Pocket
Facebook にシェア

2019賞金ランキングは15位(リコーカップ前)と好成績でツアーを終了しました。

 

その成績を支えたクラブ契約は2018年まではフリーでロッディオのドライバーなどを使用していました。

 

ですが、2019年はダンロップと契約を結びました。なぜクラブ契約をダンロップにしたのでしょう?

 

ハードヒッターの岡山絵里にロッディオは合わなかったのでしょうか?ダンロップのクラブは岡山プロに適合していたのでしょうか?

 

プロにとってFWキープ率はスコアーに直結しますからね。

 

それでは岡山絵里のゴルフ歴とハードヒッターならではのクラブセッティングを紹介します。

スポンサードリンク

岡山絵里のゴルフとクラブセッティング。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E7%B5%B5%E9%87%8C&imageId=207943

岡山絵里プロのゴルフの魅力は、アイアンショットのキレです。

 

2019年のパーオン率も76%以上3位の順位がショットメーカーを表しています。

 

ただ、フェアウェイキープ率は、62%の数値なんですよね。

 

この数値はけっして良いとは言えません。でもパーオン率の良さがショットメーカー(ball striker)を物語っています。

 

ダンロップと契約する前もアイアンはスリクソンのZ565を使用していたことから、アイアンに合わせてクラブ契約をしたのかもしれません。

 

キレキレのアイアンショットを打つ岡山絵里の使用しているアイアンは、ポケットキャビティ―のZ585 です。

 

構えやすい顔で飛距離性能も高いモデルです。

 

このアイアンはスリクソンのアスリート向けアイアンというイメージでした。

 

しかしそのイメージを一新し、アマチュアゴルファーでも使うことができるやさしいアイアンというのが売り込みです。

 

実際のところはどうなのでしょうか。

 

確かに、高弾道、低スピンの飛ぶ軌道のボールが打ちやすいようですね。飛距離性能には、かなりの定評があるアイアンです。

スポンサードリンク

岡山絵里のクラブセッティング。

ドライバーはスリクソン Z785


シャフト:フジクラ・スピーダー661TR(S)

長さ:45インチ

総重量:312.0g

 

スリクソンの特徴をまとめました。

■関連記事

 

通販で価格を確認して下さい。各市場で価格は下がっています。

■通販

フェアウェイウッドはスリクソン Z F85

15度/18度:

シャフト:フジクラ・スピーダー661エボリューションⅡ(S)

ユーティリティ(UT)はスリクソン Z H65

ロフト19度

シャフト:フジクラMCH-70(S)

アイアンはスリクソン Z585

(5I~PW)

シャフト:GS90CPT-S200

ウェッジはクリーブランド RTX4 MIDソール

ロフト:48度/52度/58度

シャフト:NSプロ・モーダス3ツアー105(S)

パターはタイトリストS・キャメロン・コンセプトM1ツアー

ボール:ダンロップ・スリクソンZスター

スポンサードリンク

岡山絵里のゴルフ

プロフィール。

岡山絵里は、1996年6月4日生まれ、大阪府出身の若手女子プロゴルファーです。

身長:161cm
体重:64kg
血液型:O型
出身校:大阪商業大学高等学校(大阪府)
プロテスト合格日:2015年7月31日(87期生)
趣味:水泳 絵を描くこと
好きな色:青
ゴルフ歴:8歳~

ゴルフ歴は8歳からですね。やはり、プロゴルファーになる人間は最低でも7~8歳からゴルフを始めていますよね。

ジュニア時代の戦歴

小学校6年生の時には「全国小学生ゴルフ大会」で優勝しています。

 

高校は、大阪商業大学高等学校に進学し、2014年には「ネイバーズトロフィーチーム選手権」に日本代表として出場し、森田遥選手、勝みなみらと優勝をしています。

 

つまり、岡山絵里はアマチュアゴルファーとしてエリート街道を進んできたわけです。

 

岡山絵里は、プレー中もあまり表情を変えないクールな女子プロゴルファーですね。

 

もしかしたら、サングラスをかけていることが多いから無表情という印象が強いのかもしれませんね。

 

ファッションも地味なウェアが多く、女性をアピールするタイプではありませんね。アスリートです。

プロへの道

2015年のプロテストで一発合格しました。同期には辻梨恵、佐々木笙子などがいます。

 

プロになってからは、2016年にシード権を獲得すると、2018年には「リゾートトラスト レディス」でツアー初優勝を飾っています。

 

プロになってからも、わりと挫折なく順調に成績を上げています。

 

プロになってからの岡山絵里の成績を見ると、予選落ちが少ないことがわかります。

 

安定した成績を残していて、2019年も「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」で3位タイ、

 

「資生堂 アネッサ レディスオープン」単独3位などしっかりと成績を残しています。

 

ただ、2019年は優勝がない・・・

 

彼女ほどの実力なら3回くらい優勝してもおかしくありません。では、なぜ優勝できないのでしょう。

ゴルフスタイル

岡山絵里のゴルフは、ドライバーで飛距離を出し、多少曲がってもアイアンのキレでカバーするというスタイルですね。

 

フェアウェイキープ率は低いけれど、パーオン率は高いという珍しいタイプです。

 

ドライバーショットで注目したいのが、アドレスの位置からほとんど動かない強い下半身です。

 

筋力が少ない女子プロゴルファーは、バックスイングで下半身が右側に流れる選手が多いです。

 

軸さえしっかりとしていれば、多少の体重移動はゴルフスイングにおいて問題ないのですが、

 

やはりバックスイング時に下半身が右側に流れると下半身と上半身の捻転差が少なくなります。

 

その点、岡山絵里のスイングは下半身がしっかりとしていますから上半身をねじればねじるほど捻転差が生まれます。

 

この捻転差がインパクトのパワーにつながるのです。

 

岡山絵里がそれほど大きな体格ではないのに、平均240ヤード程度飛ばすことができるのは強い下半身があるからです。

 

岡山絵里のゴルフスイングの特徴として、大きなフォローがあります。

 

バックスイングで上半身をしっかりとねじるのですが、腕の力みがなく大きなフォローをとることができます。

 

下半身は緊張し、上半身は脱力するというスタイルは最もボールを飛ばすことができるスタイルです。

 

パーオン率が高いアイアンショットも彼女の強みです。

 

パーオン率が高いのでライン出しショットのようなフィニッシュなのかなと思っていましたが、

 

意外にもしっかりと振り切ってフィニッシュをとるというほとんどドライバーショットと同じようなスイングをしていますね。

 

“曲げたくなければ振り切れ”

よく言われることですが、岡山絵里はそれを実践しています。

スポンサードリンク

まとめ。

注目の若手女子プロゴルファー岡山絵里です。そして強いゴルファーです。

 

賞金女王になるための要素としては、優勝することも大事ですが、できるだけ予選落ちを回避することが大事です。

 

予選落ちをしない選手岡山絵里。賞金女王になるための要素は既にできていると感じます。あとは、優勝だけ。

 

岡山絵里の成績を見て、こんなに強いゴルファーなのに意外と知名度が低いのかな・・・と感じました。

 

知名度を上げるための一番の方法は、テレビに映ることです。テレビに映るためには、やはり優勝争いをしなければならないですね。

 

今シーズンの成績を見ていても、何度も優勝するチャンスはあったと思いますが、、、ものにすることはできませんでしたね。

 

チャンスをものにできなかったのは、技術不足かもしれませんし、精神面の問題かもしれません。

 

もしかしたら、ただ運が悪かっただけかもしれません。

 

ちょっとしたきっかけがあれば、ガンガン優勝し出すことも考えられます。

 

強いゴルファーに成長してきた岡山絵里です。これからの活躍に期待です。

応援しましょう。岡山絵里を!!

 

スポンサードリンク

エンジョイゴルフ!!楽しいゴルフライフを。