女子プロゴルファーのクラブセッティング。

プラチナ世代の女子ゴルフ。年別優勝者一覧

プラチナ(ミレニアム)世代

女子ゴルフ界のプラチナ(ミレニアム)世代とは2000年4月~2001年3月に生を受けた女子プロゴルファーの皆さんです。

プラチナ世代の優勝者第一号はアマチュアでプロトーナメントを優勝しプロ入りした古江彩佳です。

2020年は3勝し、2021年も1勝しています。それでは、プラチナ世代の年度別優勝者を紹介します。

目次

女子ゴルフ、プラチナ(ミレニアム)世代の女子ゴルフメンバー。2021年優勝者。

2021年は3月の「ダイキンレディス」が初戦です。シーズンは2020年と2021年が一緒になりましたが、やはりオフ後の初戦は緊張しますよね。

この年、プラチナ世代から何人が複数優勝するでしょうか?注目の安田祐香は左腕痛を理由にしばらく欠場していました復帰しています。

又2020年複数優勝(3勝)した古江彩佳も伸び悩んでいますが、必ず優勝すると思います。

古江彩佳のプロ6勝目、通算7勝は第35戦(49戦)「TOTOジャパンクラシック」(無観客)

古江彩佳のプロ5勝目、通算6勝は第33戦(47戦)「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」(有観客)

2週連続の優勝は地元開催の試合でした。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%8F%A4%E6%B1%9F%E5%BD%A9%E4%BD%B3&imageId=257125

古江彩佳のプロ4勝目、通算5勝は第46戦「富士通レディース」(無観客)

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%8F%A4%E6%B1%9F%E5%BD%A9%E4%BD%B3&imageId=256518

必ず優勝すると思っていた古江彩佳がアマで優勝した「富士通レディース」でプロでも優勝しました。

今大会も黄金世代VSプラチナ世代でした。

古江のコメント:引用:ヤッフーニュース

2年前は自分のことだけ考えて思いきりプレーできていたと思う。プロになって最終日のお天気も荒れてプレーオフ…。神様が私に試練を与えているのかなと感じた。うまく乗り越えて優勝することができたと思います。

古江の優勝スピーチでは冒頭で「うれしさと、苦しかった今年前半を思い出しました」と声を詰まらせ涙をぬぐっていました。

西村優菜の4勝目は第43戦「第48回ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」(有観客)

最終日はプラチナ世代と黄金世代の戦いでした。

身長150センチと小柄なプラチナ世代の西村優菜と身長173センチの黄金世代の代表格・原英莉花との対決は西村優菜の逃げ切り完全優勝でした。

西村優菜の2勝目は涙のメジャー優勝!優勝歴とプロテスト合格年。

西村優菜の3勝目は第28戦「第52回住友生命Vitalityレディス 東海クラシック」(無観客)


悪天候のため2日間競技になった最終日西村優菜は首位と5打差でスタートし9バーディ・ノーボギーの「63」と大爆発しました。

トータル10アンダー逆転で通算3勝目を果たしました。

吉田優利の2勝目は第26戦「ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント」(無観客)

サスペンデッドで順延された第2ラウンドの残りと最終ラウンドが行われました。

吉田優利は通算14アンダーで並んだ岡山絵里とのプレーオフを2ホール目で制し2勝目を挙げました。

最終日は4打差7位から出ましたが9バーディーを量産しての優勝です。

本当に幸せです。勝つというのはアスリートにとって一番の快感。2回目を味わうことができてほっとしています。

 

吉田優利の初優勝は第22戦「2021楽天スーパーレディース」(有観客)


吉田優利のコメント:引用:ヤッフーニュース

ジュニアの頃からこの日を夢見てたくさん練習してきました。

コーチの辻村さんから“今週の金メダルをとってこい”とカツを入れられて、頑張りました。

プロ初のイーグルがあったり、プロ初の5連続バーディーがあったり、思い出深い大会になりました。

吉田優利・初優勝のクラブセッティング

西村優菜の2勝目は第10戦(24戦)公式「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E8%A5%BF%E6%9D%91%E5%84%AA%E8%8F%9C&imageId=245303

優勝した日は母の日です。優勝インタビューで母のことを聞かれると、涙を拭いながら応えていました。

自分のゴルフにずっと付き合ってくれている。この日に勝ててよかった。

と常にツアーに帯同する母に感謝していました。2021年の複数優勝者は西村選手と吉田優利の二人です。

さて、あなたの“マイボール”は決まった店舗で買っていますか?それともネット通販ですか?

今はアマゾンを利用する方が増えてきましたね。プライム会員だと配送料が無料になりプライムビデオでGOLFTVも視聴できますからね。

プライムのコマーシャルを観た方は大事な方へ送りものをしたくなったと思います。

!嬉しいとき、喜びのとき、愛する方へプレゼント!

!プレゼントは心のサプリメント!

 

プラチナ(ミレニアム)世代の女子ゴルフメンバー一覧。2020年優勝者。

プラチナ世代の活躍を期待していた2020年でしたが、新型コロナウイルスで試合は相次いで中止になってしまいました。

プラチナ世代がプロとして初めて経験する開幕戦です。

アマチュア時代でも参戦はしていましたが、やはりプロ1年目の開幕戦は緊張度が違いますよね。

活躍の場は少なくなってしまいましたが、古江彩佳が第6戦と12戦、13戦で優勝し西村優菜も古江彩佳に次ぐ第10戦で優勝者しました。

古江彩佳は昨年(2019年)レギュラーツアーに参戦しアマで優勝しプロテストを免除された選手です。

古江彩佳の優勝歴。優勝後の所属先は?

 

2020女子ゴルフトーナメント開幕戦は6月。日程と速報。

古江彩佳の3勝目は第13戦「第39回大王製紙エリエールレディスオープン」

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%8F%A4%E6%B1%9F%E5%BD%A9%E4%BD%B3&imageId=237628

小さな体から放たれたボールは曲がることを知りません。2020年は14試合のうちの3試合に勝利し、大ブレークを果たしました。

開催日:11月19日~11月22日
開催場所:エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県) / 6,545Yards Par71(35,36)
賞金総額:¥100,000,000

 

古江彩佳の2勝目。第12戦「第36回伊藤園レディスゴルフトーナメント」

開催日:11月13日~11月15日
開催場所:グレートアイランド倶楽部(千葉県) / 6,741Yards Par72(36,36)
賞金総額:¥100,000,000

西村優菜の初優勝。第10戦「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」

10月30日~11月1日
武蔵丘ゴルフコース(埼玉県) / 6,585Yards Par72(36,36)
賞金総額:¥80,000,000

 

西村優菜“ショット力で初優勝”のクラブセッティング。

 

古江彩佳の初優勝。第6戦「第51回デサントレディース東海クラシック」

開催日:9月18日~9月20日
開催場所:新南愛知カントリークラブ 美浜コース(愛知県) / 6,456Yards Par72(36,36)
賞金総額:¥80,000,000

トータル15アンダー首位タイでホールアウトした古江彩佳と東浩子がプレーオフ(18番繰り返し)を行い、1ホール目でバーディを奪った古江彩佳がプロ初優勝を果たしました。

プラチナ世代の女子ゴルフ順位。開幕戦「アースモンダミンカップ」

開催日:6月25日~6月28日(最終日は29日順延)
開催場所:カメリアヒルズカントリークラブ(千葉県)  / 6,622Yards Par72(36,36)
賞金総額:¥240,000,000優勝:渡邊彩香:277(-11)優勝賞金:¥43,200,000
プラチナ世代の順位

17位タイ:282(-6)古江 彩佳 賞金:¥2,136,000

28位タイ:285(-3)吉田 優利 賞金:¥1,387,200

28位タイ:285(-3)安田 祐香 賞金:¥1,387,200

—予選落ち—

西村 優菜

まとめ。

実質プロデビュー戦の2020年。プラチナ世代の古江彩佳は3勝しました。

これは快挙です。そしてナショナルチームから一緒の西村優菜も優勝しました。小さな体で決して飛ぶゴルフではありませんが、ショット力とパット力の優勝です。

まちがえなくこの二人はこれからのトーナメントで話題になることでしょう。

黄金世代のプロゴルファーとの戦いも楽しみです。ゴルフファンの底辺がさらに広がっていく感じがします。

応援しましょう!女子ゴルフ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました