Pocket
Facebook にシェア

渋野日向子プロの2019賞金ランキングは2位でした。賞金女王は鈴木愛プロに譲りましたね。と言うか鈴木プロの追い上げが素晴らしかったと思います。

 

渋野プロの獲得賞金は約1億5300万円ですが、全英女子オープンの優勝賞金7200万円を足したら断然トップですね。

 

メルセデスポイントのランキングは1位で555.5pt。ベンツを受け取りますね。

 

さて、凱旋後の「デサント東海クラシック」の大逆転優勝で国内ツアー3勝目。それはツアー史上2番目の大逆転劇でした。

 

そして、「第38回大王製紙エリエールレディスオープン」で国内4勝を果たし賞金女王争いは最終戦のリコーカップに持ち越しになりました。

 

リコーカップの結果は2位タイでしたので賞金女王はしばらくお預けですかね。コメントでも現役時代でとれればと応えていました。

 

ところで、渋野プロとゴルフとの出会いは小学校2年の夏休みに友人の父親がゴルフインストラクターをしていたのがきっかけでした。

 

冬にはソフトボールも始めるというスポーツ少女で、ピッチャーというポジション経験が、ゴルフにも生かされています。

 

その後、中学1年で「岡山県ジュニアゴルフ大会」に優勝して、ゴルフだけに集中するようになります。

 

以後、同大会を3連覇します。

 

岡山県では有名なジュニアゴルファーになり、ピンゴルフとモニター、すなわち金銭が発生しない、ゴルフクラブ提供のみの契約を結ぶのです。

 

それ以降クラブセッティングはピンゴルフで現在でもピンゴルフクラブです。

スポンサードリンク

渋野日向子の全英時のクラブセッティング2019。

このピンゴルフというメーカーは米国にあって、キャロウェイゴルフと同様に、「誰もがやさしく打てるゴルフクラブ」作りから始まっています。

 

今や普通になった「キャビティバック」「低重心」「カスタムフィッティング」という概念を世界に先駆けて導入したクラブメーカーでもあります。

 

プロでもやさしいクラブを使いたいという世界的な流れの中、プロ仕様とアマチュア御用達の垣根がなくなりつつある現在では、、、

 

ピンゴルフとの出会いが渋野日向子プロの飛躍を支えたといっても過言ではないと思います。

 

そのピンゴルフの最新モデルのドライバーが「G410シリーズ」です。

ドライバーはピンゴルフ G410 プラス

ピンゴルフのドライバーG410は2019年7月に発売されました。その機能は前作のG400から引き継いでいます。

 

 

ロフト:10.5度
シャフトはフジクラ スピーダー569 エボルーション5(SR)

 

G410ドライバーは、「低スピン弾道のG410LST」「ブレずに飛ばせるG410PLUS」「ドロー設計のSFT」という、打ちたいボールイメージによって3通りのヘッドが選べます。

 

渋野日向子プロはG410PLUSを選んでいます。

 

ヘッド体積455CCでクラウン部分に「タービュレーター」というフィン状の突起が6本あり、、、

 

これがダウンスイングでのヘッドの空気抵抗を低減してブレを減らしかつ、流れを整えることで加速に結びつけます。

 

ヘッド後方には可変式ウェイトを搭載してつかまり具合を調整できます。

 

渋野日向子プロの特徴はわりあい大きくハンドダウンで構えることにあります。

 

その手首とシャフトの角度をキープしたままスリークオータ―気味のトップからシャフトが首に巻きつくくらいまで一気に振り切ります。

 

強靭な下半身に裏うちされた、終始ブレない両足と腰の戻りの速さが飛距離を生み出します。

 

しかし、通常、ハンドダウンで構えるとトウ側が上がり、そのままスイングするとボールは左へ飛びやすくなります。

ドライバーのライ角を1度フラットに。

そこで、渋野日向子プロはライ角を1度フラットにして必要以上の、「アマチュアが求めるつかまりの良さ」を減らして思い切りよく振り切れるスイングになっています。

 

これはピンゴルフが早くから「1人ひとりにあったライ角があるはず」という信念に基づき、、、

 

ゴルフクラブはカスタムフィッティングをしてから売る」のが当然というポリシーの会社であることが幸いしているといえます。

 

あなたのドライバーのライ角は解りますか?アドレスはハンドダウンですか?ハンドアップですか?

 

お近くのゴルフショップに行って確かめてもらうか?通っているゴルフスタジオのコーチに聞いてみることもゴルフ上達への近道ですね。

 

ライ角が解ったなら比較的に価格が安い通販で在庫や価格を調べて下さい。

 

□通販

いかがでしたか。

ドライバーのシャフトを替える

渋野プロはシャフトを差し替えました(変えた理由)

 

プレーヤーが思い通りのショットを打つためには、そしてボール初速を上げるためにはヘッドのみならず、否、むしろシャフトがその死命を制するといっても過言ではありません。

 

シャフトは重さのほかにはしなり方が重要です。

 

雑駁にいえば手元がしなるタイプ、全体にしなるタイプ、そして先端がしなるタイプです。

 

渋野日向子プロは女子プロの使用率が高い「フジクラ スピーダーエボリューション5 569」を使用しています。

 

シャフト重量は50グラム台ながら、中間部でしなりを感じやすく、切り返し直後からしなり戻りがはじまり、インパクトゾーンでは鞭のように鋭くしなり戻る特性があります。

 

渋野プロのスイングの特徴である、トップで切り返しのタイミングが早く、一気に首に巻きつくまで振り切ってしまうスイングにはかなりマッチしていると思われます。

 

アースモンダミンの試合からこの新シャフトに差し替えています。

 

渋野日向子プロのコメント:引用:ヤッフーニュース

1球打って、すぐに替えることを決めました!
打ち出しが高いし、左に巻く球が少なくなって、しっかり振っていけます。

 

それでも真ん中はしっかりしなってくれる感触があります。

 

ドライバーが飛んでいるので楽になっています!

FWのシャフト「エボリューションⅣ」との相性が良いとメーカー担当は話しています。シャフトの性能が渋野プロのスキルを最大限に引き出していますね。

 

長さ:44.75インチ

 

渋野プロの活躍で大型店舗では品切れが続いているG410。PINGが提供するドライバーはどのような評判なんでしょうか。

 

□PINGドライバーの関連記事

フェアウェイウッドもG410だが低スピンのLSTで使い分け。

渋野プロのフェアウェイウッドは3番と5番の2本を使用しています。

 

2本ともドライバーからの流れでG410ですがFWがLSTで使い分けしています。

 

ヘッドが比較的大きめで、しかもソールが平らなので地面に置いた時のすわりが良く、フェースをターゲットに向けやすくなっています。

 

3WはG410 LST

ロフト:14.5度

 

5WはG410

ロフト:17.5度

シャフト:フジクラ・スピーダー569エボリューションⅣ(SR)

 

むしろアマチュア向けのやさしいヘッドです。

 

こうしたアマチュア向けのクラブを積極的に取り入れ、すなわちスイングであれこれ考えずにスッと構えたらあとは一気に振り切ってしまうという、、、

 

渋野プロにはとても打ちやすいクラブになっていると思われます。

ユーティリティ(UT)もG410

渋野プロのフェアウェーウッドは3番と5番でロフトがそれぞれ14.5度と17.5度でしたね。

 

ドライバーのロフト10.5度であれば流れとしては3度差で、イメージ的には10ヤード刻みで考えているのだろうと思います。

3UT/4UT/5UT

アイアンが5番からでロフト26度であることを考えると「G410UT」の19度と22度を選んでいるのは納得ができます。(会場によっては5UTを入れて3UTを外しています)

ロフト:19度/22度/26度

このG410ユーティリティ(UT)はトップラインとフェース面がピタリ平行に見えますので、こちらもすんなり構えられると思います。

 

そして左へのミスが出づらく、飛び系ではないですが、グリーンでも止まるという評価が多いクラブですので、、、

 

狙った距離を正確に打ち分けたいアマチュアゴルファーのお助けクラブといった性格を持っています。

 

構えやすくてやさしいクラブを選ぶことでショットのプレッシャーを和らげている渋野プロはおそらくウッド系に絶対の自信をもっているものと思われます。

 

逆に言えば、クラブによって不安要素が芽生え、その自信が少しでも揺らぐとプレー全体への影響が大きいことを理解しているので、、、

 

ウッド全般にアマチュアでもやさしく打てるクラブを選んで、思いきりよく振り切ることに専念できる環境にいるものと考えられます。

 

さらにウッド全般にライ角を1度寝かせてフラットにしていますので、左へのミスも徹底的に回避しています。

 

アマチュアにもとても参考になるセッティングだと思います。

アイアンはi210

(5番~PW)

 

現在のピンのアイアンのラインナップは大きく2つあり、シャープな形状、操作性を持ちながらやさしく打てるiシリーズと、大きめのヘッドと深いキャビティのGシリーズです。

 

やや大きめのフェースと少なめのグースネック、直線的なトップラインが特徴のi210アイアンを選んだのは、「抜けのよさ」と「ターゲットに向けた構えやすさ」にあると思われます。

 

渋野プロのハンドダウンからスパッと振りぬくスイングでは、吸い付くような打感はおそらくイメージに合わないものと思われます。

 

その点、i210は高初速を生み出す複合素材のアイアンですが、ソールは適度な厚みとバウンスが効いていますので、、、

 

「スパッと振りぬける」イメージと実際の振りぬきやすさがマッチしていると思われます。

 

□ピンアイアンの「評判と評価」

アイアンのシャフトはフジクラのMCI-80

そこで、渋野プロが選んだのはフジクラのMCI-80シャフトです。

 

このシャフトはフジクラ登録商標であるMCT(メタルコンポジットテクノロジーの略)技術を使用したアイアン用のシャフトです。

 

特徴は、金属管を内径にしてカーボンを外周に巻いた複合シャフトであり、スチールシャフトと同等のスイングウェイトを持ちながら、、、

 

スチールに比べて設計自由度と製品精度がともに高く、手元調子になっていますので、渋野プロにとってはスチール単一シャフトよりも打ちやすく、、、

 

かつコントロールしやすいシャフトになっているのではないかと思います。

ウェッジはPING GLIDE FOGED


ロフト:52度/58度。
シャフト:FST・KBSツアー90(R)

 

「抜けの良さ」がキーワードともいうべき渋野プロのGLIDE FOGEDウェッジはオフセットが大きく、バウンスが抑えめ、、、

 

リーディングエッジが丸いので、開いてもリーディングが浮かず、そして抜けが良い特徴があります。

 

ソフトボールで養ったリスト、手首の使い方をアプローチでも実践している渋野選手はオーソドックスなピッチエンドランを多用しています。

 

打つというより「運ぶ」イメージを持っている渋野選手は、スッとヘッドが抜けるかどうかで選んでいると思われます。

 

少しでもつっかかる感じが出そうなものは使わないと思われますので、、、

 

その点でもリーディングエッジがすんなり入るこのウェッジは使いやすいと感じているのではないでしょうか。

飛ばないパターはPING SIGMA2 Anser

初優勝がメジャー戦のパター。

※画像は渋野選手が使っているモデルで、実際に使っているものではありません。

現在のピンゴルフのパターは大きく「SIGMA」シリーズと「VAULT」シリーズの2つの流れに分かれます。

 

□ピンパターの関連記事

 

パットに悩んだ創業者が、エンジニアのキャリアを生かして設計したパターが人気となって、その打音が「ピンッ」と澄んだ音に聞こえたことから会社名になったピンゴルフ。

 

その代表的な形状である「ANSER」に先進機能を搭載したのがSIGMA2 Anserパターです。

 

フェースに異素材を用いてソフトな打感と、しっかりした打音という相反する特徴を併せ持ち、、、

 

フェースの上下から水紋のように円形に広がるTR溝によってヒットした直後から順回転をボールにもたらすパターです。

 

渋野プロはおそらく子供の頃からピンタイプのパターに馴染んでいることと、パターのグリップはほぼ他のクラブと同じインターロッキングながら両手のひらでグリップを支えるように握ります。

 

これもおそらくソフトボールで身につけた、繊細な感覚が出しやすいグリップであると思われます。

 

従って、繊細な感覚、タッチを生かすためにマレット型ではなく、SIGMA2 Anserを選んだものと思われます。

 

転がり自体はいいんだけど、選手の意図を超えて飛ぶことがないパターがピンパターです。

 

繊細な感覚、タッチを生かすタイプのゴルファーさんは是非一本アマゾン市場から選んでクラブバックに入れても良いパターでしょう。

 

ボールはタイトリスト PRO V1xを使用しています。

 

スポンサードリンク

渋野日向子プロのクラブセッティングYouTube

YouTubeにクラブセッティングをまとめました。こちらも是非ご覧ください。


渋野日向子プロがマスコミから大注目されたのはやはり「スマイリングシンデレラ・シブノの全英オープン優勝の賞金。」からですよね。

 

ただ、マスコミからの大注目は時として選手のプライバシーまで追いかけてしまいますので、本来のゴルフにも影響が出てしまうことも過去にありました。

 

しかし渋野プロは全てのコメントを彼女自身の自然体で応えていました。その対応力も素晴らしい選手ですし人間力も素敵です。

 

その結果の賞金ランキングでしたね。立派な2位です。

スポンサードリンク

渋野日向子のクラブセッティング2019まとめ

いかがでしたか、渋野日向子プロのクラブセッティング。

 

プロだから、という気負いがない、日頃馴染んだクラブで戦っているという好感が持てるセッティングです。

 

ドライビングディスタンスは245.05ヤードで飛びの渋野の代名詞はありませんが、生命線はアイアンと小技にあります。

 

概してショットメーカーはアイアンを変えるのを嫌がりますので、アイアンからウェッジの流れは当分変更することはないと思われます。

 

「最も得意なクラブは5番ウッド」と公言している渋野選手はウッド系のすべてのライ角を1度フラットにしています。

 

つかまりすぎを防いでいる以外は14本のすべてがアマチュアも十分に使いこなせるスペックであることが最大の特徴ともいえます。

 

是非あなたのクラブセッティングにもお役に立てて下さい。

 

アマチュアにやさしいゴルフクラブ作りからスタートしたピンゴルフとモニター契約を結んでいた関係から、、、

 

1度目のプロテストに落ちた時に見かねたピンゴルフの斡旋で、青木翔コーチに師事して鍛え直したことが、今回の全英女子オープン制覇に結びついたともいえるわけです。

 

スッと構えてさっさと打つ、歯切れの良いショットを見て久々にワクワクさせてくれます。

 

渋野プロのスイングはこちらから↓

■関連記事

 

可愛くて強い渋野選手を応援しましょう。

 

スポンサードリンク

ゴルフは楽しい。エンジョイゴルフ!!