)6バーディ、1ボギー

第3戦(17戦)「Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント」【無観客】

開催日程:3月19日~3月21日
開催場所:鹿児島高牧カントリークラブ(鹿児島県)  / 6,424Yards Par72(36,36)


優勝賞金:1,800万円

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%B0%8F%E7%A5%9D%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89&imageId=242250
首位と3打差の4位タイからスタートした小祝さくらが2アンダーで周り通算10アンダーで優勝しました。

最終日は朝から細かい雨が降っていました。前日サスペンデットになってしまって朝から戦っている選手はとても寒そうでした。

そして、雨以上に選手を苦しめたのは強い風です。

過酷な最終日が始まりました。予想通りスコアはほとんど伸びません。

最終組のサイ・ペイイン、イ・ミニョン、そして、ぺ・ソンウの3人は前半でスコアを落としてしまいました。

前半で2つ伸ばした黄金世代のは臼井麗香新垣比菜、そしてイーブンで耐えた小祝さくらでした。

その中で小祝さくらが優勝すると思ったのは15番のパー4ですね。ドライバーを迷わず手にした全英の渋野選手を思い出すようなシーンでした。

小祝さくらのコメント:引用:ヤッフーニュース

ピンまで240ヤードくらい。左手前のバンカーまでは230ヤードくらいだったと思います。

自分の順位もわかっていたし、ここはみんな狙うと思っていたので『自分も攻めないと!』と思っていました。

風が左から来ていたので、左狙いで打ちました。

結果は、右に外したら池で「万事休す」でしたが、右の池ギリギリに着弾し、ピンまで20ヤードの左足上がりのラフに止まってセーフでした。

このアプローチをしっかり寄せてバーディを取りました。

これで9アンダー、次の15番パー5もバーディをとり2021年3戦で2勝目を手にしました。

強いで本当に強いです。

小祝さくらのコメント:引用:ヤッフーニュース

まさか勝てるとは思わなかったので、びっくりした。途中から天候も厳しくなり、パットを外してしまう場面も多かったので、不安な中プレーしていた。

(賞金ランクトップ)まだ3試合目なので気が抜けない。追われる立場も大変なので、しっかり練習も頑張らなきゃいけない。

(無観客に)テレビで応援してくれる方々がたくさんいる。ギャラリーの方がまた入れるようになったら、優勝を届けられるように頑張りたい

と普段通りに淡々と話していました。

第3戦の速報:優勝は小祝さくら。

FR:36+34=70(-2)3バーディ、1ボギー

通算:68+68+70=206(-10)

第3戦の速報:2Rの首位はサイ ペイイン。

2Rは、降雨によるコースコンディション不良のためサスペンデッドとなりました。首位のサイ ペイインはホールアウトしています。

残りは小雨の中で3月21日に行われました。

首位はサイ ペイイン:33+32=65(-7)8バーディ、1ボギー

通算:68+65=133(-11)

2位は65で回ったイ・ミニョンと69のペ・ソンウが9アンダーでした。

1R首位の高橋彩華はパープレーで周り4位タイに後退しました。

第3戦の速報:1Rの首位は高橋彩華。

1Rの首位は高橋彩華:33+31=64(-8)1イーグル、7バーディ、1ボギー

1Rの2位タイはユン・チェヨン:34+32=66(-6)6バーディ

1Rの2位タイはペ・ソンウ:35+31=66(-6)7バーディ、1ボギー

高橋彩華が混戦から抜け出したのは16番パー5でのスーパーショットでした。

第3打はピンまで100ヤード位の距離を残していました。手にしたウエッジは50度でした。

画面で見るとピン奥、やや右寄りからバックスピンがかかりカップに吸い込まれていきました。

今年初のイーグルでした。大の仲良しの稲見萌寧は先週優勝しました。

2日目は単独首位発進が初めてですが、稲見の活躍が刺激になっているので悲願の初優勝、黄金世代で10人目の初優勝をみる事ができるかも知れません。

1Rは9位タイまでの中に黄金世代が5名います。

第2戦(16戦)「明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメント」【無観客】

開催日程:3月12日~3月14日
開催場所:土佐カントリークラブ(高知県)  / 6,228Yards Par72(36,36)


優勝賞金:1,440万円

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E7%A8%B2%E8%A6%8B%E8%90%8C%E5%AF%A7&imageId=241940

稲見萌寧のコメント:引用:ヤッフーニュース

苦しいことがたくさんあって(涙が)こみ上げて出た。負けてもおかしくない状態だったけど粘れた

第2戦の速報:プレーオフ3Hで稲見萌寧が優勝。(2021年1勝)

プレーオフは通算6アンダー稲見萌寧と永井花奈との戦いでした。

プレーオフは3ホール目。永井花奈はパーパットを外し稲見萌寧はパーパットを沈めてツアー通算3勝目を手にしました。

稲見萌寧は毎シーズン1回は優勝したいと話していましたので2019年のプロ本格参戦1年目から3年連続の勝利です。

次の目標はメジャー大会優勝ですね。

永井花奈の敗因はパッティングの読みとパッティングのインパクトでやや左へのヒッカケが気になります。

ここを練習で修復してほしいですね。

第2戦の速報:FRの首位は稲見萌寧と永井花奈。

首位タイ:稲見萌寧:38+38=76(4)1バーディ、5ボギー

通算:68+66+76=210(-6)

首位タイ:永井花奈:38+35=73(+1)1バーディ、2ボギー

通算:68+69+73=210(-6)

第2戦の速報:2Rの首位は稲見萌寧。

天候:強風

首位:稲見萌寧:33+33=66 (-6)7バーディ、1ボギー

通算:68+66=134(-10)

黄金でもない、プラチナでもないその狭間世代にいる稲見萌寧が強風に強いゴルフを魅せてくれました。

首位に1打差の3位からスタートした2Rはこの日のベストスコア66を叩き出し、通算10アンダーの首位に浮上しました。

稲見萌寧のコメント:引用:ヤッフーニュース

風が強くて、いろんな方向から回っていて、大変でしたけど、80点くらいはあげてもいいのかな

最大瞬間風速18メートルの強風でしたので稲見のスコアーは立派です。

原英莉花は体調不良で棄権。

第2戦の速報:1Rの首位は武尾 咲希と安田 祐香。

天候:曇り後半雨

首位タイ;武尾 咲希:33+34=67(-5)6バーディ、1ボギー

首位タイ:安田 祐香:35+32=67(-5)6バーディ、1ボギー

3位タイ:永井 花奈:33+35=68(-4)6バーディ、2ボギー

3位タイ:稲見 萌寧:35+33=68(-4)5バーディ、1ボギー

3位タイ:森田 遥:34+34=68(-4)5バーディ、1ボギー

今週は無観客で行うことになりましたが、テレ東はインターネットで試合終了までライブ中継してくれました。

中継開始は9時30分で黄金世代の渋野日向子、勝みなみ、原英莉菜のスタート時間でした。

驚いたのは勝みなみの飛距離です。オフシーズンに体力強化をしたそうですが1Hで270Yは飛んでいたと思います。

解説者もびっくりしていました。

第1戦(15戦)の速報「第34回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」【有観客】

2021年の初戦は「第34回ダイキンオーキッドレディス」で、3月4日から7日まで沖縄県で開催し、黄金世代の小祝さくらが逆転優勝しました。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%B0%8F%E7%A5%9D%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89&imageId=241568

開催日程:3月4日~3月7日
開催場所: 琉球ゴルフ倶楽部(沖縄県)/6,561Yards Par72(36,36)
優勝賞金:2,160万円

 

1日あたり原則1000人の有観客で開催することの発表が2月24日にありました。

コロナ感染防止策は入場時に検温とマスク着用、選手へのサインや握手を求めることは禁止です。

大会前日の3月3日は大会関係者から感染者が出たことで練習ラウンドは中止になり大会開催も危ぶまれましたが、初日を迎える事ができました。

第1戦の速報:小祝さくらが逆転優勝。

3位タイまで優勝のチャンスがある最終日、10アンダーでスタートした小祝さくらが4ストローク伸ばして優勝しました。

賞金女王宣言の強い決意をして挑んでいる2021年。小祝さくらが通算14アンダーで逆転優勝しました。ツアー通算3勝目です。

優勝を引き寄せたのは16番のパー3でパーキープできたことでしょう。

パーオンできずにパーパットは下りの難しいラインでした。

そして18番のアプローチショットの精度はさすが小祝という感じで1メントールにオンしバーディーパットを決めました。

おめでとう!2021年最初のチャンピオンは小祝さくらです。賞金女王へ向かってスタートしました。

優勝:小祝さくら

通算:71+69+66+68=274(-14)

FR:36+32=68(-4)5バーディ、1ボギー

関連記事

小祝さくら“3勝目”のクラブセッティング。

 

西郷真央の完全優勝が見えてきたと思っていたら最終日の17番、18番を連続ボギーにして10代の優勝はお預けになりました。

引用:ヤッフーニュース

4日間競技の完全Vなら、1988年ツアー制施行後では2005年日本女子オープンで達成した宮里藍の20歳105日を上回り、史上初の10代(19歳150日)での快挙となる。

11アンダー4位タイでフィニッシュしました。

期待の田辺ひかりは12アンダーの単独3位で終了し840万円稼ぎましたので賞金ランキングは14位になりました。

次戦の出場権を得たと思います。

復活優勝がかかった森田は単独2位でした。

第1戦の速報:3Rの首位は森田遥と西郷真央

首位タイ:森田遥

通算:68+66+70=204(-12)

3R:35+35=70(-2)5バーディ、3ボギー

首位タイ:西郷真央

通算:64+68+70(-12)

3R:33+37=70(-2)5バーディ、1ボギー、1ダブルボギー

3位タイは10アンダーで3名です。トップとは2打差ですので優勝のチャンスはあります。

小祝さくら:71+69+66=206(-10)

菊池絵理香:67+70+69=206(-10)

田辺ひかり:67+68+71=206(-10)

記録:ホールインワン

永峰咲希:13番パー3(160ヤード)(賞金50万円)

西村優菜:8番パー3(152ヤード)(賞金50万円)

どちらもプロ入り初のエースです。

第1戦の速報:2Rの首位は西郷真央と森田遥

首位タイ:西郷真央

通算:64+68=134(-10)

2R:36+34=70(-2)4バーディ、2ボギー

8アンダーの首位でスタートし、4バーディー、2ボギーの70で回り、通算10アンダーで首位を守りました。

西郷のコメント:引用ヤッフーニュース

特に順位のことは気にせず、ただただ、ゴルフを楽しむことだけを心掛けてプレーしたい

首位タイ:森田遥

通算:68+66=134(-10)

2R:34+32=66(-6)7バーディ、1ボギー

失格者:穴井詩(LPGAのコメント)

ドライバーのクラブフェースに弾道解析や弾道測定を目的として張ったシールを付けたままプレーしたもので、ゴルフ規則4ー1aの適合クラブの違反。

この日の同伴競技者が疑問を抱き違反が判明したが、この状態のクラブで1打打った時点で競技失格となり、穴井のスコアは71・75だったが、前日の1番ホールで失格と裁定された。

第1戦の速報:1Rの首位は西郷真央

首位:西郷真央

1R:30+34=64(-8)1イーグル、7バーディ、1ボギー

プロ2年目で19歳の西郷真央が1イーグル7バーディ、1ボギーの「64」のスコアー、8アンダー単独首位に立ちました。

最終18番では残り220ヤードの第2打をグリーンに乗せ、「自身プロ初のイーグル」を奪いました。

西郷のコメント:引用ヤッフーニュース

そこまで気負いせずに楽しくプレーして、結果的にスコアを伸ばせて良かった。オフ期間に飛距離アップを図ったのと、今日はパッティングが良かった。

拍手やナイスプレーと声をかけてくださって、楽しくプレーができた。

プロ2年目ですのでギャラリーがいる試合は始めてでしたね。

後続の2位とは3打差です。

2位:新垣比菜、宮里美香、田辺ひかり、高橋彩華、菊地絵理香、山路晶の6名です。

関連記事

女子ゴルフの日程2020-21速報。2020年。

女子ゴルフ速報2019。優勝者と賞金一覧。

女子ゴルフの日程。2021年の速報と優勝者一覧。31戦~38戦。

第38戦公式戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」

開催日程:11月25日~11月28日
開催場所:宮崎カントリークラブ(宮崎県)

優勝賞金:万円

第37戦「第40回大王製紙エリエールレディスオープン」

開催日程:11月18日~11月21日
開催場所:エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)

優勝賞金:万円

第36戦「伊藤園レディスゴルフトーナメント」

開催日程:11月12日~11月14日
開催場所:グレートアイランド倶楽部(千葉県)

優勝賞金:万円

第35戦「TOTOジャパンクラシック」

※日米共同開催
開催日程:11月4日~11月7日
開催場所:瀬田ゴルフコース 北コース(滋賀県)

優勝賞金:$225,000

第34戦「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」

開催日程:10月29日~10月31日
開催場所:武蔵丘ゴルフコース(埼玉県)

優勝賞金:万円

第33戦「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」

開催日程:10月21日~10月24日
開催場所:マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県)

優勝賞金:万円

第32戦「富士通レディース2021」

開催日程:10月15日~10月17日
開催場所:東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)

優勝賞金:

第31戦「スタンレーレディスゴルフトーナメント」

開催日程:10月8日~10月10日
開催場所:東名カントリークラブ(静岡県) / 6,572Yards Par72(36,36)

優勝賞金:万円

スポンサード




スポンサード




まとめ。

 

出張の多いゴルファーの皆さん!

ゴルフ大好きな40代~50代のゴルファーさん。少しづつ有観客になってきました。

さて、商談は今でもリモートですか?でも詰めは「対面」ですよね。そんな大事な出張には、

航空券プラス宿泊で格安になるエアトリを利用して下さい。

↓↓エアトリの評判と特徴はこちらから↓↓

有観客開催のトーナメントは、2019年の「ツアー選手権リコー杯」以来で約1年3カ月ぶりとなりました。