Pocket
Facebook にシェア

追記:11月9日:プロテストの結果

黄金世代から遅れる事2年、2000年生まれの世代を“プラチナ世代”(最近マスコミはミレニアム世代)と人は呼びます。

 

その世代の代表は安田選手ですが、古江彩佳選手(ふるえ・あやか)がプロのトーナメントで優勝しました。
史上7人目の快挙です。

 

ミレニアム世代の選手はアマチュアの試合はもちろん、プロのトーナメントでも常に上位に食い込んできます。

 

またまた古江選手の優勝は女子ゴルフ界に旋風を巻き起こすに違いありません。

 

2019年のプロテストに参加する他の選手も例年にも増して熾烈な争いになります。

 

その理由は、今年からQT(予選会)の出場条件が大きく絞られてきました。

 

プロテストに合格してLPGA「正会員」になることでQT出場の権利を得なければツアーに出場することはできなくなります。

 

それでは、今後の活躍に期待したい選手を紹介します。

スポンサードリンク

プラチナ(ミレニアム)世代。2019年プロテスト合格者

西村優菜(にしむら・ゆな)

2000年8月4日生まれの大阪府出身です。

 

72 +70 +71+ 67= 280(-8)2位タイで合格しました。

性格は超前向き

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E8%A5%BF%E6%9D%91%E5%84%AA%E8%8F%9C&imageId=209379

女子プロテスト第一次予選に出場しました。D地区兵庫県(8月21~23日)結果は2位です。

2位:66+63+67=196(-20)

3位の仲村 果乃さんと11打差の断トツの2位で通過しました。

2次予選は10月に、最終プロテストは11月に行われます。

2次予選は3位タイで通過しました。

 

我慢強い性格で、練習をコツコツと積み重ね、プロの試合でも上位に食い込む実力派です。

 

ダンス&ボーカルユニット「ジェネレーションズ」のライブが楽しみの一つだそうです。

 

2016年:日本女子オープンで6位タイの成績でした。
2017年:国体個人優勝
2019年:リバースデールカップ優勝

8月4日:8位タイローアマ:大東建託・いい部屋ネットレディス
通算:74+68+72+69=283(-5)

引用:LPGAコメント

古江さんと7打差あって、コースも難しいので、厳しいと思っていました。

 

でも、最後まであきらめずに頑張ってベストアマを獲れたので、すごくうれしいです。

 

60台で回れたのが良かった。ピンがすごく難しかったけど、良いところにつけられたところは獲っていけました。

 

最後も2打目が池ぎりぎりで。誕生日じゃなかったら、池だったねって、コーチと話していました

 

150cmと小柄だが平均飛距離は230ヤード。海外の試合では何度も上位に入る活躍をしています。

学校:大阪商業大高卒

プラチナ世代の代表格・安田祐香(やすだ・ゆうか)

2000年12月24日生まれの兵庫県出身です。
~アジア最強の女子アマ~

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%AE%89%E7%94%B0%E7%A5%90%E9%A6%99&imageId=209632

安田祐香のプロテストは最終プロテストの11月です。日本女子アマ優勝者は最終プロテストからテストを受けます。

 

安田は2019年4月のオーガスタナショナル女子アマで3位の成績でした。

 

さらにアジアパシフィック女子アマも制覇しています。オーガスタでも3位タイそして、全英女子オープンもアマチュアで59位タイの成績を残しています。

 

2017年:日本女子アマ優勝
2018年:いい部屋ネットレディス:3位タイ

負けず嫌いで常に優勝を目指しています。プロの試合でもしばしば上位に食い込み、初の海外メジャー挑戦だったエビアン選手権では、、、

 

37位タイでローアマを獲得しています。

 

そしてその翌週に行われたAIG全英オープンでも2戦連続の予選突破し59位タイの成績を修めました。(話題は優勝した渋野選手でかすんでしまいましたが・・・)

 

実力はすでにワールドクラスです。

 

身長:163cm
学校:大手前大1年

日本女子オープンやプロテスト時のクラブセッティングが気になりますよね。

 

プラチナ世代・安田祐香のクラブセッティング。

70+69+71+73=283(-5)
プラチナ世代をけん引する安田祐香はプロテスト4位タイで一発合格しました。

 

来季出場権をかけた予選会は、11月26日に始まりますね。予選会でも良い成績でフィニッシュして来季のトーナメントで優勝して欲しい選手です。

渋沢莉絵留(しぶさわ・りえる)

70+70+71+73=284(-4)6位タイで合格です。予選会で良い成績を残し来季プロとして頑張って欲しいですね。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E6%BE%81%E6%BE%A4%E8%8E%89%E7%B5%B5%E7%95%99&imageId=216200

2000年12月24日生まれで、群馬・太田市の出身です。

身長:160センチ
体重:62キロ

9歳からゴルフを始めて、中学卒業後、ゴルフ強豪校の福岡・沖学園高に進学します。今春(2019年)に卒業しました。

 

得意クラブはドライバーで平均飛距離は240ヤード。
目標とする選手はタイガー・ウッズ(米国)。

2024年から新紙幣の1万円札になる渋沢栄一の血縁者。

プロテスト2次予選は5位で通過しました。

吉田優利(よしだ ゆり)

71+71+72+72=286(-2)12位タイで合格しました。予選会でも良い成績を残して欲しいですね。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%90%89%E7%94%B0%E5%84%AA%E5%88%A9&imageId=211095

吉田優利さんのプロテストは11月の最終プロテストからです。(日本女子アマ優勝者資格)

 

2000年4月17日生まれで千葉県出身のゴルファーです。

 

2018年に「日本女子アマ」「日本ジュニア」を制してアマ2冠を達成しています。

プロの試合には、2019年5月に行われた全米女子オープンに出場できましたが決勝進出はできませんでした。

 

又、国内ツアーでは渋野日向子選手が優勝した「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」で4位タイの成績を挙げました。

 

身長:157cm
出身校:日本ウェルネススポーツ大

プロテストは最終から出場します。

古江彩佳(ふるえ・あやか)

2000年5月27日生まれの兵庫県出身です。
~抜群の安定感~

 

10月20日、千葉県で行われていた「富士通レディース」で日本女子プロツアー史上7人目のアマチュア優勝を成し遂げました。

 

00年度生まれの“ミレニアム世代”として初の優勝者です。

 

この優勝で2週間後に控えた最終プロテストを免除になりました。

 

11月の最終プロテストに合格しても、ツアーの出場権獲得は予選会を通る必要があったので、今回プロ転向を宣言したことで、、、

 

プロデビューは11月1日開幕の「樋口久子・三菱電機レディース」になりました。よかったですね。期待しましょう。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%8F%A4%E6%B1%9F%E5%BD%A9%E4%BD%B3&imageId=211841

女子プロテスト第一次予選に出場しました。D地区兵庫県(8月21~23日)結果は1位です。

1位:63+63+66=192(-24)

2位の西村さんとは4打差、3位の仲村 果乃さんとは15打差をつけての断トツのトップ通過です。

2次予選は10月に、最終プロテストは11月に行われます。


6度のローアマ

今季のプロゴルフレギュラーツアーで6度のローアマを獲得しています。

 

これまでレギュラーツアー14戦中で13試合が予選通過とプロ顔負けの実力の持ち主です。

1、スタジオアリス10位タイ

2、リゾートトラストレディス3位タイ

5月のリゾートトラストでは2Rトップでしたが惜しくも優勝を逃し黄金世代の原絵理花選手と互角の戦いをしました。

 

最終日単独首位でスタートした古江は2バーディー・ノーボギーの70でラウンドしましたが、優勝した原に2打及ばず3位タイでフィニッシュしました。

 

3、大東建託・いい部屋ネットレディス8位タイ

他トップ10入りが3回もあります。

 

2018年:関西女子アマ優勝

日韓対抗中学・高校生ゴルフ選手権など国内外で多数優勝しています。

 

8月4日:8位タイローアマ:大東建託・いい部屋ネットレディス

通算:70+70+67+76=283(-5)

引用:LPGAコメント

ベストアマチュア賞をいただけて、うれしいです。

最後のバーディーパットを入れないと(西村さんに)追いつけないことは把握していました。

入って、本当に良かったです

身長:153cm
学校:滝川第二高校卒

日本女子プロゴルフツアーのアマチュア優勝者日本人5人目

(1)清元登子 1973年トヨトミレディース
(2)宮里藍 2003年ミヤギテレビ杯ダンロップ女子
(3)キム・ヒョージュ(韓国)2012年サントリーレディース
(4)勝みなみ 2014年KKT杯バンテリンレディース
(5)畑岡奈紗 2016年日本女子オープン
(6)クリスティン・ギルマン(米国)2018年センチュリー21レディース
(7)古江彩佳 2019年富士通レディース

富士通レディスの優勝でプロ宣言ですね。

スポンサードリンク

プラチナ(ミレニアム)世代。2019年プロテスト不合格者

後藤未有(ごとうみゆう)

71+75+73+71=290(+2)1打足りずにプロテスト不合格でした。

2000年9月29日生まれ、福岡県出身です。
~いつも明るいムード―メイカー~

出典:https://news.golfdigest.co.jp/news/jlpga/article/80439/1/

後藤未有さんのプロテストは最終プロテストからです。(18年日本女子オープンローアマ資格)


明るい元気娘だが、憧れの宮里藍の前では、固まってしまったというシャイな一面もあります。

 

2018年:日本女子オープンで8位タイでローアマに輝いています。
2018年:九州女子アマ優勝

 

ベースボールグリップが特徴です。同世代の盛り上げ役。

身長:157cm
学校:沖学園高校卒

ナショナルチームヘッドコーチのガレス・ジョーンズ氏は後藤には心理的な強さがあると応えています。

 

ミスしても切り換えていける力を持っているのですね。勝気な性格が試合でどう出るか?来季の試合が楽しみです。

佐渡山理莉(さどやまりり)

71 +76 +73+ 77= 297(+9)55位タイで不合格でした。

2000年5月5日生まれで沖縄県の出身です。
~初出場の大会で優勝~

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E4%BD%90%E6%B8%A1%E5%B1%B1%E7%90%86%E8%8E%89&imageId=210887

習いごと感覚で、幼稚園から空手、8歳からゴルフを始めました。はじめて出たジュニアの大会で優勝。

 

さらにその次の試合でも優勝したことで、ゴルフにのめり込みました。

 

2015年:全国中学校ゴルフ優勝
2017年:日本女子アマ2位
2019年:ほけんの窓口レディスで25位タイ、ベストアマ

 

身長:157cm
学校:名護高卒

小倉彩愛(おぐらさえ)

74+74+74+76=298(+10)61位タイで不合格でした。

2000年9月3日生まれで岡山県の出身です。
~手料理で栄養管理~

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%B0%8F%E5%80%89%E5%BD%A9%E6%84%9B&imageId=174377

小倉彩愛さんのプロテストは11月の最終プロテストです。(日本女子オープンローアマ17年資格)


ナショナルチームの合宿で栄養の指導を受けてから意識が変化したと言います。

栄養バランスを考えて、料理は自分で作ると言います。以前好きだった甘いものはほとんど食べなくなったそうです。

 

2016年:中国女子アマ優勝
2017年:中国ジュニア優勝
2017年:日本女子オープン3位

2019年女子アマは4位でした。リゾートトラストレディスでは10位タイの成績を残しています。

 

ナショナルチームヘッドコーチのガレス・ジョーンズ氏も彼女の強みは再現性のあるショットと応えています。

 

安定感のあるプレーで来年度の試合が楽しみですね。

 

身長:160cm
学校:岡山操山高卒

上野菜々子(うえのななこ)

71+75+73+75=294(+6)37位タイで不合格でした。

2000年7月20日生まれで大阪府出身です。

~陸上部で鍛えた足腰に自信あり~

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E4%B8%8A%E9%87%8E%E8%8F%9C%E3%80%85%E5%AD%90&imageId=209193

父親は野球を母親はバレーボールを経験していました。本人も小学5年から中学まで陸上部に所属していた体育会系一家です。

 

目標は賞金女王で試合前日には必ずお寿司を食べに行くそうです。

 

2017年:関西女子アマ優勝
2018年:関西ジュニア優勝
2018年:日本女子アマ2位
2018年:エリエールレディス7位:ベストアマ
2019年:全米女子オープン出場

 

身長:163cm
学校:東海大付属大阪仰星高卒

女子プロテスト2次は2位で通過しました。(278ストローク10アンダー)

スポンサードリンク

プラチナ世代(2000年)女子ゴルファーまとめ

まだまだ沢山の2000年生まれの女子アマが活躍しています。この中から必ず黄金世代の勝選手や原選手などと優勝争いをする日が必ず来ると思います。

 

そして日本女子オープンで渋野日向子選手やベテラン選手に混じって熱い戦いに加わっていくことでしょう。

 

スポンサードリンク

まだまだ沢山の選手がいます。随時紹介していきます。