Pocket
Facebook にシェア

「ツアーB」シリーズは、アスリートゴルファーのパフォーマンスを極限まで引き出すというコンセプトの元に基本的にはアスリートゴルファー向けのブランドです。

 

操作性に加えて現在、各社のトップモデルのトレンドである低スピン弾道で飛距離を稼ぐ機能も盛り込んだところにあります。

 

そのツアーBシリーズの最新作のドライバーが2020年秋に発売されました。

 

ねじれに強く、さらに遠くまで真っすぐ飛ばせる「ツアーB X」です。

スポンサードリンク

ドライバーの選び方。ブリジストンゴルフ ツアーB Xの特徴と評価

接点を科学し開発したたわみの復元力が高く、ねじれない新設計の「ハニカムストリング」をクラウン部に搭載した、

TOURーB Xドライバー。
トウヒール方向とフェースバック方向の剛性をコントロールする変形ハニカム設計が、クラウンのねじれを抑制し直進性を追求。

 

さらにフェースの反発をコントロールし高初速エリアを拡大する革新のテクノロジー「サスペンションコア」をフェース裏側に搭載し、ねじれないさらなる飛びを追求したドライバーです。

ドライバーの選び方。ブリジストンゴルフ ツアーB Xの特徴

ブリジストン伝統の、日本人好みの丸顔ヘッドでトップラインがスクエアなのでターゲットに向けて構えやすくなっています。

 

ボディはカーボンとチタンのコンポジット構造による余剰重量の効果的な配分を実現しました。

 

クラウン部分のカーボンもギターの弦のように横に筋金ではなく「ハニカムストリング」と名付けられたハニカム構造にすることによってたわみを飛球線方向に増やし、トウヒール方向には抑制することでパワーロスを低減しています。

 

前作でも搭載したクラウン内部のフェース側トウヒール方向に3本入った「パワースリット」と呼ばれるスリットが、ハニカムストリングの適度なたわみをコントロールしています。

 

前作JGRに搭載された、「SP-COR」サスペンションコアと呼ぶソール側のフェース下部に埋め込まれてフェースの1点を裏側から支えるバーによって高初速エリアが拡がり、

 

芯が大きくなってある程度のミスヒットも飛距離ロスを低減する機能も今回は採用しました。

 

フェース面に目を向けるとフェースに刻まれた溝の間にさらにミーリング加工をほどこし、さらに3本に1本を深く粗いミーリングにすることでボールの滑りを抑えて適度なスピン量をもたらします。

 

ヘッド後方には5か所のウェイトポートを設置して重心距離の調整も可能となっています。

 

ヘッド体積は幅広いゴルファーを想定した460CCとして、ロフト、ライ角調整機能も搭載、ロースピン、強弾道を可能にしたドライバーです。

ドライバーの選び方。ブリジストンゴルフ ツアーB Xの評価

ボールの衝突エネルギーをいかに無駄なく反発力にしてボールに伝えることに特化したイメージです。

 

ブリヂストンはソールを硬く、クラウンをたわませることと、無駄なスピンを減らすことで飛距離を出そうという意図がうかがえます。

多くの評価がコントロールのしやすさと、芯を外してもブレが少ないということに集まっています。

 

クラブのコントロール性は残しながらもヘッド自体は素直な特性を持っていますので、「シャフト選択によってはレベルを問わず」使えるドライバーになっています。

 

ただ、スライスをドローに変えてくれるというクラブではなく、振ったなりに飛ぶクラブですので、シャフトが重要なファクターになると思います。

ロフト:9.5度/10.5度

長さ:45.25インチ

重さ:305g(シャフト:TOUR AD TX3-5S)

価格:75000円(プラス税)

ドライバーの選び方。ツアーB X。BS史上最高の初速か?

顔もオーソドックスで構えやすいツアーB X。打感も日本人好みで打ち出しも高くて安心感があります。

 

ミート率は良く、完成度は高いです。ロースピンすぎることもなく打球は上がりやすいです。

 

いかがでしたか、ブリヂストンTOUR B Xドライバーでした。

ネット特化型専門店だからできる高額買取!



さて、最近の賢いゴルファーはクラブをアマゾンで買って合わなければ「メルカリ」に売ります。

でも購入は試打して選びたいですよね。

でも、でもお店には行けない。そんな方のアイデアです。

人気クラブなら購入時より高く売れるかもしれません。

それと使用しないクラブはゴルフエースに買い取ってもらいましょう。

 

代金は1週間ぐらいで振り込まれます。

クラブを売ってお小遣い!!

クラブ発送用の「段ボール」は申し込み後に送られてきます。

メルカリと同じですね。

ドライバーの選び方。ブリジストンゴルフ ツアーB XD-3を使うには

発売日:2018/09/14
価格:77,760円 税込

 

「筋金入りのテクノロジーで初速を変えろ、飛距離を変えろ。」というコンセプトのもとに開発されたドライバーです。

 

「筋金?」と思った方もいるかと思います。その理由は後ほど・・・

 

今回の「ブリヂストン ツアーB XD-3」ドライバーのヘッドには、金属弦が入っています。

 

この金属弦(筋金)が、高初速を生み出す秘密になっています。筋金とはこの意味です。

 

この技術によって、「初速がアップすることで飛距離アップが期待できるという話題のドライバーです。

 

基本的には、アスリートゴルファー向けのドライバーです。

 

ですが、直進性や寛容性もあるのでアベレージゴルファー(初心者)でも使えるドライバーだと思います。

 

ツアーBシリーズドライバーと言えば、「アスリートゴルファー向けのドライバー」というイメージがあるかと思いますが、、、

 

今回のモデルチェンジにより、従来の操作性の良さに、直進性の高さと高初速による飛距離性能の向上が加わったドライバーです。

 

簡単に言えば、飛んで曲がらないドライバーということですね。

 

スペックを見ても、アスリートゴルファー向けであることは変わりませんが、従来のモデルよりもやさしくなっていると思います。

ブリジストンゴルフ ツアーB XD-3は初速アップを実現

クラブヘッドの後ろ側がカーボン素材で出来ていて、横線が引かれているのが特徴的ですね。

これは、金属弦でクラウンのたわみの復元スピードを速め、ヘッドのねじれを抑えてくれます。

 

金属弦の採用は、タイヤ作りからヒントを得たようで、ブリジストンならではの技術ですね。

 

さらに、POWER T-RIBと呼ばれるT字型のリブがヘッドの剛性を高めてクラウン・フェイスのたわみ効果を増大することで、、、

 

初速のアップと直進性の向上が見込めるというメカニズムです。

ブリジストンゴルフ ツアーB XD-3は自分好みにカスタマイズ

弾道調整機能(ウエイト調整)がついているので、

シャフトスリーブを入れ替えることで好みのフェイスアングルに調整できる
VARIABLE ADJUST SYSTEM

 

ソールセンターにある2gのネジとヒールにある8gのネジを入れ替えることで重心を変えることができる、
SPIN CONTROL TECHNOLOGY。

というロフト角や重心を自分で調整できる機能がついているので、ある程度自分で弾道を調整することができます。

適合シャフトが多いので、様々なゴルファーのニーズに応えることができる

TOUR AD TX2-6 シャフト

オリジナルのシャフトで、幅広いヘッドスピードのゴルファーが使うことができるシャフトです。

 

中調子でラインアップされたシャフトの中でも、最も軽いシャフトです。

 

ボールが上がりやすく、つかまりやすいという特徴があります。

 

TOUR AD VR-6 シャフト

中調子でつかまりやすさはありますが、TOUR AD TX2-6 シャフトに比べてボールが上がりにくいという特徴があります。

 

Speeder 661 EVOLUTION Ⅴ シャフト

 

先中調子でつかまりやすさはありますが、ボールが上がりにくいという特徴があり、中弾道の強い球筋を打つことに適しています。

 

Diamana DF60 シャフト

中元調子で、ラインアップされたシャフトの中でも、つかまりを抑え、ボールの上がりやすさも抑えているハードなシャフトです。

 

ヘッドスピードが速い中上級者で、左へのミスを軽減させたいゴルファーにオススメです。

 

The ATTAS 6 シャフト

ボールの上がりやすさはありますが、つかまりを抑えたい人にオススメのシャフトです。

 

初速のアップによる飛距離性能の向上、ねじれを抑えることで直進性の向上が特徴的なドライバーで、ほんのりと操作性を加えたドライバーです。

つかまりやすさは抑えめで、どちらかと言えばフェード系の弾道が出やすいクラブ設計です。

 

弾道調整(ウエイト調整)機能がついていますし、シャフトのラインアップも多いので自分好みのクラブにカスタマイズできるというのも大きな魅力ですね。

スポンサードリンク

ドライバーの選び方。初心者や中級者がブリヂストンゴルフ ツアーB XD-3を使うには?

今回のモデルチェンジで、やさしくなった印象があるツアーB XD-3ドライバーですが、、、

 

最新のドライバーに多い「初心者ゴルファーでも簡単にボールをつかまえることができる」というようなドライバーではありません。

 

基本的には、中級者や上級者のアスリートゴルファー向けのクラブです。

 

クラブ重量は、一番軽いスペックでも304gと重めですから、ある程度体力がないとキツイかもしれませんね。

中級者や上級者に多い「つかまり過ぎて左へ行く」ミスを軽減するドライバーで、しっかりとボールを叩くことができます。

 

ただ、一般的なアスリートゴルファー向けのクラブのように浅重心で少しでも芯を外すと大きく曲がるような設計ではなく、、

 


ある程度深重心になっているのでミスに対する寛容性もあります。

 

初心者やアベレージゴルファーには、敷居が高いドライバーかというと、そうでもありません。

 

ロフトを10.5度にして、シャフトをTOUR AD TX2-6のフレックスSRなどにすれば、初心者ゴルファーでも十分使えるドライバーであると思います。

初心者でヘッドスピード40m/sの方がツアーB XD-3を使用できるのか?

ツアーB XD-3は、アスリートゴルファー向けのドライバーですが、ヘッドスピード40m/sの方でも使用することができます。

 

ただ、基本的には、ヘッドスピードよりも注意したいのが、ロフト角です。

球が上がりやすいクラブではないので、ヘッドスピード40m/sでロフト角を9.5度にすると、ドロップしてしまう可能性があります。

 

ですから、ロフト角は10.5度に設定した方が良いですね。

 

シャフトは、オリジナルのTOUR AD TX2-6のフレックスSR一択になるかと思いますね。

 

他のモデルのシャフトは、ヘッドスピード44m/s程度はないとキツイかもしれません。

 

基本的には、アスリートゴルファー向けのドライバーですから、ヘッドスピード40m/sの方には、ややオーバースペックかもしれません。

 

ロフト角10.5、シャフトはTOUR AD TX2-6のフレックスSRにしてみて、上手く打てなければ、諦めるしかないですね。

 

おそらく、この調整でも、初心者ゴルファー向けのオートマチックにボールを運んでくれるようなドライバーよりもややハードになると思われます。

 

ただ、ゴルフクラブ選びは、「自分の実力よりも少しハードなものを選んだ方が良い」という意見もあります。

 

「ミスがミスとして弾道に出てくれるクラブを使った方が、ゴルフが上達する」という考えかたです。

 

そのような点を考慮するとヘッドスピード40m/sのゴルファーがツアーB XD-3を使ってみる価値はあると思います。

スポンサードリンク

ドライバーの選び方。ブリヂストンゴルフ ツアーB XD-3のまとめ

ブリヂストンゴルフのツアーB XD-3は、アスリートゴルファーが好む操作性の良さを残しています。

 

そして、ブリヂストン独自の技術により、ボールの初速の向上による飛距離性能の向上、直進性の向上を実現させたドライバーです。

 

「操作性が良く、直進性が高い」という一見矛盾しているような性能を持っています。

 

ヘッドスピードが速く、左へのミスを気にせずにしっかりとボールを叩きたいアスリートゴルファーへ、

 

クラブの開閉を使ってボールの弾道をコントロールしたいゴルフ中級者や上級者にはかなり満足度の高いドライバーだと思います。

 

だからと言って、アベレージゴルファーが使うことができないほどハードスペックではありません。

 

オリジナルシャフトのTOUR ADTX2-6は、ボールが上がりやすくつかまりが良い幅広いゴルファーが使えるシャフトです。

 

ですので、調整によってはアベレージゴルファーでも十分使えるドライバーです。いかがでしたか?アベレージゴルファー(初心者)でも、

 

ロフト角を10.5度にしてシャフトをオリジナルシャフトのTOUR ADTX2-6に変更すれば使用できるというのは画期的ですよね。

 

まったく自分のスイングに合わないシャフトでは十分なパフォーマンスが出せませんよね。アスリート仕様だったブリヂストンゴルフのツアーB XD-3の感触を是非味わって下さい。

 

スポンサードリンク

エンジョイゴルフ!!楽しいゴルフライフを。