Pocket
Facebook にシェア

最近3パットが多くなったなー、パターを替えてみようかな?と思って、パターを替えても相変わらず入らない。

 

それはパター選びに問題があると思います。

 

「ヘッド形状」はあなたの好みで良いと思いますが、“ネック形状”には適正があると思います。

 

そこで、あなたはパターを選ぶとき、何を基準に選んでいますか?

  • 好きなプロが使用しているから?
  • お店の人に勧められたから?
  • ゴルフの師匠に勧められたから?

と人それぞれだと思います。

 

パターマニアの方々は新作パターの特長を見る時は「ネック形状」を確認すると言います。

 

あなたが今使用しているパターは本当にあなたに合っているでしょうか?

 

パターの選び方で最も重要なのは「ネック形状」ですよ。

スポンサードリンク

パターの選び方。初心者は好みの“ネック形状”で選ぼう。

まずパターには、ストレートに動きやすい形状と、半円軌道で開閉しやすい形状があります。

 

それを見分けるのが“ネック形状”で、フェースの見え方、構えやすさにいちばん影響があるのも“ネック形状”なのです。

 

ストレート軌道で打ちたい人はストレートに動くパターを選んで下さい。

 

逆にフェースを開閉して打つ人は、半円軌道で動くパターを選んで下さい。

 

先ずは4つのネック形状の特徴を紹介します。

パターの選び方。4つのネック形状とは

  • クランクネック
  • ベントネック
  • ショートスラント
  • ストレートネック

この4つが代表的なネック形状です。それではそれぞれの「ネック形状」の特徴と代表的なパターを紹介します。

初心者で王殿の構えを追求するには“クランクネック”のパター。その特徴

一番一般的なのが「クランクネック」ですね。グースの度合いが大きく、球をつかまえやすくなっています。

  • グース度:大
  • 重心角:大

ピン型のヘッドに多いタイプのネックで、いちばん「一般的」な形状だと思います。

 

ボールを包み込むようで構えやすく、アイアンのグースネック同様に球のつかまりがいいですね。

スコッティ・キャメロン18セレクトニューポート

代表的なパターは、スコティ―・キャメロン18セレクトニューポートです。

ロフト:3.5度
ライ角:70度
長さ:33、34、35インチ
価格:オープン(5万5000円+税)

 

キャメロンの良さはアドレスしたソールの据わりがよくて、迷わずに打てることです。

 

形状も打感音も王道のモデルで一度使うと手離せません。

シグマ2アンサー

もう一つは、ピンシグマ2アンサーです。

 

ロフト:3.5度
ライ角:70度
長さ:33、34、35インチ
価格:オープン(5万5000円+税)

 

ピン史上、最もソフトな打感、ピンのパターで、これだけソフトな打感は初めてでしょう。

 

繊細なタッチで打っていけるので高速グリーンや、冬の硬いグリーンと相性抜群です。

 

初心者は直進性が高い“ベントネック”パター。その特徴

つかまりはいいが重心角は小さめの形状です。

  • グース度:大
  • 重心角:小

全体的な形状はクランクネックと似ているがネックを90度曲げる代わりに、シャフトに角度をつけています。

 

オフセットはクランクネックと同じだが、重心角は浅い。

スコッティ・キャメロンフューチュラ5W

マレットでベントネックのスコッティ・キャメロンフューチュラ5Wです。

 

ロフト:3度
ライ角:70度
長さ:33、34、35インチ
価格:5万5000円+税

 

大型マレットでも打感はスフト!

 

マレット型なのですが、ソフトな打感によって繊細なタッチも打てるのがいいです。

 

直進安定性がありながらも、距離感を出しやすいパターです。

初心者はマレット型でも開閉OKの“ショートスラント”パター。その特徴

つかまりはいいそこそこで重心角は大きめパターです。

  • グース度:中
  • 重心角:大

真っすぐ伸びたシャフトにわずかに傾斜をつけた短いネックをヘッドのヒール側につけたタイプです。

 

オフセットはクランクネックよりも小さいが、重心角は大きめのモデルが多いパターです。

オデッセイEXOセブンS(キャロウェイゴルフ)

ソフトな打感なのに転がりがイイ!!ODYSSEYパターEXO 多くの女子プロゴルファーが使っていますね。

 

ロフト:3度
ライ角:70度
長さ:33、34インチ
価格:4万2000円+税

 

このフェースは打感がソフトでも転がりは良いので、ビックリですよ。

 

2本のアライメントによってアドレスが安定するのも魅力です。

上級者向きの“センターネック”パター。その特徴

ほとんどのモデルがフェースバランスのパターです。

  • グース度:小
  • 重心角:小

ヘッドの中心に向かってシャフトが一直線に真っすぐ刺してある形状のパターです。

 

シャフトの延長戦上にボールがあるので構えやすいと思います。オフセットはなく、フェースバランスのモデルが多いパターです。

ヴォルト2.0 PIPER-C(ピン)

 

パターの名手・2019年賞金女王使用のPING VAULT2.0(ヴォルト)です。一度は使ってみて下さい。

 

ロフト:3度
ライ角:70度
長さ:34インチ
価格:5万+税

 

フェースの溝によって転がりが一定。

 

本来、センターネックのパターは芯から外れた際に、距離も方向性もズレやすいのですが独特の溝によって横方向に打点がズレても距離が落ちにくいです。

ネット特化型専門店だからできる高額買取!



さて、最近の賢いゴルファーはクラブをアマゾンで買って合わなければ「メルカリ」に売ります。

でも購入は試打して選びたいですよね。

でも、でもお店には行けない。そんな方のアイデアです。

人気クラブなら購入時より高く売れるかもしれません。

それと使用しないクラブはゴルフエースに買い取ってもらいましょう。

 

代金は1週間ぐらいで振り込まれます。

クラブを売ってお小遣い!!

クラブ発送用の「段ボール」は申し込み後に送られてきます。

メルカリと同じですね。

パターの選び方。感性で打ちたい人は番外編“L字ネック”パター。その特徴

石川遼が長年、愛用しているL字ネックは最もフェースの開閉が大きくなりやすい形状です。

 

ストローク軌道で半円をイメージする人にピッタリですね。

  • ボール位置:センター
  • フェースの開閉:最大

トゥーロンパターサンフランシスコ(キャロウェイゴルフ)

ロフト:3度
ライ角:70度
長さ:34インチ
価格:5万5000円+税

 

金属系の打感でボールスピードが速い。

 

弾き感が強い金属系の打感です。インパクト直後からボールスピードが速いので、すごく転がりがいいです。

 

ショートのミスに悩む人にピッタリです。

ヴォルト2.0 ZB

(ピン)
引用:https://www.a-golf.net/fs/arigaengolf/131-18-vault2-zbstd

 

ロフト:3度
ライ角:70度
長さ:34インチ
価格:5万円+税

ヘッドがスムーズに動く操作性が魅力。

 

よくパターでは手が止まってしまう人がいますが、このモデルは操作性が高いのでスムーズに動きます。

 

ヘッドが自然とターンするので軌道が安定します。

スポンサードリンク

パターの選び方。初心者は好みの“ネック形状”で選ぼうのまとめ。

プロが使うパターを見ているとどれも使いたくなりますね。でも人気モデルでもネック形状は沢山ありそれぞれ特長も違います。

 

そのネック形状で理想の軌道が変わりますよ。実は、パターの重心バランスが変わるから、開閉しやすさが違うのです。

 

重心バランスは台座の上にパターを置いた時のフェースの傾きで判別できます。

 

実際にやってみるとL字が最もトウバランスでベントやセンターネックはほぼフェースバランスです。

 

この重心バランスの順番が開閉しやすさの順番になっています。

 

ですのでまずはあなたの「好きな形状」のネックを選びましょう。

 

そのネックの重心バランスを知ってあなたのパッティングのスタイルで一番何が合うのかを店頭で手に取って実際に構えて打ってから選んで下さいね。

 

スポンサードリンク

あなたに一番合う形状のパターを捜して下さい。