スポンサードリンク
Pocket
Facebook にシェア

追記:2月19日

セキプロは18日「ミツウロコグループホールディングス」と所属契約を締結しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

美女ゴルファー・セキユウティン ミツウロコと所属契約❗️ 開幕戦の3月5日は22歳の誕生日で 「1年のスタートと試合のスタートが誕生日 なので、私にとっていい意味があるかな。 今年の目標は初優勝です」 ドライバーの飛距離も3年前の220ヤード から250ヤードにアップ 「ティーショットの飛距離やスイングの 力強さを見てほしい。メンタルも強くな ったし、私の笑顔も見てほしいです」 加油❣️ティンティン 気負わず平常心で🍀🍀 💫いつもいつまでも💫 💫💫あなたを応援し続けます😄😊 #セキユウティン (@shi_yuting35) #石昱婷 #shiyuting #婷婷 #ティンティン #国民小甜心 #美女ゴルファー #sweetheart #スイートハート #cute #beatiful #tingting #cutegolfer #beautifulgolfer #lpga

生きてることが花なんだ(@ikizama_dah)がシェアした投稿 –


セキプロのコメント:引用:ヤッフーニュース

今のレギュラーツアーは若い女性選手がとても活躍しているので、私もその一人として負けないように、初優勝を目指して頑張りたいと思います!

とても素晴らしい経営理念で新しい価値を提供している会社です。(下記はHPです。このページから離れます)

ミツウロコグループホールディングス

中国美人セキ・ユンティンの2019プロテスト

 

この投稿をInstagramで見る

 

#LPGA最終プロテスト #セキユウティン

フジテレビゴルフ(@fujitvgolf)がシェアした投稿 –


さて、セキプロは堅実なゴルフを展開していて2019年のプロテストは8位タイで合格しています。そして、QT9位ですので2020年前半戦の試合は出場できますね。

 

セキ・ユウティン選手はその可愛らしいルックスから、すでにファンも大勢いると思います。

 

日本生まれで(福井県)中国育ちのセキ・ユウティン選手のスイングの特徴をひとことで言えば「今風の、基本に忠実なスイング」といえるのではないでしょうか。

 

優勝歴は2019年ステップアップツアーの「日医工女子オープン」です。それではセキ・ユンティン選手のクラブセッティングを紹介します。

 

1998年3月5日に福井県で生まれたセキは、4歳まで日本で暮らし、中国へ移住。2014年にプロ入りを果たすと、16年には当時18歳にしてCLPGA(中国女子ゴルフ協会)でツアー初優勝しています。

その年は同ツアーの賞金女王に輝いています。

セキ・ユンティンのクラブセッティング2019


今風とは、体重移動をほとんど意識せず、その場で旋回するスイングです。

 

基本に忠実とは、現代の大型ヘッドに対応した、あらかじめインパクトの形を作るためシャットにフェースを使うところにあります。

 

171センチという、恵まれた長身の落差をうまく利用していますので、余計な身体の動きを使わないスイングであるといえます。

 

従って、使用するクラブもオーソドックスな形状のものを好むのではないかと思います。

ドライバーはPING(ピン)-GドライバーLS TEC

ドライバーはPINGですね⇒⇒⇒PINGドライバーあなたもそろそろ変えてみませんか?

ロフト:10.5度

低スピンで飛距離を稼ぐ設計に特化しており、スクエアなフェースを持つ、投影面積も大きめのオーソドックスな形状のヘッドです。

 

大きめのヘッドで慣性モーメントも高そうですが、その分、シャットに上げていくセキユウティン選手のスイングにはマッチしているといえます。

 

やや古いモデルになりますが、やはり、手に馴染んだ安心感を求めていると思います。

フェアウェイウッドはPING(ピン)- G

3番ウッド、5番ウッドともドライバーの流れから当然のチョイスといえそうです。

 

ヘッドはシャローでやや重心がネック寄りに寄せてあり、ボールの拾いやすさとつかまりの良さをアピールしています。

 

ややヘッドが軽めのフェアウェーウッドですので体重移動を積極的に使うスイングには打点がブレる可能性がありますが、セキ選手のスイングにはあまり影響がないと思われます。

UTはPING(ピン)-Gハイブリッド

ロフト:19度/22度

こちらもGシリーズですが、従来のピンのユーティリティ(ハイブリッド)に比べてヘッドが小ぶりになり、アイアンに近い形状になったことと、ピン史上最も低・深重心化したクラブです。

 

アイアン系が得意なセキ選手には打ちやすい(安心感がある)クラブではないでしょうか。

アイアンはPING(ピン)- i 210

5番〜PW

特に女子プロゴルファーが好んで使用して、実績を残しているアイアンです。

 

派手な宣伝こそしていませんが、プロ好み形状のキャビティバックで、ヘッドはミドルアイアンは大きめで、ショートアイアンになるにつれて小さくなる番手別設計を取り入れています。

 

操作性が向上しさらにバックフェース側にエラストマーを封入することで柔らかい打感と広いスイートエリアが特徴の、やさしいアイアンといえます。⇒⇒⇒ピンi210 アイアン

ピンのアイアンにしてはグースがそれほど強くないのでその場で旋回するセキ選手のスイングにはマッチしており、スッと構えやすいと感じているのではないでしょうか。

 

⇒⇒⇒アイアンの選び方。好みのメーカーピンゴルフの評価と中古市場。

ウエッジはPING(ピン)- G-GRIDE

ロフト:50度/54度/58度で揃え、いま流行りのウェッジ4本です。

 

アプローチショットは俗に言われる手首の使い方など余計なことをせずに、終始左足体重のスタンスです。

 

ボールの高さは背骨の傾きで調節しています。その場の旋回で打っていくセキ選手のスイング。

 

それぞれの残り距離とその場のライで「番手」を選ぶとてもシンプルなアプローチショットです。(バウンスは細かく削って調整しています)

パターはCADENCE TR Anser 2

全番手をその場の回旋で打つセキ選手ならば、自然に構えてイントウインで打てるピンタイプのパターヘッドを選ぶことに迷いはないと思います。

 

このケーデンスシリーズは、セミアークタイプとなり、自然なフェースの開閉で打てるパターです。

 

フェースインサートに工夫をしており、中心部と周辺部で溝の深さを変えることで打点のブレによる方向性と距離の不ぞろいを減少させて安定した方向性と距離を打てる構造にしています。

 

打音と打感をうまくマッチさせているパターです。

セキ・ユンティンのクラブセッティングまとめ

年齢的にもゴルフを始めた段階から460CCのヘッドに馴染んでいたセキ・ユンティン選手も他の女子プロと同様に大慣性モーメントに対応したスイングの持ち主です。

 

よってクラブセッティングもスイングの特徴を活かしたPINGクラブで統一していますね。

 

フェースの開閉や、体重移動を行わない、これらすべて振り遅れないための工夫から生まれた、アマチュアにもとても参考になるスイングとクラブセッティングです。

 

また、無理をしないぶん、スイングの乱れが少ないので、ショットの安定性が高いスイングをPINGのクラブが助けています。

 

2020年のセキ選手は優勝を含めて安定した成績を残せると思います。

 

黄金世代1級上のUターン組というレアなケースで群雄割拠の日本女子ゴルフツアーに割って入る最有力候補といえるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

セキ選手の応援よろしくお願いします。