Pocket
Facebook にシェア

ツアー1勝の永井花奈は今年の用具契約をホンマからヤマハに替えました。

 

さらにコーチを小祝さくらを指導している辻村明志にお願いしトレーナーも新体制で開幕を迎えました。

 

高校生時代の「懐かし画像」から一流プレーヤーに育つ永井花奈を紹介します。

スポンサードリンク

永井花奈のクラブセッティング2019はヤマハゴルフ。

出典:https://www.alba.co.jp/tour/news/photo_detail/no=117618/ph=0?cat=1

永井花奈は幼少時に「ヤマハ音楽教室」でピアノを習っていたそうです。

 

その花奈さんがクラブの用具使用契約をヤマハにしたと発表がありました。
(2月25日)

 

昨年まではホンマゴルフとの契約でしたので、開幕前の突然の発表は驚きですね。

 

今季はヤマハのクラブ「RMX」をはじめ、キャップ・サンバイザー・キャディバックなどを着用した永井に注目です。

永井のコメント

クラブは技術の次に大事なもの。実際にヤマハさんのクラブで打ってみて、『使いたい!』と思って決めました。

クラブを私に合わせて作ってくれるので抵抗はないです。
スイングもレベルアップし、いい感じで進んでいます。

アイアンは→球も高く上がるし、いい意味で簡単。多少悪いライでも気にせず打てます。スコアを出すうえで、難しさはいらないと思うので、すごく気に入ってます。

※画像は実際に使っているクラブの同型タイプで、永井が実際に使用しているものではありません。


ドライバー:ヤマハRMXプロトタイプ。

ロフト:9.5度
シャフト:USTマミヤ、アッタスCOOOL(4S)

永井花奈もロフトを減らしてシャフトとスイングで球を上げるタイプです。

 

慣性モーメントの大きいヘッドに、つかまりのいいシャフトを組み合わせています。

 

スイングに自信があるからこそ、しっかり振り込んでいける組み合わせと言えますね。

ヤマハゴルフのドライバー。気になる評判と評価、中古市場の価格は?。


FW:ヤマハ RMX フェアウェイウッド フォーカス 3W/5W

ロフト:15度/18度


UT:ツアーワールド TW747

ロフト:28度


アイアン:ヤマハ RMX   (7番~PW)

ヤマハゴルフのアイアン、RMXの特徴と評価は。


ウエッジ:ボーケイデザイン SM7

ロフト:48度/50度/58度


パター:スコッツデールTR パター SHEA H

 

【中古】楽天で価格を調べる

アマゾンで、お買い物をもっと楽しく!もっと便利に

Amazonの「プライム会員」になると豊富な品揃えを最短翌日に無料でお届けすることができます。さらに・・・

Prime Video限定オリジナル作品や小説、ビジネス本、実用書、マンガ、雑誌、洋書そして、音楽も聞き放題です。
⇒このプライム会員サービスは《30日間無料です。しかも登録後のキャンセルも自由で安心です。

⇒すぐに申し込む!!

2019年女子ゴルフツアー結果

第24戦:お休み:NEC軽井沢72ゴルフトーナメント

第23戦:予選落ち:北海道 meiji カップ

第22戦:33位タイ:大東建託・いい部屋ネットレディス

第21戦:30位タイ:センチュリー21レディスゴルフトーナメント

第20戦:予選落ち:サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント

第19戦:41位タイ:ニッポンハムレディスクラシック

第18戦:9位タイ:資生堂 アネッサ レディスオープン(新)

FR:39+38=77(+5)1バーディー、6ボギー
通算:71+65+70+77=283(-5)

3R:3位タイ:35+35=70(-2)4バーディー、2ボギー

2R:2位タイ:31+34=65(-7)7バーディー、ノーボギー

出典:https://news.golfdigest.co.jp/jlpga/photo/detail/?imageId=214158

21位から2位タイに浮上しました。

 

7バーディーは立派ですが、ノーボギーのラウンドは久しぶりです。24パットが凄いです。

 

と言うのも、今まで調子が悪いとすぐにパターを替えていました。

ただコーチの辻村明志氏から「パターを戻して長めに使ってみな」とアドバイスを受け光が見えたそうです。

 

このアドバイスを活かして決勝Rも頑張ってもらいたいですね。

1R:21位:34+37=71(-1)4バーディー、3ボギー

最悪な天候でもこのスコアーで周ってきました。少しづつ調子が上向きにですね。

第17戦:予選落ち:アース・モンダミンカップ

第16戦:26位タイ:ニチレイレディス

第15戦:28位タイ:宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント

第14戦:23位タイ:ヨネックスレディスゴルフトーナメント

第13戦:予選落ち:リゾートトラスト レディス

第12戦:予選落ち:中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン

第11戦:30位タイ:ほけんの窓口レディース


第10戦:6位タイ:ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

9戦まで戦って予選落ちはありません。ベスト10は2回です。

第9戦:3位タイ:パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント

第8戦:16位タイ:38th フジサンケイレディスクラシック

第7戦:25位タイ:KKT杯バンテリンレディスオープン

第6戦:6位タイ:スタジオアリス女子オープン

第5戦:22位タイ:ヤマハレディースオープン葛城

第4戦:45位タイ:第7回アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI

第3戦:51位タイ:Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント

第2戦:13位タイ:ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ

開幕戦:第32回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント
開催日程:3月7日~3月10日
開催場所: 琉球ゴルフ倶楽部(沖縄県)

FR:24位タイ:37+37=74(+2)0バーディー、2ボギー
通算:293(+5)
賞金:¥960,000

3R:20位タイ:37+37=74(+2)通算219(+3)
2R:31位タイ:37+35=72(±0)通算145(+1)
1R:27位タイ:35+38=73(+1)

スポンサードリンク

永井花奈のクラブセッティング2018ファイナルセッティング。

確実性を重視した堅実なクラブ選択をしています。

 

永井のクラブセッティングは「2オンを狙うよりも確実に刻んでいきたい」と飛距離よりも精度を重視した堅実派女子プロゴルファーです。

 

アイアンは7番まで絞り、その分、UTやウエッジを充実させています。また「右へのミス悩んでいたので、つかまり過ぎるくらいのヘッドがよかった」と、ドライバーを「TW737 455」から「ビジ―ル535」にシフトしています。


ドライバー:ホンマ・ビジール535

ロフト:9.5度
シャフト:ヴィザードEX-Z55(R)
45.5インチ/D0/303.8g


3W:キャロウェイ・ローグスター

ロフト:15度
シャフト:スピーダー569エボリューションⅣ(SR)
43.25インチ

5W:キャロウェイ・ローグ

ロフト:18度
シャフト:スピーダー569エボリューションⅣ(SR)
42.75インチ


UT:ホンマ・ツアーワールドTW727

22度
シャフト:ヴィザードIN65U
39.5インチ/D0/356g

25度
シャフト:ヴィザードIN65U
39インチ/D0/360.4g

UT:ホンマ・ツアーワールドTW747

28度
シャフト:ヴィザードUT-H7
38.5インチ/D0/365.1g


7-9I、PW:ホンマ・ツアーワールドTW737vn

30度
シャフト:ヴィザードIB85(R)
36.75インチ/D0/402.9g


PW、AW:ホンマ・ツアーワールドTW-Wフォージド(2015)

48.50度
シャフト:N.S.プロ850GH(R)
35インチ/D0/430.1g

 

50度
シャフト:N.S.プロ850GH(R)
35インチ/D0/430.9g

SW:ホンマ・ツアーワールドTW-W(2013)

58度
シャフト:N.S.プロ850GH(R)
35インチ/D1/432.5g


パター:タイトリスト S・キャメロン・プロトタイプ


永井花奈選手は1997年6月16日生まれの女子プロゴルファーです。女子プロ黄金世代と言われる世代の一つ上の世代ですね。

 


永井花奈選手は、ユーティリティーを多用するタイプの選手なので、ユーティリティーを多く入れているのが印象的です。

 

 

2017年「樋口久子・三菱電機レディスゴルフトーナメント」で優勝した時の会見でも、「ユーティリティーに助けられた」と語っています。

 

 

よく見ると、アイアンは7番アイアン~入れているというクラブセッティングで、
6番アイアンを抜いています。

 

女子プロゴルファーは、5番アイアンを抜く人は少なくないような気がしますが、6番アイアンを抜くというのはかなり大胆なクラブセッティングであると思います。

 

 

ただ、確かにボールの上がりやすさという点では、アイアンよりもユーティリティーの方が、上ですよね。やさしさという点でもユーティリティーの方がやさしいです。

 

 

このようなクラブセッティングは、アマチュアゴルファーも参考にする点が多いのではないかと思います。

スポンサードリンク

永井花奈のプロフィール(懐かし画像あり)

生年月日:1997年6月16日
身長:155cm
体重:55kg
血液型:A型
出身校:日出高等学校(東京都)
プロテスト合格日:2016年7月29日(88期生)
趣味:映画鑑賞
好きな色:ピンク 黄色
ゴルフ歴:6歳~
6歳からゴルフを始めました。師匠は父です。


「日刊アマ全日本レディース」で優勝、「日本女子オープン」で3位を筆頭に他にも多くの試合でローアマチュアをとるなどまさにアマチュアゴルフ界のエリート街道を歩んできました。

 

2013年はゴルフダイジェスト社からジュニア大賞も頂きました。

16歳の永井花奈はしっかりとスピーチ。プロへの夢を語りました。

とても笑顔が素敵な可愛い高校生でした。

 

ジャックバニージュニア大会で優勝し2014年ハワイパールオープンの出場権を得ました。結果は残念ながら予選落ちでした。(右)

ジャックバニーさんから記念パーティーの招待を受けました。ここでもしっかりとプロになる決意をスピーチしていました。

そして、2016年のプロテストをトップで合格しました。川岸史果 髙橋恵 安田彩乃 蛭田みな美等と同期ですね。

翌2017年プロ2年目に「樋口久子・三菱電機レディスゴルフトーナメント」でツアー初優勝を果たしています。

 

2018年は優勝こそないものの、「サイバーエージェントレディスゴルフトーナメント」で3位の成績を残しています。

 

又、「伊藤園レディスゴルフトーナメント」では、優勝した黄アルムに1打差の2位タイと堂々たるゴルフでした。

 

まさに、挫折のないゴルフ人生というイメージです。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E6%B0%B8%E4%BA%95%E8%8A%B1%E5%A5%88&imageId=201454

これからも、女子ゴルフトーナメントの上位争いに絡んでくる可能性が高い若手女子プロゴルファーです。

永井花奈の出身地、身長と体重は?

永井花奈は、東京都出身で155㎝、55kgとスポーツ選手としては小柄な体格です。小柄ながらドライバーの飛距離は平均で233ヤードも飛びます。

 

 

まあ、女子プロゴルファーの中では、飛ばし屋とは言えませんが小柄な体格でよく飛ばすなという印象です。アベレージゴルファーが参考にしたいゴルファーです。

永井花奈は、キュートなルックスが魅力的!

ゴルフの実力ももちろん凄いのですが、永井花奈はルックスがとっても可愛く人気があります。綺麗な女性を綺麗系と可愛い系に分けるなら、可愛い系の美人ゴルファーです。笑顔が多い選手で、笑顔に性格の良さがにじみ出ています。

 

 

女子力も高く、セクシーな女子プロゴルファーとして有名なアン・シネ選手をリスペクトしているようで、ファッションは、ミニスカートやタイトなウェアを着ることが多いです。

 

 

タイトなウェアを着ることが多いからでしょうか?

永井花奈は何カップ?

ネット上では、永井花奈選手は一体何カップなのかが話題になっていますね。スリーサイズやカップは、残念ながら公表されていませんが、D〜Fカップではないかという予想が多いみたいです。

 

ゴルフ以外にもいろいろな面で話題性がある選手ですね。インスタグラムもやっているようですので気になる人は要チェックです!

スポンサードリンク

永井花奈は車とカープが好き?

初めて自分で買った車は、トヨタのランドクルーザーのようです。

トヨタの車の中でも高級車として有名な車ですね。意外とセンスがシブいですね。この年齢でランクルが買えるとは…羨ましい!

 

 

ただ、実際には家族で乗る車として購入したようです。

 

永井花奈選手は、「家族に恩返しがしたい」というような趣旨の発言をよくしているので、家族への恩返しとして購入したのでしょう。

永井花奈選手ってどんなゴルファー?

いろいろと話題性がある選手ですが、肝心のゴルフの方も人気に見合った実力を持っています。

 

プレースタイルは、飛距離よりも方向性を重視したプレースタイルです。最近では女子プロゴルファーもかなり飛ばしますよね?

 

ドライバーの平均飛距離が250ヤードを超える選手がぞろぞろいる中で永井花奈選手のドライバー飛距離は、230ヤード台が多いです。

 

でも、永井花奈選手は強い永井花奈選手の強さの秘密は、曲がらないショットとリカバリー率の高さです。

 

グリーンを外した時にアプローチで寄せてパーをとる技術が高く、崩れない選手です。かといって堅いゴルフをするわけではなく、攻めのゴルフをする選手です。

 

サマンサタバサガールズコレクション・レディースでは、2日目に8番〜13番まで6連続バーディーをとっています。観ていて面白い選手です。

永井花奈はカープ女子?

永井花奈選手は、大の広島カープファンとして有名です。カープファンの父親の影響みたいですね!

 

菊池涼介選手が好きみたいですね。菊池涼介選手と言えば、鉄壁の守備力ですよね。

 

永井花奈選手も、アプローチでパーを拾うのが上手い選手ですから、ある意味で共通点がありますね。

永井花奈の実家はおいしいラーメン屋。

永井花奈選手の実家は、ラーメン店です。(現在は弟子に経営を譲っているようです)

 

東京都の大井町駅から徒歩で2分の場所にある「のりや食堂」というお店でかなりの人気店です。

 

東京では珍しい和歌山ラーメンのお店で、豚骨醤油のコッテリ系の濃厚なスープがやみつきになると、地元でも多くのファンがいる人気店です。

スポンサードリンク

永井花奈のゴルフのまとめ

永井花奈選手は、アマチュア時代から有名な選手で、アマチュア時代に多くのタイトルをとり、プロテストもトップ通過しているエリート女子ゴルファーです。

 

そして、プロ2年目にして「樋口久子・三菱電機レディスゴルフトーナメント」で優勝しました。

 

まあ、アマチュア時代にも「日本女子オープン」で3位になっていますから、いつかは優勝するだろうと思っていましたが、さすがですね。

 

正直、順風満帆なゴルフ人生を歩んでいますね。

 

ゴルフ以外にも、ファッション性、ルックスの良さ、笑顔の可愛らしさなど多くの点に注目を集めている選手です。

 

ゴルフも、サマンサタバサガールズコレクション・レディースで6連続バーディーをとるなど久しぶりに「華のある選手」を見たなと感じています。

 

だって、ツアートーナメントの緊張した場面で6連続バーディーは中々とれるもではないですよね?ゴルフの実力だけでなく、運もある選手ではないかと思っています。

 

このような「華のある選手」がスター選手になっていくのではないかと感じますね。親孝行で、笑顔が多いという点もスター選手になる素質を持っています。

 

永井花奈選手は、黄金世代の1つ上の年代の選手です。黄金世代の選手と共に、これからの女子ゴルフ界を牽引していく選手であることは間違いないでしょう。

 

先述しましたが2019年は辻村明志コーチからスイング指導を受けてのスタートですので必ず優勝すると思っています。

 

ゴルフスイングは自身で分析することはとても難しいのです。やはり客観的に指導してくれるコーチの存在が現代ゴルフは必須なのです。

 

アマチュアも同様でゴルフスイングの基本を身につけ常にチェックすることが上達への近道なのです。是非あなたもあなたに適したコーチを捜して下さい。

アマゾンで、お買い物をもっと楽しく!もっと便利に

ゴルフクラブやゴルフ用品のご注文確定の最短翌日に 無料でお届けするサービスをご存知ですか!?

さらに・・・

Prime Video限定オリジナル作品や小説、ビジネス本、実用書、マンガ、雑誌、洋書そして、音楽も聞き放題です。

 

⇒このプライム会員サービスは《30日間無料》です。しかも登録後のキャンセルも自由で安心です。

 

↓↓↓↓30日間の無料体験「今すぐ申し込む」↓↓↓↓

永井花奈を応援しましょう。

 

スポンサードリンク

エンジョイゴルフ!!楽しいゴルフライフを!!