Pocket
Facebook にシェア

黄金世代(98年~99年3月生まれ)の女子プロゴルファーの活躍で大いに盛り上がっている女子ゴルフツアーです。

 

 

ですが、実力者のかわいい若手女子プロゴルファーも頑張っています。黄金世代より少し早く生を受けジュニア時代から活躍してきたかわいい若手女子プロゴルファーの使用ドライバーをまとめました。

 

 

下の目次から応援する選手名をクリックすると選手の記事に飛びます。

スポンサーリンク

女子ゴルフ。かわいい若手メンバー、永井花奈の使用ドライバー。

永井花奈は、1997年6月16日生まれでプロテストは2016年に合格しています。(88期生)目がクリッとしていて可愛らしいルックスが印象的な選手です。

 

 

もちろん、可愛いだけではなく2018年は賞金ランキング22位とプロゴルファーとしての実力もあります。

 

 

ドライビングディスタンスは約230ヤードとそれほど飛ぶ選手ではありませんが、フェアウェイキープ率は70%強と高く、飛距離よりも安定した方向性が彼女の強みです。

 

 

永井花奈のドライバーはヤマハ RMX ドライバー プロトタイプ。ロフトは9.5度です。

 

 

プロトタイプなので詳細はわかりませんが、おそらくこの先RMXの最新版として世に出てくるのではないでしょうか。

 

 

有村智恵もこのドライバーを使用していますね。

 

 

両者共通の意見は“曲がらない”ドライバーということです。飛距離よりも方向性を大事にする永井花奈にピッタリですね。
永井花奈のクラブセッティングとプロフィール。

スポンサードリンク

女子ゴルフ。かわいい若手メンバー、エイミー・コガの使用ドライバー。

エイミー・コガは、1995年8月26日生まれでプロテストは2018年に合格しています(90期生)

 

 

身長は176cmのモデル系女子プロゴルファーです。

 

 

2019年は、開幕戦の第32回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントでいきなり2位になるなど注目を集めました。

 

 

スラッとした長い脚が魅力的ですね。

 

エイミー・コガのスイングは、身長を活かした遠心力とインパクトでの強い右足の蹴りによってボールを飛ばすスタイルです。

 

 

コンパクトなトップから大きなフォローが彼女のスイングの特徴ですね。

 

 

使用ドライバーは、テーラーメイドのM5、ロフトは9度です。直進性と飛距離性能を併せ持つドライバーです。

 

 

エイミー・コガは、契約フリーですから、彼女のスイングに最も合っているドライバーがテーラーメイドのM5という事なのでしょうね。
エイミー・コガのクラブセッティングとプロフィール。

スポンサードリンク

女子ゴルフ。かわいい若手メンバー、脇元華の使用ドライバー。

脇元華(わきもとはな)は、1997年10月4日生まれで2018年プロテストに合格しています(90期生)

 

 

日本人離れした高身長と目鼻立ちがくっきりとした可愛いルックスが魅力的な若手女子ゴルファーです。

 

 

ミニスカートが良く似合い、ゴルフ以外でも魅せることができるゴルファーです。

 

 

ドライビングディスタンスは、約228ヤードとそれほど飛距離が出るタイプのゴルファーではありません。

 

 

ですが、69%近くあるフェアウェイキープ率でしっかりとフェアウェイをキープできるゴルファーですね。

 

 

脇元華の使用しているドライバーは、テーラーメイド M3ドライバー。

 

 

私の個人的な印象かもしれませんが、高身長ゴルファーは、テーラーメイドのMシリーズを使っていることが多いような気がします。

 

 

もしかしたら、テーラーメイドのMシリーズは高身長ゴルファーに合っているのかもしれませんね。
脇元華のゴルフとクラブセッティング。

スポンサードリンク

女子ゴルフ。かわいい若手メンバー、蛭田みな美の使用ドライバー。

蛭田みな美(ひるたみなみ)は、1997年7月15日生まれで、プロテストは2016年に合格しています(88期生)

 

 

「日本アマチュアゴルフ選手権」「日本ジュニアゴルフ選手権」の2冠を手にしていることからプロデビュー時には注目が集まった選手です。

 

 

地味目のファッションが多いですが、あどけなさも残り笑顔がとっても魅力的です。

 

 

ドライバーの平均飛距離は、約235ヤードと飛ぶ方ですが、フェアウェイキープ率が悪いのでやはりキープ率が今後の課題ですね。

 

 

蛭田みな美の使用ドライバーは、ブリジストンのJ715です。

 

 

スピン量を減らし、左右に球筋を打ち分けたいゴルフ上級者~中級者向けのドライバーですね。

 

 

蛭田みな美のスイングを見ると、コンパクトなトップからかなり思い切ってクラブを振っていく思いきりの良いスイングです。

 

 

このように叩きたいゴルファーには、オススメのクラブです。
蛭田みな美のゴルフ。クラブセッティングとプロフィール。

スポンサードリンク

女子ゴルフ。かわいい若手メンバー、大出瑞月の使用ドライバー。

 大出瑞月(おいでみつき)は、1997年11月21日生まれプロテストは2016年に合格しています。身長151cmの可愛い系の女子プロゴルファーです。

 

 

身長が低いというハンデを正確なショットでカバーし、2018年は「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」で2位タイになるなど活躍し、賞金ランキング41位でシード権を獲得しています。

 

 

身長が低く、ショットの正確性が彼女の武器ですが、ドライバーショットもそれほど飛ばないわけではなく、平均235ヤード程度飛ばすことができる選手です。

 

 

大出瑞月のスイングは体幹で打つスタイルですね。トップでは極限まで上半身を捻転させているのがわかります。

 

 

小さな体でも235ヤード以上飛ばすことができるのは、体幹を使ったスイングができているからです。

 

 

使用ドライバーは、ピンG410 PLUS(プラス)です。ボールを弾く強さが特徴的で、飛距離性能は抜群です。

 

 

更に、アマチュアゴルファーでも使うことができるやさしさがプラスされていますから、方向性と飛距離を兼ね揃えたドライバーですね。
大出瑞月のゴルフとクラブセッティング。

スポンサードリンク

女子ゴルフ。かわいい若手メンバー、安田彩乃の使用ドライバー。

安田彩乃は1995年6月6日生まれで2016年にプロテストを合格しています。ルックスが良く、今どきの女子という雰囲気が魅力的ですね。

 

 

ファッションもセンスがあり、ピアスも可愛いです。もちろん、ゴルフの実力も徐々に上がってきています。

 

 

2018年の「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」で単独3位に入るなど少しずつ、上位争いに加わる機会が多くなってきました。

 

 

安田彩乃はゆっくりとしたバックスイングから、フィニッシュまで振り切る美しいスイングをしますね。

 

 

アマチュアゴルファーの手本になるようなスイングです。

 

 

安田彩乃の使用ドライバーは、ゼクシオ テン。つかまりが良いクラブで、ミスに対する寛容性も高い人気のモデルですよね。

 

 

ゆったりとしたリズムでスイングをする安田彩乃のような選手には、このようなつかまりが良いモデルが合っているのではないかと思います。
安田彩乃のゴルフ。クラブセッティングとプロフィール。

スポンサードリンク

女子ゴルフ。かわいい若手メンバー、金澤志奈の使用ドライバー。

金澤志奈は、1995年7月29日生まれで2017年にプロテストを一発で合格しています。和風美人として人気がある若手女子プロゴルファーです。

 

 

顔が小さくてかわいいですよね!

 

 

ドライバーの平均飛距離は230ヤード弱と女子プロゴルファーの中では飛ぶ選手ではありませんが、フェアウェイキープ率73%という数字は多くの女子プロゴルファーの中でも素晴らしい数字です。

 

 

方向性という点では、トップクラスの選手と言えます。

 

 

曲がらないショットが打てる理由は、シンプルなトップと大きなフォローですね。

 

 

ややアーリコックでクラブを上げてフラットなトップからコンパクトにボールを捉える美しいスイングです。

 

 

彼女の使用ドライバーは、ブリヂストン TOUR B XD-3です。

 

 

アスリート向けであるツアーBシリーズの中では、アベレージゴルファーでも使うことができるやさしさを持っています。

 

 

金澤志奈のような軸がブレないスイングをすることができる選手は、このような操作性の高いクラブを使うことで自分のイメージ通りの弾道のボールを打つことができます。
金澤志奈のゴルフ。クラブセッティングとプロフィール。

スポンサードリンク

女子ゴルフ。かわいい若手メンバー、大西葵の使用ドライバー

大西葵は1994年7月13日生まれです。2014年にプロテストに合格している86期生です。

 

 

未だシード選手としての活躍はありませんが、4月開催のKKT杯バンテリン・レディース2日目で首位タイになったことでスイングの修正ができたのではと思っておりました。

 

 

大西葵のフェアウェイキープ率は65%です。(12試合終了時点)ダックフックが出てしまうのでしょう。

 

 

大西選手も今、ダックフックを修正しているようです。その方法を紹介しますね。先ずは左腰を低い位置にキープして下さい。

 

 

インパクトで左腰が浮き上がることで腰の回転が止まりヘッドが急激にかえってしいますよね。そんな時のボールは大きく左に曲がるダックフックです。

 

 

OBゾーンへまっしぐらなんてこともあるのでとても怖いですね。大西葵もよくあったようです。その修正法が、カットボールを打つ練習をしたそうです。

 

 

大西葵大西葵

手元を急激に返さない意識はもちろんですが左腰を低い位置にキープしてお尻をその場で回す意識が大事です。

 

 

これでダックフックがストレートに近い球筋になったようです。是非参考にして下さい。

 

 

さて、太西葵は、テーラーメイドとクラブ契約を結んでいます。ですので使用クラブは全てテーラーメイドです。
大西葵のゴルフとクラブセッティング

スポンサードリンク

女子ゴルフ。かわいい若手メンバーの使用ドライバーのまとめ。

いかがですか!!2019年は黄金世代を始め、多くのかわいい若手女子プロゴルファーと上田選手を代表に実力派のアラサー女子プロゴルファーが大活躍し盛り上っていますね。

 

 

ゴルフの実力だけでなく、最近のかわいい若手女子プロゴルファーはルックスも良く、体型もモデルのような選手が多くいますね。

 

 

今回は、その中でも可愛さとゴルフの実力の両方を持っていて必ずや優勝できる若手女子プロゴルファーを紹介しました。

 

 

全体的な感想としては、最近では、プロゴルファーもクラブにやさしさを求めるようになっているという傾向を感じます。

 

 

昔は、自分で球を曲げることができる操作性の高いドライバーは、プロゴルファーや上級者が使っていましたよね。

 

 

一方、操作性が悪い代わりに直進性が高いモデルはアマチュアゴルファーが使うというイメージがありましたが、最近はそうでもないような気がします。

 

 

プロゴルファーでもドライバーにやさしさを求める時代になってきているということでしょう。

 

 

さて、あなたは女子プロゴルファーの応援は主にTV観戦ですか?それともトーナメント会場に行ってエールを送っていますか?

 

出典:https://news.golfdigest.co.jp/jlpga/photo/detail/?imageId=211397

トーナメント会場には独特の雰囲気があります。ティーオフでは選手紹介のアナウスで華やかさの中にも緊張感が漂っています。是非足を運んで下さい。

 

 

そこで、トーナメント会場で選手を応援する時の必需品を紹介します。それは、ずばり「日焼け止め」です。

 

 

これからの季節、曇り空でも、木陰でも、とても紫外線が強いのです。ラウンド時にはプレーする前に必ず「日焼け止め」を使いますよね。

 

 

でも、観戦となると面倒なのか「日焼け止め」を使用しない方が多いのです。その方々は肌老化を早めることになってしまうのです。

 

 

是非是非あなたの大切なお肌を紫外線から守って下さい。最近は男性の肌を考えて本気で開発した商品もあります。
オトコの為の日焼け止め「ZIGEN」

 

 

「できる男は、ゴルフが上手」「90切りのゴルファーは仕事ができる」最近は美容ビューティーが男性にも大流行しています。

 

 

NHKの#ネタドリでオンエアーしていました。中高年の美への意識は高まっています。あなたの肌を老化させないで下さい。

 

 

できる男の紫外線対策、UVクリームジェル。テカらない、ベタつかないのでビジネスシーンでも使えます。
紫外線吸収剤不使用で、肌に優しい!ZIGENを是非お試し下さい。

 

スポンサードリンク

楽しいゴルフライフを!エンジョイゴルフ!!