桑木志帆の優勝歴。初優勝は2024年「資生堂レディスオープン」

かわいい日本人プロ

桑木志帆の優勝歴をご紹介します。初優勝は2024年の「資生堂レディスオープン」です。桜井心那にプレーオフで敗れた昨年大会のリベンジを果たしました。

桑木志帆は2020年6月に開催したプロテストに合格しています。2021年は新人戦で優勝しましたが、2023年まで優勝はありませんでした。

岩井千怜、岩井明愛姉妹や佐久間朱莉などと同期ですので、早く自分も優勝したいとの気持ちは当然あったと思います。

桑木志帆の優勝歴。初優勝は2024年「資生堂レディスオープン」

桑木志帆選手は2003年1月29日生まれで、岩井ツインズと同学年でプロテストも同じ年に合格しています。

しかし、優勝の二文字は近くにあるがなかなか手に入れることができません。そんな中、やっとそのチャンスが回ってきたのです。

初優勝は2024年第18戦「資生堂レディスオープン」短縮競技。


出展:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E6%A1%91%E6%9C%A8%E5%BF%97%E5%B8%86&imageId=355541

大会名 資生堂 レディスオープン
開催期間 6月27日~6月30日
開催場所 戸塚カントリー倶楽部 西コース(神奈川県)/6,697Yards Par72(36,36)
賞金総額/優勝賞金 12,000万円/2,160万円
優勝スコアー:65+71+69=205(-11)

まずは表彰式の優勝スピーチ。

「いま初優勝をした実感がなくて、何を言おうか頭が真っ白なんですが、去年の忘れ物を取りに来れて本当に良かった。今まで支えてくれた家族、コーチ、トレーナー、応援団の皆様ありがとうございました」

「初優勝まで長く感じましたが、2勝、3勝と勝利を重ねていけるようにがんばりますので、温かい応援よろしくお願いします」

と話していました。去年の忘れ物(優勝)を手に入れて本当によかったと思います。

リベンジとなる優勝を決めた18番のパーパットを沈め両手を天に上げたとたん白いものが目に見えました。

ちなみに、桑木は今大会を含め出場17試合のうち4試合でトップ5でした。

他の新世紀世代の優勝者はこちら

新世紀世代の女子ゴルフ。年別優勝者(優勝歴)一覧。

まとめ。

優勝者の影には必ず敗者がいます。2023年の資生堂レディスオープンの優勝者の影は桑木志帆でした。

それから1年の長い時間をかけ「リベンジする」と言う熱い気持ちを持ち続けていたからこそ初優勝の二文字が舞い込んできたのだと思います。

ゴルフにはこの「熱い気持ち」が大事だと思います。それは本人は当然ですが、周りのスタッフたちにも言えることでしょう。

その気持ちを持ち続けることができる選手が超一流選手の証なのですね。

 

かわいい日本人プロ
アマゾン
アマゾンプライム。

アマゾンプライム会員は配送料が無料です。アマゾンではゴルフ用品から生活用品、雑貨
まで品揃いが豊富です。
愛する大事な方へのプレゼントもアマゾンから送りましょう。
あなたの愛の深さはプレゼントから・・・

U-NEXT
U-NEXT

ゴルフ上達は視覚から。

いつでもどこでも選手のスイングやパッティングを観ることができる時代。
ゴルフ好きは配信から。

JLPGA(日本女子ツアー)とPGA(米男子ツアー)トーナメントは【U-NEXT】で!

満範をフォローする
素晴らしき女子ゴルフ。

コメント

  1. […] ⇒桑木志帆の優勝歴。初優勝は2024年「資生堂レディスオープン」 […]

  2. […] ⇒桑木志帆の優勝歴。初優勝は2024年「資生堂レディスオープン」 […]

  3. […] ⇒桑木志帆の優勝歴。初優勝は2024年「資生堂レディスオープン」 […]

タイトルとURLをコピーしました