Pocket
Facebook にシェア

「ピンだけが、あなただけにできること」

これは、現在では「ピンタイプ」というパターの形状を表す用語として広く使われるほどスタンダードとなっているパターを作り出したピンゴルフのモットーです。

 

そのピンゴルフクラブのアイアンの評価と評判そしてピンゴルフの中古市場を調査しました。その一部を紹介します。

スポンサーリンク

ピンゴルフクラブ。アイアンの評判、i210 i500の評価は?

ピンゴルフの歴史はエンジニアであり、かつ大のゴルフ好きだったカーステン・ソルハイム氏が、1959年に自宅のガレージで苦手にしていたパター製作に取り組んだことからスタートしました。

 

自分のこだわりを注ぎ込んだパターは「1-A」と呼ばれ、のちに大ヒット作となる「ANSER」の原型となります。

 

長方形で構成され、当時としては重たいヘッドをもつ「1-A」はシャフト軸線をやや中心寄りにし、ヘッドのトウ側を重たくする「トウ・ヒール・バランス」を採用することにより当たり負けせずに目標に合わせやすく、そしてヘッドの重さでボールにより強い転がりをもたらすことに成功しました。

 

 

しかし、見た目の奇抜さと、他社のパターが人気であったことからなかなか広く一般には受け入れられませんでした。

 

そこで形状に改良を加え、他社のパターに対する答えとして「ANSER」と命名して発売したところ、口コミで優秀さが伝わり、大ヒット作となりました。

 

因みに当初は答えを意味する英語の「ANSWER」にしようとしましたが、文字が長すぎることから発音が変わらない「ANSER」にしました。

 

この「ANSER」パターのもう一つの特徴がその澄んだ高音の打球音でした。

 

その打球音が「ピンッ」と響いたことから社名を「PING」にしました。

 

「ピンだけが、あなただけにできること」

 

のモットーのもと、ピンは50年以上前からカスタムフィッティングを行っているメーカーでもあります。

 

ピンのゴルフクラブの創業以来変わらぬバックボーンとなる理論が「トウ・ヒール・バランス」です。

 

ピンアンサーパターのバランスを取ると、ヘッドのトゥ側が斜め下を向くように作られています。

 

ゴルフスイングに直線運動はあり得ないという理論のもと、「トウ・ヒール・バランス」とすることにより、目標に対して構えやすく、方向性と振りぬきやすさを実現しました。

 

この理論はパターと並行して開発していたアイアンにも生かされ、1961年に「PING69」という名称で発売されたアイアンは、この時代にすでにキャビティバックアイアンとなっていました。

打ちやすさの追求は、ライ角という、クラブを握り、ヘッドをソールした時に地面とシャフトが作る角度のことで、フラットに近いほど右に飛びやすくなり、アップライトに近いほど左に飛びやすくなります。

 

ピンはこのライ角にも早くから注目し、身長によって最適なライ角が違うという考え方により1972年にはカラーコード方式が採用されます。

 

これは直立してまっすぐ伸ばした指先から床までの高さに応じて最適なライ角のアイアンをカラーチャートから選べるようにした、小売店でも対応できる統一システムです。

 

そして1982年に、大きなヘッドと強いグースネックを持つキャビティアイアン「ピンアイ2」を発売して大ヒット、ミスに強く、やさしく打てるピンのアイアンという名声を不動のものにしました。

 

現在のピンのアイアンのラインナップは大きく2つあり、シャープな形状、操作性を持ちながらやさしく打てるiシリーズと、大きめのヘッドと深いキャビティのGシリーズです。

 

iシリーズの中でも「i210」はプロも使用する、ピンの代表的なアイアンです。

出典:https://clubping.jp/product/product2018_i210.html

ヘッドサイズは番手ごとに大きさを変え、ロングアイアンは大きく、ショートアイアンはシャープな形状になります。

 

最大の特徴はバックフェース裏に挿入された衝撃緩衝材エラストマーが前作よりも約30%大きく、約50%柔らかくなったことにより、フェースの弾き感が弱まり、軟鉄鍛造のキャビティバックアイアンのような、ボールを包み込む感触が手に伝わります。

 

 

評価は軟鉄鍛造アイアンから乗り換えた上級者には打感の柔らかさが好評であり、上達途中の中級者はフィッティングによりライ角とグリップの太さが選べるので打ちやすく、方向性が良くなったという評価があります。

 

 

i500アイアンは「ブレード形状なのに飛び系」という、新しいカテゴリーともいうべきアイアンになります。

出典:https://clubping.jp/product/product2018_i500.html

中空構造ですが、以前の中空アイアンのようなぽってりとしたフォルムではなく、ブレードアイアンのようなシャープな形状です。

 

しかしながら、フェースに反発性能が高いマレージング鋼を採用し、またフェース周辺部を極限まで薄くしたことでフェースのたわみ・戻りを引き出すことに成功し、飛距離を稼ぐことが可能となりました。

 

こちらは主にかつてマッスルバックアイアンで技術を磨いてきたミドル・シニア層が好んで使用し、飛距離に驚き、満足しているようです。

 

ピンではウエッジに関しても「ピンをデッドに攻める」というシンプルかつ本来のウェッジの目的に特化した「GLIDE2.0」ウェッジを提供しています。

 

ロフトは他社同様46度から2度刻みで60度まで用意されていますが、46度から52度までと54度から60度までとで溝の形状を変えています。

 

52度までのアプローチウェッジとして使用する前提のウェッジでは溝の形状をを鋭くしてピンをオーバーしてもバックスピンで戻りやすくし、54度以降は溝の形状を穏やかにしてよりバックスピンのかかりすぎを抑えてデッドにピンを狙いやすくしています。

 

ソールは4種類の形状を用意していて、どのようなライからでも抜けの良さを発揮するスタンダードソールを基本に、バンカーでの使いやすさ、ザックリを防止する、フェースを開いてロブショットが打ちやすいという、アイアン同様にやさしく使えるウェッジとなっています。

スポンサードリンク

ピンゴルフクラブ。アイアンの中古市場

中古のアイアンを求める場合、大きくわけると新品は高額で手が出なかったので、中古になって安くなったら購入したいというケースと、、、

 

やさしさ、あるいは構えた顔の好みなどを検索してたまたま該当したアイアンを求めるケースとがあると思います。

 

ピンのアイアンの場合には後者のケースが多いようです。

 

また、長く使用しているユーザーが多いのも特徴で、中古アイアンの状態も様々になります。

 

あなたが使用しているクラブの価格を一度調べてみて下さい。
欲しい新商品が出た時の参考になりますよ。ゴルフクラブの買取相場が知りたい!!

 

 

新品価格がそれほど高くはないので、中古になると値ごろ感があり、「いちど試したかった」というユーザーの購入が多いようです。

 

注意したいのは、ピンのアイアンは基本的にカスタムフィッティングですので、カラーチャートで自分のカラーを把握しておくことが必要になります。

 

ホーゼルのPINGの刻印の横に色がついたドットがありますので、自分のカラーに該当する色を選んで使用するようにします。

スポンサードリンク

ピンゴルフクラブで活躍するプロゴルファー

ピンアイアンを使用するプロゴルファーでは鈴木愛選手、上原彩子選手が有名です。鈴木愛のクラブセッティングはこちらから→鈴木愛のクラブセッティング2018

出典:https://www.pargolf.co.jp/player/gallery/2314/154087#ad-image-2

クラブ契約フリーの宮里優作選手とピン契約の鈴木愛選手がともに2017年の男女の賞金王に輝いたのですが、ともにG400ドライバーとi200アイアンという、同年に同じドライバーとアイアンで男女の賞金王になったのは初の快挙でした。

ピン ドライバー G400 10.0° LS TEC PING TOUR 173-65 カーボンシャフト S

ピン I SERIES i200 アイアンAWT 2.0 LITE シャフト:AWT 2.0 LITE


こうしたことも、ピンのアイアンがプロ好みのフォルムでありながらやさしいという証明になると思います。

 

他には男子プロでは額賀辰徳選手、永野竜太郎選手もピンアイアンを使用しています。

 

海外ではピンクのヘッドで評判になったバッバ・ワトソン選手、リー・ウエストウッド選手も活躍しています。

スポンサードリンク

ピンゴルフクラブ。アイアンへの期待

現在では標準となっているキャビティバック形状、グースネック、トウ・ヒール・バランスなども、早くからやさしく打てるクラブ製作のために開発してきたピンは、日本の職人の丁寧な手作業に委ねるため、完全国内組み立てを貫いている数少ないクラブメーカ―でもあります。

 

1980年代に大ヒットした「PINGEYE2」アイアンは当初、当時としては大きなヘッドと強いグースネックなど奇抜なデザインで好き嫌いが分かれました。

 

しかし、使ってみるとやさしく、そして飛距離が出るということで評判になり、ヒットにつながりました。

 

そしてこのことは、他メーカーの技術理論にも大きな影響を与えるなど、常にリーダーとして歩んできました。

 

明らかに前作のパフォーマンスを超える製品ができないかぎり、ニューモデルは発売しないという、創始者のカーステン・ソルハイム氏のエンジニアとしてのプライドを、これからも貫いて欲しいと思っています。

 

スポンサードリンク

最後までお読みいただきありがとうございます。