今週は「資生堂 レディスオープン」

新世紀世代の女子ゴルフ。年別優勝者一覧。

かわいい日本人プロ

女子ゴルフ新世紀世代(第三世代)の優勝者を紹介します。優勝者のクラブセッティングも参考にして下さい。

女子ゴルフで新世紀世代(第三世代)とは2001年度以降に生を受けた(21世紀生まれ)女子プロゴルファーの皆さんです。

その世代をいつしか新世紀世代と呼ぶようになりました。新世紀世代の女子プロゴルファーを応援して下さい。

ゴルフが大好きなあなた。応援している選手の優勝シーンは感動ですね。

ツアーはLIVE。先ずは「30日間無料体験」で視聴しましょう。

プライム会員は⇒「アマゾンプライムビデオ」の「GOLFTV」で視聴。

プライム会員でない方は⇒女子ゴルフツアーの速報はAmazonプライムビデオの「ゴルフTV」でLIVE視聴!!で確認して下さい。

新世紀世代の女子ゴルフメンバー2022年優勝者。

笹生優花が2021年全米女子オープンの覇者となり同じジャンボ軍団の門下生で新世紀世代である西郷真央プロが今季10戦で5勝を挙げています。

また、「山下美夢有」も2022年最初の公式戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」で優勝し、

サントリーレディスでも逆転優勝し通算3勝目を挙げています。

山下美夢有が第15戦「宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」で優勝。

開催日:6月9日~6月12日
開催場所:六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫県) / 6,527Yards Par72(36,36)
優勝賞金:2,700万円

4打差4位からスタートした山下は4バーディー、ノーボギーの68で回り、通算12アンダーとし地元関西地区で逆転優勝を飾りました。

5月ワールドレディスサロンパス杯以来の今季2勝目、ツアー通算3勝目。

山下のコメント:引用:ヤッフーニュース

「優勝杯、メッチャ重かったです。今日は風の強い中でノーボギー68で回れた。自信になりました。地元の関西で勝てたのが一番うれしい。両親、きょうだい、同級生や後輩…たくさんの人が応援に来てくれた心強かった」


出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%B1%B1%E4%B8%8B%E7%BE%8E%E5%A4%A2%E6%9C%89&imageId=274680

優勝:276(-12) 68+71+69+68

優勝者には全英女子オープンの出場権が与えられますが優勝時点では微妙でした。

行きたい気持ちはあるけど、確実に決まっているわけではない」「行ったからには予選を通って上位で戦いたい。いまこの技術でいけるのかという思いもある。来週までには決める」

しかし、翌日の月曜日に父と相談し出場することを決めたようです。

「月曜日に父と相談しつつ自分で決めた。(会場の)ミュアフィールドを回りたいというのがあった。行くからには結果を残したい。海外でプレーして足りない部分を見つけて、さらに成長できたら」

山下プロの優勝シーンのアーカイブスは⇒女子ゴルフツアーの速報はAmazonプライムビデオの「ゴルフTV」でLIVE視聴!!から。

西郷真央が第12戦「ブリヂストンレディスオープン」で優勝。

開催日:5月19日~5月22日
開催場所:袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉県) / 6,713Yards Par72(36,36)
優勝賞金:1,800万円

16番パー5の劇的バンカーショットからのチップインイーグルが優勝の決めてになりました。

通算13アンダーで今季5勝目を飾りました。

優勝:275(-13):67+70+69+69

山下美夢有が第10戦公式戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」で優勝。

開催日:5月6日~5月8日
開催場所:茨城ゴルフ倶楽部 西コース(茨城県) / 6,680Yards Par72(36,36)
優勝賞金:2,400万円

首位から出た山下美夢有選手は3バーディー、2ボギーの71でスコアを一つ伸ばし、通算12アンダーでメジャー初優勝を果たした。

初日に大会コースレコードの64を出して首位に立ち、最終日までトップを譲らない完全優勝は大会史上初の快挙です。

優勝:276(-12) 64+74+67+71

西郷真央が第9戦「パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント」で4勝目。

開催日:4月29日~5月1日
開催場所:浜野ゴルフクラブ(千葉県) / 6,660Yards Par72(36,36)
優勝賞金:1,440万円

優勝:206(-10): 70+68+68

西郷真央は首痛から3週ぶりの出場です。

15番のスーパーイーグルで逆転し、今季出場7戦でツアー史上最速の4勝目を飾りました。

圧倒的な強さで、昨年、稲見萌寧が達成した初戦から8戦4勝の記録を更新しました。

西郷真央が第5戦「ヤマハレディースオープン葛城」で3勝目。

開催日:3月31日~4月3日
開催場所:葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(静岡県) / 6,590Yards Par72(36,36)
優勝賞金:1,800万円

3日目から独走に入り完全勝利を決めました。

葛城ではショートゲームが冴えていました。好調を支えているのはパッティングですね。

第3Rのパット数は単独1位の「25」。

「ロングパットが決まって気持ちが楽になった」とコメントしていました。

優勝:280(-8):67+69+68+76

西郷真央が第4戦「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 2022」で2勝目。

開催日:3月25日~3月27日
開催場所:UMKカントリークラブ(宮崎県) / 6,546Yards Par72(36,36)
優勝賞金:1,800万円

優勝:(-9)67+68=135

2Rは悪天候のため試合は中止になり、短縮競技となりました。

2打差3位から出た西郷真央が5バーディ、1ボギーの68で回り、通算9アンダーで逆転優勝を飾りました。

開幕戦のダイキンオーキッドレディスに続く、ツアー通算2勝目で今季早くも4戦2勝です。

新世紀世代では笹生優花に続く2人目の複数回優勝を達成しました。

西郷のコメント

「まさか優勝できるとは。団子状態で最後の数ホールは緊張した。ボギーを打たずに終われて良かった」

西郷真央は2019年11月のプロテストで、高3で笹生優花、山下美夢有と共に3人同時に一発合格しています。

西郷真央が開幕戦「第35回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」で初優勝。

3月3日~3月6日
琉球ゴルフ倶楽部(沖縄県) / 6,590Yards Par72(36,36)
優勝賞金:2,160万円

優勝(-10):69+73+69+67=278

西郷時代の到来を告げる鮮やかな5打差逆転優勝。今年のゴルフ界は21世紀生まれの新世紀世代が引っ張っていくことでしょう。

新世紀世代の女子ゴルフメンバー2021年優勝者。

女子ゴルフは2020年と21年長くなった1シーズンで戦いました。

笹生優花は2021年米国メジャー戦「全米女子オープン」でも優勝しました。

笹生優花の2021年全米女子オープン。

開催期間:6月3日~6月6日
開催場所:オリンピッククラブ(レイクコース)(カリフォルニア州)6457yd(パー71)

笹生優花はプレーオフを制し優勝。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/lpga/photo/detail/?imageId=247436

まさかこんな日がくるとは誰が想像したでしょうか?畑岡奈紗VS笹生優花。全米女子オープン日本人同士のプレーオフ。

(レジェンドのジャンボさん対中嶋さんの弟子の戦いです)

19歳351日の最年少優勝した笹生優花選手。2020年国内で2勝していますが、涙はありませんでした。

しかし全米での優勝後は家族を思い出し、涙の会見でした。これで日本でのプレーを観ることはできなくなりますかね?

FR:優勝:73(+2)3バディー、1ボギー、2ダブルボギー

通算:69+67+71+73=280(-4)

最終日ホールバイホール。最終日は6アンダー単独2位からスタートしました。

  • 1H:パー(6アンダー)
  • 2H:ダブルボギー(4アンダー)
  • 3H:ダブルボギー(2アンダー)
  • 4H:パー(2アンダー)
  • 5H:パー(2アンダー)
  • 6H:パー(2アンダー)
  • 7H:バーディ(3アンダー)
  • 8H:パー(3アンダー)
  • 9H:パー(3アンダー)
  • 10H:パー(3アンダー)
  • 11H:ボギー(2アンダー)
  • 12H:パー(2アンダー)
  • 13H:パー(2アンダー)
  • 14H:パー(2アンダー)
  • 15H:パー(2アンダー)
  • 16H:バーディ(3アンダー)
  • 17H:バーディ(4アンダー)
  • 18H:パー(4アンダー)

2H、3Hでダブルボギーを叩いた時点で心は折れますよね。でも笹生選手は最後まで諦めませんでした。

優勝インタビューで家族に感謝を述べる時の涙がとても印象的でした。日本で優勝した時にはその涙はありませんでしたからね。

やはり目標といていた全米女子オープンの重みなのでしょうか。

引用:ヤッフーニュース

父・正和さんは「こんなに早く…。良かった」と号泣しながらコメントしていました。

家族は父・正和さん、母・フリッツィーさん、兄・斉藤貴正そして弟は双子で・龍聖さんと竜児さんです。

笹生優花の3Rは単独2位。

3R:単独2位:71(±0)
単独首位で出た笹生優花は4バーディ、4ボギーの「71」でプレーし、通算6アンダーです。

首位のレキシー・トンプソンと1打差で、最終日は最終組で戦います。

通算:69+67+71=207(-6)

笹生優花の2Rは首位。

2R:首位:67(-4)6バーディ、2ボギー。
通算:69+67=136(-6)

笹生優花の1Rは6位タイ。

1R:6位タイ:69(-2)

山下美夢有の初優勝は「KKT杯バンテリンレディスオープン」


出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%B1%B1%E4%B8%8B%E7%BE%8E%E5%A4%A2%E6%9C%89&imageId=244038

開催日:4月16日~4月18日
開催場所:熊本空港カントリークラブ(熊本県) / 6,501Yards Par72(36,36)
優勝賞金:1,800万円

 

優勝:山下美夢有:(-14)67+69+66=202
プロ2年目の山下美夢有が大会レコードの通算14アンダーでツアー初優勝です。

山下のコメント:引用:JLPGA

優勝できるとは思っていなかった。とにかく集中していたと思います。だから、すごくうれしい。ここまできたのは、たくさんの方々の声援と応援があったから。表彰式では、そんなことを思い出し、いろいろなことがこみあげてきました。

新世紀世代の女子ゴルフメンバー2020年優勝者。

このシーズンに規格外の新世紀世代(第三世代)の女子プロゴルファーが誕生しました。

それは「笹生優花(さそうゆうか」です。

2020年の開幕戦になった「アース・モンダミンカップ」では5位タイ。

そして、日本女子ツアー第2戦になった「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で初優勝を果たしました。

そして、そして第3戦の「ニトリレディース」で連続優勝したのです。

笹生優花の2勝目。

開催日:8月27日~8月30日
開催場所:小樽カントリー倶楽部(北海道) / 6,695Yards Par72(36,36)
優勝賞金:3,600万円

8月に開催したニトリレディスで13アンダー2位に2打差で今季2勝目連続優勝です。

10代の連続優勝は3人目です。

宮里藍プロと黄金世代の畑岡奈紗プロそして笹生優花です。

笹生優花が初優勝。

開催日:8月14日~8月16日
開催場所:軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県) / 6,710Yards Par72(36,36)
優勝賞金:1,440万円

2020年は6月のアースモンダミンまで新型コロナウイルスで大会が中止になっていました。

そんな中、8月に開催した実質開幕第2戦の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で初優勝しました。

まとめ。

笹生選手の2022年の主戦場は米国ですね。

同じ師匠であるジャンボさんの指導を受けている西郷真央選手は2021年は優勝がありませんでしたが2位を7回も経験しています。

必ずやその日が来ることと思っていましたが、2022年は10戦で早くも5勝しました。

覚醒している新世紀世代の女子プロゴルファーです。

そして新世紀世代の若手が続々とレギュラーツアーに参戦し優勝争いに加わってくるでしょう。

2022年は大いに期待できますね。

ゴルフが大好きなあなた。応援している選手の優勝シーンは感動ですね。

ツアーはLIVE。先ずは「30日間無料体験」で視聴しましょう。

プライム会員は⇒「アマゾンプライムビデオ」の「GOLFTV」で視聴。

プライム会員でない方は⇒女子ゴルフツアーの速報はAmazonプライムビデオの「ゴルフTV」でLIVE視聴!!で確認して下さい。

プライムビデオ
アマゾンプライムビデオでGOLFTVを視聴する。

2021年渋野日向子プロが復活優勝した
「スタンレーレディース」をプライムビデオ
の「GOLFTV」で再視聴しましょう。

「GOLFTV」は30日間無料体験で観る事が
できます。

PGA&LPGAのゴルフ番組が揃っている
「GOLFTV」。

2022年の女子ゴルフトーナメントは
「GOLFTV」のLIVE配信でお楽しみ下さい。

かわいい日本人プロ
満範をフォローする
素晴らしき女子ゴルフ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました