今週は第30戦公式戦「日本女子オープン」です。

西村優菜の優勝歴通算6勝、2勝目は涙の国内メジャー戦。

プラチナ(ミレニアム)世代

西村優菜の優勝歴を紹介します。

高校卒業年の2019年プロテストに一発合格し、翌年の2020年「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」で初優勝しました。

メジャー戦の優勝は2021年「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」です。

  • 6勝目:「ニッポンハムレディスクラシック」2022年7月10日:
  • 5勝目:「ニチレイレディス」2022年6月19日
  • 4勝目:「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」2021年9月26日
  • 3勝目:「第52回住友生命Vitalityレディス 東海クラシック」2021年9月19日
  • 2勝目:「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」2021年5月9日
  • 初優勝:「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」2020年11月1日

西村優菜の優勝歴2022年。

西村優菜の6勝目は、【2022】ニッポンハムレディスクラシック。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E8%A5%BF%E6%9D%91%E5%84%AA%E8%8F%9C&imageId=277673

西村優菜の通算6勝目は【2022】ニッポンハムレディスクラシックで大会コースレコードの18アンダーで優勝しました。

開催日:7月7日~7月10日
開催会場:桂ゴルフ倶楽部(北海道) / 6,763Yards Par72(36,36)
優勝賞金:1,800万円
優勝スコア―:270(-18)67+67+66+70

単独首位で出た21歳の西村優菜が4バーディ、2ボギーの70で回って通算18アンダーで今季2勝目を3週ぶりにツアー通算6勝目を挙げました。

18アンダーは大会記録を更新しました。

西村優菜の5勝目は、【2022】ニチレイレディス。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E8%A5%BF%E6%9D%91%E5%84%AA%E8%8F%9C&imageId=275539

西村優菜の通算5勝目は【2022】ニチレイレディスで大会コースレコードの17アンダーで優勝しました。

開催日程:6月17日~6月19日
開催場所:袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コース(千葉県)/ 6,550Yards Par72(36,36)
優勝賞金:1,800万円
優勝スコア―:199(-17) 65+68+66

トップタイで出た西村優菜が6バーディ・ボギーなしの「66」をマーク。

袖ヶ浦CCでのトーナメントレコードを5打更新するトータル17アンダーで今季初優勝、ツアー通算5勝目を果たしました。

ノーボギーでの優勝はツアー史上12人目(1990年以降)。

西村優菜の優勝歴2021年。

西村優菜の4勝目は、【2021】第48回ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント。


出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E8%A5%BF%E6%9D%91%E5%84%AA%E8%8F%9C&imageId=254903

開催日:9月24日~9月26日
開催場所:利府ゴルフ倶楽部(宮城県) / 6,591Yards Par72(36,36)
優勝賞金:1,260万円
優勝:201(-15) 66+65+70

西村優菜の通算4勝目は「第48回ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」で通算15アンダーで逃げ切りの完全優勝です。

西村優菜の3勝目は、2021第52回住友生命Vitalityレディス 東海クラシック

開催日:9月17日~9月19日
開催場所:新南愛知カントリークラブ美浜コース(愛知県) / 6,502Yards Par72(36,36)
優勝賞金:1,800万円(短縮競技で1,350万円)
優勝:134(-10) 71+63

西村優菜の通算3勝目は「2021第52回住友生命Vitalityレディス 東海クラシック」でトータル10アンダーで逆転優勝しました。

西村優菜の2勝目は、【2021】ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E8%A5%BF%E6%9D%91%E5%84%AA%E8%8F%9C&imageId=245303

開催日:5月6日~5月9日
開催場所:茨城ゴルフ倶楽部 東コース(茨城県) / 6,630Yards Par72(36,36)
優勝賞金:2,400万円
優勝:274(-14):69+69+69+67

2勝目は2021年国内メジャー初戦の「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」での優勝です。

強豪がそろう女子ゴルフの世界、自身3度目のメジャー最終日最終組で“プラチナ世代”初のメジャー女王の座を西村優菜が果たしました。

首位と3打差のトータル9アンダー・2位タイからスタートした西村優菜は安定したショットと抜群の距離感のパッティングでスコアを5つ伸ばし、2位と3打差のトータル14アンダーでの優勝です。

昨年の「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」、「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」でも最終日最終組で優勝争いを繰り広げた実力者です。

(※20歳278日でのメジャー制覇は、大会史上3位の年少優勝です。)

安定したショット力と、勝負所のパットが冴えわたっていましたね。

西村優菜の優勝歴2020年。

西村優菜の初優勝は、【2020】樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント

開催日:10月30日~11月1日
開催場所:武蔵丘ゴルフコース(埼玉県) / 6,585Yards Par72(36,36)
優勝賞金:1,440万円
優勝:205(-11) 69+71+65

西村優菜は2020年の「樋口久子 三菱電機レディス」でツアー初優勝。

出場10試合目で20歳89日でした。

西村優菜の初優勝は無観客で開催された「樋口久子 三菱電機レディス」でした。

首位と6打差の3位で出た20歳新人・西村優菜が8バーディー、1ボギーの65で回り、通算11アンダーとして大逆転でのツアー初優勝を挙げました。

西村優菜の国内メジャー戦の成績。

2022年国内メジャー。

  • 14位タイ:「ワールドレディスチャンピオンシップ」5月5日~5月8日
  • 38位タイ:「日本女子プロゴルフ選手権大会」9月8日~9月11日

2021年国内メジャー。

  •  優勝:「ワールドレディスチャンピオンシップ」5月6日~5月9日
  • 6位タイ:「日本女子プロゴルフ選手権大会」9月9日~9月12日
  • 単独4位:「日本女子オープンゴルフ選手権 」9月30日~10月3日
  • 9位タイ:「JLPGAツアーチャンピオンシップ」11月25日~11月28日

2020年国内メジャー

  • 大会中止:「ワールドレディスチャンピオンシップ」5月7日~5月10日
  • 7位タイ:「日本女子プロゴルフ選手権大会」 9月10日~9月13日
  • 11位タイ:「日本女子オープンゴルフ選手権」10月1日~10月4日
  • 3位タイ:「JLPGAツアーチャンピオンシップ」 11月26日~11月29日

まとめ。

日本ツアー通算6勝の西村優菜は2000年生まれのプラチナ世代の代表格ですね。

プラチナ世代の仲間にはプロテストが免除になって米ツアーで活躍している日本ツアー6勝、米ツアー1勝の古江彩佳。

そして西村優菜と同様に常に優勝争いに名を挙げている日本ツアー2勝の吉田優利。

まだ優勝こそありませんが、その存在感と人気がある安田祐香などとともにジュニア時代から一緒に戦ってきました。

その仲間たちの活躍に刺激されこれからも優勝回数は増えていくと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました