パターの選び方。スコッティキャメロンのヘッド形状で選ぶ。

パターの選び方は「スコッティキャメロン」のヘッド形状で選んで下さい。

スコッティキャメロンが世に広めたゴルファーはかつて圧倒的な強さを誇ったタイガー・ウッズです。

1997年のマスターズで、タイガー・ウッズがウイニングパットを沈める場面でテレビ画面に映っていたことで、これはどこのパターか?と、日本では大変話題になり、人気に火が付きました。

そのパターこそ、これから紹介するクラブデザイナー「スコッティ・キャメロン」が主宰するスタジオから生み出されたパターでした。

パターの選び方。キャメロンパターの特徴。

キャメロンパターの特徴は、パターヘッドに施された、工業工芸品とでもいうべき平行線、直線の多用にあります。

その平行線のおかげで目標(スパット)に対してすんなり「スクエアにアドレス」することができるのです。

それでいて四隅の角は絶妙の丸みをもって仕上げられています。

直線と曲線の使い分けがとてもうまく、工芸品のような、持つ人、使う人の満足感が高いパターです。

そして、キャメロンパターの最大といっても良い特徴が、量産品では初めてといっていい、フェースにミルド加工、細かい円形の溝を切ったことです。

これにより、打ち出しからボールに順回転を与え、転がりの良さをもたらします。

そんな、プレースタイル、スコアにこだわるゴルファーなら一度は手にしたいキャメロンパターの選び方を紹介します。

パターの選び方。スコッティキャメロンの“ピン型”で選ぶ。

ブレード型(ピン型)の一番人気はスコッティ・キャメロン セレクト ニューポートでしょうね。

「ヘッドの形状」は大きく分けてブレードとマレットの2タイプですよね。

ブレード型(ピン型)は重心がフェースに近いところにあるので「しっかり感」があります。マレット型は重心が深いので打感はソフトに感じます。

一番人気のセレクト ニューポート2。

スコッティ・キャメロンの名を世に広めたピンタイプの形状を持つ、キャメロンの代表的なモデルです。

プランビングネックと呼ばれる、ヘッドのヒール側から細く伸びたネックが特徴のブレードタイプのパターです。

全体には丸みを帯びていますが構えた時にはトップブレード、テールにいたるまでしっかりスクエアになり、目標に構えやすい形状です。

買い得

ヒットした感触はソリッドに伝わるモデルです。円軌道でストロークし、タッチを重視する上級者向け。・・・市場価格:39800円~23800円

 

売り得

グースネックモデルはボールがつかまりやすい。左に外すミスが多いなら買い替えたほうがよいかも。・・・市場価格:25000円~14000円

 

価格比較は激安量販店の有賀園ゴルフオンラインAGOで確認して下さい。

二番人気のスタジオセレクトニューポート

ニューポートのソール部分に円形のウエイトスクリューを装着し、スイートエリアを広げてオフセンターヒットでもブレを少なくしています。

またシャフトの長さを3通りから選べ、このウエイトによりヘッドの重さとシャフトの長さのバランスが使用するプレーヤーに最適なものになるモデルです。

ヘッド形状も奥行きが少し大きくなり、スクエア感が大きいモデルです。

バックフェースにレッド・ドット、赤い丸印が3点打たれ、ひと目でそれとわかるパターです。

パターの選び方。スコッティキャメロンのマレット型で選ぶ。

一番人気のゴーロー7。

キャメロンのマレット型「GOLO」シリーズはヘッド後部がわずかに非対称です。

視覚的にスクエアなアドレスが作りやすく、ソールに内蔵された「セレクト・ウェイト・テクノロジー」によってヘッドのブレを防ぎスムーズなストロークが可能になります。

また、ディープミルド・フェースはソフトな打感を生み、マレット型にありがちな、強く打ち過ぎたり、弱かったりといった不安定さを取り除きます。

「GOLO」シリーズの中でも大き目のヘッドを持つ「GOLO7」は特にパットのライン読みに集中し、ストロークはなるべくオートマチックに打ちたいゴルファーには人気があります。

価格比較は激安量販店の有賀園ゴルフオンラインAGOで確認して下さい。
買い得

ソフトな打感でボールの飛び出しもゆっくりめ。打感と転がりが一致していて距離感がつかみやすい・・・市場価格:31800円~18800円

 

売り得

マレットとしてはミスヒットに強いが操作性は低め。微妙なラインを外しやすいなら買い替えを検討して下さい。・・・市場価格:20000円~11000円

二番人気のゴーロー5

マレット型であってもシビアにストロークする、あるいはピンタイプからもう少しやさしく打てるパターが欲しい人にはこちらの「GOLO5」が人気です。

パターの選び方。スコッティキャメロンのネオマレット型で選ぶ。

一番人気のフューチュラ 5W

「スコッティキャメロン」のマレットシリーズ「フューチュラ」のウィングバックマレットモデルです。

「フューチュラ」シリーズは6種類いずれも異素材複合、303ソフトステンレス製のフレームの下から衝撃吸収材を挟んで6061アルミニウム製のソールプレートをねじ止めし、ソフトな打感と打音を生み出します。

その中でも「5W」は、ヘッド後方が翼のように突き出たウイングマレット型タイプで、重量を後方からヘッド周りに置いたことで高い慣性モーメントを実現しています。

平行に削られたトップラインに刻まれたサイトラインとウイングに刻まれたレールアラインメント機能とで、

つまりは狙った方向にまっすぐ構えやすく、ヘッドがブレずに出せるということで、ショルダーストローク主体のゴルファーには最適なパターとなっています。

価格比較は激安量販店の有賀園ゴルフオンラインAGOで確認して下さい。
買い得

コツンという打音。ネオマレットでもストロークの大きさより打感で距離感を出す人にいい・・・市場価格:43800円~25800円

 

売り得

強めの打感で打ちすぎたりゆるんだりする人。カップ近辺で行ったり来たりする方は買い替えた方が良い。・・・市場価格:28000円~14000円

二番人気のフューチュラ X5

フューチュラ 5Wによく似たシルエットの「X5」です。ソールプレートに中空を用いて、余剰重量をバランスウェイトにしてフェース側にぎりぎりまで近づけました。

トウ、ヒール側に設置したことで厚みのあるフェースと相まって高・高慣性モーメントを実現し、平行、垂直、水平方向とすべてスクエアなサイトラインが正確なセットアップと安定したストロークを可能にしたウイングバック型のマレットパターです。

価格比較は激安量販店の有賀園ゴルフオンラインAGOで確認して下さい。

スコッティ・キャメロンパターのミニ史。

スコッティ・キャメロンパターの世界デビューはタイガー・ウッズの優勝から遡ること4年前の1993年に、ベルンハルト・ランガ―選手がマスターズで優勝して一躍その名を知られるようになりました。

  • スコッティキャメロンは1962年アメリカ・カリフォルニア州生まれ。
  • 大学時代はゴルフ部に在籍しながら地元のゴルフショップで働く。
  • 大学卒業後の1986年、24歳で当時マレット系パターでは確固たる地位を築いていた「レイ・クック」社に入社。

スコッティ・キャメロンはここでクラブ作りやプロモーションを学びました。

広く一般向けのマレット型に強みを持つレイ・クック社からツアープロからの要望を生かしたパター作りを目指して1991年に独立し、「スコッティ・キャメロン・スタジオ」を興します。

独立後は、ミズノとのコラボレーションにより、「ミズノM-100」パターをリリースし、同時にハンドメイドの「キャメロン・ハイブリッド」を世に出し、ツアープロの要求に応えます。

ツアープロの要望とはすなわち製品精度が高く、ストロークの強さと打音、ころがす距離が一致するパター、ということです。

そのため精密な削り出しで、製品誤差が少なく、さらに重めの重量で安定したストロークが行えるパター作りに取り組みます。

1993年、キャメロンゴルフインターナショナルによって「CGI CLASSICS」「SCOTTSMAN 941」という、現在に至るキャメロンの原型ともいうべきピンタイプのパターを発売し、プロゴルファーの支持を得ます。

CGI CLASSICS

SCOTTSMAN 941

1995年、削り出しにこだわりながらも量産体制へと移行するための設備投資の関係からタイトリストと契約し、タイトリスト・スコッティ・キャメロンとなります。

そして、タイトリストのクラブを使用していたタイガー・ウッズの目に留まり、タイガーが「トレリウム」を愛用するようになり人気に火がつきました。

スポンサード




まとめ。

まるでサラブレッドの血統をめぐるような、多くのシリーズと形状のパターを持つスコッティ・キャメロンパターです。

これは研究大好きなスコッティ・キャメロン氏が、打感、打音、転がしたい距離だけ転がるという三位一体を要求するツアープロのスペックを満たすべく思いつきを設計して、作り続けているがゆえに生じるものであります。

スコッティ・キャメロンパターなら、どのツアープロにも必ず満足してもらえる1本があるというプライドがなせる技だと思います。

従来のパターが、パターに合わせた打ち方を求めていたのに対してスコッティ・キャメロンはプレーヤーに合わせたパターの設計に没頭してきました。

年を追うごとに種類も派生種も増え続けるスコッティ・キャメロンパターですから、いざ、自分にどれが合うのかわからないというケースもあると思います。

しかし、まずはキャメロンの名を世界に知らしめた、普遍のスクエア感と打感、打音を味わってみるならやはりピンタイプの「ニューポート」をお薦めします。

世に何百とある同じような形状のピンタイプの中で、なぜ「ニューポート」が世界のトッププロに選ばれて使用率ナンバー1なのか、ゴルファーなら必ず一本保有し、じっくり打ってみて欲しいと思います。

是非あなたの好きなスコッティ・キャメロンを選んで下さい。

最後までお読みいただきありがとうございます。