Pocket
Facebook にシェア

2019年の女子ゴルフを席巻するのは渋野選手や畑岡選手の黄金世代の女子プロゴルファーの面々です。

 

その黄金世代から2学年年下の世代をプラチナ世代と呼び代表格の選手はオーガスタで3位になった安田祐香です。

 

黄金世代に負けない逸材が揃っており、今季のプロテストは非常に高いレベルの戦いが予想させます。

 

代表格の安田祐香選手のクラブセッティングの最新情報が解りましたので紹介します。

スポンサードリンク

プラチナ世代の代表格・安田祐香のクラブセッティング

安田祐香のクラブセッティングですが、現在ダンロップのスリクソンのクラブを使っています。

 

アマチュアゴルファーとクラブメーカーが用品の契約を結ぶことはありません。ですからできる事は限られています。

 

そんな状況の中でクラブメーカーは長年データを取っていますので、プロになればダンロップと契約になるでしょう。

 

アマチュアゴルファーがプロになってもアマチュア時代に使用していたクラブメーカーと用品契約を結ぶパターンは多いですね。

 

古くは宮里藍さんはブリヂストン、横峯さくらさんはダンロップでした。

 

黄金世代の勝みなみも小学生からダンロップのサポートを受けています。

 

プロになってからダンロップと契約し、現在はスリクソンのクラブを使用していますね。

 

安田祐香ほどの有望選手になると、水面下でクラブメーカーの争奪戦が繰り広げられているのではないかと思います。

 

ですが、安田祐香も勝みなみのようなパターンになりそうな気がします。プロになってから、安田祐香がどのようなクラブを使うのか気になるところですね!

 

本人はクラブに対するこだわりはないと言っておりますが、やはりクラブを見ると鉛などが貼られているので微調整はしていると思います。

 

それではプロテストに向けてのクラブセッティングを紹介します。

ドライバーはスリクソンZ785

つかまりすぎることがあるとのことで、トウ側に鉛を貼ることで調整しています。

 

ロフト:10.5度
シャフト:アタックスG7(5S)
長さ:45.125インチ

フェアウェイウッドはスリクソン Z F85

3W

ロフト:15度
シャフト:アッタスcool(5S)
長さ:42.5インチ

ユーティリティー(UT)はスリクソン Z H85

3/4UT

ロフト:19度/22度
シャフト:Miyazaki kaula for HYBRID(7S)
長さ:40.25/39.75インチ

5UTはスリクソン Z U85

ロフト:26度
シャフト:NSプロ850GH(S)
長さ:38.25インチ

アイアンはスリクソン Z585

6I~PW

シャフト:NSプロ850GH(S)

ウエッジはクリーブランドRTX4

ロフト:48度/52度/58度
バウンス角:8度/10度/9度
シャフト:NSプロ850GH(S)/950/950
長さ:35.25/35.25/34.5インチ

プロテストに向けての課題はアプローチでリカバリー率を上げたいという目標を持っています。

 

安田のウエッジ58度はソールの刻印が読めなくなるほど削りが入っています。重量調整のため鉛りを貼って対応しています。

パターはオデッセイのO-works1W/STROKE LAB

長さ:33インチ

ボールはスリクソン Z-STAR XV

いかがでしたか!トップアマの安田祐香のクラブセッティングは・・・

 

すでにプロの試合でも予選を通過し上位でフィニッシュしているのでダンロップのクラブセッティングを公開しましたね。

 

スリクソンのドライバーは多くの女子プロゴルファーが使っています。最近の女子プロゴルファーのクラブ使用の傾向は、、、

 

やさしいクラブを使っています。アマチュアにもとても参考になりますね。

 

あなたのバックにもスリクソンを入れてみて下さい。

出張の多い方は注目!!

エアトリプラスを利用していますか?

エアトリプラスは国内ホテルが最大70%OFFになるようですよ。

出張規定の額でもワンランクアップのホテルが利用できますね。

是非ご利用ください。

プラチナ世代・安田祐香のクラブセッティングのまとめ

スポンサードリンク

基本的にはこのセッティングで、日本女子オープンや2019年の出場できる残りの試合に臨むと思います。

 

11月の最終プロテストも多少の微調整はあるとは思いますが信頼しているダンロップのクラフトマンのデータを参考にして万全な体調で戦って欲しいですね。

 

2020年の女子ゴルフは非常に層が厚くなり若い世代のプラチナ世代から黄金世代そしてかわいい女子ゴルファーが熱い戦いを見せてくれると思います。

 

そこに上田桃子や申ジエさんそして忘れてはいけない15年、16年の賞金女王のイボミがフェアウエイを歩く姿が目に浮かびます。

 

盛り上がる女子ゴルフの世界でゴルフクラブの進化も止まりません。

アマチュア安田祐香のゴルフ戦歴2019からプロテストへの道

プロになっても応援しましょう。安田祐香を・・・

 

スポンサードリンク

エンジョイゴルフ!!楽しいゴルフライフを。