女子プロゴルファーのクラブセッティング。

ドライバーの選び方。ブリヂストンニュードライバー「Bシリーズ」の特徴と評価。

ドライバー

2021年秋ブリヂストンから、「B1」「B2」という2種類のドライバーが発売されました。

ゴルフクラブメーカーがそれぞれのアプローチで実現している「低スピンと高反発性能争い」 ブリヂストンはフェース裏からダイレクトにボールをはじき返すというユニークな手法でアプローチしています。

従来のブリヂストンのドライバー、ウッド系はプロ、アスリート向けの叩いて飛ばせて球筋のコントロールもしやすいTOUR-BX。

ヤングアスリート、中級者向けにつかまりの良さを目指した「TOUR-B JGR」という分類がされていました。

ですが、今作からコンセプトはそのままにシンプルに「B1、B2」という呼び名に変わっています。

ドライバーの選び方。ブリヂストン「B1」ドライバーの特徴と評価。

古江彩佳が「富士通レディース2021」で使用し優勝した「ブリヂストンB1」が早速注目されています。

460CCの体積を持つ、ややトウ側を逃がしたオープンフェースで構えやすい丸顔のヘッドはクラウンにカーボンを用いたコンポジットヘッドになっています。

昔から、ドライバーに求められる機能は飛距離と方向性です。

現在、国内で売られている主要なドライバーの飛距離と方向性へのアプローチを大きく分けると、

ミズノやテーラーメイド、ホンマなど「ソールに溝を作る」などヘッド全体をたわませ、たわみ戻る力をボールへ転化するものと、

キャロウェイやピン、タイトリストなどヘッド全体のたわみを抑制して「フェースの反発力」をボールへ転化するものと2通りのアプローチがあるように思います。

ブリヂストンは後者「フェースの反発力」のアプローチでTOUR-Bシリーズを世に出してきたと思います。

「B1」ドライバーの特徴。

「B1」のヘッド後方の可変ウェイトは好みの弾道によって5箇所で調節が可能になっています。 基本的には前作のTOUR-BXを踏襲しています。

ぱっと見てすぐにわかる特徴的なソール側のフェース真裏にあるへこみに埋め込まれるように設置されたサスペンションコアの素材が変更されています。

このサスペンションコアは突起状の形状を持ち、インパクトの瞬間のフェースのたわみを抑制して反発力に転化する機能を持っています。

ですが、その先端のポリマーを中間に移動させ、さらに素材もステンレスからチタンへと変更したことで強度が向上し、フェースを抑える効果も増しています。

また、それに伴いフェースの素材と構造を見直してより薄肉化しており、反発エリアが広がっています。

このサスペンションコアの効果を増大させるためにソールセンターを硬くしています。

その分、カーボン製のクラウンの内部をハニカム構造にしてたわみ量を大きくしながらもしなり戻りを早めて高打ち出し、高初速を可能にしています。

「B1」ドライバーの評価。

やはり他社の同コンセプトモデルとの比較による評価が多く、方向性の良さと左への不安がないという評価が多く見受けられます。

一方で、ヘッドスピードがある程度ないと臨む飛距離が得られないというコメントもあります。

これはニューサスペンションコアが、その性質上強いボールインパクトがないと十分にその能力を発揮できないことにも起因していると思います。

「B1」ドライバーのシャフトは?

長さは45.25インチと現在では標準的な長さでツアーADとブリヂストンの共同開発TOUR AD BS-6という60グラム台のシャフトが標準となっています。

それ以外のシャフトはカスタム対応となりますが、選択肢が豊富にあり、現在人気のVENTUS BLACK、SPEEDER NXに加えて10月発売のTOUR AD UBも人気が集まっています。

ヘッド単体でおそらく200グラム弱の重さですので、選択肢も多くなると思います。

ボギーちゃん
ボギーちゃん
価格等は激安ゴルフクラブ量販店の有賀園ゴルフオンラインAGOでも調べて下さい。

ドライバーの選び方。ブリヂストン「B2」ドライバーの特徴と評価。

「B1」がプロ、アスリート向けに振ったのとは対照的に、中級者以上のゴルファーが飛ばせるというコンセプトが「B2」ということになります。

「B1」とは見た目がほぼ同じ「B2」ですが、その前身である、JGRドライバーはさらに元をたどるとツアーステージXドライブGRドライバーになります。

ツアーステージXドライブが球筋を操りたいプロ、上級者むけに435CCという小ぶりなヘッドだったのに対して中級者以上を取り込むために、460CCのヘッドで登場したのがGRでした。

JGRはその後2015年にJGRドライバーとして登場しています。

そしてターゲットユーザーは一貫してアスリート系を目指す中級ゴルファーになっています。 ターゲットユーザーを考えると「B1」とほぼ同じ外観の「B2」はアピールしやすいと思われます。

「B2」ドライバーの特徴。

B1と同じ460CCのヘッド体積を持ち、同じく丸顔のヘッドのB2です。

B1のフェース向きがオープンであるのに対してフェース向きがスクエアな部分に違いが見られます。

ニューサスペンションコア、ハニカム状のハイブリッドクラウンなどの機能も共通です。

ですが、ウェイト調節機能がなく、予めヒール寄りに18gのウェイトを集中的に内蔵したドローバイアスになっています。

また、トウ側を硬くすることでボールインパクトの瞬間スライス回転を防いでつかまりの良さも追求しています。

「B2」ドライバーの評価。

「B1」との比較ではつかまりの良さには多くの高評価が集まっています。

万年スライサーだったのに、ハイドローが打てるといった意見もあります。

ただ、ハードヒッターが打つと強めのドローになり、打ちにくいといった意見もあります。

「B1」と「B2」とで、球筋を明確に振り切ったところにブリヂストンの意思を強く感じるモデルといえます。

ドライバーの選び方。ブリヂストン「B1リミテッド」ドライバーの特徴と評価。

かつてのブリヂストンのドライバーを知る人には懐かしさを感じる洋ナシ型で逃げ顔のヘッドを持つB‐Limited B1ドライバーも用意されています。

こちらはブリヂストン直営店とキャラバンのみにて取扱いという、販路を絞っての販売となっています。

つまり使い手を選ぶドライバーであり、フィッティングありきのドライバーになります。

おそらく海外ツアー展開を視野に入れた、インターナショナルモデルとして存在させる意図があると考えられます。

ボギーちゃん
ボギーちゃん
価格等は激安ゴルフクラブ量販店の有賀園ゴルフオンラインAGOでも調べて下さい。

さて、ブリヂストンのニュードライバーはいかがでしたか?

発売前に女子プロゴルファーの皆さんに使っていただきその効果測定をしています。

ですがアマチュアは毎年ニュークラブを購入するだけの余裕はないですよね。

そこで、普段使用していないクラブはゴルフエースに売って新クラブ購入の予算に当てましょう。

!先ずはクイック査定でチェック!
発送用の段ボールは送られてきますよ!

 

まとめ。

3機種とも同じようなデザインにしながらも球筋をコントロールしながら叩いていきたい「B-Limited B1」。

やさしくドローが打てる「B2」とは全く両極端に位置させ、その中間で左を恐れず叩いていける「B1」という位置づけにしています。

ブリヂストンに限らずプロ仕様のクラブを作ってきたクラブメーカー。

「難しい」という先入観を払拭できぬまま軒並み苦戦している現状ではとにかく打ってもらうことが必要ですね。

どのクラブも決してかつてのような気難しさはなく、見た目よりもやさしいことが理解できると思います。

特にブリヂストンは、ソールに刺さったニューサスペンションコアの存在がぱっと見すぐにわかるので、デザイン的な好き嫌いが分かれるようです。

しかしBシリーズは操作性や打感などおだやかな性質を与えられています。 是非、試打してみることをおススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました