Pocket
Facebook にシェア

追記:5月20日
【2019】ほけんの窓口レディース最終日の金澤志奈は71ラウンド、トータル209の7アンダー6位タイでフィニッシュしました。賞金は¥3,900,000です。

追記:5月19日

【2019】ほけんの窓口レディース2R終了:金澤志奈はトップとは1打差の3位タイです。川奈の経験を活かしてこのチャンスを逃すな。


今回注目した若手女子プロゴルファーは、「金澤志奈」です。ルーキーとして参加した2017年のステップアップツアー「山陽新聞レディースカップ」で優勝しました。

 

 

2018年は、QT28位の資格でツアーに参加し、「ほけんの窓口レディース」で5位に入るなど健闘しました。まだ、ツアー優勝はありませんが、今後に期待できるプロゴルファー「金澤志奈」について紹介したいと思います。

 

 

ところで、2018年の国内女子プロゴルフツアーは、勝みなみがレギュラーツアープロ初優勝を果たすなど若手が活躍しました。

 

 

2019年も金澤志奈他、若手女子プロゴルファーの方々の大活躍が予想されます。とても楽しみですね。

スポンサーリンク

金澤志奈のゴルフ、プロフィール。

金澤志奈は、1995年7月29日生まれのプロゴルファーです。プロゴルファーとしての活躍だけでなく、その美貌も話題になっていますね。

 

View this post on Instagram

 

【 #金澤志奈 プロが国内女子ゴルフツアー来季前半戦出場権を獲得!】 笠間市出身の女子プロゴルフのツアールーキー金澤志奈プロが、12月1日まで兵庫県有馬CCで開催されていた「ファイナルクォリファイングトーナメント(ファイナルQT)」で4日間トータルイーブンパー(±0)の28位となり、35位前後までに与えられる来季前半戦のツアー出場権を獲得しました。 来年3月に開幕する女子ツアー、毎試合のようにテレビ中継がありますので、金澤プロに注目してください。 みんなで応援しよう(^3^)/ #ゴルフ女子 #女子ゴルフ #女子ゴルフツアー #女子ゴルファー #golf

笠間市広報戦略室さん(@kasama_city)がシェアした投稿 –


身長164㎝、体重53kg。

 

長身で顔が小さくモデル体型でスタイルが良く、可愛い系というより美人系のゴルファーです。試合でミニスカートをはいてプレーすることもあり、これがかなり似合っています!

 

 

ただ基本的には地味目のウェアを着ていることが多く、化粧なども派手ではないので、「地味カワ」などと呼ばれていますね。

 

 

出身は、茨城県の笠間市です。余談ですが、黄金世代を代表する女子プロゴルファー畑岡奈紗も笠間市出身です。

 

 

2018年フジ・サンケイクラシックで優勝した若手男子プロゴルファーの星野陸也も笠間市出身ですね。茨城県笠間市は、ゴルフをするのに良い環境なのでしょうね。

 

 

小学校4年生くらいからゴルフを始め、私立岩瀬日本大学高校時代には、「東日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権」で優勝するなどの成績を残し、

 

中央学院大学時代は、「日本女子学生ゴルフ選手権競技」優勝、「サウスオーストラリアクラシック」優勝など、

 

アマチュアゴルフ選手としてのエリート街道を歩む中でプロとしてやれるという自信をつけた結果、中央学院大学を中退しプロとしてゴルフをやる決意をしたようです。

スポンサードリンク

金澤志奈のゴルフ、クラブセッティング。

金澤志奈は、ブリジストンと契約しています。ドライバーからアイアンまでツアーBシリーズを愛用しています。

 

ドライバー :ツアーBXD-3(2016)

 

シャフト:ツアーAD TP-5
ロフト:10.5度
長さ:45.5インチ
D1/303g

操作性が高く、アスリートゴルファーに人気が高いドライバーです。中級者~上級者向けのドライバーですね。


フェアウェイウッド:ツアーB JGR #3 #5

シャフト:ツアーAD TP-5
ロフト:15度/18度
長さ:43/42.5インチ
D1/314g/318g

ブリジストンの最新の技術によって、飛距離性能を追求したフェアウェイウッドです。


ユーティリティ:ツアーB XD-H(2016)  #3 #4

 

5番アイアン代わりの27度。アイアンよりもやさしく上がって、しっかり止められ、あらゆる場面で使える信頼の1本なのだといいいます。

 

高反発フェイスによって、ミスヒット時の許容性の高さを追求しています。アイアン感覚で打てるユーティリティです。


アイアン:ニューツアーB  X-CBP #5

シャフト:N.S.PRO 850

X-CBPとXCBは、同じツアーBのアイアンでも少しタイプが違います。

 

X-CBPは、高反発フェイスをプレスした軟鉄鍛造のポケットキャビティで、ミスヒットに強く高弾道の球を打ちやすいアイアンです。


アイアン:ニューツアーB X-CBP #6〜PW

ロフト:32度/62度
シャフト:N.S.プロ850GH
長さ:37インチ
D1/403g

アイアンは、「飛距離が出て、以前のモデルよりやさしい」と新・ツアーB X-CBPを選択しています。


AW:フォーティーン

ロフト:63.5度
シャフト:N.S.プロ950GH(R)
長さ:35.25インチ
D1/441g


SW:フォーティーンRM-22

ロフト:64度
シャフト:N.S.プロ950GH(R)
長さ:35インチ
D2/447g


パター ゲリンライフ マレット

 

金澤志奈の憧れの選手は、申ジエです。

 

憧れの申ジエからコーチ経由で譲ってもらったゲリンライフのマレット型パターをエースパターとして愛用しているようですね。


ゴルフウェア ZOY

 

View this post on Instagram

 

国内女子ツアー第2戦目の『ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディースカップ』が3/15からスタートします! TEAM ZOYから金澤志奈プロ、エイミー・コガプロが出場します!! 金澤志奈プロは今季初戦となります!!✨ エイミー・コガプロは2戦目! 先週は2Tで最終日を終え大興奮しました! 志奈ちゃん!エイミー!!頑張ってね!! ♪───O(≧∇≦)O────♪ みなさま今週も応援よろしくお願いします!!📣⛳️ 開催日程:3月15日(金)~3月17日(日) 会場:土佐カントリークラブ(高知県) 〈テレビ放送〉 【テレビ東京系列6局ネット・BSテレビ東京】 3月16日(土) 16:00~17:15 (予定) 3月17日(日) 16:00~17:15 (予定) #金澤志奈 #エイミーコガ #eimango #ZOY #golf #ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディースカップ #TEAMZOY

Zoyさん(@zoygolf)がシェアした投稿 –


ウェアは、「ZOY」とウェア契約を結んでいます。「ZOY」は、「上品」「シンプル」「クラシック」をコンセプトとしたファッションブランドですね。まさに、金澤志奈のイメージにピッタリかと思います。

 

ボール ツアーBX

スポンサードリンク

金澤志奈のゴルフ、プロゴルファーとしての実績と将来性。

2017年の7月28日にプロテストに一発合格しました。

 

 

89期生ですね。89期生には、松田鈴英、新垣比奈、勝みなみ、小祝さくらなど黄金世代の選手が多くいます。

 

 

金澤志奈は、新垣比奈や勝みなみなど黄金世代と言われる世代の3学年上ですが、ジュニアの頃から彼女達の活躍は常に意識していたようです。

 

 

それにしても、このメンバーの中で9位タイの成績で合格したことは凄いことですね。

金澤志奈のプロゴルファーとしての実績

ルーキーイヤーの2017年、プロになってわずか2か月でステップアップツアー「山陽新聞レディースカップ」で優勝しました。

 

 

 

QT28位の資格で参戦した2018年は、「ほけんの窓口レディース」で5位、
「Tポイントレディスゴルフトーナメント」で13位と健闘しましたが、賞金ランキング57位で終了しました。

 

 

惜しくもシード権は獲得できませんでしたね。ファイナルQTも、52位とプロの壁の高さを実感したのではないでしょうか。

スポンサードリンク

金澤志奈はどんなゴルファー? 将来性は?

金澤志奈は、パターの上手さに定評がある選手です。

 

パッティングの技術はステップアップツアーでの新記録“66ホールノーボギー”を樹立しているほどです。

 

 

66ホールノーボギーは、凄いですよね。

 

 

本人も、好きなクラブはパターであると語っています。

 

 

パターの距離感は、練習で身につけるというよりも経験とセンスが大事なので、金澤志奈にはパッティングのセンスがあると言えますね。

 

 

この、パターの距離感の良さは、今後も彼女の大きな強みになることでしょう。

 

 

ドライバーの平均飛距離は、230ヤード前後です。女子プロゴルファーの中では平均くらいの飛距離ではないでしょうか。

 

 

身長が高い選手なので、もう少し飛距離がアップできればなとは思いますが・・・。

 

 

どちらかというと、浮き沈みの激しいゴルフではなく、コツコツとパーを積み重ねていく我慢のゴルフをする選手です。

 

 

普段からこのようなゴルフをしているので、優勝争いに絡み、我慢比べの状況になったら強い選手だと思います。

 

 

後は、守るだけでなく、攻めるときは攻めるゴルフを展開したいところですね。

 

 

本人も、バーディーを多くすることが今後の課題だと言っています。

 

 

プロゴルファーとしての目標は、賞金女王だと言う金澤志奈。

 

 

やはり、賞金女王になるためには、現在の我慢のゴルフをキープしながらも攻めるときは攻めるゴルフをしなければならないのではないでしょうか。

 

 

そのためには、ドライバーの飛距離アップやコースマネジメントの仕方など練習しなければならないことや、ゴルフのスタイルを変えなければならないことも出てくるとは思いますが、、、

 

 

まだ若いですし、ポテンシャルが高い選手なのでぜひ、頑張ってほしいところですね。

 

 

今シーズンは、バーディー数を多くして、まずはレギュラーツアーで1勝して欲しいです。

スポンサードリンク

金澤志奈への期待とまとめ

金澤志奈は、これからの活躍に期待できる女子プロゴルファーです。

 

 

見た目にも華がありますし、これから活躍すれば人気が出ることは間違いないでしょう。

 

 

ステップアップツアーでの新記録“66ホールノーボギー”を樹立するなど、ポテンシャルもかなり高い選手だと思います。

 

 

華がある選手は、記録をつくるものです。

 

 

この記録は、単純にパターが上手い選手というだけでなく、常に集中してパッティングができているという証拠でもあります。

 

 

実力差があまりないプロの試合で集中力は勝つために必要な要素の1つです。

 

 

これを持っているだけでも、将来性がある選手だと感じます。

 

 

まだまだ若い選手なので、今後経験を積み、練習を重ねることでまだまだ伸びしろがある選手であると思います。

 

 

憧れの選手である申ジエと賞金女王争いができるようにぜひ、頑張ってほしい選手です。

 

スポンサードリンク

応援しましょう。最後までお読みいただきありがとうございます。