最終戦の第38戦「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」覇者は年間女王の山下美夢有です。

西郷真央の優勝歴。初優勝は2022年の開幕戦ダイキンオーキッドレディス。

かわいい日本人プロ

西郷真央の優勝を紹介します。2022年女子ゴルフツアーで西郷真央は通算5勝目を果たしています。

出場10試合での5勝は、2004年に不動裕理がマークした11試合を抜いて最速記録となりました。

その新記録を引っさげ、6月の全米女子オープンと全米女子プロ選手権に挑戦しました。

西郷のコメント:引用:ヤッフーニュース

「自分が今、どれだけ戦えるか。しっかり結果として残せるよう頑張りたい」。

西郷真央の優勝歴2022年。

4月のパナソニックオープンレディースの優勝後5月は2週連続での予選落ちでした。

でもその2週間は自分を見つめ直す時間でもあったと言います。

今まで記録していたデータを駆使し、スイングの修正を試みたようです。

テークバック時の違和感は、「ジャンボさんにひとこと言っていただいたおかげで、すっと自分の中に入ってきた」。とコメントしております。

西郷真央の5勝目は「ブリヂストンレディスオープン」。


出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E8%A5%BF%E9%83%B7%E7%9C%9F%E5%A4%AE&imageId=272011

開催日:5月19日~5月22日
開催場所:袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉県) / 6,713Yards Par72(36,36)
優勝賞金:1,800万円
優勝:275(-13):67+70+69+69

1打差の首位からスタートし、1イーグル2バーディ、1ボギーの「69」で回り、通算13アンダーとして逃げ切り、今季5勝目を挙げました。

前半は苦しい展開が続いていましたが、優勝を決めた1打は16番のパー5でした。

グリーン左サイドのバンカーから3打目がカップインイーグルで抜け出しました。

西郷真央の4勝目は「パナソニックオープンレディース」。

開催日:4月29日~5月1日
開催場所:浜野ゴルフクラブ(千葉県) / 6,660Yards Par72(36,36)
優勝賞金:1,440万円
優勝:206(-10): 70+68+68

首位と2打差の2位からスタートし、ボギーなしの1イーグル2バーディ「68」で回り、通算10アンダーと伸ばして逆転優勝を遂げました。

今季7戦で4勝目です。

この優勝で2023年の米女子ツアー「HSBC女子世界選手権」の出場権が付与されました。

西郷真央の3勝目は「ヤマハレディースオープン葛城」。

開催日:3月31日~4月3日
開催場所:葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(静岡県) / 6,590Yards Par72(36,36)
優勝賞金:1,800万円
優勝:280(-8):67+69+68+76

激しい雨の中、5打差首位からスタートとし、3バーディ、5ボギー1ダブルボギーの「76」でのラウンドでした。

3日目までの貯金を生かし通算8アンダーで逃げ切り、初日から首位を守る完全優勝を遂げました。

20歳177日での4日間大会完全優勝は2005年「日本女子オープン」を20歳105日で制した宮里藍に次ぐツアー史上2位の記録となりました。

西郷真央の2勝目は「アクサレディス in MIYAZAKI」。

開催日:3月25日~3月27日
開催場所:UMKカントリークラブ(宮崎県) / 6,546Yards Par72(36,36)
優勝賞金:1,800万円
優勝:(-9)67+68=135

2打差3位からスタートし5バーディ、1ボギーの「68」でプレーし通算9アンダーで逆転優勝を挙げました。

西郷真央の初優勝は「開幕戦ダイキンオーキッドレディス」。

3月3日~3月6日
琉球ゴルフ倶楽部(沖縄県) / 6,590Yards Par72(36,36)
優勝賞金:2,160万円
優勝(-10):69+73+69+67=278

2022年の開幕戦ダイキンオーキッドレディスは、8位でスタートし6バーディ、1ボギーの「67」でのプレーでした。

通算10アンダーとして5打差を逆転し、ツアー初優勝を挙げました。

昨シーズンの2020-21年は2位が7度のシルバーコレクターと呼ばれていました。

悔し涙を何度も見てきましたね。20歳の“せごどん”こと西郷がついについに頂点に立ちました。

西郷のコメント:引用:ヤッフーニュース

「昨年まで優勝できなくてたくさん悔しい思いをしてきた。びっくりしている感じだけど、本当にうれしい。『まだ行けるよ』と声を掛けてくれたギャラリーの方々の力で、最後までプレーできた」

西郷は全米女子のメジャー戦に挑みます。その結果は、

全米女子プロ(6月23日〜26日)は4オーバーの30位、全米女子オープン(6月2日~5日)は44位の成績でした。

西郷のコメント:全米女子オープン

「まだまだ粗削りな部分がすごく見えたので、まだまだ技術的にも向上できる部分はたくさんあると見えたのでプラスになると思う」

西郷真央のプロフィール。

所属:島津製作所
出身地:千葉県船橋市
生年月日:2001年10月8日
用品契約:クラブ:ミズノ/ボール:ブリヂストン/ウェア:FILA/シューズ:ミズノ
身長:158cm
体重:57kg
血液型:AB型
出身校:日本ウェルネススポーツ大学在学中
プロテスト合格日:2019年11月8日
好きな色:ピンク
ゴルフ歴:5歳〜

まとめ。

2022年のニューヒロインは西郷真央です。

女子ゴルフはまさに戦国時代で誰が優勝してもおかしくない実力者が揃っています。

それでも2勝目の壁を感じている女子プロゴルファーが多い中、初優勝から3週間後に2勝目、そして3勝目は連続優勝という快挙。

その後も優勝の二文字を量産しています。どこまで伸ばすのか?米ツアーではどうなのか?

ゴルファー達の西郷への興味は無限大に膨らみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました