クラブセッティング

スポンサード




ショットメーカー稲見萌寧のクラブセッティング2021を紹介します。

大きなスイングで飛距離を出す稲見萌寧はポテンシャルも高くしかも練習量が多い努力家です。

その努力の成果が2021年の試合でも出ています。

3月の第2戦「明治安田生命レディス」で嬉しい2021年の初優勝を果たし涙の通算3勝目です。そして、

4月の第5戦「ヤマハレディースオープン葛城」自身初の4日間大会で逆転優勝し2021年2勝目通算4勝です。

その勢いは止まりません。

今年(2021年)から特別協賛として富士フイルムが加わった第6戦「富士フイルム・スタジオアリス女子オープン」で小祝さくらをプレーオフで制し優勝し3勝目通算5勝目です。

次の目標はメジャー大会と言ってますが、第8戦「フジサンケイレディス」でも逆転優勝し8戦4勝のペースで通算6勝目を果たしています。

さらに2021年の12戦目「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」では独走で記録ずくめの優勝を挙げました。

これで12戦で5勝、通算7勝目です。

 

さて、優勝時のドライバーはキャロウェイ・マーベリック・サブゼロで変りません。ですが、アイアンはテーラーP770に替えました、というか戻しています。

ところで、稲見萌寧は「はざま世代のダイヤモンドを目指します」と宣言し19歳の最後の日に初優勝を果たしました。

関連記事

稲見萌寧の初優勝は「10代最後の日」。そして涙の2勝目は?

 

稲見萌寧は99年度生まれ。その世代を「はざま世代?」と呼ぶのでしょうか?それは、1学年先輩の1998年度生まれを女子ゴルフ界ではいつしか「黄金世代」と呼んでいます。

渋野日向子プロ勝みなみプロ小祝さくらプロ、そして原英莉花プロなどですね。

また、アマ時代から活躍している安田祐香プロなど2000年度生まれを「プラチナ世代又はミレニアム世代」と呼んでいます。

ですから、その間の世代を「はざま世代、谷間世代」と呼ぶ事にしたのでしょう。

同世代には吉本ここねや菅沼菜々などもいます。稲見萌寧と同じく2018年にプロテストを一発合格しています。

関連記事

女子ゴルフの日程、2021年の速報と優勝者。

 

それでは稲見萌寧のクラブセッティングを紹介します。2021年の開幕戦から変わっていません。

アイアンをもとに戻し、愛用パターはテーラーメイド トラス TB1 トラスヒール パター。このパターに大きな信頼を寄せていますね。

目次

稲見萌寧“通算7勝目”のクラブセッティング2021。

ショットメーカーの稲見萌寧は女子ゴルフツアーの中でもクラブへのこだわりが強いことで有名な選手です。

特にこだわっているのはやはりアイアンです。2020年はブリヂストンのアイアンに替えてびっくりしましたよね。

でも少し顔が大きくてつかまりが良すぎたようです。

2021年はもとに戻しましたね。それでは稲見萌寧のクラブセッティング2021です。

ドライバーはキャロウェイ・マーベリック・サブゼロ。

ロフト:10.5度
シャフト:The アッタス(5S)

 

ドライバーは2020年と同じ、マーベリック・サブゼロです。

このドライバーは、構えた時にしっくりくるからこそ迷うことなく振り切れると言います。

ボールのつかまり具合の良さと、操作性の高さのバランスが秀逸なドライバーですよね。

関連記事

ドライバーの選び方。キャロウェイ・マーベリックの特徴

フェアウエイウッドはスリクソンZX(3W、5W)

ロフト:15度/18度
シャフト:アッタスジャック(5S)

 

FWはブリヂストンからスリクソンに替えましたね。

アイアンと同様にスピンが少ないと球が上がりきらず、それを意識すると吹き上がってしまいますよね。

稲見プロは適度にスピン量が入るものを探していたところコーチにスリクソンZXを勧められて投入したようです。

UTはブリヂストン ツアーB JGR(4U/5U)

ロフト:22度/26度
シャフト:アッタス MBハイブリッド(65S)

 

UTは2020年と同じです。スピン量こだわる稲見プロはUT選びが一番難題だったようです。

スピンの入り方でコントロール性能が変わるため、今ではこれ以上のクラブには出会っていないようですね。

アイアンはテーラーメイドP770(5I~PW)

ロフト:26度/29.5度/33度/37度/41.5度/46度
シャフト:NSPRO 850GH neo

 

アイアンはブリヂストンのツアーB X-CBからテーラーメイドP770に戻しました。

稲見萌寧はショットメーカーですので、アイアンに関しては強いこだわりがありますからね。

もともとスピン量が少ない球が強いため、少しスピンが入ってくれるものでないと立距離だけでなく弾道の操作がやりにくくなります。

ヘッドサイズが小さめで操作性が良いものが条件だと言います。

関連記事

アイアンのおすすめメーカーはテーラーメイド。その評価は?

ウエッジはタイトリスト・ボーケイSM8

ロフト:52度/58度
シャフト:NSPRO モーダス3

 

ウエッジはボーケイですがSM7からSM8に替えています。ボーケイは常に進化していますので、そこに惚れたのでしょう。

ウエッジはフェースにボールが乗る事は一般的にいいことだ言われています。

でも稲見プロは乗りすぎるとイメージよりも低く出てしまうようです。ポンと上に上がってくれるウエッジが好みのようです。

パターはテーラーメイド・トラス TB1

パターは試合会場で替える事もありますよね。

2020年はキャメロンのプロトも使用していました。ですが、2021年はテラーメイド・トラスで5勝目を手に入れました。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E7%A8%B2%E8%A6%8B%E8%90%8C%E5%AF%A7&imageId=243554

パターの選び方。テーラーメイド「トラスパター」は常識的な形状を打ち破る。

ボールはブリヂストン ツアーB XS

チームブリヂストンとしてボールはブリヂストンゴルフのツアーB XSを使用しています。

稲見萌寧“2勝目”のクラブセッティング2020。新調したクラブ。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E7%A8%B2%E8%A6%8B%E8%90%8C%E5%AF%A7&imageId=225796

稲見萌寧はチームブリヂストンのメンバーになりました。左は同じチームブリヂストンの吉田優利です。

ドライバーも新調していますがドライバーはキャロウエイです。変更した理由は顔と振りやすさと言います。

2019年の稲見萌寧プロはパーオン率で堂々の1位を記録しています。

またトータルドライビングも14位ですので、この数値が2019年賞金ランキング13位の成績に結びついているのでしょう。

ただ稲見萌寧プロはドライバーショットに課題があり、その弱点をカバーするためにドライバーをエピックからマーベリックに替えました。

ドライバーはマーベリック サブゼロ

エピックフラッシュも使用していましたが、ボール初速を求めてマーベリックサブゼロに替えました。ミスに強く芯を外しても飛距離に差が出ません。

ロフト:10.5度
長さ:45.25インチ


シャフト:シアックス(S)

 

ドライバーは構えた時の顔の良さと振りやすさで選んだそうです。ミスをカバーしてくれる性能に安心感が持て、思いっきり振れるようになったそうです。

関連記事⇒ドライバーの選び方。キャロウェイ・マーベッリックの特徴

フェアウエイウッドはブリヂストン ツアーB JGR(3W/5W)

地面からでもボールを上げやすいウッドです。

ロフト:15度/18度
長さ:43インチ/42.5インチ


シャフト:アッタス ジャック5(S)

 

FWはしっかりキャリーが出る事が大事です。JGRはティアップしていない状況でも楽に球は上がります。

UTはブリヂストン ツアーB JGR(4UT/5UT)

ロフト:22度/26度
長さ:39.5インチ/39インチ


シャフト:アッタス MB-HY 65

 

UTはアイアンのような感覚で打てて、高さが出しやすく、どんなライからでもFWと同じように打てるクラブです。

アイアンはブリヂストン ツアーB X-CBP(5I)

アイアンはブリヂストン ツアーB X-CB(6I~PW)

ロフト:27度/31度/35度/39度/44度
長さ:37.5/37/36.5/36/35.5インチ


シャフト:NS950HT

 

アイアンは打感を重視しています。分厚く当たる感覚があり、強い球で風の影響を受けにくいです。番手間の距離の打ち分けもしっかりできると言っております。

関連記事⇒アイアンの選び方。好みのメーカー「ブリヂストンゴルフ」の評価は?

ウエッジはボーケイSM7

AW
ロフト:52度
長さ:35インチ


SW
ロフト:58度
長さ:35インチ


シャフト:NS950HT

 

ウエッジはやや球離れが早いタイプが好みだそうです。思い通りの高さとスピードを出すことができるウエッジです。

パターはスコッティ―キャメロン プロト

パターはピンタイプです。タイガーウッズのイメージで打っているそうです。

(※セッティングは試合会場のマネージメントで変わる場合があります。)

パターはテーラーメイド・トラス TB1

2020-21年第8戦「スタンレーレディスゴルフトーナメント」で2勝目のパターはテーラーメイド「トラス パター TB1 」です。

いかがでしたか、稲見萌寧プロのクラブセッティング2020でした。

稲見萌寧の初優勝時のクラブセッティング2019。

2019年頭角を現したルーキー・稲見萌寧プロは、ドライバーやアイアンのショットが素晴らしい選手です。

ドライバーの精度を高め、自信のあるアイアンで一気にピンに寄せていく姿は鳥肌ものです。

理想とするゴルフの青写真をしっかりと整えて、ツアー初優勝を叶えました。

そんな稲見萌寧プロがどんなクラブセッティングをしているか?ものすごく気になるところです。

キャロウエイのキャップでキャロウエイのボールそしてドライバーは、今一番人気のエピックフラッシュです。

それでは、稲見萌寧プロの優勝時のクラブセッティングを紹介します。

ドライバーはキャロウェイ・エピックフラッシュ

ロフト:9.5度


シャフト:アッタス11(X)

 

ドライバーはエピックフラッシュを使用しています。

シャフトを替えました

資生堂レディスでシャフトをマミヤの「ジ・アッタス」5Sから「アッタス11」の5Xに変更しました。スイング時のしなりの感覚がマッチしたようです。

さてあなたも2本目のドライバーはキャロウエイにしてはいかがですか?

関連記事⇒ドライバーの選び方。キャロウェイ・エピックフラッシュ。スターとサブゼロどこが違うの?

フェアウエイウドはキャロウェイ・エピックフラッシュ(3W/5W)

ロフト:15度/18度


シャフト:アッタス11(X)

 

ドライバーと同じしなり感を大事にしていると言います。

UT4はテーラーメイド・グローレF2 レスキュー(4UT/5UT)

ロフト:22度/25度


シャフト:アッタス65HY

 

見た目の顔もスッキリしていて、ボールの飛び方や初速のスピードが本当に理想的と言います。

アイアンはテーラーメイド・P770フォージド(5I~9I、PW)

ロフト:27度/30.5度/34度/38度/42度/46度


シャフト:NSプロ 950GH

 

アイアンは小ぶりなヘッドで操作性が高い。3年以上使い続けてこれ以上いいものが無いから替えられないようですよ。

ウエッジはタイトリスト・ボーケイSM7

ロフト:52度/58度


シャフト:NSプロ 950GH

 

グリーン周りは58度1本でOK

パターはキャロウェイ・オデッセイOワークスツアー ダブルワイド

出典:https://news.golfdigest.co.jp/jlpga/photo/detail/?imageId=215657

ほどよく操作ができるワイドなブレードタイプ。この型が構えた時にカップに入るイメージが沸くし一番ストロークがしやすく、再現性が高いパターです。

いかがでしたか、稲見萌寧プロのクラブセッティング2019でした。

ボールはキャロウェイ・クロムソフトX

最近はキャロウエイのドライバーを使用する女子プロゴルファーが増えましたね。稲見萌寧プロと仲の良い黄金世代の河本結プロや、

残念ながらリランキングに残れずステップに活躍の場を移した三浦桃香選手もキャロウエイですね。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E7%A8%B2%E8%A6%8B%E8%90%8C%E5%AF%A7&imageId=209884

スポンサード




稲見萌寧のクラブセッティングのまとめ。

2018年にプロテスト合格。ルーキーイヤーの2019年、既に頭角を現してきた稲見萌寧プロです。

ツアー前半戦で、「稲見萌寧」の名前は全国区になりました。

稲見萌寧はクラブを新しくするときに重視するのは顔と振りやすさであると言います。

結果の数字はもちろんですが、まず自身が振りやすいと感じなければ使わないと言います。

それは振り抜きの気持ち悪さがミスの要因になるからです。

キャロウエイのマーベリック サブゼロは振りやすさはもちろん、ミスショットしても飛距離がさほど変わりません。

たぶんその安心感が振り抜きの良さに繋がっていると思います。また、稲見萌寧はウエッジに関してもこだわりがあるそうです。

それは、「スピンが入りすぎるものや、フェースに乗る感覚が出過ぎるものは好きではないそうです」

少し球離れが早いモデルが好きだと言っております。たぶんこの方が自分で操作する感覚が出しやすいのでしょうね。

このように稲見萌寧のこだわりと感性で必ず2勝目を早く手にするでしょう。(2019年)

稲見萌寧プロのクラブセッティングはキャロウェイ、テーラーそしてパターはオデッセイと外国クラブで構成しています。

ただ、シャフトはこだわりの国産で稲見萌寧プロのシャフトを調べると、ウッドはマミヤでアイアンはN.S.PROととてもシンプルなセッティングですね。

黄金世代のプロゴルファーからアラサーの実力者たちが同じフィールドで戦う女子ゴルフツアーの世界。

今後もエキサイティングな試合を数多く観ることができるでしょう。

稲見萌寧プロを今後も応援しましょう。エンジョイゴルフ!!楽しいゴルフライフを!