Pocket
Facebook にシェア

2019年の盛夏に行われた4日間トーナメント「大東建託・いい部屋ネットレディス」の最終日は実力者がしのぎを削る戦いとなりました。

 

成田美寿々が優勝し有村智恵は涙で終了しました。

 

でもこの試合で注目したのは、初日、2日目と首位を守った濱田茉優(はまだ まゆ)選手です。

 

まだ、あまりなじみがない名前かもしれませんが、今季初の失格者になってしまった女子プロゴルファーです。

 

新ルール適用後初のトーナメントとなった「ダイキン・オーキッドレディス」2日目の出来事でした。

スポンサードリンク

濱田茉優のクラブセッティング

~ロングショットを重視したセッティング~

出典:https://news.golfdigest.co.jp/jlpga/photo/detail/?imageId=216105

濱田選手は現在、クラブ契約はフリーの立場です。

 

師事する井上忠久コーチがPING契約であることから、ドライバー、アイアン、ウェッジなどPINGのクラブを中心に使用しています。

 

クラブセッティングの特徴は「つかまるヘッド」「つかまるシャフト」にあります。

 

濱田選手のスイングとも関連しますが、彼女のスイングの特徴は「べた足」にあります。

 

ベタ足はやはりしっかりと球を捉まえて飛ばしたい、ドローヒッター向けであり、濱田選手もドローで攻めてゆくタイプになります。

 

したがって、現在のPING GシリーズのヘッドにspeederEvolutionというシャフトの組み合わせは捉まり重視のセッティングであり、濱田選手の意図するスイングに合っていると思います。

 

ドライバー:PING G410プラス

ロフト:10.5度

シャフト:フジクラ・スピーダー661エボリューションV(S)

長さ:46インチ

 

PING(ピン)と言えばパターヘッドの形状の代名詞にもなるほどパターが有名ですが、そのほかのクラブに関してもユニークで独自の発想をもつクラブメーカーです。

ドライバーの選び方。初心者におすすめのpingG410の評判

 

アマゾンでは価格がかなり下がりましたね

 

 

楽天ポイントを貯めている方はこちら


FW:キャロウエイ・ローグ

ロフト:17度/21度/23度

シャフト:フジクラ・スピーダー661エボリューションⅢ(S)


UT:ピンG400

シャフト:フジクラ・MCH-70(S)


アイアン:ピンi210(7I~PW)

シャフト:グラファイトデザイン・ツアーAD AD-85(S)
バランス:D1


ウエッジ:モダート・プロタイプ

ロフト:49度/54度/59度

シャフト:NSプロ950GH(SR)


パター:モダートMPC R51C


ボール:タイトリスト・プロV1

スポンサードリンク

濱田茉優のトーナメント成績2019

ベスト10の成績

第24戦:3位タイ:NEC軽井沢72ゴルフトーナメント


開催日:8月16日~8月18日
開催場所:軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)  / 6,705Yards Par72(36,36)

 

FR:3位タイ:34+35=69(-3)3バーディー、ノーボギー

通算:64+70+69=203(-13)
賞金:¥5,200,000

 

決して体調が良いとは言えずラウンド中もせき込むシーンがありました。それでも3バーディーのラウンドで最後まで優勝諦めていない姿が軽井沢にありました。

 

パッティングが上手な選手ですので必ずこの経験は活きると思いますし優勝できる選手です。頑張ってもらいたいですね。

~右手の利きすぎを抑えるためにクロウグリップを取り入れた~

濱田茉優濱田茉優

パッティングの際、右手が強くなりがちでした

濱田茉優濱田茉優

そこで、井上忠久コーチの勧めで、1ヶ月前からクローグリップで練習を始めました

濱田茉優濱田茉優

練習法の一つでしたが、あまりにもフィーリングがよくなったので、本番でも採用することにしました


出典:https://news.golfdigest.co.jp/jlpga/photo/detail/?imageId=216199

このスタイルがやはり功を成したのでしょう。またよくやる練習法ですが、頭を壁につけたままストロークする練習も取り入れたそうです。

 

これで頭を動かさずにパッティングする感覚が養えたと言っております。3パットで悩んでいるゴルファーの皆様是非参考にして下さい。

 

2R:単独1位:36+34=70(-2)3バーディー、1ボギー

通算:64+70=134(-10)

出典:https://news.golfdigest.co.jp/jlpga/photo/detail/?imageId=216925

2週間前の大会の再現になってしまうのか?それともその経験が活きているのか?

 

NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最終日・最終組は濱田茉優と渋野日向子選手&原英莉花選手です。

 

「大東建託・いい部屋ネットレディス」での濱田選手はベテラン実力者の成田美寿々選手と有村智恵選手の間に挟まれて自分のゴルフができなかったと思います。

 

明日は黄金世代のスター二人との戦いになりました。注目ですね

1R:単独1位:33+31=64(-8)10バーディー、2ボギー

第22戦:大東建託・いい部屋ネットレディス

開催日:8月1日~8月4日
開催場所:鳴沢ゴルフ倶楽部(山梨県)  / 6,605Yards Par72(35,37)

8位タイ:66+67+73+77=283(-5)
賞金:¥2,538,000

 

FR:8位タイ:38+39=77(+5)3バーディー、6ボギー、1ダブルボギー

最終日、最終組の経験はこれからの試合で活かされると思います。二人のベテラン成田美寿々と有村智恵のデットヒートの優勝争いに1人かやの外にいましたからね。

 

2人のトーナメントマネージメントを盗むことができたならこれからもベスト10内に入る試合は多くなるでしょう。

3R:単独2位:35+38=73(+1)2バーディー、3ボギー

2R:単独1位:33+34=67(-5)6バーディー、1ボギー

1R:単独1位:31+35=66(-6)7バーディー、1ボギー

濱田茉優のプロフィール。

濱田選手は1995年9月7日生まれで、大阪府八尾市の出身です。

身長:166cm
体重:62kg
血液型:O型
出身校:大阪学院大学高等学校(大阪府)
プロテスト合格日:2015年7月31日(87期生)
スポーツ歴:水泳 陸上
趣味:音楽鑑賞
好きな色:紫
ゴルフ歴:8歳~
ゴルフについては8歳時にシングルハンデの祖母の誘いでゴルフ練習場に行き、ボールを打ったところ、気持ちよく打てたことから始まりました。

 

そして小学4年生くらいの頃からプロゴルファーになりたいと考えるようになりました。

 

中学に進むとゴルフと同時に陸上部に入部、短距離走を得意にしていました。

 

このころから徐々に競技ゴルフでも結果が出始め、高校はゴルフの強豪大阪学院大学高等学校に進みます。

 

2012年関西高等学校ゴルフマッチプレー選手権、2013年の大阪府高等学校ゴルフ選手権に優勝します。

 

日本女子アマでは2012年にベスト32、2013年にはベスト8に進むなどの実績を挙げています。

 

2015年のプロテストに合格し、同年のQTランキング42位の成績で翌2016年、晴れてツアーデビューを果たしました。

 

2016年は賞金ランキング83位でした。

 

ですが確実にフェアウェーを捉えていくティショットを武器に徐々に調子を上げて、2017年は52位、そして2018年は35位となり、シード権を手に入れます。

スポンサードリンク

濱田茉優のスイングの特徴

濱田選手のスイングの特徴は、フォロースルーまでベタ足で打つことにあります。

 

左に踏み込みながらも右足がまくれるのを我慢して、つかまったハイドローを打ちたいという意図が見えます。

 

足腰が強くないとなかなかベタ足は出来にくいものですが、中学時代に陸上部で培った下半身の強さが幸いしているのかもしれません。

 

また、グリップはストロンググリップにしてさらにつかまったボールを打とうとしています。

 

また、このベタ足スイングはヘッドがアッパーに入りますので、その分ティアップはやや低めにしています。

 

全体に力感はないものの、あまり環境や調子に左右されない、反復性が高いスイングとも言えます。

 

そしてこのスイングの実現にPING「Gシリーズ」のヘッドと、フジクラSpeederEvolutionⅢという、捉まるヘッドと捉まるシャフトを選んでいるのも良い選択だと思います。

スポンサードリンク

濱田茉優のクラブセッティングのまとめ

プロ入り後は優勝こそないものの順調に賞金ランキングを上げ、シード権も獲得した濱田選手です。

 

ですが、2019年シーズンは開幕戦での「失格」が心理的に影響していると思います。

 

19試合に出場してトップ10入りが1度、予選落ちが5度、そして失格が1度と伸び悩んでいます。

 

「よく、これでプロになれた」と師事している井上忠久氏をあきれさせたほど下手でした(本人談)そして・・・

 

ショートゲームの重要性を学び、徹底的に練習している濱田選手です。

 

パーオン率13位に対してパーセーブ率が47位、平均バーディ率42位、そして平均パット数に至っては65位と沈んでいます。

 

せっかくパーオンしてもバーディやパーが来ない、というストレスが溜まるゴルフをしていては上位争いは苦しくなります。

 

「Putt is Money」とはゴルフの格言でもあります。

 

「飛ばすのが大好き」という、濱田選手ですが、今後はパッティングを徹底的に見直してパーセーブ率を上げることを取り組めば初優勝も遠いことではないと思います。

 

2019年の「大東建託・いい部屋ネットレディス」で初日、2日目に見せたプレーを自信にして、今後のさらなる飛躍を期待したいと思います。

悪いことは忘れて練習に励んで下さい。濱田選手の応援よろしくお願いします。

 

スポンサードリンク

エンジョイ・ゴルフ!!楽しいゴルフライフを。