今週は第30戦公式戦「日本女子オープン」です。

菅沼菜々の父親と歩んだプロテスト、合格は2018年。

かわいい日本人プロ

菅沼菜々の父親と歩んだプロテスト合格について紹介します。菅沼菜々は2018年のプロテストで一発合格しています。

菅沼菜々のプロテスト合格は2018年。

同期には、エイミー・コガ河本結大里桃子渋野 日向子原 英莉花脇元 華三ヶ島 かな など活躍している選手が多いですね。

また、かわいい選手も多い気がします。

菅沼菜々のプロテスト。

開催日:2018年 7月 24日(火) ~ 7月 27日(金)
開催場所:チェリーヒルズゴルフクラブ(兵庫県)
成績10位タイ: 277(-11) 72+67+67+71

菅沼菜々同様、高校卒業後一発合格したのは、稲見萌寧がいます。もしかしたら、黄金世代よりも強い世代かもしれませんね。

今後も2000年生まれの90期生の活躍に期待です。

菅沼菜々の父親と歩んだゴルフ。

高校3年の2017年、日本ジュニアを制しプロの道に進む決意をした菅沼菜々です。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E8%8F%85%E6%B2%BC%E8%8F%9C%E3%80%85&imageId=170852

菅沼菜々のプロフィール。

菅沼菜々は、2000年2月10日生まれ、東京都立川市出身の若手女子プロゴルファーです。

出身地:東京都
生年月日:2000年2月10日
身長:158cm
血液型:AB型
出身校:埼玉栄高等学校
プロテスト合格日:2018年7月27日(90期生)
スポーツ歴:スキー スノーボード
趣味:ライブ鑑賞
好きな色:赤
ゴルフ歴:6歳~

菅沼菜々のゴルフは父の影響?

ゴルフを始めたのは、6歳の頃。ゴルフ好きだった父親の影響でゴルフを始めました。

小学3年生から競技ゴルフをしていたという菅沼菜々ですが、中学に入るまではそれほど目立った活躍はなかったようです。

中学生の後半にさしかかったあたりからメキメキと力をつけ始め、高校は名門埼玉栄高校に進学します。

 埼玉栄高校と言えば、ツアー屈指の飛ばし屋として有名な渡邊綾香や、江澤亜弥、辻梨恵など多くの女子プロゴルファーの母校でもあります。

菅沼菜々は、実力者の集まる埼玉栄高校の中でも特に素晴らしい成績を残しています。

菅沼菜々のゴルフ。高校時代の成績

  • 2016年:優勝「東日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権」
  • 2017年:優勝「日本ジュニアゴルフ選手権(女子15歳~17歳の部)」

このようにアマチュア時代から有名な選手だった菅沼菜々。特に埼玉栄高校時代の活躍は素晴らしいものがありますよね。

菅沼菜々のプロの成績。

プロになってからは、LPGA新人戦 加賀電子カップで3位という成績を残しました。

2018年の成績。

  • 45位:「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」
  • 35位:「日本女子オープンゴルフ選手権」
  • 49位:「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」

という成績でした。

プロになった年というのは、現在活躍している多くの有名なゴルファーでも中々成績を残せないものです。

2019年は、QTランキング13位の資格でツアー参戦し、「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」で7位タイなどの成績を残しました。

菅沼菜々のこの成績は今後にかなり期待ができると思います。

まとめ。

2017年日本ジュニアゴルフ選手権(女子の部)で優勝し、翌2018年のプロテストは一発で合格しました。

菅沼菜々の名前がゴルファーに浸透したのはやはりリランキングで生き残りをかけた2019年の「アース・モンダミンカップ」でした。

最終日は最終組で戦いましたが、結果は5位タイでした。

菅沼菜々の「アース・モンダミンカップ」1Rは原英莉花申ジエと並び1位タイでスタートしました。

2Rは10位タイ、3Rは3位タイと順位を上げました。

最終日は最終組で原英莉花プロ、実力者の申ジエと今絶好調のプレーヤーとのラウンドでも臆することなく堂々と戦い5位タイという成績を残しました。

リランキングも9位になり中盤戦ではシード獲得を目標に頑張り2020-21年の結果は47位でシードを獲得しました。

2022年は優勝できる位置にいる回数が多くなりました。必ず優勝できると思っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました