Pocket
Facebook にシェア

8月の大箱根CCでプロ初優勝を飾った「大里桃子」のゴルフを紹介します。

 

恵まれた体で(170cm)で大きなゴルフをする大里桃子ですが、父も陸上のアスリートで元中学体育教師です。

 

父親の充さんもゴルファーでありハンデは0のシングルプレーヤーです。

大里桃子のゴルフ、クラブセッティング2018。

スポンサーリンク

大里桃子のゴルフ、父のゴルフもハンデ0。

陸上選手で末続慎吾に塗り替えられる前の100メートルの熊本県記録を持っていました。有望なランナーだったのですね。

 

母親の美弥さんも女子マラソンの松野明美の同級生で、走り高跳びとハードルの選手でした。

 

両親ともに、学生時代は陸上部に所属していたのですね。両親のDNAからして、アスリートの資質は十分な大里桃子です。

 

熊本県内のゴルフ場で7度もクラブチャンピオンになっている選手でもあります。そんな両親のもと、大里桃子は幼少期から活発な子でした。

 

身体能力も高い子で、小学校時代は水泳とバスケットに打ち込んでいました。

 

運動だけでなく、ピアノも4歳から始め「グレンツェンピアノコンクール」で九州地区優勝を果たしています。運動以外でも才能があったのですね。

 

中学校時代は陸上部に入部しましたが、父親のような成績は残せなかったそうです。

 

それでもゴルフは小学校3年生から初めていたので、陸上よりはどちらかと言うとゴルフに夢中になっていたようです。

 

父親の充さんもそんな桃子さんをみながら「プロを目指すのも面白い」と考えていたそうです。

 

ちなみに、大里には兄がいます。兄の名前は「将司」と父が付けたが、兄はまったくゴルフをしないそうです。

 

それから「桃子」の名前は、ゴルファーに嫁がせたいという父の思いから、タレントの菊池桃子さんにあやかったらしいです。

 

菊池桃子さんは80年代のアイドルで女優に転向したときにプロゴルファー西川哲さんと結婚しましたからね。(今は離婚をしていますが・・・)

 

さて、それでは本格的にゴルフに夢中になったのはいつ頃なのか、プロゴルファーに進む前のジュニア時代に父親と親子鷹で突き進んだゴルフの軌跡を見てみましょう。

スポンサードリンク

大里桃子のゴルフ、プロテストへの道。

女子プロゴルファーの皆さんは、父の練習場についていってゴルフを始めました。とそのような話はよくありますね。

 

あの宮里藍さんも父親がゴルフに夢中になっていた影響で幼い時からクラブを握ってはスイングしていましたね。

 

では大里桃子はどうだったのでしょうか?

小学生時代

父・充さんは社会人となってからは陸上競技を離れゴルフを始めました。持ち前の運動神経の良さを生かし競技ゴルフにも出場する腕前になっていました。

 

そんな父の練習に桃子の兄は全く興味を示しませんでした。そのかわり、妹の桃子は「私行きたい」っと言って小学3年生から始めたそうです。

 

ただ小学生時代はゴルフに夢中ではなく、中学2年生になってから状況は変わったようです。

中学生時代

それまで週に1回しか練習場に行っていなかったのが、中学2年の時に出場した「日本ジュニア」で3位になったのです。

 

それも最終組で松原由美さんと競っての3位でした。

 

当時の松原由美さんは女子ジュニアゴルフ界での年少記録を次々と塗り替えて、無敵と言える存在だったのです。

 

その松原さんと週一しか練習をしていない大里が肉薄できたのが本格的にゴルフを行うきっかけになったのかもしれません。

高校生時代

中学校を卒業後、大里は熊本国府高校に進学します。

 

ゴルフ部は2009年に創部された新興高でしたが、5年後の2014年には全国高等学校ゴルフ選手権で優勝を果たしています。

 

この時のメンバーは、大里桃子、田中瑞希、双子の菊池玲花・花音という98年生まれの1年生だけでした。

 

それで全国制覇を成し遂げたのです。

 

そしてその2年後には、大里はキャプテンとして2度目の全国制覇を果たしました。

 

高校3年生での優勝は熊本地震で一時避難生活を余儀なくされました。

 

練習も満足にできません。苦境を主将として乗り越えての全国制覇でした。しかし、それでも舞台の華やかさではライバルには及びません。

 

日本ゴルフ協会のナショナルチーム入りも果たせなかったのです。

 

エリートではなく「雑草魂」の高校生でした。


写真は九州ジュニアで2連覇。(一番右)
出典:JGA

大里の高校時代の3年間

大里は熊本が好きでした。環境も良く、同級生も強い子がいたし、熊本にはトッププロが沢山いましたからと言います。

 

なかでも大里が尊敬していたトッププロは「不動裕理」の存在でした。

 

ツアー50勝、生涯獲得賞金は約13億6000万円です。

 

この郷里の大先輩との間にもある繋がりがあったのです。それは大里が練習する練習場で不動も練習していたそうです。

 

関係者の話では不動の練習量は半端なく毎日8時間は練習していたと練習場の関係者はお話していました。

 

大里もこの練習場にはお世話になっているので今では無償でキャディバックに練習場名を入れています。

大里の衝撃

それは、勝みなみの史上最年少優勝です。地元熊本空港CCで行われたツアー、2014年KKT杯バンテリンでした。

出典:世界日報

15歳293日の鹿児島県の勝みなみが史上最年少優勝を果たした大会でした。

 

この時大里は、熊本国府高1年で大会のボランティアとして速報係をしていました。

 

大里はプロの試合には出たことはありませんでした。華やかであり別世界でした。

 

そんな世界でプレーする同学年のライバルがうらやましくもあり、悔しくもあったのです。

 

沖縄には新垣比菜がいました。新垣は高2の15年、下部ツアーのラシンク・
ニンジニアRKB女子で
アマチュア優勝を果たしていました。

 

レギュラーツアーでも3戦連続トップ10に入るなど大活躍をしていました。

 

1998年4月~99年3月生まれの選手が「黄金世代」と呼ばれ、注目されるようになっていったのがこのころでした。

スポンサードリンク

大里桃子のゴルフ、1回目のプロテストは不合格。

2017年、プロテスト一回目は失敗でした。

 

松田鈴英、
勝みなみ、
新垣比菜、
小祝さくらが合格するなかで大里桃子は不合格でした。

 

大里桃子が父の前で涙を見せたのは1回目のテストで失敗した時だけでした。

 

テスト最終日は母の誕生日でした。母親に合格の報を贈り物にしようとしてい
たが、最後にパットを外して……万事休す。

 

コース内では耐えたものの、車に戻ると、号泣したそうです。

 

父の充さんも、「さすがにこのときは泣くのを許した」と言ってました。

 

親思いの子の気持ちを抑えつけるわけにはいかないですね。

 

プロテストに失敗した大里の父・充さんは、

「プロになってみんなと競争できるように頑張ればいいんだ」と娘にそう言い聞かせてきたそうです。

 

そして、「ゴルフ場で泣くな、涙を見せるな」という勝負師としての心構えを父は娘に言い聞かせたのでした。

スポンサードリンク

大里桃子のゴルフ、黄金世代スタート、2回目のプロテストは合格。

2018年、2度目の挑戦、7月のプロテストは合格しました。

出典:スポニチ

270ストローク18アンダー3位の成績でした。

 

そして、20歳になったばかりの「NEC軽井沢72」最終日に自身初のホール
インワンを達成し、、、、

 

翌週のCATレディースでプロ初優勝をしましたが涙はこらえていました。

出典:日本経済新聞

2018年9月は日本女子オープン(千葉県千葉CC野田)の国内メジャー大会でし
たが残念ながら予選落ちをしてしまいました。

 

現在、獲得賞金は2100万円台で42位の成績です。

 

賞金シード選手として来年も活躍するには更なる上位を目指して頑張ってもらいたいですね。

 

畑岡奈紗の日本女子オープンは2位でした。どの試合でも黄金世代の活躍が注目される2018年ですが、父娘二人三脚で追いかけてきた大里のスケールの大きいゴルフに期待しましょう。

 

のびしろ十分な魅力に満ちている大里桃子がどこまでのぼりつめるかに注目です。

 

さて、その大里選手を支えているのはブリヂストンゴルフのツアーサポートの面々ですね。

 

そのブロヂストンの最新ドライバー、初心者でも使えて今評判のドライバーです。詳細はこちらから⇒ドライバーの選び方、初心者でも使えるブリジストンゴルフツアーB XD-3はここが凄い。

 

スポンサードリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。