最終戦の第38戦「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」覇者は年間女王の山下美夢有です。

「女子ゴルフ」2019年度プロテストの結果。合格者一覧。

女子ゴルフの試合

女子ゴルフ2019年度のプロテスト合格者は21名です。

女子ゴルフのツアー優勝者又はシード獲得者でプロ会員になった選手は4名で総勢25名の女子ゴルフのツアープロゴルファーが誕生しました。

「女子ゴルフ」プロテスト2019年度の結果。合格者一覧。

女子ゴルフ最終プロテスト実施。

開催日:2019年11月5日~8日
開催場所:JFE瀬戸内海GC(岡山県)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 12月9日、都内にて日本女子プロゴルフ協会の入会式が行われ32人が出席しました。 式では1人1人が壇上に上がり、会長小林浩美から認定証を受け取りました。 出席者 【プロテスト合格者21人】 アンシネ、イソルラ、石井理緒、石川怜奈、河野杏奈、西郷真央、笹生優花 、澁澤莉絵留 、常文恵、セキユウティン、田中瑞希、中西絵里奈、西村優菜、ハンスンジ、プリンセススペラル、宮田成華 、安田祐香、山路晶、山下美夢有、吉田優利、劉依一 【2019年度LPGAツアー優勝者およびシード権獲得者4人】 Sランクン、古江彩佳、ペソンウ、宮里美香 【ティーチングプロフェッショナル入会者7人】 内田道子、琴平麻紀子、近藤優香、瀬脇美紗子、飛田薫、山田祥代、和田奈々 #gettysport<Atsushi Tomura/Getty images> #日本女子プロゴルフ協会#lpga#女子ゴルフ#ゴルフ女子#ゴルフ#golf

日本女子プロゴルフ協会(LPGA)公式(@lpgaofjapan_official)がシェアした投稿 –

2019年の女子ゴルフプロテストは、受験可能年齢が18歳から17歳に引き下げられ、今春に高校を卒業した世代と、現役高校生の2世代がしのぎを削る争いになりました。

また、来季出場権をかけた予選会(QT)の受験資格がプロテスト合格者やツアー優勝者、賞金シード保持者らが承認される正会員に限定されました。

つまりプロの資格がないと来季の試合に出場できなくなるため多くの志望者が殺到し、過去にない狭き門で争われたプロテストでした。

そんな状況の激戦を潜り抜け、プロとしてスタートラインに立った21名はすでにツアーに出場している選手でした。

女子ゴルフ最終プロテスト合格者一覧

氏名 順位 スコアー
イ ソルラ 1位 279(-9)
山路 晶 2位タイ 280(-8)
西村 優菜 2位タイ 280(-8)
安田 祐香 4位タイ 283(-5)
劉 依一 4位タイ 283(-5)
山下 美夢有 6位タイ 284(-4)
澁澤 莉絵留 6位タイ 284(-4)
セキ ユウティン 8位タイ 285(-3)
中西 絵里奈 8位タイ 285(-3)
プリンセス・スペラル 8位タイ 285(-3)
石川 怜奈 8位タイ 285(-3)
吉田 優利 12位タイ 286(-2)
ハン スンジ 12位タイ 286(-2)
常 文恵 12位タイ 286(-2)
アン シネ 15位タイ 287(-1)
河野 杏奈 15位タイ 287(-1)
田中 瑞希 17位 288(0)
西郷 真央 18位タイ 289(+1)
笹生 優花 18位タイ 289(+1)
宮田 成華 18位タイ 289(+1)
石井 理緒 18位タイ 289(+1)

以上21名の女子プロゴルファーが誕生しました。

さて、プロテストは女子ゴルフ界への一歩を踏みだす通過点で、常勝選手へと駆け上っていく入り口です。

やがて、応援する選手の優勝は特別な日となるでしょう。優勝シーンのパッティングは大感動です。

LIVE配信はその瞬間を選手と共有できます。過去の優勝シーンのアーカイブもあります。

そしてゴルフ雑誌も無料で購読できます。

U-NEXTの「31日間無料期間」で視聴、購読して下さい!!

公式ページ⇒無料トライアル実施中!<U-NEXT>



詳しい視聴&購読方法は⇒女子ゴルフツアーの視聴とゴルフ雑誌購読は「U-NEXT」。

「女子ゴルフ」プロテスト2019年度の結果。合格者生年度別一覧。

2019年の女子ゴルフプロテスト合格者の中には話題のプラチナ世代(ミレミアム世代)が含まれています。

ですが、遂に2001年生まれの女子プロゴルファーも誕生しました。

1990年度生まれのイ・ソルラ。

プロテストは1位で合格です。QTは41位。

韓国ソウル市出身、ホンイク大学卒業。

1990年度生まれのアン・シネ。

プロテストは15位タイで合格です。QTは25位。

韓国ソウル市出身、建国大学大学院卒業。

 

1993年度生まれのハン・スンジ。

プロテストは12位タイで合格、QTは14位。

韓国出身、建国大学校在学中。

1997年度生まれのプリンセス・スペラル。

プロテストは8位タイで合格、QTは79位。

フィリッピン出身。

1997年度生まれの宮田成華。

プロテストは18位タイで合格、QTは185位。

東京都町田市出身、共立女子第二高校卒業。

 

1998年度生まれの山路晶。

1998年度生まれの女子プロゴルファーをいつからか黄金世代と呼ぶようになりました。

プロテストは2位タイで合格、QTは107位。

宮城県仙台市出身、東北高校卒業。

 

1998年度生まれのセキ・ユウティン。

プロテストは8位タイで合格、QTは9位

福井県出身、上海体育学院在学中。

実力がつけばかなり人気が出る選手ですね。

1998年度生まれの中西絵里奈。

8位タイで合格。QTは168位

鹿児島県出身、宮崎日本大学高校卒業

1998年度生まれの田中瑞希。

プロテストは17位タイで合格、QTは17位。

熊本県出身、熊本国府高校卒業。

1999年度生まれの石川怜奈。

プロテストは8位タイで合格。QTは96位

広島県福山市出身、岡山作陽高校卒業

1999年度生まれの常文恵(jo fumie)

プロテストは12位タイで合格、QTは115位。

富山県高岡市出身。

1999年度生まれの河野杏奈。

プロテストは15位タイで合格。QTは7位。

東京都出身、麗澤高校卒業。

1999年度生まれの石井理緒。

プロテストは18位タイで合格、QTは133位。

生年月日:2000年1月3日
新潟県出身、開志国際高校卒業。

2000年度生まれの西村優菜(ゆな)

2000年度生まれの女子ゴルファーをプラチナ世代またはミレミアム世代と呼んでいます。

プロテストは2位タイで合格。QTは21位

大阪府堺市出身、大阪商業大高校卒業

2000年度生まれの安田祐香。

プロテストは2位タイで合格。QTは2位

兵庫県出身、大手前大学在学中。

2000年度生まれの劉依一(りゅう いいち)

プロテストは4位タイで合格。QTは78位

中国出身。出身校:陕西省体育運動学校 在学中

2000年度生まれの澁澤莉絵留(りえる)

プロテストは6位タイで合格。QTは85位

群馬県太田市出身、沖学園高校卒業。

2000年度生まれの吉田優利。

プロテストは12位タイで合格。QTは20位

千葉県市川市出身、日本ウェルネススポーツ大学在学中

2001年度生まれの山下美夢有(みゆう)

プロテストは6位タイで合格。QT13位

大阪府出身、大坂桐蔭高校卒業。

2001年度生まれの西郷真央。

プロテストは18位タイで合格。QTは10位

千葉県船橋市出身、麗澤高校卒業

2001年度生まれの笹生優花。

プロテストは18位タイで合格。QTは28位

東京都出身、代々木高校。

「女子ゴルフ」2019年ツアー優勝者&シード選手(4名)のプロテスト。

2019年にプロテストに合格していない単年契約選手やアマチュアで優勝した選手はプロテストが免除されます。

また、シード選手もプロテストが免除されますので併せて4名のプロゴルファーが誕生しました。

1、ペ・ソンウ

北海道 meiji カップ優勝

2、S.ランクン

ニッポンハムレディスクラシック優勝

3、古江彩佳

富士通レディース 2019優勝

4、宮里美香

シード34位

まとめ。

2019年の話題は韓国のアンシネ選手がプロテストに合格し来季の試合を楽しみにしていたファンは多かったと思います。

しかし翌年はパンデミックで外国の選手の出場は制限されてしまいました。

アンシネ選手のプレーが日本で観ることはできませんでした。

さて、黄金世代のプロゴルファー、その世代を追いかけるプラチナ世代の女性ゴルファー。

そしてプロゴルファーになってもQT上位者になれずに本戦には出場できない女子プロゴルファーの選手達。

茨の道は続きますが、この中から渋野日向子プロや畑岡奈紗プロを追いかけるスター選手が20-21年からも必ず誕生することでしょう。

さらに面白く白熱した展開になる女子プロゴルファーのツアーに期待しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました