Pocket
Facebook にシェア

ミズノの最新ドライバー、GXドライバーは、“限界飛距離のその先へ”という
フレーズをキャッチコピーにして設計された新ブランドです。

 

ミズノのドライバーというと前回のMPドライバーが好評を得ていて、MP
TIPE-2はアスリートモデルではあるがやさしいドライバーという位置付けでしたね。

 

ミズノのドライバーでビックドライブを実現している選手は原英莉花です。原英莉花のゴルフ、クラブセッティング2018

スポンサーリンク

ドライバーの選び方、初心者でも使えるミズノのGXの特徴

ただ、MPシリーズはやはりアスリート向けに設計されているので、アベレージゴルファーには少し難しいドライバーという印象がありました。

 

GXドライバーはMPシリーズの技術を承継し、さらに独自の技術を加えてやさしさと飛距離性能を実現したドライバーです。

 

MPシリーズよりも少しハードルを下げたというイメージですね。

 

ヘッドスピードがないアベレージゴルファーでもボールを上げやすく、キャリーで飛距離を稼ぐことができるドライバーです。

 

ミズノのGXドライバーの特徴としてアベレージゴルファーでも楽に飛ばすことができるというやさしさが、ひとつのコンセプトとなっています。

 

MPの技術を承継しながらも、純正シャフトに新しい技術を採用するなど試行錯誤の末に完成した楽に飛ばせるドライバーが、ミズノのGXドライバーです。

ヘッドは、MPドライバーを承継

MPドライバーでは、高速エリアを拡大したヘッドが話題になりましたが、ヘッド設計は多くの部分でMPドライバーを承継しています。

 

ザックリと説明すると、


ウエーブテクノロジーソール。 

ソール部のフェース側をウエーブ構造にすることでたわみ量を10%アップさせることに成功。

部分肉厚フェース。
 フェースを部分的に肉厚にすることでフェースのたわみ量を増加させ初速アップを実現しています。

航空宇宙素材
「ストロングフォージド・エリートチタン」

 一般的なチタンより10%ほど強度が高い航空宇宙素材のストロングフォージドチタンを採用したことでフェースの薄肉化を実現しています。

 

これによって、

  • 重心位置の設計の自由度が上がる
  • たわみ量が増える

というようなメリットがあり、高初速エリアを拡大させることで、「多少芯を外しても飛距離が出るクラブ」を実現しています。

 

また、デュアルウエイト設計によって、ソールのフェース側とバック側に6gずつウエイトを付加したことで、深重心・低重心を実現し、ボールの上がりやすさとつかまりの良さが向上しています。

 

MPドライバーの高初速に加えて、低重心、深重心化を実現することで飛距離性能とやさしさを融合しています。

GXドライバーは、シャフトが凄い

MPドライバーよりもやさしくするためなのか、今回は純正シャフトにかなり力を入れていることで話題になっていますね。

 

「MFUSION 」というカーボンシャフトですね。

実はミズノのカーボン技術力は凄くて、TOYOT Aの水素自動車「MIRAI」にミズノのカーボン技術が採用されているとのことです。

 

ミズノの最先端のカーボン技術の結晶が、今回のGXドライバーのシャフト
「MFUSION」です。

 

で、何が凄いのかというと、通常、カーボンシャフトは軽くて振りやすいというメリットがある一方で、シャフトが暴れてしまうというデメリットがあります。

 

今回の「MFUSION」は、そのような「シャフトが暴れやすい」というデメリットを解消した、カーボンシャフトです。

 

それは、ある程度の剛性があり暴れにくいシャフトになっています。

 

今までのカーボンシャフトの常識を覆すシャフトであると言っても大袈裟ではないですね。

 

シャフトを軽量のカーボンシャフトにすることで、クラブ総重量をSシャフトでも、289gまで軽くすることができました。

 

よって、ヘッドスピードのないアベレージゴルファーでも楽に振ることができます。

 

更にシャフトの剛性が高いのでシャフトが暴れず、ミート率や飛距離の向上に期待ができるというメカニズムでアベレージゴルファーでも楽に飛ばすことができるドライバーを実現しています。

スポンサードリンク

ドライバーの選び方、ミズノのGXを初心者や中級者が使うには?

基本的には、一般的なアベレージゴルファーに合うドライバーですね。

軽量シャフトの効果によって、クラブ重量は、Sで289g、SRで284g、Rで279gと他社のドライバーと比べてもかなり軽い部類に入ると思われます。

 

ただ、「MFUSION」の効果か、軽いけれどもつかまり過ぎる感じはなく、ある程度しっかりと叩いていけるドライバーです。

 

ですが、基本的にはヘッドスピード42m/s以下のゴルファーをターゲットにしていますので、ヘッドスピードが速い人には少し物足りなさを感じるかもしれませんね。

 

普段、アスリート向けのクラブを使っているけれどちょっときつくなってきたな…と思っているゴルフ中級者~上級者や、、、

 

アベレージゴルファー向けのドライバーを使っているけれど、もう少ししっかりと叩きたいと思っているアベレージゴルファーにオススメです。

 

 

基本的には、ボールは上がりやすく、低スピン・高弾道が出やすいクラブです。

 

普段からスピン量が多く、ボールが吹き上がる人にはオススメですね。

 

ただ、元々低スピンの人は、スピン量不足でドロップしてしまう危険性があるので注意が必要ですね。

 

ボールのつかまりも良く、ミスに対する寛容性も高いので初心者ゴルファーでも十分使えるドライバーであると思います。

スポンサードリンク

ドライバーの選び方、ヘッドスピード40m/sの初心者がミズノGXドライバーを使うには?

メーカーが発売するドライバーには、少なからずターゲットとしている層があります。

 

クラブのスペックを見ると、ミズノGXドライバーはヘッドスピード42m/s以下のゴルファーをターゲットにしているような感じがします。

 

となると、ヘッドスピード40m/s前後のゴルファーが、一番このクラブの恩恵を受けることができるのではないかと思います。

 

基本的には、軽いクラブですのでヘッドスピードが速すぎると、物足りなさを感じてしまいます。

 

特徴として低スピンの弾道が出やすいので、ヘッドスピードが遅すぎるとスピン量が不足する可能性があります。

 

 

そのような意味ではやはり、ヘッドスピード40m/s前後のゴルファーに合っているドライバーですね。

 

 

ヘッドスピード40m/sなら、シャフトフレックスは、SR ロフト角は、10.5°が良いのではないかと思います。

 

特に、ヘッドスピード40m/sでスライス系の吹き上がりのミスが多いというアベレージゴルファーにオススメですね。

 

とにかく飛距離性能が高いドライバーなので、このドライバーなら、ヘッドスピード40m/sで250ヤード飛ばすことも不可能ではないのではないかと思います。

スポンサードリンク

ドライバーの選び方、初心者でも使えるミズノGXのまとめ

ミズノGXドライバーは、アスリートモデルとして高評価だったMPシリーズのテクノロジーを承継しつつも、アスリートではないアベレージゴルファーでも使えるやさしさを兼ねそろえたドライバーです。

 

大きな特徴としては、とにかく飛距離性能が高いということと、ミスに対する寛容性が高いという点ですね。

 

あとは、軽くて振りやすいクラブであるということですね。

 

純正シャフトの「MFUSION」は、ミズノの最新のテクノロジーによって、軽量カーボンシャフトながら暴れないという今までにない軽量カーボンシャフトです。

 

軽くて振りやすいですが、しっかりと叩けるシャフトです。

 

これなら、ボールをつかまえることができ、左へのミスを嫌がるゴルフ上級者や中級者でも使うことができます。

 

軽くて、楽に飛ばせるので、最近体力が落ちてきたシニアアスリートゴルファーがスペックを落とす場合にもオススメですね。

 

もちろん、初心者ゴルファーやアベレージゴルファーでも十分使えるやさしさを持ったドライバーですので、初心者~上級者まで幅広い層が使うことができるドライバーであると思います。

 

いかがですか!?

もしもあなたのお使いのドライバーが合わない時は買え変えるのもスコアーアップを計る方法かもしれません。

 

今、ゴルフクラブの中古市場はとても熱いので買取価格も予想以上の値がつくときもあります。

 

クラブを買い取ってもらい新品のミズノGXでビックドライブを経験してみ
て下さい。
ゴルフクラブ買取価格は、ゴルフクラブの買取価格がすぐわかる。

 

スポンサードリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。