今週は第23戦「【2022】NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」

かわいい日本人プロ

かわいい日本人プロ

佐久間朱莉のクラブセッティング2022

佐久間朱莉のクラブセッティングを紹介します。 佐久間朱莉はPingのクラブを基本にセッティングしています。 ジャンボ尾崎ゴルフアカデミーで腕を磨き、2021年6月のプロテストで トップ合格を果たしました。 4日間で18アンダーという、驚異的な強さでした。
かわいい日本人プロ

菊地絵理香の優勝歴と成績、初優勝は2015年で通算5勝。

菊地絵理香の優勝歴とプロデビュー後の成績を紹介します。 通算5勝目は2022年第20戦地元北海道での開催「大東建託・いい部屋ネットレディス」でした。 イメージ的に、ツアー参戦してからすぐに結果を出している選手なのかと思っていましたが、 本当に地道に、少しずつ力をつけてきた選手です。
かわいい日本人プロ

岸部桃子”契約フリー”のクラブセッティング2022。キャロウエイで統一。

岸部桃子のクラブセッティング2022をお届けします。 契約はフリーですがキャロウエイゴルフのクラブを中心に セッティングしています。 高校2年生だった2011年。東日本大震災で被災し愛用のクラブを失いました。 しかし、翌年のプロテストで一発合格しました。
かわいい日本人プロ

木村彩子のクラブセッティング2022。キャロウェイと用品契約。

木村彩子のクラブセッティングを紹介します。 2022年はキャロウェイと用品契約を結びシード選手としてシーズンを戦います。 2022年の木村選手は予選落ちも少なくベスト10も2回、 メルセデスランキングも40位につけています。(アースモンダミン前)
かわいい日本人プロ

“ささきしょうこ”の「4勝目」を狙うクラブセッティング。

“ささきしょうこ”のクラブセッティングを紹介します。2018年から「優勝」の二文字から遠ざかっています。 そろそろ4勝目が見たいですね。 漢字では「佐々木笙子」と書きますが、名前を間違えられることが多いので協会には平仮名で登録し...
かわいい日本人プロ

藤田さいきの「6勝目」を狙うクラブセッティング2022。

藤田さいきのクラブセッティング2022を紹介します。 2022年、36歳の藤田さいきは「宮里藍 サントリーレディスオープン」で 大会アンバサダーを務めた宮里藍と同じ年齢です。 ジュニア時代からの仲間でプロになっても同じ試合でも何回となく戦ってきました。
かわいい日本人プロ

笠りつ子の通算6勝の優勝歴。

笠りつ子の優勝歴を紹介します。 笠りつ子プロは熊本県出身で坂田塾の門下生で、2006年にプロ入りしツアー6勝の実力者です。 熊本県出身の女子プロゴルファーは清元澄子、平瀬真由美、高村亜紀、不動裕理、古閑美保、上田桃子、有村智恵、一ノ瀬優希などなど、 挙げれば枚挙にいとまがないほど逸材ぞろいです。
かわいい日本人プロ

西郷真央の優勝歴。初優勝は2022年の開幕戦ダイキンオーキッドレディス。

西郷真央の優勝を紹介します。2022年女子ゴルフツアーで西郷真央は通算5勝目を果たしています。 出場10試合での5勝は、2004年に不動裕理がマークした11試合 を抜いて最速記録となりました。 その新記録を引っさげ、6月の全米女子オープンと全米女子プロ選手権 に挑戦します。
かわいい日本人プロ

堀琴音が2022年ツアー2勝目、初優勝はプロ8年目の2021年。

堀琴音は2021年7月に北海道の桂ゴルフ倶楽部で開催された「ニッポンハムレディスクラシック」 で優勝しました。苦節8年、涙のツアー初優勝でした。 堀琴音は2014年のプロテストに合格し、同年のSTEPUPツアー「京都レディースオープン」で 優勝しました。
かわいい日本人プロ

竹田麗央(りお)のクラブセッティング2022。

2021年のプロテストに合格した竹田麗央(りお)のクラブセッティング2022を紹介します。 いまや女子ゴルフ王国ともよばれる熊本県からまた一人プロゴルファーが誕生しました。 その名は竹田麗央(りお)です。 叔母は1993年、94年の賞金女王で「元祖天才少女」と呼ばれたの平瀬真由美。 母は女子プロゴルフファーの平瀬哲子。
タイトルとURLをコピーしました