Pocket
Facebook にシェア

今季12戦目の中京テレビで2度目の優勝を果たした勝みなみです。

 

令和時代の黄金世代初代クイーンを目指して欲しいです。

 

肉体強化でドライバーの飛距離を伸ばし、メンタル強化で不安感を見せない試合展開で優勝の2文字を寄せてくる姿は実力者の域に入りました。

 

クラブ契約は今年もダンロップです。

 

昨年オフにはドライバーショットの正確性を重視しニュードライバーに変えています。

 

ウイークポイントはやはりドライバーの正確性なんです。

 

FWキープ率など自身のウイークポイントを洗い出して、そこを徹底的に強化したそうです。

 

勝みなみのクラブセッティング2019は正確性を重視したセッティングになっています。

スポンサードリンク

勝みなみのクラブセッティング2019

※各クラブの画像は勝みなみが使用している同タイプのクラブで実際に使用しているクラブではありません。

昨季のFWキープ率は、55.44%で90位でした。

 

この数値をアップしなければ常勝プロになることは厳しいと思います。今季はこの数値が課題になりますね。

 

勝の対策は左を恐れずに安心して振り切れるドライバーにしたことです。

ドライバーはスリクソンZ785

ロフト:10.5度
シャフト:ディアマナDF50(SR)
長さ:45.25インチ

 

Z785ドライバーは本格派フォルムながらやさしさも兼ね備えています。

 

楽に飛距離を伸ばしつつ、勝選手のウイークポイントである正確性をサポートします。

 

スリクソンドライバーはこちらの記事を参考にして下さい。

■関連記事

 

 

勝選手が使用している「SRIXON Z785」の 現在の価格は?こちらで調べて下さい。

フェアウェイウッド(3W、5W)はスリクソンZ F85

ロフト:15度/18度
シャフト:ディアマナ(SR)
長さ:42.5/41.5インチ

 

ドライバーからの流れを重視しています。FWは楽に飛ばせて横のブレを抑制してくれます。ランも含めて飛距離が計算できます。

ユーティリティー(4UT)はスリクソン Z H65

ロフト:22度
シャフト:Miyazaki KENA ハイブリッド7(S)
長さ:39.75インチ

 

アイアン感覚でピンを狙えるUT。UTはフォルムがシャープでアイアンのようなイメージで振りきれます。低く抑えることもできるので使用頻度が高いですね。

アイアン(5I~PW)はスリクソン Zフォージド

ロフト:長さ(インチ)
5I:26度/38.0
6I:29度/37.5
7I:33度/37.0
8I:37度/36.5
9I:41度/36.0
PW:46度/35.5

シャフト:N.Sプロ プロトタイプ(S)

アイアンは構えた瞬間、シャープに振りきれるイメージが湧きます。ショットの切れ味勝負する勝のプレーを後押ししてくれます。

 

勝みなみは打感の良さがお気に入りのようです。

 

ただ、Zフォージドはアマチュアには少し難しいクラブです。アマチュアにはスリクソンZ585をお勧めします。

 

スリクソンアイアンはこちらの記事を参考にして下さい。

■関連記事

ウエッジ(AW、SW)はクリーブランド RTX-4

シャフト:NS950(S)
ロフト/長さ
AW:50度/35.25インチ
AW:54度/35インチ
SW:58度/35インチ

 

ウエッジはクリーブランドRTX-4の58度を中心に使用しています。状況次第では50、54度を使い分けています。

パターはオデッセイ オーワークス#1

オーワークス#1はボールを押す感覚で打てます。柔らかい打感でフェースにボールがくっつく感覚があります。

 

しっかりヒットしてラインに乗せてバーディを沢山奪って下さいね。

 

オデッセイのパターはこちらの記事を参考にして下さい。

■関連記事

 

ボールはスリクソンZスターXV

スポンサードリンク

勝みなみのゴルフ2019

今季の勝みなみのゴルフはドライバーの正確性を高めてFWキープ率を上げることです。

 

前半戦(12試合消化)のFWキープ率は62.77%(64位)でした。

 

キープ率を上げて後半戦も頑張ってもらいたいですね。

 

後半戦で優勝すればプロ最速での「賞金女王」も夢ではありませんね。

 

ところで、勝みなみはオフトレで自身の体力アップのトレーニングに加えてメンタルトレーナーの指導も受けました。

 

当然ですが、プロは賞金を稼ぐためにトーナメントに出場します。

 

優勝争いをする選手は技術の他に「心の格闘」が加わります。

 

現在の女子プロゴルファーは心のトレーニングも必要になってくるのですね。

 

ケガをしない体のトレーニングもとても重要ですが今やメンタルトレーナーの位置づけがとても重要なのです。

 

勝みなみは、2014年「KKT杯バンテリンレディスオープン」でアマチュアとして優勝しました。

 

それ以来、黄金世代の女子ゴルファーは常に勝みなみを目標に頑張ってきました。

 

勝みなみの活躍は黄金年代の98年、99年生まれの女子プロゴルファー達に刺激を与え相乗効果で皆が切磋琢磨してツアーを盛り上げていくことになりました。

 

心の格闘のためにメンタルトレーナーを加えたことは大変有意義だと思います。

 

何故なら、勝敗を決める最後はパッティングです。

 

プロはパットイズマネーなのです。心の動揺は手に指に現れるのです。

 

ですからパターの選び方がとても重要になってくるのです。

勝みなみの結果(優勝)2019

第12戦:優勝中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン

中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン(5月24日~26日)の優勝で世界ランクが50以内に入り憧れの米本土メジャー戦出場資格を得る事ができ初挑戦できました。

 

全米女子オープン(サウスカロライナ州、CCチャールストン)の結果は、「72-70-72-71」通算1オーバー 22位タイでした。

第9戦:優勝:パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント

大逆転で新元号令和初の優勝です。素晴らしい試合でした。

 

黄金世代の中心人物。今や女子ゴルフのスターになった勝みなみが今季9戦目のパナソニックオープンレディースゴルフトーナメントで優勝しましました。

スポンサードリンク

まとめ

6月2日の最終日、勝みなみ選手の全米女子オープンの結果は22位タイでした。
カントリークラブ・オブ・チャールストン(サウスカロライナ州)

 

ところが全米女子オープン出場後の成績を見ると調子を崩しています?予選落ちが多くなりました。

 

全米の出場がハードだったのか?それともスイングに不安を感じてしまったのか?

 

海外のメジャーに参戦すると海外選手との飛距離の差にビックリすると言います。

 

勝選手も飛ばない選手ではないので心配はないとは思いますが・・・でも心配ですね。

 

勝みなみを応援しましょう。

 

スポンサードリンク

エンジョイゴルフライフ!!楽しいゴルフライフを!!