スポンサードリンク
Pocket
Facebook にシェア

2019年の賞金ランキングは9位と立派な成績でした。獲得賞金も約8100万円と若い選手達に負けない活躍でした。

 

アラサー女子プロゴルファーの中で元気で頑張っている選手の一人です。

上田桃子のクラブセッティング2019。

上田桃子は、キャロウェイと契約しています。

 

クラブセッティングは、どんなに数値がよくても“顔”と“打感”が合わないと使えないと応えています。

写真:Tポイント優勝時
出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E4%B8%8A%E7%94%B0%E6%A1%83%E5%AD%90&imageId=207057

キャロウェイ契約プロと言えば、男は石川遼、女は上田桃子というイメージが強いですよね。

 

フェアウェイウッドは、キャロウェイから2013年に発売されたX HOT PROを長い間使っています。

 

FW同様に、上田は気に入ったクラブを長く愛用しています。ただ、昨シーズンはセッティングを大きく変更しました。

 

番手構成も操作性重視でシュートウッドをUTにチェンジしていました。

 

さらに、UTをアイアン型の「XフォージドUTアイアン」にシフトし、ウッド型よりも低い球で、コントロールショットが打ちやすくなったそうです。

 

「飛距離よりも方向性。とにかく曲がらないクラブ」を求めているようですね。

 

ドライバーは、キャロウェイ・GBBエピックスターをアイアンは、キャロウェイAPEX アイアンを使用しています。

 

キャロウェイで初めて、軟鉄フォージドボディ+360カップフェース(ステンレス)を採用し、高いボール初速とインパクトでのソフトなフィーリングを両立したモデルです。

 

※注)画像は上田選手が実際に使用しているクラブの同型で、上田選手が実際に使用しているクラブではありません。

ドライバーはキャロウェイ・GBBエピックスター


出典:https://lesson.golfdigest.co.jp/gear/catalogue/driver/gca000006680401.html

シャフト:PT-6(SR)
ロフト:9.5度
長さ:45インチ

ねじれない本来の球筋が復活したドライバーです。一発の飛距離よりも安定した飛びを上田選手は求めています。
弾道の高低もコントロールしやすく、操作性も優れているのがお気に入りだそうです。

 

キャロウェイドライバーの記事はこちらを参考にして下さい。

■関連記事

フェアウェイウッドはキャロウェイ X HOT PRO

(#3、#5)



シャフト:PT-6(SR)
ロフト:15度/19度
長さ:43/42インチ

2本のXホットプロを入れています。思い通りの弾道が打てるかが調子のバロメータになっています。

UTはキャロウェイ・エイペックス

(2019)

 


ロフト:23度/26度
シャフト:ツアーAD U-75(SR) N.S.プロ950GH(SR)
長さ:非公開

アイアンはキャロウェイ APEX

(6I~PW)

 

シャフト:N.Sプロ 950(SR)
ロフト/長さ
6I :29度/37.5インチ
7I:33度/37インチ
8I:37度/36.5インチ
9I:41度/36インチ
PW:45度/35.5インチ

 

4年間使い続けている頼れる相棒のアイアンです。

 

打感にこだわる上田の納得のアイアンでシャープな顔つきでラインを出しやすく、スピン量や縦の距離感も計算しやすいアイアンです。

 

詳しいアイアン記事はこちらをご覧ください。

■関連記事

ウェッジはキャロウェイ Xフォージドウェッジ ミルキークロム

AW

 

 

ロフト/長さ
50/54度/35.5/35.25インチ

LW:キャロウェイ マックダディ フォージド(2018)


シャフト:N.Sプロ 950(SR)
ロフト:60度
長さ:35インチ

SWは女子では珍しい60度です。昔からこのスタイルで、開いたり閉じたりと多彩な寄せ技を持つ上田プロです。

パターはオデッセイ ホワイト・ライズiX#1SH

今季クラブを替えたのはエースパターのシャフトだけです。

 

開幕戦でテストした「ストロークラボ ONEパター」の純正シャフトを装着しています。

 

新シャフトは、昨年までのものより軽く「ボールを押す感覚」でストロークできるそうです。

 

シャフトはカーボンとスチールの複合素材で、初めて試したときから好感触だったそうでギアに関してもこだわりが深まりました。

 

このパターで年間複合数勝利を目指してほしいですね。

 

ボールはキャロウェイ クロムソフトX

まとめ

クラブセッティングはキャロウェイ。キャロウェイは上田桃子のイメージが定着しましたね。

 

クラブ以外はパーリ―ゲイツとウエアー契約しています。パーリ―ゲイツは、年齢や性別を超えたオシャレなゴルフウェアとして人気があるメーカーですね。

 

ジュニアトーナメントも開催しており高校生時代の永井花奈さんも優勝していますね。

 

上田桃子のサングラスがカッコいいと話題になっていますが、上田桃子はパラサイトというサングラスメーカーと契約しています。

 

2020年もアラサー選手の上田桃子プロの契約先は変わらないと思います。若い選手達が活躍している女子ゴルフ界のツアーですが、

 

上田桃子選手のような存在がそのツアーの人気を不動にしているのです。

 

スポンサードリンク

2020年も応援しましょう。