Pocket
Facebook にシェア

2019年LPGAツアーは、若い選手の活躍が目立っていますよね。2019年、4月19日~4月21日に開催されたKKT杯バンテリン・レディースでも若手女子プロゴルファー大西葵が2日目で首位タイに浮上しました。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%A4%A7%E8%A5%BF%E8%91%B5&imageId=208977

残念ながら最終日でスコアを落とし、優勝することはできませんでしたが、初日、二日目のゴルフを観ていれば、今後活躍することが十分予想される選手です。

 

 

今回は、注目の若手女子プロゴルファー大西葵のゴルフとクラブセッティングについて調べてみました。

スポンサーリンク

大西葵のゴルフ。クラブセッティング

太西葵は、テーラーメイドとクラブ契約を結んでいます。クラブセッティングの全14本がテーラーメイドですね。元々は、グローレFシリーズを使用していましたが、2019年からは、M6シリーズを使っています。

 

 

 

Mシリーズと言えば、グローレFシリーズよりもやや難しいという印象がありましたが、今回のM6シリーズは、低重心、深重心でつかまりが良いスペックですね。

 

 

従来のMシリーズの技術を踏襲しつつ、今回はスピードインジェクションという技術が新たに追加されたことで、ルール適合内の高反発を実現しボールの初速を上げることができます。

 

 

大西葵が以前にグローレFを使用していたということを踏まえると、ドライバーに易しさを求めるタイプのゴルファーではないかと思います。今回のM6ドライバーは、従来のMシリーズに比べやや易しくなっているのでイメージ的には、グローレFと同じように振ることができるのではないかと思いますね。

 

 

彼女の持ち球は、やや右に出てセンターに戻ってくるドローボールですから、つかまりが良いM6ドライバーと相性が良いのではないかと思います。

 

 

アイアンはテーラーメイドP790です。このアイアンは、見た目はいかにもアスリート向けの難しそうなアイアンという印象がありますが、実は中空構造で易しいアイアンです。意図的にクラブを操作するというよりは、クラブが仕事をしてくれるという印象ですね。アマチュアゴルファーでも十分に使えるアイアンだと思います。

 

ドライバー:テーラーメイドM6


ロフト:9度


アマゾンと楽天市場

楽天で価格を調べる


フェアウェイウッド:テーラーメイドM6 3W  5W

ロフト:15度/18度


ユーティリティ:テーラーメイドM6 レスキュー

ロフト:25度/28度


アイアン:テーラーメイドP790 (6~PW)


ウェッジ:テーラーメイドミルドグラインド


ロフト:48度/52度/58度

パター:テーラーメイド スパイダーARC


出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%A4%A7%E8%A5%BF%E8%91%B5&imageId=209106


アマゾンと楽天市場

楽天で価格を調べる


ボール:テーラーメイド


ウェア:ロサーセン


シューズ:ナイキ

スポンサードリンク

大西葵のゴルフ。プロフィール

身長:163cm
体重:56kg
血液型:O型
出身校:千葉学芸高等学校(千葉県)
プロテスト合格日:2014年7月31日(86期生)
趣味:ショッピング
好きな色:水色
ゴルフ歴:9歳~

大西葵は、1994年生まれ千葉県我孫子市出身の若手女子プロゴルファーです。最近の女子プロゴルファーはルックスが良い選手が多いですが、彼女もとてもかわいらしいルックスが魅力的な選手です。長い髪が良く似合っていますよね。

 

 

若い選手ですが、思いやりのある選手で今回のKKT杯バンテリン・レディースでも、最終日に大きくスコアを落としながらも、ふてくされることなく、プレーをしていた姿が印象的でした。

 

 

大西葵は、父親の影響で9歳からゴルフを始めました。2009年に千葉県ジュニアゴルフ選手権大会で優勝するなどの成績を残し、千葉学芸高校へ進学します。千葉学芸高校は、池田勇太の出身校ですね。

 

 

2011年、高校2年生の頃に関東高等学校ゴルフ選手権冬季大会で優勝しています

 

 

2014年7月にプロテスト合格。同期には、堀琴音、永峰咲希柏原明日架などがいますね。

大西葵のゴルフ。兄もプロゴルファー。

大西葵の兄、翔太さんは、ゴルフの名門水城高校出身でティーチングプロの資格を持っています。大西葵の活躍は、兄の翔太さんの影響が大きかったのではないかと思います。ツアー参戦当初は、兄の翔太さんが大西葵のキャディを務めていました。

 

 

ただ、兄妹の関係だけに喧嘩も多く、悩んでいる時に同じプロゴルファーで仲が良かった青木瀬令奈とお互いのキャディを交換するという話があり、実際に交換してみたところ、、、

 

 

今のところ、お互い上手くいっているようですね。自分の兄弟姉妹をキャディとして帯同しているプロは多いですが、良い面も悪い面もあるということですね。もちろん、喧嘩別れしたわけではなく、兄の翔太さんは現在も兄として大西葵の活躍を見守っています。

スポンサードリンク

大西葵のゴルフ。プロの戦歴

大西葵は、2014年からツアー参戦していますが、

2014年 賞金ランキング 133位。

2015年 賞金ランキング 89位。

2016年 賞金ランキング 91位。

2017年 賞金ランキング 73位。

2018年 賞金ランキング 115位。

という成績で、まだツアープロとしては目立った成績を残せていません。2018年は、13戦に出場し予選落ち9回です。

 

 

実は、大西葵はパターイップスに陥っていたようで、ひどい時にはアドレスした状態から手が全く動かないということもあったようです。ただ、パターの打ち方を変え、シャフトを左手に固定するアームロックスタイルにしたことでパターイップスを克服し、2019年のLPGAツアーに挑んでいます。

 

 

2019年はQTランキング4位という資格でツアー参戦していますが、8戦中予選落ちが4回とまだまだ実力を発揮していません。

 

 

ただ、2019年、4月19日~4月21日に熊本県の熊本空港カントリークラブで開催されたKKT杯バンテリン・レディースでは、初日は-4で2位タイ、2日目も-2という好成績でトップタイに浮上しました。

 

 

大西葵は、フェイスブック上で私設応援団があるほど人気がある選手ですから、多くの人が大西葵のツアー初優勝を願っていたと思います。・・・しかし、結果的には最終日に大崩れで、8オーバーという信じられないスコアで42位タイまで崩れてしまいました。

 

 

2番と10番でトリプルボギーを叩いているのが、結果的には痛かったと思いますね。2番はティーショットをバンカーに入れた後、セカンドショットで右にシャンクしてOBです。

 

 

10番は、ティーショットをOBという、、、あり得ないミスが出てしまったことが大崩れしてしまった原因かと。やはり、優勝争いにあまり慣れていない選手ですから、無意識のうちに緊張し、スイングに影響が出てしまったのだと思います。

 

 

このあたりで優勝したベテラン選手の李知姫と精神的な面で差が出てしまいましたね。これはもう経験することで克服するしかありませんね。

 

 

大西葵のスイングは、フラットでやや低い位置のトップからインサイドイン、若しくはややインサイドアウト気味にクラブを振っている印象があります。

 

 

ほとんどのショットで綺麗なドローボールが出ているのでショット的には十分に優勝できるスイングができているのではないかと思います。

 

 

パッティングは、左手をシャフトに固定するアームロックスタイルで、パターイップスはもう克服したのではないでしょうか。

 

 

最終日のスコアを見ると、少しパット数が多かったと思いますが、これは精神的な問題だけだと思います。

 

 

KKT杯バンテリン・レディースでは、初日、二日目と素晴らしいゴルフをしていただけに残念でしたが、今後優勝争いを経験することで、克服することができるでしょう。

スポンサードリンク

大西葵のゴルフとクラブセッティングのまとめ

大西葵のKKT杯バンテリン・レディースは、惜しくも残念な結果に終わってしまいましたが、初日、二日目のゴルフを見る限り、2019年ツアー初優勝を飾ることも十分できるという可能性を感じました。

 

 

また、最終日に自分が大崩れしながらも同伴者で優勝争いをしている李知姫を気遣うフェアプレー精神は立派でしたね。かわいいだけでなく、気遣いができる性格の良さが、大西葵の人気がある理由であるのではないかと感じました。

 

 

ゴルフの実力的には十分優勝する可能性がある選手です。ただ群雄割拠する女子ゴルフツアーで活躍するには信頼できる「コーチ」の存在が必要だと思います。コーチを信頼しスイングをチェックしながら試合で実践していくその経験を重ねて優勝争いをすれば、必ず優勝できる選手だと思います。

 

 

ゴルフは一人でプレーするスポーツです。ですので自分のスイングをその場で指導してくれる「コーチ」は上達への近道になるのです。

 

スポンサードリンク

最後までお読みいただきありがとうございます。