Pocket
Facebook にシェア

追記:7月24日(アプローチ)

黄金世代の若手の活躍と、アラサー選手の優勝そして韓国勢の強さなどワクワク・ドキドキの2019年LPGAツアーです。

 

そして、将来も有望なスター選手が出現しました。その選手は・・・

 

初優勝が何とメジャー戦で真の実力が評価される2勝目が新設の4日間トーナメントという“何かを持っている”選手の渋野日向子です。

 

その秘密を知りたくて渋野日向子選手のドライバーからウエッジまでのスイングについて調べてみました。

スポンサーリンク

渋野日向子のドライバーショット。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E6%B8%8B%E9%87%8E%E6%97%A5%E5%90%91%E5%AD%90&imageId=206704

渋野日向子選手のドライビングディスタンスは243.15ヤードで14位です。

(12試合消化時点)極端な飛ばし屋ではありませんが、スイングは豪快なスイングでそこが魅力です。

 

渋野日向子はソフトボールをやっていたのでその影響でしょうか?

 

ワイドスタンスでハンドダウンに構え、下半身をあまり動かさずにバックスイングをします。

 

トップの位置は低く、フラットなトップです。

 

トップで左腕が真っすぐ伸びているのでスイング軌道が崩れず、再現性の高いスイングをすることができます。

 

スイングを腕の力に頼っている人は、トップで左腕が曲がります。

 

トップで左腕を真っすぐ伸ばすことができるのは、腕ではなく体の回転でスイングをしているからですね。

 

渋野日向子が飛ばすことができるのは、腕ではなく体の回転でスイングをしているからですね。

 

このようなスイングの特徴は体幹の強さですね。

 

腕の力を抜いて、体重移動をあまりせず、腕の力ではなく体の回転を上手く使ってスイングをするというのが渋野日向子のスイングですね。

 

腕だけの力で飛ばそうとしているアマチュアゴルファーはぜひ参考にして下さい。

 

彼女のスイングを見れば、飛ばしの秘訣は、腕の力ではなく、体の回転を使って体幹で打つことが大事だということがわかります。

 

渋野日向子のスイングイメージを頭に描いて、試しにプロコーチのスイングチェックを受けましょう。スイングが劇的に変わります。

ゴルファーの皆様へ!!お得なお知らせです!!

Amazonでお買い物をするゴルファーが増えています。

週末はゴルフだけどゴルフボールを買いに行く時間がない。

そんな時はご注文確定の最短翌日に配送料を無料で商品をお届けするサービスです。

30日間の無料体験を試して下さい。

渋野日向子のアイアンショット。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E6%B8%8B%E9%87%8E%E6%97%A5%E5%90%91%E5%AD%90&imageId=210503

渋野日向子選手のパーオン率は、69.1571%で21位です。(18試合消化時点)

 

彼女ほどの飛距離があれば、もう少しパーオン率が上がっても良いのではないかと思います。

 

まだ若い選手ですからパーオン率の向上はこれからの課題でしょう。

 

フラットなスイング、レベルブローでボールを打つ選手ですので、ミドルアイアン以上になるとボールが止まらないイメージがあります。

 

ミドルアイアン以上の番手でもう少しグリーン上で止めるようなバックスピン量の多い弾道で打つことができるようになれば、もう少しパーオン率が向上すると思います。

 

アイアンよりもフェアウェイウッドなどのウッド系の方が得意なようですね。方向性と飛距離共に抜群です。

 

ドライバーである程度飛距離を出して、セカンドショットをフェアウェイウッドで打つことでパー5では2オンを狙っていける攻めのゴルフができる選手です。

 

ここまで攻めることができる選手は、珍しく、そのような意味でもポテンシャルが高い選手だと思います。

 

フェード、ドローを打ち分けることができる器用さも持ち合わせている選手です。スピン量を増やすこともできると思います。

渋野日向子のウエッジアプローチの種類。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E6%B8%8B%E9%87%8E%E6%97%A5%E5%90%91%E5%AD%90&imageId=210463

渋野日向子選手のパーセーブ率は、85.9195%で現在11位です(18試合消化時点)かなり高い数値ですよね。

 

パーオン率がそれほど高くないのにパーセーブ率が高いのは、アプローチとパッティングの上手さにあります。

 

リカバリー率からも判断できますね。リカバリー率は64.5963%で現在13位です。(18試合消化時点)まずまずの数値です。

 

アイアンショットでパーオンできずグリーンを外してもしっかりと寄せることができるか、もしくはロングパットを決めているいということですね。

 

サロンパスでのロングパットを決めるシーンは記憶に新しいと思います。

 

渋野日向子のアプローチのスタイルは、最も基本的なピッチエンドラン主体ですね。

 

基本的にはピッチエンドランを多用し、グリーンが近い場所からはランニングアプローチを使い、ランの比率を多くするくらいですね。

 

ピッチエンドランは、アプローチの基本と言われていますが、まさに基本に忠実なアプローチでしっかりと寄せてきます。

 

渋野日向子がオーソドックスなピッチエンドランであらゆる場所からピンに寄せることができるのは、その絶妙な距離感にあります。

 

とにかく、ボールの落としどころが素晴らしく、距離感が抜群です。この距離感は、おそらく天性の素質なのかもしれません。

 

ただ、レギュラーツアーは硬くて早いグリーンに仕上がっています。その対策としてボールを上げるアプローチの練習をオフ中に強化したそうです。

 

その場面を見たのは今季新設の資生堂アネッサレディスオープンのプレーオフでした。

 

グリーン左手前のラフから15ヤードのアプローチでした。ピンそば50cmにつけ楽々パーセーブをしての優勝でした。

 

ボールを上げる打ち方はとてもシンプルです。

 

ボール2個分両足を離して、左足を少しだけ引いてオープンに立ちます。ボールは左足の親指前にセットして下さい。

 

両脇を少し締め、おなかを引っ込めて構えれば腕と上体が一体となって振れます。これがボールを上げるための事前準備です。

 

後は少し開いたフェースをインサイドインの軌道で、ボールを優しく拾うイメージで振ります。

 

ボールを上げる準備ができているので後はピッチ&ランと同じように振るだけです。是非トライして下さい。

 

そして最後に渋野が輝いて見えるのはやはりパッティングが素晴らしい!

 

ワールドレディースサロンパスカップでも、最終日、5番ホールでは、かなり長いロングパットを決めていました。

 

8番、9番ホールでもしっかりとパットを決めています。

 

平均パット数も約1.7708という素晴らしい成績です。現在4位の成績ですね。(18試合消化現在)

 

渋野日向子のパッティングスタイルは、スタンスを広めにとってどっしりとしたアドレスから肩のストロークでパターを打つスタイルです。

 

振り幅で距離感を合わせるスタイルですね。

 

下半身が安定しているので、ストロークがブレませんし、常に同じタッチでボールをインパクトしているので常に距離感が安定しています。

 

また、強気のパットも彼女の強み。

 

今回のワールドレディースサロンパスカップでも、入らなければ大分オーバーしてしまうという場面がありましたが、しっかりとカップインさせています。

 

“届かなければ入らない”というのはパットの極意としてよく言われることです。

 

ここぞという場面でロングパットを入れに行けるというのは、本人もパターの方向性に関してはかなりの自信を持っているのだと思います。

スポンサードリンク

渋野日向子のドライバーからウエッジまでのスイングまとめ。

黄金世代からまた一人スターが生まれました。大スターになる素質も兼ね備えた選手です。

 

ワールドレディースサロンパスカップではロングパットを次々と決めていたのが印象的でした。

 

昨年プロになったばかりの選手ですが、結果を残しましたね。これで3年シードを得ることもできたのでオフシーズンも練習に集中することができます。

 

飛距離を出して他の選手と差をつけることができるドライバーショットと、グリーンを外しても寄せに行くことができるアプローチの精度、強気に入れにいくことができるパッティングが彼女の強みです。

 

 

そして、渋野日向子は、笑顔がかわいい選手です。常に微笑んでいるという印象があります。微笑みはゴルフの天使が味方してくれますからね。

 

他の選手と勝負しているというより、ゴルフを楽しんでいるという感じですよね。それも自然体で・・・

 

渋野日向子選手は、精神的に強い人間であると思います。個人的見解ですが、・・

 

強気のゴルフでギャラリーを魅了してくれます。

 

課題はアイアンショットの精度をもう少し上げて、パーオン率を向上させることだと思います。

 

このパーオン率の数値が向上すれば複数優勝で賞金女王を狙うことができる選手に成長することができるとと思います。

 

さて、さてあなたはゴルフスイングの練習をどのように行っていますか?

 

もちろん毎日の素振りがあなたのスイングを作りますが、渋野選手のように体幹を強くするには練習器具を使った方が効率的です。

 

以前、私がプロデュースした番組で藤田寛之プロに紹介してもらったこの練習器具も視聴者さまからかなりの反響がありました。

背筋強化にはとても役立つ練習器具です。

ゴルファーの皆様!!知っていましたか!?

Amazonが発送する豊富な品揃えを最短翌日に無料でお届けします。

 

ゴルフクラブやゴルフ用品などをご注文確定の最短翌日に 無料でお届けするサービスです。

 

無料体験後は500円/月(税込み)かかります。

ですが、いつでもキャンセルできるのでご安心下さい。

 

他にもビデオを観る、音楽を聴く、本を読むなどなどの

お得で便利な会員特典が盛りだくさんです。

30日間の無料体験を是非一度試してみて下さい。

素振り トレーニング 練習器具 藤田コアスイング

 

 

スポンサードリンク

エンジョイゴルフ!!渋野選手を応援して下さいね。