プラチナ世代の女子ゴルフ。「契約メーカー別」のクラブセッティング一覧。

プラチナ世代のクラブセッティングを契約メーカー別に紹介します。

プラチナ世代とは2000年度生まれで、2000年4月~2001年3月までに誕生したゴルファーです。

プラチナ世代(ミレミアム世代)で「2019年のプロテスト」に合格した選手は翌年からツアー参戦しています。

但し古江彩佳は「富士通レディース2019」をアマチュアで優勝しましたのでプロテストは免除になりました。

さて、2020年は女子ゴルフトーナメントも中止が相次ぎ開幕戦は6月の「アースモンダミン」までずれ込みました。

その中でも3勝を果たした「古江彩佳」や初優勝し翌年メジャーで2勝目を果たした「西村優菜」などプラチナ世代が活躍しています。

そして、2021年でも吉田優利が嬉しい初優勝を「楽天レディス」で挙げ、すでに2勝しています。

吉田優利のコーチは上田桃子と小祝さくらのコーチである辻村明志氏です。辻村コーチが指導している選手の優勝率は高いですよね。

ゴルフ大好きなあなたもクラブを替える前にあなたのスイングを適切に指導してくれるコーチを見つけ楽しいゴルフライフを過ごして下さい。

プラチナ世代の女子ゴルフ。「契約メーカー別」のクラブセッティング。

プラチナ世代の女子プロゴルファーはアマチュア時代からナショナルチームで活躍し使用クラブはクラブメーカーがサポートしてきました。

ですのでプロになってもそのままクラブ契約するケースがほとんどです。当然クラブは最近の傾向である「やさしさ重視」でツアーを戦っています。

プラチナ世代一人目の優勝者は古江彩佳、二人目は西村優菜、そして3人目が吉田優利です。

ジュニア時代からナショナルチームとして一緒に戦ってきました。ただ、期待された安田祐香がプロデビュー戦からケガなどで不調です。

少し心配ですね。

プラチナ世代「ダンロップ契約」のクラブセッティング。

最新モデルのドライバーは直進性の高いゼクシオドライバー11代目モデル「ゼクシオ イレブン」とよりヘッドスピードが速いゴルファー向けに新開発された「ゼクシオエックス」です。

過去最大の飛びを可能にした両者の特徴は最先端技術を駆使したヘッドにあります。

安田祐香のクラブセッティング。

兵庫県出身の安田祐香(やすだ・ゆうか)。坂田塾でゴルフを学びオーガスタでも活躍するスーパーアマチュアとして名を残してきました。

2020年からプロとしてツアーに挑んでいますが、ケガなどもあり本来の実力がまだ発揮できていません。

アマ時代からダンロップさんがサポートしてきました。プロになって選んだクラブはゼクシオとスリクソンの二刀流でした。

安田が選ぶ14本のクラブセッティングとは?

芯を外しても、曲がらずにしっかり飛ぶ。とにかく“やさしい”のがゼクシオです。

安田祐香“注目ルーキー”のクラブセッティング。

プラチナ世代「ブリヂストン契約」のクラブセッティング。

ブリヂストンツアーBシリーズの最新作のドライバーが2020年秋に発売されました。ねじれに強く、さらに遠くまで真っすぐ飛ばせるブリヂストンゴルフ「ツアーB X」です。

古江彩佳のクラブセッティング。


2019年のプロテスト(11月5日~8日)の前週に行われた「2019年富士通レディス」で史上7人目のアマチュア優勝を遂げた古江彩佳(ふるえあやか)選手です。

この優勝を以て古江彩佳選手は最終プロテストが免除され、晴れてプロゴルファーの仲間入りを果たしました。

そして、2020年既に3勝しています。

古江彩佳「プロ3勝目」のクラブセッティング2020。

吉田優利のクラブセッティング。


アマチュア時代から数々の成績を残してきたプラチナ世代を代表する選手です。ですがプロになってまだ優勝はしていません。

そのシーンを早く観たいと思っているファンは多いと思います。

吉田優利“2勝目”のクラブセッティング。

プラチナ世代「キャロウエイ契約」のクラブセッティング。

キャロウェイの2021年「新EPIC」は、「ジェイルブレイクAIスピードフレーム」。

初めてAIがフェースとフレーム部分まで解析し設計しました。

従来の2本の柱「ジェイルブレイクテクノロジー」とは異なり、ボディの垂直方向だけでなく、水平方向の剛性もさらに高め、クラウンのたわみ量を20%減少させました。

そのことでインパクトの力が、よりフェースに注がれることで、たわみが最適化しました。

西村優菜のクラブセッティング。

2021年西村優菜はドライバーとフェアウエイウッドを新調しました。

西村優菜プロのセッティングはウッド系を中心に構成され、4本のFWウッドを入れています。その代わりにウエッジは2本体制です。

西村優奈の武器はショートアイアンの精度の高さです。

ショートアイアンがもっとも得意と言いますが、それは誰よりも練習しているからとコメントしています。

初優勝は、「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」でした。そしてプロとして難しい2勝目はなんと2021年のメジャー戦でした。

第10戦(24戦)公式「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」(無観客)で優勝しました。

西村優菜“メジャー優勝”のクラブセッティング2021。

スポンサード




まとめ。

ボギーちゃんボギーちゃん

プラチナ世代を代表する4名のクラブセッティングでした。プラチナ世代にはまだまだこれから活躍する選手がいます。

その女子プロゴルファーのクラブセッティングもこれから紹介していきます。

常にツアーのボード上位に名前が載るプラチナ世代の選手はこれからも優勝回数を重ねていくと思います。

あなたの好きなプラチナ世代の女子プロゴルファーとクラブメーカーを応援していきましょう。