スポンサードリンク
Pocket
Facebook にシェア

2020年2月17日、西郷真央プロは都内ホテルで『ミズノブランドアンバサダー契約』の記者発表を行いました。

 

この契約で、ゴルフクラブ、キャディバッグなどミズノ製ゴルフ用品や、キャップの使用のほか、用品の開発・改良に関するアドバイス、宣伝・広報活動などを行います。

 

契約期間は今年2月1日からの複数年契約です。プロ1年目の西郷真央プロにミズノの期待がかかっています。

西郷真央のプロテストと2020年開幕戦

2020-21年の女子ゴルフ開幕戦は「アースモンダミンカップ」です。

開催日:2020年6月25日(木)~6月28日(日)

開催場所:カメリアヒルズカントリークラブ(千葉県)/6,622Yards Par72(36,36)

西郷真央のプロデビュー戦は5位。

最終日は順延になり29日(月)
最終日、最終組で10:00スタートです。プロデビュー戦で優勝を狙いましたが通算9アンダーで5位でフィニシュしました。

西郷真央のプロデビュー戦3Rは2位タイ。

昨年はアマチュア競技でしたので無観客での試合は慣れているとは思います。そんなプロデビュー戦です。

 

師匠はあのジャンボ尾崎プロで「せごどん」と呼ばれています。自分のプレーだけに集中し、上がり3ホール連続バーディーを奪うなど5バーディー、ボギーなしの67で2位に浮上しました。

西郷真央のコメント:引用:ヤッフーニュース

正直、こんな上位に来るとは思ってなかったので自分でも凄く驚いてるんですけど、変に緊張することもなくプレーできました。優勝したい気持ちはありますけど、それよりも自分らしいプレーを。

デビュー戦で優勝すれば日本人初の快挙です。

3R:2位タイ:34+33=67(-5)(ノーボギーでした)

2R:15位タイ:35+36=71(-1)

1R:27位タイ:35+35=70(-2)

西郷真央のプロテスト2019は合格

開催日:2019年 11月 5日(火) ~ 11月 8日(金)
開催場所:JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)

18位タイでプロテスト合格しました。

 

今年からプロテスト制度が変更されていますので西郷真央選手は現役女子高生として初めてプロテストに合格しています。

 

スコアーは71+73+74+71=289(+1)で予選会で良い成績を残して2020はプロゴルファーとして頑張って欲しいですね。

西郷真央のプロテスト。プロテスト制度変更

2018年2月に日本女子ゴルフ協会のプロテスト制度が18歳以上から17歳以上に引き下げました(2019年は19年4月1日時点で満17歳以上の女子)

 

ですので、現在高校3年生の西郷真央選手(せごドン)らの年代は、これまでより1年早くテスト受験が可能になりました。

 

今年のプロテストはプラチナ世代とダイヤモンド世代が同居することでこれまでにないほどの過酷になりました。

 

プロテストは約20人しか残れませんからね。この中から黄金世代やプラチナ世代を追従するスター選手が現れてくるのでしょう。

西郷真央のプロテスト。2019最終予選会(QT)の結果

来季(2020)の国内女子ツアーの出場権を懸けた最終予選会が行われました。

開催日:12月3日~5日
開催場所:こだまGC(6472ヤード、パー72)埼玉県本庄市

 

4日間72ホールで争われる最終予選会で、上位35人前後が来季前半の出場資格を得ることができます。西郷真央選手は5アンダー10位で来季前半(2020年)の出場権を得ています。

西郷真央は日本女子アマ優勝。

大会名:日本女子アマチュアゴルフ選手権
開催日:2019年06月25日-06月28日
開催場所:エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)

 

4日間アンダーパーでプレーし、女子アマチュアゴルフ―の頂点に立ちました。

 

最終日は、トップを2打追いかける状態でのスタートでした。前半で2つ伸ばしトップに並び、後半もバーディーを重ねて後続を突き放しました。

 

5バーディー、1ボギーの68で回り、16アンダーで初優勝しました。

西郷真央はジャンボ尾崎ゴルフアカデミーの1期生

西郷真央選手は、1年ほど前にジャンボ尾崎ゴルフアカデミーの1期生として弟子入りしました。父がジャンボ尾崎プロの大ファンでレッスン会に応募したことをきっかけに、約2年前に弟子入りしました。

 

入門後はドライバーの飛距離が15~20ヤード伸びたと言います。また。4日間を戦う体力をつけるためにジャンボさん直伝のトレーニングも始めました。

 

主に下半身を強化しとことも、飛距離アップにつながっているのでしょう。西郷真央選手はこの1年半で技術面もメンタル面もともに大きく成長したことでしょう。

 

今大会はトップ10に安田祐香他輝かしい実績を持つプラチナ世代(2000年~2001年生まれ)が6人も入っていました。21世紀生まれ初の大会優勝者の誕生です。

 

これで、日本女子オープン初の切符を獲得しました。プロテストは最終(11月)になりました。

西郷真央の日本女子アマチュア選手権最終成績。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E8%A5%BF%E9%83%B7%E7%9C%9F%E5%A4%AE&imageId=213585

1位:西郷真央(-16)

2位タイ:後藤未有(-14):
2018年日本女子オープンローアマ(プラチナ世代・ナショナルチーム)最終日はベストスコアの67をマーク。

2位タイ:和久井麻由(-14):

4位:小倉彩愛(-13):
2017年日本女子オープンローアマ(プラチナ世代・ナショナルチーム)

5位:古江採佳(-12)

6位:安田祐香(-11):
オーガスタ女子アマ3位(プラチナ世代・ナショナルチーム)

7位タイ:西村優菜(-9)

7位タイ:長谷川せら(-9)

9位:尾関彩美悠(-8)

10位タイ:内田琴子(-7)

10位タイ:大田紗羅(-7)

最も悔しい思いをしたのは5位の古江彩佳選手ですね。ハーフターン時に大会役員が乗るカートに引っかかり3Wが折れてしまいました。

3打差3位から出た古江彩佳(19)が、前代未聞のアクシデントに見舞われた。

 

4打差を追った10番プレー中に3ウッドを日本ゴルフ協会(JGA)幹部の乗ったカートに折られ、精神的な動揺もあって通算12アンダーの5位に終わった。

西郷真央のジュニア時代の成績

2001年10月8日生まれの千葉県の船橋市出身です。父・雄史さん(52)の影響で3歳でゴルフを始めました。

2014年:全国小学校選手権優勝。

2016年:世界ジュニア選手

2016年:世界ジュニア選手権6位。

2017年:報知ジュニア優勝。

2015年~国内女子ツアー:予選通過なし。

西郷真央のプロフィール

所属:大東建託

身長:158.5cm
体重:57㌔
血液型:AB型
家族:両親・姉
高校:麗澤高等学校
得意なクラブ:ショートアイアン
ゴルフ歴:5歳(公式発表)
平均飛距離:240Y

クラブ:ミズノ

ボール:ブリヂストン

西郷真央のプロテストのまとめ。

しかし女子ゴルフ界は次から次へと選手が育っていますね。

 

ジャンボ尾崎アカデミーやトミー中嶋アカデミーなど昭和のゴルフ界を牽引したレジェンドの皆様が次世代のスターを育成しています。

 

益々レベルアップする女子ゴルフ界からしばらくは目が離せない世界です。

 

スポンサードリンク

応援しましょう。女子ゴルフを!!そして西郷真央プロの活躍を願いましょう。