今週は第30戦公式戦「日本女子オープン」です。

尾関彩美悠(あみゆ)のクラブセッティング。

かわいい日本人プロ

尾関彩美悠のクラブセッティングを紹介します。クラブ契約はダンロップゴルフです。

2021年の「日本女子アマチュアゴルフ選手権」で優勝し、11月の最終プロテストでトップ合格している実力者です。

アマ時代は日本ゴルフ協会(JGA)が選ぶナショナルチーム(日本代表)でも活躍していました。

尾関彩美悠(あみゆ)のクラブセッティング2022。

尾関彩美悠のクラブセッティングはパター以外オールダンロップゴルフです。

ドライバーはスリクソン ZX5

ドライバーはスリクソンZXプロトタイプを使用していますのでここではドライバーはスリクソン ZX5を紹介します。

ロフト:8.5度
シャフト:VENTUS BLUE(S)
長さ:45.5インチ、重さ50g台



ストレートなアングルでやや大き目の丸顔です。

多くのプロたちを納得させた美しい輪郭は、反発性能で有利だが溶接跡の処理が難しい「※カップフェース」を諦めて実現できました。

カップフェースとは、フェース全体に加えてクラウンやソール側まで回り込んでL字型や凹型に同じ素材で精製し、溶接個所をフェース面からズラして厚みを持たせないようにする製法のこと。

だからカップフェースを採用したクラブは、反発エリアが広く作りやすいので、評価の高いモデルが多いんだ。

しかし、ボディをたわませてフェース全体のたわみを大きくするリバンドフレームの採用により、飛距離性能を実現しています。

フェアウェイウッドはスリクソン ZX(3W/5W)

FWもスリクソン ZX プロトタイプです。

ロフト:15度/18度

ディープすぎずシャロ―すぎずの小ぶりのヘッドは操作性と寛容性のバランスが良い。

アスリートモデルらしく叩いても左にいかず吹けもしない。フェースの弾きとゴルファーの両方で飛ばすウッドです。

UTはスリクソン ZX(3U/4U/5U)

UTもスリクソン ZX プロトタイプです。

ロフト:19度/22度/25度

コンパクトなサイズで操作性の高いアスリートモデル。顔はアメリカンハイブリッドのようにスクエア感があります。

少しグースが入っているので、アイアンに近い感覚でターゲットラインをイメージをイメージしながら構えることができます。

ダウンブローで打ちやすく、ロフトが寝ているので高打ち出し、高スピンでグリーンを狙って止まる球が打てるハイブリッドです。

アイアンはゼクシオ エックス(6I~PW)

コンパクトで丸みのある顔、セミグースネック、バックフェースのデザインなどゼクシオフォージドよく似た雰囲気を持ったアイアンです。

ウェッジはクリーブランド RTX ZIPCORE。

ロフト:50度/56度

ネックを軽くすることで重心位置がヒールからセンターに移動。打点がばらついても重心とのずれが小さいため飛距離と方向性が安定します。

パターはオデッセイELEVEN TOUR LINED


出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%B0%BE%E9%96%A2%E5%BD%A9%E7%BE%8E%E6%82%A0&imageId=272349

パターはオデッセイELEVEN TOUR LINEDを使用しています。

ボールはスリクソン Z-STAR XV。

ボールはスリクソン Z-STAR XVを使用しています。

他の女子ゴルフのクラブセッティングはこちら↓

尾関彩美悠のプロフィール。

所属:フリー
出身地:岡山県倉敷市
生年月日:2003年6月16日
身長:158cm
体重:50kg
血液型:A型
出身校:岡山県作陽高等学校
プロテスト合格日:2021年11月5日
ゴルフ歴:7歳~

まとめ。

尾関彩美悠のクラブセッティングはダンロップとの契約ですのでスリクソンとゼクシオそしてウエッジはクリーブランドの混合です。

全体の印象はやはりやさしさ重視のセッティングです。

先ずはこのセッティングでレギュラーツアーで活躍しそして優勝を狙ってもらいたいですね。
(※2022年 住友生命Vitalityレディス 東海クラシックで初優勝しました)

コメント

タイトルとURLをコピーしました