スポンサードリンク
Pocket
Facebook にシェア

追記:2020年2月10日

大山志保プロが一般男性と結婚しました。

引用:ヤッフーニュース

このたび、私事で大変恐縮ではございますが、かねてから交際しておりました一般男性と今月入籍いたしました。

まだまだ未熟な私たちですが、互いを尊重し合いながら、人として成長していきたいと思います。

またこれを機に一層ゴルフにも精進してまいりますので、これからも皆さまのご声援・ご支援を何とぞよろしくお願いいたします。

さて、大山志保プロのクラブ契約はフリーですがドライバーはピン410プラスを使用しています。

 

大山志保プロの2019年の賞金ランキングは49位です。

 

立派ですね。2000年のプロテストに合格して今年(2020年)で20年です。今もツアープレーヤー第一線で戦っています。

 

すっかり女子ゴルフ界のベテランとして第一線を走りながら、

 

「姉貴分」としても存在感十分の大山志保(おおやま しほ)プロです。

 

クラブはフリー契約からpingそしてヤマハへと変わり2019年は再びフリーになりました。

 

クラブセッティングはプロゴルファーの大事な大事な仕事をしてくれる相棒です。

 

フリーの大山志保プロのこだわりが見えるかもしれません。

 

それでは大山志保プロのクラブセッティングと大山志保プロのゴルフ(プロフィール)を紹介いたします。

大山志保のクラブセッティング。

これまで国内メジャー2勝を含めて18勝を挙げている大山志保プロですが、

 

これだけの実績を持っているとゴルフクラブにもさぞやこだわりがあるような気がします。

 

ですが、そのセッティングを見るととてもユニークなことに気がつきます。

 

それはドライバーからパターまで、メーカーに統一性がなく、

 

一見すると我々アマチュアのようなセッティングになっているということです。

 

それは大山志保プロのクラブ選びが、機械で計測して可否の判断をするのではなく、

 

自分で数ラウンドし実際に使用して、「1ヤードでも遠くへ」「気持ちよく振れるか?」を基準に選んでいるからなのです。

 

ツアーデビューから長くクラブ契約フリーでいたのも、

 

メーカーに縛られずにクラブを選びたいという、そういった理由からだと思います。

大山志保のクラブセッティング。少し時計の針を戻して2011年

大山志保プロは2011年にPINGとクラブ契約を結びました。

 

シーズン開幕戦「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」ではドライバーを、

 

PING G15ドライバーにしました。

 

アイアンは同じくG15アイアンというセッティングでした。

 

G15ドライバーとはアベレージゴルファーから中級者を対象にしたやさしいドライバーです。

 

シャフトも純正のTFC300でした。

 

このドライバー、中級者用でありながらスクエアフェースで、目標に対して真っすぐ構えやすいという利点があります。

 

ディープフェースで低重心になりやすいシャローバックを採用していて左に行かせたくない

 

低スピン高弾道を求めるゴルファーに最適のドライバーです。

 

大山志保プロもおそらく、スクエアにスッと構えられるところが気に入ったのだろうと思います。

アイアンはバウンスが効いた広いソール、グースネックと深いキャビティバックの大型ヘッドで

 

やさしく打てるアイアンを標榜しているモデルです。

 

大山選手がPINGのクラブを選んだ理由としてはおそらく、

 

このPINGというメーカーは早くから「カスタムフィッティング」を取り入れていることでした。

 

具体的にはライ角が細かく選べることによって、自分のスイングに合ったクラブへフィッティングしやすいことが大きいと思います。

 

もちろんプロですから試合会場ではメーカーのクラフトマンが調整してくれますが、

 

大山志保プロはPINGの方針が気に入ったのかもしれません。

 

もうひとつは、2007年から左肘の怪我に悩まされていて、

 

復帰後、クラブメーカーの一貫したバックアップ体制の必要性を認めたからではないかと思われます。

 

すなわち怪我をした部位をいたわること、あるいは負担を最小限にとどめることを念頭に置いた場合には、

 

自分のスイングを知ってもらい、

 

そのスイングに合わせて最大限のパフォーマンスが発揮できるクラブを調整してくれるのは心強いからです。

 

以降、ニューモデルが発売されてもこのG15ドライバーを2016年にGドライバーへ変更するまで使い続けます。

 

昨年(2018年)はヤマハさんとクラブ契約をしましたが、2019年からは再びフリーになりました。

 

いかがでしたか、大山志保プロのクラブセッティングの考え方でした。

 

さて、突然ですが、使用していないゴルフクラブはありませんか?

 

 

使わなくなったクラブはゴルフエースに売りましょう。

クラブ発送用の「段ボール」は申し込み後に送られてきます。代金は1週間ぐらいで振り込まれますよ。

 

その代金で政府の「GO TOトラベルキャンペーン」で割引価格(かなりお得)になった旅行に行きましょう。

 

それでは、現在の大山志保プロのクラブセッティング2019を紹介します。

大山志保のクラブセッティング2019

曲げたくない派は大慣性のピン。

ドライバーはピンG410プラス

日本だけでなく、米国も契約フリーの選手から人気が高いおすすめのピン(PING)G410

 

大慣性モーメントであることはもちろん、ヘッドの重みが利いていて、振りやすいことが人気の要因ですね。

ロフト:10.5度
長さ:45.5インチ/D2


シャフト:USTマミヤ・アッタスG7-5(S)

 

■関連記事

フェアウェイウッドはピン410(3W)

 

ロフト:14.5度
長さ:43インチ


シャフト:USTマミヤ・アタックスG7-5(S)

UTはピン G30

ロフト:19/22/26度
シャフト:ピンTFC390(SR)

アイアンはピン i20(5I~PW)

長さ:5I:37.75インチシャフト:N.S.プロ850GH(S)

ウエッジはフォーティーン RM-22(AW/SW)

ロフト:47/52/58度
シャフト:N.S.プロ850GH(S)

パターはオデッセイ EXOセブンミニ

パターは人気のオデッセイEXOセブンミニを使用しています。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%A4%A7%E5%B1%B1%E5%BF%97%E4%BF%9D&imageId=207869

ボールはダンロップ SRIXON Z-STAR

ボールはダンロップスリクソンZスターを使用しています。

大山志保のスイング

大山志保プロはドライバーもボール位置をほぼ身体の真ん中に置いて打っています。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%A4%A7%E5%B1%B1%E5%BF%97%E4%BF%9D&imageId=190546

その分、上体を右に傾けてインパクトまで頭の位置が変わらずにフェースターンを行います。

 

彼女なりに最もボールを叩けるポジションなのだろうと思います。

 

また、大山志保プロが生まれて初めてゴルフクラブを握った1987年当時、

 

アメリカではテーラーメイドが「ツアープリファードメタル」という、

 

ヘッド体積わずか149CCのメタルウッドが発売され、大人気になりました。

 

おそらくですが、大山志保選手がゴルフに馴染んだのはまさにメタルヘッドの隆興と同じタイミングだったのだろうと思います。

 

従って、いまだにメタルの打ち方である、ボールを叩けるポジションに馴染んでいるのではないかと思います。

 

現代のドライバーではタイミングがずれると右へも左へも飛んで行くスイングですが、

 

下半身を上手く生かして飛ばしています。

 

このスイングであればスクエアフェースのPING G15ドライバーが最適だと思えるスイングです。

 

しかし彼女の真骨頂は常に平均パット数で上位にいることです。

 

2018年は平均パット数6位というパット巧者です。

 

ゲームの組み立てのうまさもこの、パッティングが効果をあげているものと思います。

 

あなたもスイングをワンランクアップさせるなら街の【ゴルフテック】でレベルアップして下さい。

大山志保のプロフィール。

大山選手は1977年宮崎県で生まれ、10歳からゴルフを始めます。

大山志保のプロフィール

出身地:宮崎県
生年月日:1977年5月25日身長:168cm
体重:62kg
血液型:B型
出身校:日本大学中退
プロテスト合格日:2000年8月4日(72期生)
スポーツ歴:陸上(短距離 走り幅跳び)
趣味:音楽鑑賞 読書
好きな色:マゼンタ 白 黒
ゴルフ歴:10歳~

 

高校からは熊本県に移り、ここで故・清元登子氏の門下に入り地力をつけ、

 

高校2年時には「日本女子アマチュアゴルフ選手権競技」で優勝しました。

 

大学は日本大学へ進学し4年時に「日本女子学生ゴルフ選手権競技」に勝利したことをきっかけに

 

大学を中退してプロテストを受け、2000年にプロゴルファーとなりました。

 

2003年の「ベルーナレディースカップ」でツアー初優勝し、翌年からシード選手として戦い、

 

2005年に2勝、2006年には年間5勝を挙げて当時の絶対女王不動裕理を抑えて賞金女王に輝きます。

 

 

特徴的な五木ひろしばりのガッツポーズが有名で多くのギャラリーを沸かせる大山志保プロでしたが、

 

2007年に左ひじに感じた違和感が悪化し、2009年に手術を受けます。

 

2010年ツアーに復帰するものの10試合の出場にとどまりシード権を喪失します。

 

翌2011年はツアー終盤に4試合連続トップ10入りし、「マスターズGCレデース」で優勝するなどシード復帰を果たします。

 

ところが2012年、今度は左肩の故障で長期欠場、再びシード権を失います。

 

2013年はQT39位の資格で参戦しますが夏場に腰の不調により欠場するものの、

 

シーズン通して予選落ちゼロの安定したゴルフを見せます。

 

2016年になると「フジサンケイレディス」で優勝し、

 

賞金を全額熊本地震の義援金として寄付しました。全額ですからね。素晴らしいことです。

 

その後6月に今度は首痛により連続欠場の憂き目に遭います。

 

しかし、このけがをも乗り越え、

 

念願のリオ五輪代表の座を射止めて8月に出場するも42位タイという不本意な成績に終わります。

 

「ゴルフが好き」というその一念が怪我を乗り越える原動力であり、

 

自分がゴルフを通じてお世話になった熊本に対する恩義とやさしさを忘れないあたり、

 

精神力の強さと、律儀な人柄がしのばれます。

大山志保のクラブセッティングのまとめ。

「黄金世代」を中心にした若手女子が活躍する中にあっても、

 

ドライビングディスタンス、パーオン率、平均パット数のいずれも上位に位置している大山志保プロの存在。

 

プレーのみならず、試合に臨む準備を含めて若手にとってはリアルにお手本となる存在であり、学ぶことは沢山あると思います。

 

若手選手が大山志保プロらベテランの背中を追いかけていくことで、

 

国内女子ゴルフツアーのレベルや人気も上がっていくものと思います。

 

幾度となく怪我をしても折れることなく、

 

そこから復活して現在も一線で活躍している大山志保プロの、経験と強さ、律儀な人柄は、

 

いずれは後進の指導にもあたることになると思います。

 

その時にはさらにツアーが盛り上がるようなビッグプレーヤーを育てて欲しいですね。

 

幾度となくケガで戦線から離れてもゴルフを愛している大山志保プロです。

 

スポンサードリンク

この先も大山志保プロを応援しましょう。楽しいゴルフライフを!エンジョイゴルフ!!