今週は【2022】ほけんの窓口レディース
スポンサーリンク

山路晶“飛ばし”のクラブセッティング2022。

黄金世代
スポンサーリンク

黄金世代No.1の飛ばし屋・山路晶のクラブセッティングを紹介します。

2020-21年のドライビングディスタンスは250.61ヤードで7位でした。

しかし、他のスタッツの数値が伸び悩み本来の実力が発揮できていない感じです。

2022年はメルセデスランキング47位の資格で初シード選手としてツアーに参戦しています。

それでは、飛ばし屋の山路晶選手のクラブセッティング2022年を紹介します。

山路晶”飛ばし”のクラブセッティング2022。

初シード組の一人としてツアーに出場中の山路晶はテーラーメイドの契約選手です。

テーラーメイドの2022年と言えばやはり「ステルス」ですよね。

ドライバーはテーラーメイド「ステルス プラス」

ドライバーはステルス プラスを使用しています。


ドライバーがカーボンフェースに替わったことで、「球の食いつきがよくなり、TP5のボールと合わせると弾きが増す漢字」とコメントしています。

ロフト:9.4度
シャフト:ベンタス TR
長さ:45.5インチ

フェアウェイウッドはステルス プラス(3W)

3Wもステルス プラスです。2020年はSIM MAXでしたが、とても打ちやすいと気に入っているようです。

ロフト:15度
シャフト:ベンタス ブラック
長さ:43インチ

UTはステルス レスキュー(3U)

ロフト:19度
シャフト:ツアーAD HY
長さ:40.5インチ

アイアンはステルス(4I)

ロフト:18.5度
シャフト:NSプロ PROTTYPE
長さ:39インチ

4アイアンを入れている女子選手は珍しいですよね。飛距離は190ヤーです。

アイアンはP・7MC(5I~PW)

アイアンはハーフキャビティのテーラーメイドP・7MCで、2年目です。寛容性と距離の安定を重視して替えたそうです。

ロフト:26度/30度/34度/38度/42.5度/47度
シャフト:NSプロ PROTTYPE(S)
長さ:38.25/37.75/37.25/36.75/36.25/35.75インチ

ウエッジはモダート SD(AW/SW)

ロフト:50度/54度/58度
シャフト:NSプロ PROTTYPE(S)
長さ:35.25/35/34.75

モーダスは栃木県クラフトクラブメーカーで2019年から使用しています。

パターはテーラーメイドのトラスTB1。

長さ:33.75インチ

トウに17g、ヒールに2.5gのウェート調整をしながら配分。クランクネックのTB1です。

スポンサーリンク

山路晶”飛ばし”のクラブセッティング2020。

クラブ契約はフリーですね(2020年1月現在)

ドライバーはテーラーメイドですのでテーラーメイドと契約が行われるのでしょうか?

昨年まではボール契約がダンロップなのでキャディーバックとキャップはゼクシオなんでしょう。

(2020年夏にはテーラメイドのロゴでした)

ドライバーは テーラーメードSIM MAX

ロフト:9度
長さ:45.5インチ


シャフト:ツアーAD DI-6(S)

 

山路晶プロはテーラーとクラブ契約はしていません。でもドライバーはテーラーメードM5を使用していました。

ですが、開幕後はテーラーメイド「SIM MAX」を使用しています。

フェアウェイウッドはテーラーメードSIM MAX(3W)

ロフト:15度


シャフト:ツアーAD DI 6S

UTはテーラーメードSIM MAX

ロフト:19度


シャフト:ツアーAD HY75 S

アイアンはテーラーメードP790(4I)

ロフト:21度


シャフト:モーダス105 S

 

アイアンは女子選手としては珍しく4番からの組み合せです。UTが1本なのは最近の女子プロでは非常に珍しいです。

アイアンはテーラーメードP770(5I~PW)

ロフト:21度/24度/28度/32度/36度/40度/45度


シャフト:N.S.PRO MODUS3プロトタイプ(S)

 

アイアンは10月16日から開催の「富士通レディース 2020」でテーラーメイドの新アイアン(P7MC)に替えて17番(パー3)で7番でホールインワンを達成しました。

「顔が好きだったので替えました」とにコメントです。

ウェッジはMODART SD

ロフト:50度/54度/58度度


シャフト:N.S.PRO MODUS3プロトタイプ(S)

 

ウエッジは栃木県にあるクラブメーカーのオリジナルです。

パター はSPIDER X BLUE

パターはテーラーメイドの「SPIDER X BLUE」を使用しています。

山路晶選手のセッティングは飛ばしに重点を合わせていますが、今後は試合のマネージメントで替えると思います。

いかがでしたか、山路晶プロのクラブセッティングでした。

まとめ。

山路晶のクラブセッティングの特徴は飛ばし屋ゴルファーのセッティングですね。

今時「4アイアン」を入れている選手は少ないですよね。

飛ばしに自信があるのか、たぶん使いやすいという今までの慣れもあると思いますが、ツアーへフル出場となれば変わると思います。

ただ、現在はコーチは不在ですので、今後のセッティングに関しての相談はどうするんか?少し心配です。

いずれにしても2022年はツアーを主にしたライフワークとプロの商売道具であるクラブにも執着して黄金世代の10人目の優勝者を目指して欲しいと願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました