スポンサードリンク
Pocket
Facebook にシェア

次世代の構造が生み出す初速革命をスローガンに2020年のホンマはTRシリーズを販売を開始しました。

 

ハイテクが詰まったドライバーヘッドをイメージさせる、シンプルでメカニカルな外観です。

 

前モデル「TW747」の圧倒的な飛びに優れた弾道コントロール性能をプラスし、プロ、上級者が納得する形状に仕上がてのがTR20です。

ドライバーの選び方。ホンマTR20 440の特徴と評価

2020年発売のTR20シリーズは2種類です。TR20 440とTR20 460です。

ドライバーの選び方。ホンマTR20 440の特徴

特徴は強い弾道でコントロールできることです。440はイメージどおりの弾道を生む「スピード&コントロールドライバー」です。

 

丸型のハイバック形状は、強い弾道でコントロールしやすくなっています。

 

ヘッドのカーボン含有率(がんゆうりつ)60%とボディを軽量にして、重心を最適な位置に設置しています。

 

さらにウエートでセッティングを変えても。違いが分かりやすいです。

ドライバーの選び方。ホンマTR20 440の評価

1、叩いても吹き上がらないディープフェース

フェースが厚く、バックスピンを抑えた強いボールがやすい。ヘッドスピードが速いプロや上級者が叩いても吹き上がらない。

2、重心が短く操作しやすい

とくに「440」は操作性がよく、フェース面のコントロールがしやすい。右、左だけでなく、上下に打ち分けていくことができる。

ドライバーの選び方。ホンマTR20 440のスペック

SPEC

■ロフト角:90.5/10.5度
■シャフト:VIZARD TR20-50(S)
■価格:8万5000円(税別)~

ドライバーの選び方。ホンマTR20 460の特徴と評価

ドライバーの選び方。ホンマTR20 460の特徴

~つかまりやすい高弾道~

「TR20 460」はクラウンがフラットでセミシャロ―バック形状です。いままでのホンマには見られなかったデザインで高弾道・低スピンのボールが打ちやすいです。

 

投影面積が大きなヘッドでも、右へすっぽ抜けるようなミスはないですね。それと同時に少なすぎない安定したスピン量で弾道の安定感は抜群です。

 

フェースの裏側には「TR20 440」と同じく縦型のスリットが入り、反発性能がアップしています。可変ウエートによるカスタマイズで弾道をコントロールできます。

 

クラウン部分は前モデルにより好評のリブつきカーボンクラウンです。クラウンのたわみ効果をボールの初速へとつなげられます。

ドライバーの選び方。ホンマTR20 460の評価

1、ヘッド全体でボールを弾き飛ばす。

フェース面の弾きはいいですし、カーボンのしなりとしなり戻りがボールを強く押している感じがします。上がりやすく飛びます。

2、シャフトとのマッチングがいい

ヘッド性能を最大限に生かしているのは、このシャフトです。純正シャフトでもしっかりしていて反応がいいです。

ドライバーの選び方。ホンマTR20 460のスペック

SPEC

■ロフト角:90.5/10.5度
■シャフト:VIZARD TR20-50(R、S)
■価格:8万5000円(税別)~

ドライバーの選び方。ホンマTR20シリーズのまとめ

昨年結婚し復調の兆しがみえるイボミプロが使用しているドライバーは前作のTW747ですね。

 

イボミさんがこのTR20を使用するか?でアマチュアの評価が分かれてくると思います。

 

スポンサードリンク

ホンマのドライバーはアマチュアには少し難しい印象を与えますので、2020年は契約プロ活躍で変わってくると思います。