Pocket
Facebook にシェア

勝みなみは国内女子ジュニアゴルフ界をけん引してきた選手です。

 

そして、2014年15歳のアマチュア時にプロのトーナメント「KKT杯バンテリンレディスオープン」で優勝しました。

 

15歳293日という最年少記録のおまけつきの優勝でした。

スポンサードリンク

勝みなみのジュニア時代の優勝

勝みなみ(かつ みなみ)選手は1998年に鹿児島県で生まれました。祖父の影響で7歳からゴルフを始め、2010年の「全国小学生ゴルフトーナメント決勝大会」を制して注目を浴びます。

 

中学校進学後も「全国中学校選手権春季大会」「九州女子選手権」をいずれも優勝で飾りました。

 

そして、2014年の「KKT杯バンテリンレディスオープン」で史上4人目のアマチュアとして優勝するのです。

 

TPD(トーナメントプレーヤーディビジョン)の単年登録によりプロ入りできたにもかかわらず、高校卒業を待って2017年にプロテストを受けてプロ入りを果たしました。

 

もちろんプロテストは9位タイで1発合格でした。

スコアー 1R 2R 3R FR
283(-5) 71 70 70 72

勝みなみのプロフィール

勝みなみのプロフィール
所属:明治安田生命
プロ入会:2017年(89期)
生年月日:1998年7月1日
血液型:AB型
出身:鹿児島県鹿児島市
出身校:鹿児島高等学校
身長・体重:157cm・56kg

 

名前(みなみ)の由来は野球の漫画でお馴染みのあだち充さんの「タッチ」のヒロイン浅倉南から付けられたそうです。

勝みなみのゴルフ歴

6歳の時に祖父の龍平さんの趣味にお付き合いしていたそうです。

 

勝みなみ世代の女子プロゴルファーは幼少時代から両親の勧めでゴルフを始めて英才教育で上を目指すゴルファーが多いのですが、勝みなみは祖父の龍平さんからゴルフを習ったそうです。

 

グリップのテンフィンガーはその影響なのかもしれません。まさしく自己流ゴルフで始めたのですね。

勝みなみの父と母。

父と母はゴルフを全く知らなかったそうです。ご両親ともに教師です。

 

母親の久美さんはアマチュア時代に教師をやめてキャディを手伝って娘を助けてきました。父親の秀樹さんは当時は与論島に単身赴任されているそうです。

勝みなみのアマチュア時代の優勝。

運動が大好きだった勝みなみは自分で「ゴルフで生きていく」と心に決めていたそうです。

トーナメント名順位
2010年全国小学生ゴルフトーナメント決勝大会
2011年九州ジュニアゴルフ選手権女子12~14歳の部
鹿児島アマチュアサーキットゴルフ大会レディースの部
鹿児島県ジュニアゴルフ選手権大会中学・高校女子の部
日中ジュニア親善交流試合
宮崎JCカップジュニアゴルフ選手権中学女子の部
九州ジュニアゴルフ選手権鹿児島県選考会
九州中学校ゴルフ選手権春季大会 
鹿児島県ジュニアゴルフ大会 
2012年全国中学校ゴルフ選手権春季大会
2013年九州ジュニアゴルフ選手権女子12~14歳の部
全国中学校ゴルフ選手権春季大会 
2014年ニュージーランドアマチュアゴルフ選手権
ネイバーズトロフィーチーム選手権 
日本ジュニアゴルフ選手権競技女子15歳~17歳の部
KKT杯バンテリンレディスオープン
2015年日本女子アマチュアゴルフ選手権競技

※2014年(優勝)
ニュージーランドアマチュアゴルフ選手権
【大会最少ストローク記録更新(-19)。日本選手初優勝。】

さて、ゴルフを始めたい!でも「どんなクラブを選んだら」いいのか判らない?

初心者のあなた。先ずは【ゴルフパートナー】「中古クラブ」から選びましょう。



そして、ゴルフを始めて1年のあなた。そろそろ「100切り」ですね。

 

「新しいクラブ」が欲しくなったら、【ゴルフパートナー】で買い替えましょう。

勝みなみの2018年プロ初優勝


出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%8B%9D%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%BF&imageId=201986

左:祖父の龍作さん。右は母の久美さん。

勝みなみの初優勝は大王製紙エリエールレディスオープン

大会名:大王製紙エリエールレディスオープン
開催日:11月15日~11月18日
開催場所:エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県) / 6,525Yards Par72(36,36)
賞金総額:¥100,000,000優勝賞金:¥18,000,000

 

スコアー 1R 2R 3R FR
268(-20) 71 68 64 65
スポンサードリンク

勝みなみの2019年優勝は2勝

勝みなみプロのゴルフはドライバーの正確性を高めてFWキープ率を上げることです。2019年は32試合に出場しその結果のフェアウェイキープ率は59.5642%で81位でした。

 

前半戦(12試合消化)は62.77%(64位)でしたのでやはり常勝選手になるにはこの数値が要になります。

 

キープ率を上げるオフトレをして来季も頑張ってもらいたいですね。

 

ところで、勝みなみプロは体力アップのトレーニングに加えてメンタルトレーナーの指導も受けていました。当然ですが、プロは賞金を稼ぐためにトーナメントに出場します。

 

優勝争いをする選手は技術の他に「心の格闘」が加わります。現在の女子プロゴルファーは心のトレーニングも必要になってくるのですね。

 

ケガをしない体のトレーニングもとても重要ですが今やメンタルトレーナーの位置づけがとても重要なのです。

 

心の格闘のためにメンタルトレーナーを加えたことは大変有意義だと思います。何故なら、勝敗を決める最後はパッティングです。

 

プロはパットイズマネーなので、心の動揺は手の指に現れるのです。ですからパターの選び方がとても重要になってくるのです。

勝みなみの優勝(3勝目)中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン

開催日:5月24日~5月26日
開催場所:中京ゴルフ倶楽部 石野コース(愛知県) / 6,482Yards Par72(36,36)
賞金総額:¥70,000,000優勝賞金:¥12,600,000

 

スコアー 1R 2R FR
202(-14) 68 62 72

中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン(5月24日~26日)の優勝で世界ランクが50以内に入り憧れの米本土メジャー戦出場資格を得る事ができ初挑戦できました。

 

全米女子オープン(サウスカロライナ州、CCチャールストン)の結果は、「72-70-72-71」通算1オーバー 22位タイでした。

勝みなみの優勝(2勝目)パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント

開催日:5月3日~5月5日
開催場所:浜野ゴルフクラブ(千葉県) / 6,566Yards Par72(36,36)
賞金総額:¥80,000,000優勝賞金:¥14,400,000

大逆転で新元号令和初の優勝です。素晴らしい試合でした。

スコアー 1R 2R FR
204(-12) 69 68 67

黄金世代の中心人物・勝みなみ。

 

今や女子ゴルフのスターになった勝みなみプロが今季9戦目のパナソニックオープンレディースゴルフトーナメントで優勝しましました。

 

6月2日の最終日、勝みなみ選手の全米女子オープンの結果は22位タイでした。カントリークラブ・オブ・チャールストン(サウスカロライナ州)

 

ところが全米女子オープン出場後の成績を見ると調子を崩しています?予選落ちが多くなりました。全米の出場がハードだったのか?それともスイングに不安を感じてしまったのか?

 

海外のメジャーに参戦すると海外選手との飛距離の差にビックリすると言います。勝みなみプロも飛ばない選手ではないので心配はないとは思いますが・・・でも心配ですね。

スポンサードリンク

勝みなみはアマチュアで優勝。プロテスト後のプロ初優勝はいつ?のまとめ

アマチュア時代の戦歴からして2017年のプロテストは合格して当然の実力でした。新垣比菜と同スコアー283(-5)9位タイで合格しました。

 

その年のLPGA後半戦の試合に出場することができて4戦して予選落ちは1回でした。賞金額も約260万円105位の成績で本格参戦する2018年のツアーに挑みました。

 

そして2019年は2勝し人気・実力とも今や黄金世代を代表するトップスターになりました。

 

勝みなみを応援しましょう。

 

スポンサードリンク

エンジョイゴルフライフ!!楽しいゴルフライフを!!