スポンサードリンク
Pocket
Facebook にシェア

新世紀世代(第三世代)とは2001年生まれで(21世紀生まれ)2019年のプロテストに合格した女子ゴルファーです。

 

黄金世代は渋野日向子プロを筆頭に1998年度生まれの女子プロゴルファー。

 

そして2学年下の世代をプラチナ世代と呼んでいます。

新世紀世代(第三世代)の女子ゴルフ

今季の女子ゴルフは2020-21年シーズンという区切りで戦います。

 

このシーズンに規格外の新世紀世代(第三世代)の女子プロゴルファーが誕生しました。

 

「笹生優花プロ」です。

 

開幕戦のアース・モンダミンカップでは5位タイ。

 

日本女子ツアー第2戦となった「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で優勝しました。

 

そして第3戦の「ニトリレディース」で連続優勝しました。

関連記事⇒女子ゴルフの日程2020。速報!第3戦は連続優勝の笹生優花

 

10代の連続優勝は3人目です。宮里藍プロと畑岡奈紗プロそして笹生優花です。

 

また同じジャンボ軍団の門下生である西郷真央プロも新世紀世代です。

 

今後もまだまだこの世代のプロゴルファーが誕生することでしょう。

笹生優香のクラブセッティング

注目はドライバーの飛距離です。その飛距離を最大限引き出しているのがジャンボ尾崎プロ見立ての「シャフト」です。

関連記事⇒笹生優花は規格外のゴルフ。その”飛ばし”のクラブセッティングとは

 

西郷真央のゴルフ

開幕戦、第二戦と最終日最終組で戦った西郷真央です。昨年2019年にプロテスト合格したばかりのルーキーです。

関連記事⇒西郷真央のプロテストと2020-21年プロデビュー。

 

関連記事⇒西郷真央“飛ばし”のクラブセッティング

山下美夢有のゴルフ

プロテストは6位タイで合格しました。QTは13位ですので前半戦のトーナメントに出場できます。

 

早めに良い結果を出してもらいたいですね。

新世紀世代(第三世代)の女子ゴルフのまとめ

黄金世代、プラチナ世代、そしてさらにその下の新世紀世代の活躍でどんどん低年齢化する女子ゴルフです。

 

ですが、開幕戦で優勝した渡邊彩香プロやアラサーの有村智恵プロ。

 

そしてAIG女子オープンで自己最高位でフィニッシュした上田桃子プロなどまだまだ若い女子には負けていません。

 

お互いの世代が意識しライバル視しながら切磋琢磨しながら戦う姿は新たな女子ゴルフのファンを増やすことになるでしょう。

 

スポンサードリンク

女子ゴルフを応援しましょう。エンジョイゴルフ。