Pocket
Facebook にシェア

アメリカのゴルフ用品メーカー、キャロウェイの新作ドライバー「ローグスター」のコンセプトは、、、

 

EPICをやさしさで超えろ。飛距離で超えろ。です。

 

前作のEPICスターは、やさしく飛ばせるという特徴を持つドライバーであり、人気が高かったドライバーですが、、、

 

それを超えるドライバーということで、今回もやさしさと飛距離という点を重視したモデルです。

キャロウエイのドライバーで活躍している選手は、

石川遼のゴルフ、クラブセッティング最新版。

 

三浦桃香のゴルフ、クラブセッティングはキャロウエイ。

 

上田桃子のクラブセッティングとスイング。そして結婚も?
一度ご覧ください。

Contents

スポンサーリンク

ドライバーの選び方、初心者でも使えるキャロウェイのローグスターの特徴

前回のEPICスターは、飛距離性能は抜群に良かったという評価が多かったのですが、やさしさという面では賛否両論がありました。

 

「初心者やボールをつかまえることが上手くないゴルファーには少し難しい」という評価が少なくなかったのです。

 

ですから、今回のキャロウェイのローグスターは、飛距離性能はもちろんですが、「やさしさ」にこだわったドライバーで、初心者でも使えるように設計しています。

 

キャロウェイのローグスターは、究極のやさしさを追求したモデルです。

 

前作のエピックドライバーの革新的なJAILBREAKテクノロジーを進化させ、、

 

ボールの初速の向上、慣性モーメントを高めるヘッド形状などにより、アベレージゴルファーでもやさしく飛ばせるドライバーに仕上がっています。

 

ボールの初速を向上させる JAILBREAKテクノロジーとX-Face VFTテクノロジー

飛距離を出すために重要なのは、ボールの初速です。

 

ボール初速の約4倍が推定飛距離と言われていますから、単純な話、ボールの初速をアップさせれば、飛距離が伸びるというわけです。

 

キャロウェイのローグスターは、JAILBREAKテクノロジーとX-Face VFTテクノロジーという独自の技術によって、ボールの初速をアップさせます。

JAILBREAKテクノロジー

JAILBREAKテクノロジーとは、インパクト時にクラウンとソールのたわみを抑制することで今まで逃げていた力を効率良くボールに伝えるという技術です。

 

これにより、ボールの初速がアップします。

X-Face VFTテクノロジー

フェイスを薄肉化することで、反発性能をアップさせボールの初速をアップします。

トライアクシャル・カーボンクラウンが、慣性モーメントとやさしさを向上させる

トライアクシャル・カーボンクラウンは、非常に軽くて強い素材です。

これにより、余剰重量が生まれ、余った重さをヘッド周辺に配置することで、慣性モーメントとやさしさを向上しています。

 

慣性モーメントを簡単に説明すると、芯を外した時にクラブヘッドが左右、上下にブレやすいかどうかということです。

ドライバーについて言うなら、「慣性モーメントの大きいドライバーほど曲がりづらく、操作しにくい」ということですね。

ドロー設計だからスライスに強い

アベレージゴルファーで最も多いドライバーのミスがスライスです。

 

キャロウェイのローグスターは、ヒールのヒール側に2gのスクリューを装着、ヒール内側にウエイトを配置することで重心の位置をヒール側に寄せることでスライスしにくい設計になっています。

エアロダイナミクス・パッケージによってスイングスピードが上がる

世界最大の航空宇宙機器開発製造会社であるボーイング社と協業し、開発された技術がエアロダイナミクス。パッケージです。

 

ヘッドの形状を見直すことで、空気抵抗の軽減を実現することによってスイングスピードの向上が期待できます。

ドライバーの選び方、初心者でも使えるキャロウェイのローグスターの特徴のまとめ

キャロウェイのローグスターは、独自の技術である、

JAILBREAKテクノロジーとX-FaceVFTテクノロジー。
トライアクシャル・カーボンクラウン。
ドロー設計。
エアロダイナミクス・パッケージ。によって、、、

 

初速の向上、
慣性モーメントの向上、
スライスの軽減、
ヘッドスピードの向上

 

という効果が期待できるという特徴があるドライバーです。

スポンサードリンク

ドライバーの選び方、キャロウェイのローグスターを初心者や中級者が使うには?


キャロウェイのローグスターは、コンセプト通り、、、

やさしくボールを上げることができ、意識してクラブを開閉させなくても、
オートマッチクにクラブがボールを運んでくれるドライバーです。

 

また、クラブの反発力やクラブの形状によって、飛距離性能が高いドライバーです。

 

では、どのようなタイプのゴルファーに合うドライバーなのでしょうか?

 

結論から言うと、キャロウェイのローグスターは、ヘッドスピー38m/s~43m/sほどのアベレージゴルファーで、スライスのミスが多い初心者のゴルファーにオススメのモデルです。

キャロウェイのローグスターは、直進性が高い初心者にやさしいドライバー

慣性モーメントが大きく、直進性が高く、操作性が低いドライバーです。

慣性モーメントが大きいということは、曲がりづらいというメリットがある一方で、曲げようとしても曲げにくいというデメリットがあります。

 

ゴルフ中級者や上級者になると、意識的にボールを曲げた方がイメージを出しやすい場合があります。

 

例えば、このホールは左が危ないからフェードで攻める、、、

 

このホールは右が危ないからドローで攻めるというようなイメージですね。

 

ですから、自分で球を曲げたい中級者や上級者には少し物足りなさを感じるかもしれません。

 

そのような人は、数量限定ですが同じローグシリーズの「ローグ」
「ローグサブゼロ」を使った方が良いでしょう。

 

初心者も中級者も安心して構えることができる

構えやすさは、ドライバーを選ぶ上で大事ですよね。

特に初心者ゴルファーや技術に自信がないアベレージゴルファーは、構えた時の安心感が結構大事です。

 

キャロウェイのローグスターは、ヘッドもカーボン素材を採用したことで投影面積が大きく、構えやすいので安心してクラブを振ることができそうです。

初心者ゴルファーに多いミス スライスを改善してくれるが中級者はつかまり過ぎに注意

ドロー設計も、やさしさに貢献しています。

やはり、アベレージゴルファーがドライバーショットをする上で一番多くて一番嫌なミスはスライスではないかと思います。

 

ですから、キャロウェイのローグスターのようなドロー設計で、クラブの開閉を意識しなくてもスライスしにくいクラブがやさしいクラブであるということになりますね。

 

これは、全てのゴルファーにメリットだけがあるわけではありません。

 

ある程度ボールをつかまえることができる中級者や上級者のゴルファー、ヘッドスピードの速いゴルファーにはデメリットになってしまう場合があります。

 

傾向として、ゴルフは上級者になるほど「左へのミス」を嫌がります。

 

極端に言うと、初心者にとっては、スライスしないつかまりの良いクラブが良いクラブになるのです。

 

ですが、中級者や上級者になると、しっかりと叩きに行っても左に行きにくいドライバーが良いドライバーになるのです。

 

ですから、キャロウェイのローグスターは、初心者~ヘッドスピードが遅い中級者向けのドライバーであるということになりますね。

ヘッドスピードが速い初心者や中級者は、スピーダー、非力なゴルファーはフブキがオススメ

純正シャフトは、Speeder Evolution for CW 50と

 


FUBUKI for CW40が用意されていますね。

スピーダーのシャフトの重さは50g台でやや力のある初心者や中級者向け、非力なゴルファーは、フブキを使うことでクラブ総重量が、280g台になるので軽く振ることができます。

ローグスターを初心者や中級者が使うにはのまとめ?

キャロウェイのローグスターは、初心者や技術不足のアベレージゴルファーが、簡単に飛距離アップを実現することができるドライバーです。

 

ですが、中級者や上級者が使うとつかまり過ぎ、操作性の低下に注意しなければならないドライバーです。



さて、あなたのゴルフクラブ買取価格は分かりますか?使用頻度によって多少変わりますが以外に高く買取ってくれますよ。

 

高く買い取ってもらいキャロウェイのスライスを防げる新品ドライバー
「ローグスター」で楽しくラウンドして下さい。

ゴルフクラブの買取価格をもっと詳しく知りたい方はこちら

スポンサードリンク

ドライバーの選び方、初心者でヘッドスピード40m/sが使用するには?

ヘッドスピード40m/sのゴルファーにとって、キャロウェイのローグスターは最も適していると言えます。

 

というのは、キャロウェイのローグスターは、ヘッドスピード38m/s~43m/s程度のゴルファーをターゲットとして作られているからです。

 

まず、クラブの総重量が280g台と軽いという点があります。

 

ゴルフクラブ選択の基本として、「振れる範囲で重いクラブを選ぶ」という
言葉があります。

 

ヘッドスピードが速すぎる人は、総じて力のある人が多くそのような人にとって、280g台というクラブの総重量は少し軽すぎます。

 

また、少しボールが上がりやすいドライバーですから、ヘッドスピードが速すぎる人が使うと、ボールが上がり過ぎてしまう可能性があります。

 

結局のところ、ドライバーはバランスが重要です。

 

ロフト角、バックスピン量、クラブの総重量のバランスを考えると、キャロウェイのローグスターはヘッドスピード、38m/s~43m/s程度のゴルファーに合っていると思われます。

飛距離データ:HS40

初速(m/s): 57.3
打ち出し角(度): 12.5
スピン量(rpm): 2775
キャリー(Y):203.8
トータル(Y):228.1


飛距離データ:HS44

初速(m/s): 65.2
打ち出し角(度): 14.3
スピン量(rpm): 3364
キャリー(Y):212.1
トータル(Y):230.6


ヘッドスピード40m/sなら、シャフトは、FUBUKI for CW40のRシャフト、ロフト角は10.5°が良いのではないかと思います。
スポンサードリンク

ドライバーの選び方、初心者でも使えるキャロウェイのローグスターのまとめ

キャロウェイのローグスターは、飛距離とやさしさという面で前作のエピックを越えるというコンセプト通りです。

 

やさしく、飛距離性能が高いドライバーです。

 

前作のエピックにやさしさが加わったというイメージですかね。

 

「前作のエピックよりもつかまりが良い」という評価が多いですね。

 

基本的には、ヘッドスピード40m/s前後のアベレージゴルファー向けのドライバーで、直進性が高く、つかまりやすいドライバーです。

 

アスリートゴルファーというよりは、カジュアルにゴルフを楽しみたいアベレージゴルファーや体力の衰えを感じているシニア層にオススメのモデルですね。

 

いかがでしたか?キャロウェイのローグスター。

 

もし今、あなたのドライバーが自分にあっていないと感じていたならクラブを替えることもスコアアップの方法になります。

 

今は中古市場が活発ですので、大事に使用していたあなたのドライバーなら高く買取ってもらえるかもしれません。

 

一度試しに査定してみて下さい。↓↓

ゴルフクラブの買取価格をもっと詳しく知りたい方はこちら

 

スポンサードリンク

最後までお読みいただきありがとうございます。