Pocket
Facebook にシェア

黄金世代など若手の活躍と、ベテラン、韓国勢の強さなど見どころ満載の2019年LPGAツアーですが、また新たにスター性のある選手が現れました。

 

 

何と初優勝がメジャー戦という・・・“何かを持っている”選手、渋野日向子選手です。

突然ですが・・・まだ100が切れない、アイアンが上手くあたらない、そんなゴルファーの皆さん、基本に戻って下さい。

 

次回のコンペでは100切りをしたいゴルファーの皆さん、早く上達するには「コーチ」ですよ。

3つの練習スタジオからお選び下さい。

上達への近道は評判のゴルフ練習スタジオへGO。

 

その秘密を知りたくて渋野日向子選手のドライバーからウエッジまでのスイングについて調べてみました。

スポンサーリンク

渋野日向子のスイング。ドライバースイング。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E6%B8%8B%E9%87%8E%E6%97%A5%E5%90%91%E5%AD%90&imageId=206704

渋野日向子選手のドライバーディスタンスは243.15ヤードで14位です。(12試合消化時点)極端な飛ばし屋ではありませんが、スイングは男子プロ顔負けの豪快なスイングでそこが魅力です。

 

 

渋野日向子はソフトボールをやっていたのでその影響でしょうか?

 

 

ワイドスタンスでハンドダウンに構え、下半身をあまり動かさずにバックスイングをします。

 

 

トップの位置は低く、フラットなトップです。

 

 

トップで左腕が真っすぐ伸びているのでスイング軌道が崩れず、再現性の高いスイングをすることができます。

 

 

スイングを腕の力に頼っている人は、トップで左腕が曲がります。

 

 

トップで左腕を真っすぐ伸ばすことができるのは、腕ではなく体の回転でスイングをしている証拠です。

 

 

渋野日向子が飛ばすことができるのは、腕ではなく体の回転でスイングをしているからですね。

 

 

このようなスイングをすることができるのは、体幹が強い証拠ですね。

 

 

腕の力を抜いて、体重移動をあまりせず、腕の力ではなく体の回転を上手く使ってスイングをするというのが渋野日向子のスイングですね。

 

 

腕だけの力で飛ばそうとしているアマチュアゴルファーはぜひ参考にして下さい。

 

 

彼女のスイングを見れば、飛ばしの秘訣は、腕の力ではなく、体の回転を使って体幹で打つことが大事だということがわかります。

 

スポンサードリンク

渋野日向子のスイング。アイアンスイング。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E6%B8%8B%E9%87%8E%E6%97%A5%E5%90%91%E5%AD%90&imageId=210503

渋野日向子選手のパーオン率は、65.9259%で41位です。(12試合消化時点)

 

 

彼女ほどの飛距離があれば、もう少しパーオン率が上がっても良いのではないかと思いますが、まだ若い選手ですからパーオン率の向上はこれからの課題でしょう。

 

 

フラットなスイング、レベルブローでボールを打つ選手ですので、ミドルアイアン以上になるとボールが止まらないイメージがあります。

 

 

ミドルアイアン以上の番手をもう少しグリーン上で止まるようなバックスピン量の多い弾道でショットを打つことができるようになれば、もう少しパーオン率が向上するのではないかと思いますね。

 

 

アイアンよりもフェアウェイウッドなどのウッド系の方が得意なようですね。

 

 

フェアウェイウッドでは方向性、飛距離共に抜群で、ドライバーである程度飛距離を出し、セカンドショットをフェアウェイウッドで打つことでパー5では2オンを狙っていくことが多く攻めのゴルフをする選手です。

 

 

ここまで攻めることができる選手は、珍しく、そのような意味でもポテンシャルが高い選手だと思います。

 

 

フェード、ドローを打ち分けることができる器用さも持ち合わせている選手ですし、スピン量を増やすこともできると思いますが、それをもう少し本番で実践することができれば、2度目の優勝も近いのではないかと思います。

スポンサードリンク

渋野日向子のスイング。ウエッジでのアプローチの種類。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E6%B8%8B%E9%87%8E%E6%97%A5%E5%90%91%E5%AD%90&imageId=210463

渋野日向子選手のパーセーブ率は、84.8148%で現在12位です(12試合消化時点)かなり高い数値ですよね。

 

 

パーオン率がそれほど高くないのにパーセーブ率が高いのは、アプローチとパッティングの上手さにあります。

 

 

リカバリー率からも判断できますね。リカバリー率は63.0435%で現在19位です。(12試合消化時点)まずまずの数値です。

 

 

アイアンショットでパーオンできずグリーンを外してもしっかりと寄せることができるか、もしくはロングパットを決めているいということですね。

 

 

サロンパスでのロングパットを決めるシーンは記憶に新しいと思います。

 

 

渋野日向子のアプローチのスタイルは、最も基本的なピッチエンドラン主体ですね。

 

 

基本的にはピッチエンドランを多用し、グリーンが近い場所からはランニングアプローチを使い、ランの比率を多くするくらいですね。

 

 

ピッチエンドランは、アプローチの基本と言われていますが、まさに基本に忠実なアプローチでしっかりと寄せてきます。

 

 

渋野日向子がオーソドックスなピッチエンドランであらゆる場所からピンに寄せることができるのは、その絶妙な距離感にあります。

 

 

とにかく、ボールの落としどころが素晴らしく、距離感が抜群です。この距離感は、おそらく天性の素質なのかもしれません。

 

 

あとは、やはりパッティングが素晴らしい!

 

 

ワールドレディースサロンパスカップでも、最終日、5番ホールでは、かなり長いロングパットを決めていましたし、8番、9番ホールでもしっかりとパットを決めています。

 

 

平均パット数も約1.7712という素晴らしい成績です。現在2位の成績ですね。(12試合消化現在)

 

 

渋野日向子のパッティングスタイルは、スタンスを広めにとってどっしりとしたアドレスから肩のストロークでパターを打つスタイルです。

 

 

振り幅で距離感を合わせるスタイルですね。

 

 

下半身が安定しているので、ストロークがブレませんし、常に同じタッチでボールをインパクトしているので常に距離感が安定しています。

 

 

また、強気のパットも彼女の強み。

 

 

今回のワールドレディースサロンパスカップでも、入らなければ大分オーバーしてしまうという場面がありましたが、しっかりとカップインさせています。

 

 

“届かなければ入らない”というのはパットの極意としてよく言われることですが、ここぞという場面でロングパットを入れに行けるというのは、本人もパターの方向性に関してはかなりの自信を持っているのだと思います。

スポンサードリンク

渋野日向子のスイング。ドライバーからウエッジまでのまとめ。

黄金世代からまた一人スターが生まれました。大スターになる素質も兼ね備えた選手です。

 

 

ワールドレディースサロンパスカップではロングパットを次々と決めていたのが印象的でした。

 

 

昨年プロになったばかりの選手ですが、結果を残しましたね。これで3年シードを得ることもできたのでオフシーズンも練習に集中することができます。

 

 

飛距離を出して他の選手と差をつけることができるドライバーショットと、グリーンを外しても寄せに行くことができるアプローチの精度、強気に入れにいくことができるパッティングが彼女の強みです。

 

 

そして、渋野日向子は、笑顔がかわいい選手です。常に微笑んでいるという印象があります。微笑みはゴルフの天使が味方してくれますからね。

 

 

他の選手と勝負しているというより、ゴルフを楽しんでいるという感じですよね。それも自然体で・・・

 

 

渋野日向子選手は、精神的に強い人間であると思います。個人的見解ですが、・・

 

 

強気のゴルフでギャラリーを魅了してくれます。

 

課題はアイアンショットの精度をもう少し上げて、パーオン率を向上させることだと思います。

 

 

このパーオン率の数値が向上すれば複数優勝で賞金女王を狙うことができる選手に成長することができるとと思います。

 

 

さて、さてあなたはゴルフスイングの練習をどのように行っていますか?もちろん毎日の素振りがあなたのスイングを作りますが、渋野選手のように体幹を強くするには練習器具を使った方が効率的です。

 

 

以前、私がプロデュースした番組で藤田寛之プロに紹介してもらったこの練習器具も視聴者さまからかなりの反響がありました。

数年後にも藤田プロの師匠である芹澤信雄プロにも番組で紹介してもらいました。背筋強化にはとても役立つ練習器具です。→素振り トレーニング 練習器具 藤田コアスイング

 

この他にも沢山の練習器具がありますので、あなたのスイングの弱点を補強する練習器具を選んで渋野選手のような体幹の強いスイングを目指して下さい。

 

 

練習器具も含めてクラブからゴルフボールまで品揃いが豊富で時々ゴルフウェア在庫処分もしているGDOにアクセスして調べてみてはいかがでしょうか。
ゴルフウェア在庫処分

 

 

又、週末プレーしたい!というゴルファーも一人でプレーできかつ格安な→近場で格安な週末ゴルフ場予約ならゴルフダイジェスト・オンラインを利用してみて下さい。

 

 

そして、やはり器具での練習よりスイングを見てくれて直してくれる専任のコーチをお探しなら是非是非GDOグループ運営の全米No.1ゴルフスクール【ゴルフテック】であなたのスイングを理解し指導してくれるコーチを捜しましょう。

 

 

練習スタジオを選びましたか?まだの方は早めに選んで下さいね。

 

100が切れない、アイアンが上手くあたらない、そんなゴルファーの皆さん、基本に戻って下さい。

 

次回のコンペでは100切りを達成したいゴルファーの皆さん、練習スタジオを選びましたか?早く上達するにはアマチュアでも「コーチ」が必要です。

 

3つの練習スタジオから選んで下さいね。

一人でコツコツ練習するのもいいですが、ライバルはもっと早く上達しているかもしれません。

 

とにかくライバルよりもっと上手くなりたいと思っているゴルファーは今すぐ練習スタジオを選んでGO!!です。

 

明日は100切り、90切りです。

上達への近道は評判のゴルフ練習スタジオへGO。

ライバルより早くシングルを目指すゴルファーは、練習時間と実践プレーを効率的に行っています。GDOのサービスをあなたのレベルに合わせて利用してみて下さい。

 

スポンサードリンク

合せて、渋野選手を応援して下さいね。