最終戦の第38戦「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」覇者は年間女王の山下美夢有です。

イ・ミニョンの優勝歴。2022年は1勝、通算6勝目。

韓国人プロ

イ・ミニョンは2010年(18歳)でプロ転向し、21歳で韓国ツアー初優勝を挙げました。

しかし、イ・ミニョンは2015年に左腎臓がんが見つかり手術を行いました。イミニョンが凄いのはそこから1カ月半でツアーに復帰するのです。

そして、翌年には復活優勝も果たして、韓国内で”不屈のゴルファー”と称えられました。日本ツアーは2017年から参戦です。

イ・ミニョンの優勝歴。2022年は1勝、通算6勝目。

イ・ミニョンは日本女子ゴルフツアーで毎年順調に成績を残していましたが、6勝目を挙げるの3年も“かかって”しまいました。

イミニョンの6勝目は北海道 meiji カップ。


出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%83%A7%E3%83%B3&imageId=281083

開催日:8月5日~8月7日
開催場所:札幌国際カントリークラブ 島松コース(北海道) / 6,557Yards Par72(36,36)
優勝賞金:1,620万円
優勝スコア―:207(-9)70+70+67
  • 1R:4位タイ:34+36=70(-2)1イーグル、3バーディ、2ボギー
  • 2R:3位タイ:35+35=70(-2)3バーディ、1ボギー
  • FR:優勝:35+33=67(-5)7バーディ、2ボギー

コロナ禍の影響で、およそ3年間来日することができなかったコーチが、優勝した2週間前にようやく現場に来ることが可能になりました。

再会を果たしイ・ミニョン選手は、ショットからショートゲーム、パターまで、ありとあらゆる指導を受けることができました。

イ・ミニョンのコメント。

「試合を続けていると毎日、毎週いろんな問題が出てきます。それをひとりで解決できる人もいますが、わたしはできない。本当に大変でした」

と苦悩を告白していました。まさにコーチと二人三脚でつかんだ6勝目でした。

他の選手の優勝一覧はこちら
世代別以外の女子ゴルフ。年別優勝者と優勝回数の一覧。

さて、このパットが入れば優勝。

2022年「大王製紙エリエールレディース」で逆転で復活優勝した藤田さいき選手のパッティングを覚えていますか。

決まった瞬間、グリーン上にしゃがみ込んでその優勝の喜びを身体全体で表していました。

大感動し何度見ても涙が溢れてきます。

明日のラウンドが待ち遠しく夜眠れないゴルフ大好きなゴルファーさんも同じ思いでしょう。

選手の優勝シーンのパッティングは大感動しますよね。

LIVE配信はその瞬間を選手と共有できます。過去の優勝シーンのアーカイブもあります。

そしてゴルフ雑誌も無料で購読できます。

U-NEXTの「31日間無料期間」で視聴、購読して下さい!!

公式ページ⇒無料トライアル実施中!<U-NEXT>



詳しい視聴&購読方法は⇒女子ゴルフツアーの視聴とゴルフ雑誌購読は「U-NEXT」。

イ・ミニョンの優勝歴。2019年は2勝、通算5勝目。

イ・ミニョンの5勝目は「ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント」

開催日:9月6日~9月8日
開催場所:GOLF5カントリーサニーフィールド(茨城県) / 6,380Yards Par72(36,36)
優勝スコア―:200(-16)64+68+68

勝負は突然と決まります。16番のパー4でした。同伴者3名ともセカンドショットはバンカーからです。

セカンドショットはピンから遠く離れた位置へオンしました。

2パットで良しという気持ちでバーディパットを放ったボールはラインに乗ってカップに吸い込まれていきました。

そのロングパットで優勝を引き寄せたのです。

そのパターは今週から投入した『スコッティキャメロン T2 GSS Tour 350 プロトタイプ』です。

普通に手に入れようとすると100万円以上する高級パターだそうですよ。でもその10倍の賞金をこのパターで得たのですからね。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/jlpga/photo/detail/?imageId=218301

最終日の16番、18mのミラクルバーディーを奪ったロングパットの極意は「手首を柔らかく」でした。

イ・ミニョン選手もグリーンやその日の感覚でパターを替えるタイプです。このような選手が多くなりましたね。

今季1勝目の保険の窓口ではマレットでしたよね。でもロングパットの距離感が合いやすいのはピン型のようです。

私がロングパットで大事にしているのは手首を柔らかく使うことです。

肘やグリップをガチガチに固めると、ヘッドが高く上がりすぎたり、フェース面の向きが変わったりで、なかなかタッチや方向性が安定しません

打つ前に深呼吸をして上体や腕の力を抜き、振り子のようにゆったりと長いストロークをイメージします。

ロングパットはアッパーブローの軌道が大事ですね。ボールに順回転がかかってスーッと転がりますよね。

柔らかく握るのは、ヘッドの重みを感じながらストロークすることです。フェースが変わるのは手首をコネるからです。

フェース面が変わらないということはヘッドが利いているから直進性が高くなっている証なんです。

イ・ミニョンの4勝目は「ほけんの窓口レディース」

LPGA第11戦(5月19日)の「保険の窓口レディース」で今季初勝利ツアー通算4勝目を飾ったイ・ミニョン選手です。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%83%A7%E3%83%B3&imageId=210896

開催日:5月17日~5月19日
開催場所:福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県) / 6,292Yards Par72(36,36)
優勝賞金:2,160万円
優勝スコア―:206(-10)67+70+69

2019年は開幕戦では予選落ちしましたが、それ以降は出場9試合で6度のトップテン入りの成績で抜群の安定感を発揮しています。

イミニョン選手、保険の窓口で優勝、通算4勝目です。

3打差以内に15人と混戦で始まった「ほけんの窓口レディース」最終日の首位争いは、目まぐるしく変わりました。

イ・ミニョンは6番でバディー、9番でボギーとし、前半はイーブンパーで折り返しました。

そして、後半の4ホールで3つ伸ばして順位を上げ、18番パー5では3メートルのバディパットを沈めて見事今季初優勝しました。

イ・ミニョンの大会三日間の平均飛距離は256.83ヤード(4位)でフェアウェイキープ率は78.04%(16位タイ)でした。

イ・ミニョンの優勝歴。2017年は2勝、2018年は1勝。

  • 2018年優勝:ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント
  • 2017年優勝:ニッポンハムレディスクラシック
  • 2017年優勝:ヤマハレディースオープン葛城

イ・ミニョンは日本女子ゴルフツアーに2017年に参戦しました。

同年、ヤマハレディースオープン葛城でツアー初優勝を挙げ、その年2勝し鈴木愛と賞金女王を争っています。

2017年の年間獲得賞金は¥126,439,365で2位の成績、2018年の年間獲得賞金は¥55,460,527で18位の成績でした。

イ・ミニョンのスイングは飛んで曲がらない。

イ・ミニョン選手のドライバーショットは、バックスイングではアドレス時の前傾角度を変えずにその場で状態を回してトップスイングをつくります 。

そしてトップスイングで一度止まるイメージで間をつくります。

切り返しで、“間”がなく、早く切り返すと状態が突っ込んだり、手打ちになりがちです。ボールが曲がったり、力をためられずに飛距離が出ません。

トップスイングで“間”つくったら、上体の形をできるだけ我慢してヒップから切り替えします。

左の骨盤、左足に体重を乗せるように動かしてそこから一気に振り向きます。下半身から切り返すことでパワーは効率良くボールに伝えられます。

またインパクトで頭が流れるとパワーが出なくなるので頭を残す意識も大切です。基本に忠実なスイングですね。

まとめ。

イ・ミニョン選手を見ていると派手さもなく自分のゴルフをただただ貫いている感じがします。

韓国選手だけでなく外国人選手が日本ツアーに参戦し活躍するには言葉や文化そして食生活など様々な障害があると思います。

それでもイ・ミニョン選手はじめ韓国人選手が活躍することでツアー全体のレベルが向上しファンを楽しませてくれるのです。

イ・ミニョン選手の応援を宜しくお願いします。エンジョイゴルフ!!楽しいゴルフライフを!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました