今週は第30戦公式戦「日本女子オープン」です。

キャロウェイゴルフのドライバーの選び方。2022年「ROGUE ST」の特徴と評価。

ドライバー

キャロウェイゴルフのドライバーの選び方です。2022年発売キャロウェイ「ROGUE ST」の特徴と評価をご紹介します。

ここ最近の、ゴルフクラブ業界の年始の恒例行事といえば、海外人気メーカーのテーラーメイドとキャロウェイの新製品発表であると言っても過言ではないでしょう。

2022年もキャロウェイゴルフからは「ROGUE 」シリーズを、「ROGUE ST」シリーズと命名して発売されました。

キャロウェイの最近の傾向は「EPIC」シリーズと「MAVRIK」シリーズと「ROGUE」シリーズとを交互に、2年毎に発表しています。

「EPIC」シリーズでAIを活用したフラッシュフェースやジェイルブレイクなどの新機軸となる機能を搭載し、

マーケットにおける課題点を抽出してマイルドに再設計して「MAVRIK」シリーズと「ROGUE」シリーズに反映させるという手法をとっています。

キャロウェイゴルフのドライバーの選び方。「ROGUE ST」の特徴。

今回の開発コンセプトはボールスピードの向上にあります。

飛距離を出す3要素は「ボール初速」、「打ち出し角度」、「ヘッドスピード」であることはご存知だと思います。

ヘッドスピードをアップさせるにはトレーニングやスイング改造、持って生まれた体力などが必要とされます。

そこで、一般的なヘッドスピードのゴルファーでも、適正な「打ち出し角度」と「ボールスピード」が上がれば飛ばせると考えて、クラブに仕事をさせることを考えました。

その結果生まれたのが「ROGUE ST」です。

市販ベースでは「ROGUE ST MAX」シリーズとして4機種あります。

  • 「ROGUE ST MAX」
  • 「ROGUE ST MAX D」
  • 「ROGUE ST MAX LS」
  • 「ROGUE ST MAX FAST」

4機種に共通しているのは飛距離を大きく伸ばす「ボールスピード向上」のため、ヘッド構造から新たに見直していることです。

ヘッドスピードが遅くてもボールスピードを上げるためにはインパクトで発生するフェースとボールの衝突エネルギーによって、

ヘッドのクラウン部とソールが膨らむようにたわむエネルギーを反発力として無駄なく最大限にボールに伝えることが重要です。

そのために、エピックシリーズから採用した、ヘッド内部でクラウンとソールとをつなぐ「JAILBREAK」の形状を見直し、

「第2世代のJAILBREAK」としてクラウン部よりもソール部をやや強くすることで適正な打ち出し角度の反発力を強化しました。

また、ヘッドの構造も見直してカーボンの面積をクラウンだけではなくソール側にまで拡大、

チタン部分も溶接によるエネルギーロスを防ぐためにチタン部分をワンピース構造としたA.I.スピードフレームを搭載しました。

こうして得られた余剰重量を生かして約8g~11gのウェイトをヘッド後方部へ装着。

これによりボール初速のアップと適正な打ち出し角度を確保することに成功しました。

ROGUE ST MAXドライバーとは?

「ROGUE ST MAX」は今回のROGUE STシリーズのスタンダードモデルです。

ヘッド体積は460CCでマットブラックの外観が落ち着いたスクエアフェースで構えやすいというのが第一印象です。

クラウン部分は後方に向かって低くしたことで空気抵抗の低減を、ソールの中央後方約11gのウェイト部分は下に膨らませることで低重心化を図りました。

基本的な性格がドローバイアス、つまりつかまりの良さに重点を置いた、力がある初級者から中級者の、スライスに悩むゴルファーが中弾道のフェードを打ちやすいドライバーになっています。


ROGUE ST MAX Dドライバーとは?

「ROGUE ST MAX D」、見た目はROGUE ST MAXとほぼ同じながら、ややアップライト、ソール後方のウェイトを8gにしてソールのヒール側にスクリューウェイトを装着した、

ドローバイアスを強くしてハイドローを打ちやすくしたのがROGUE ST MAX Dになります。

にもかかわらず、フェースはスクエアですので引っ掛けを気にすることなくドローが打ちやすいクラブになっています。

とはいえオートマチックにハイドローが打てるドライバーではありませんので、ある程度の練習は必要になります。

したがってスライスを卒業したい練習熱心な初級者や体力が落ちたけれどハイドローで飛ばしたいミドル、シニアのベテランゴルファーに最適なドライバーです。

ROGUE ST MAX LSドライバーとは?

ヘッド形状は変わらず455CCという、少し小ぶりなヘッドの「ROGUE ST MAX LS」は、

無駄なスピンによるボールの吹け上りや曲がりによる飛距離のロスを防ぐ、プロ、上級者を対象にした低スピン仕様のドライバーです。

したがってある程度のヘッドスピードが必要とされます。

一般的なアマチュアのヘッドスピードゾーンである38m/s~40m/sでは必要なスピンが得られずボールがドロップしてしまい飛距離をロスする可能性があります。

また、ニュートラルな性質にしていますので、ボールを掴まえにいける、球筋を操りたい上級者には楽しめるドライバーになります。


ROGUE ST MAX FASTドライバーとは?

ROGUE ST MAX LSとは対極にある、ドライバーが「ROGUE ST MAX FAST」です。

他の3機種にあるロフトライ角調整機能を持たずにヘッド自体を軽量化し、同じく軽量シャフトを標準化することでバランスはD3ながら軽く、オートマチックに振りぬきやすいドライバーになっています。

ウェイトはヘッド後方に8g、ヒール側に2gを配置してつかまりを重視していますので、楽に振って飛ばしたい、ティショットはフェアウェーキープを心がけるシニア、レディス上級者には満足できるドライバーになっています。


 

キャロウェイの「ROGUE ST」ドライバーの評価。

今作はマットブラックとオレンジという、高級感ある精悍なイメージのカラーリングで登場しました。

この外観が概ね好感をもって迎えられたようです。

ROGUE ST MAX4機種全体に言えるのは「ヘッドがやさしい」という意見です。

来店時のゴルファーの評価は?

柔らかい打感と締まった打音が好みというゴルファーが多くいます。

機種としてはベーシックモデルのROGUE ST MAXがつかまった球が打ちやすい、多少打点がズレても大きく曲がらないという評価になっています。

一方でドローバイアスのROGUE ST MAX Dについては意外と左へは行かない、直進性が高いという意見が多くあります。

ラウンドを通じて安定して飛ばしたのであれば、初心者から中級者くらいまではまずは ROGUE ST MAX Dから試してみるのが安定した球筋が得られると思います。

中級者、キャリア豊富なミドル、シニアはROGUE ST MAXを、競技ゴルファーにはROGUE ST MAX LS、そしてシニア、レディスにはROGUE ST MAX FAST をおススメします。

そもそも「ボールスピード」とは?

飛距離を決める3要素とは前述の通り「ヘッドスピード」、「打ち出し角度」、そして「ボール初速」、つまりボールスピードになります。

ボールスピードを上げるには。

このボールスピードを上げるにはヘッドスピードを速くしてボールに強い衝撃を与えることが必要だと、長い間それが常識となっていました。

しかし、元々易しいクラブ作りから始まったキャロウェイでは、ヘッドスピードを上げることは、特にアマチュアには簡単なことではないということも判っていました。

そこでAIにフェースを設計させることで、多少打点がズレても適正な打ち出し角度が得られ、パワーが伝わるフェースを作り、

「JAILBREAK」の採用などによって、ヘッドスピードが遅いゴルファーでもインパクトによって生じる衝突エネルギーを逃さずボールに伝えられるヘッドを作り、EPICに導入してスタートさせました。

それはマーベリックを経て、今回の「ROGUE ST MAX」では、より易しくさらに衝突エネルギーをボールスピードに転化させることで速いボールスピードと、

適正な打ち出し角度を多くのゴルファーが体験出来ることに成功しました。

まとめ。

ヘッドスピードが遅いゴルファーが飛距離を伸ばすには高い打ち出し角度と、適正なバックスピン量でボールに揚力を与えることが必要という考え方のクラブメーカーが多い中で、

遅いヘッドスピードでもボールスピードを上げることは可能であるという前提でクラブ設計に取り組んでいるのは恐らくキャロウェイだけだと思います。

それゆえ、アマチュアとほぼ同じヘッドスピードの女子プロがクラブ契約をフリーにしてまでキャロウェイのドライバーを使いたがるなど利用率が飛び抜けて高いのも当然です。

契約女子プロも着々と試打を繰り返していますが、基本的にクラブを換えない上田桃子プロも2022シーズン序盤のコンディションによっては早めに使用する可能性もあり、楽しみなシーズンになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました