スポンサードリンク
Pocket
Facebook にシェア

ゴルファーなら「強い選手」「華のある選手」に憧れますよね。その憧れは、自然と同じ道具を使いたいという気持ちになります。

 

「強い選手」「華のある選手」と言えば2019年は渋野日向子プロです。ですから渋野日向子プロが使用しているパターに皆、注目しました。

 

ゴルフクラブの中でもパターほど相性が大切で、繊細なタッチが要求されます。それだけに慎重に選ばなければなりませんが、人気選手が使用するパターがなぜ売れるのでしょうか?

 

パターのメーカーには、ディープなマニアも存在する不変の人気のスコッティ・キャメロンや国内プロ使用率トップのオデッセイ、これを急追する異形の刺客テーラーメイドなどがあります。

 

そして、スマイリングシブコこと渋野日向子プロの活躍で復活した老舗人気のピンなど、さながら「パター四天王」と呼べる上位4社のパターを初心者さまに紹介します。

 

また番外編1社も参考にして下さい。

パターの選び方。初心者におススメのメーカーは。

誰もが正確な距離感(距離感)を以てストロークができ、真っすぐにボールを打ち出す(正確な方向性)ことをオートマチックに行えるやさしいパター作りをしているがオデッセイです。

パターの選び方。初心者に人気NO1!やはりパターはオデッセイ。

フェースに異素材を使用してボールの順回転とタッチを合わせやすくしたり、正確な方向を決められるように実際のボールと3球並ぶようなコスメの2ボールマレット型などの新発想をいち早く取り入れた革新的なメーカーです。

 

万人に合うように、数多くのシリーズ展開をしており、豊富な機種の中からベストマッチな1本を選ぶことが可能になります。

 

例えば「パター総合ランキング」で1位のオデッセイの「ストロークラボ シルバーブラックシリーズ2ボール ファング」は打感や打音を大事にするゴルファーに受けています。

 

カーボンとスチールの複合シャフトはさらに打感が手に伝わりやすいです。フェースインサートはホワイト・ホットの軟らかさを残しつつしっかりした打球音があります。

 

そして、手に伝わる感触はこのモデルのような大型マレットほど強く、両サイドに張り出したフレームにより直進性が高くなっています。

 

新製品発売年:2019年
新品価格:32000円
中古価格:20800~12800円
中古販売価格:13000~7000円

オデッセイの記事はこちら⇒パターの選び方。人気のオデッセイ・マレット型から選ぶ。

 

中古のネオマレット型はこちら⇒中古パターの選び方。オデッセイのネオマレット型から選ぶ

パターの選び方。初心者に“蜘蛛”が人気、パターはテーラーメイド。

とかくウッド系に注目が集まりがちなテーラーメイドです。

 

ですが、パターについてもネック部分が三角形のパターや、ソールがトウヒールにかけてカーブを描いており、あらゆるライ角で打ってもまっすぐ打てるパターなど、斬新な発想のパターを生み出してきています。

 

ボールをヒットした直後の空送時間を無くすべくフェースに溝を入れて順回転しやすくすると同時に直進性を左右する慣性モーメントを最大化するために独特のヘッド形状を生み出しています。

 

まるでクモが地面を這うようなスムーズな転がりから「スパイダー」と命名したシリーズは、近年、米国の多くのツアープロの支持を得ています。

 


ひと目でそれとわかるジェット機の後部を想起させるような特徴的なヘッドのスパイダーシリーズ。

 

すべては決められたルールの中で最大限の慣性モーメントを得るために考え出された形状であり、一見すると複雑な形状ですが、

 

実は重たいスチールのフレームと、軽いカーボンソールとを巧みに組み合わせて作られており、スムーズなヘッドの送り出しがしやすくなっています。

 

引っ掛けや押し出したりでストロークが安定しないゴルファーにはお助けパターになる期待が持てます。

⇒⇒⇒ パターの選び方。3パットが多くなったら、テーラーメイドのスパイダー。

パターの選び方。シブコで初心者にも人気、パターはピンパター。

カーステン・ソルハイム氏が発明したパターは「ピンッ」という澄んだ打音と、これが世に問うパターの回答という意味で「アンサー」と名付けられ、現代のパターの原型となりました。

 

人の自然なストロークを助けるためにトウ・ヒールバランス理論を具体的な形にしたピンアンサーは多くのゴルフクラブメーカーが形状を真似て、「ピンタイプパター」という代名詞にもなっています。

 


「ピン アンサー」パターはその後のパターの基本形となった伝統的なフォルムを持ち、、、

 

シブコのパターとして注目される「ピン シグマ2 アンサーパター」もまた、オーソドックスなヘッド形状を踏襲していますが、、、

 

内容は大きく進化しており、フェース面を硬さが異なる新素材の二重構造として、ショートパットは柔らかく、ロングパットはしっかりした打感が得られます。

 

市販品にはシャフトの長さを変えられる可変機能もあり、人の感性に訴えるというアンサーパターのテーマも引き継いでいます。

 

繊細なタッチを求めるゴルファー、上級者にはかなり満足度が高いパターだと思いますし、決して難しいわけではないので初級者でも自分の感性でボールをカップインさせる練習をするには良いパターです。

⇒⇒⇒ パターの選び方。本家のピンタイプのピンパターを選ぶ。

パターの選び方。初心者にも人気!パターの名器スコッティキャメロン。

「最高のプレーを、最高の技術で支える」を信念にして、精密機械のようなフォルムとソリッドな打感で多くのトーナメントで勝利を重ねるスコッティ・キャメロンパターを生み出すスコッティ・キャメロンパタースタジオ。

 

タイトリスト傘下に入ったことで1996年タイガーウッズが使用してプロ初優勝したことで人気になり、当時は国内流通本数が少なく、高額でもあり、カリスマ的な人気となりました。


スコッティ・キャメロンの代表モデルが2008年にリリースされた「セレクト」シリーズです。

ソリッドな削り出し感にアイコニックなウェイト調節ネジなどひと目でスコッティ・キャメロンパターとわかるデザインが魅力的で、所有欲が高まりますが、、、

 

ヘッドの素材に始まりフェース面のミーリング、トウヒールバランスなど考え抜かれた構造が「最後にひと伸びする球足」を生み、これこそキャメロンパターの最大の特徴といえます。

 

しかし、模造品が数多く流通していますので、正規販売ライセンスを持つ実店舗で手に入れるようにしてください。

 

パターは全て海外なので一つだけ番外編で国内編を入れてみたいと思います。

⇒⇒⇒ パターの選び方はスコッティキャメロンのヘッド形状で選ぶ。

パターの選び方。初心者(番外編)に人気、プロギアのシルバーブレード。

海外勢に押されっぱなしのパター界において、国内メーカーではシルバーブレードが評判です。
上から見ると、ヘッドの中央がくりぬかれて、全体のヘッド形状が英語のDの文字に似ていることからシルバーブレードDDと名付けられたこのパターはフェース部を軽く、、、

 

後方を重くした構造により慣性モーメントを高めており、ストロークの再現性と方向性の良さをもたらします。

パターの選び方。初心者におススメの人気パターのまとめ

どのパターが自分に合っているのかというと、転がしたい人と、打ちたい人によってパターとの相性が決まってくると思います。

 

ヘッドを真っすぐ引いて、真っすぐ出す、ストロークは振り幅だけでオートマチックにボールを転がしたい人はオデッセイストロークラボ、、、

 

長年イントウインのストロークで打っているけれども、意識の上では真っすぐヘッドを出してボールを転がしたいという人にはテーラーメイドスパイダーがそれぞれお勧めです。

 

スポンサードリンク

一方、やや前傾姿勢を強くして、ターゲットをしっかりと狙い打つタイプの人にはシグマ2アンサー、スコッティ・キャメロンセレクトニューポートが良き相棒になると思います。