Pocket
Facebook にシェア

女子プロゴルファーとして長く続けていくために大事なことは、派手な活躍ではなく安定して賞金を稼ぐことです。

 

その安定感のある女子プロゴルファーとして注目したい選手が、菊地絵理香です。

 

2018年度は、優勝こそないものの賞金ランキング7位という結果を残しました。まさに安定感のある選手だと思います。

 

その安定感を支えているは契約クラブでありクラブセッティングです。菊池のクラブセッティングと安定感の秘密を紹介します。

スポンサードリンク

菊池絵理香のクラブセッティング。

出典:https://www.golfdigest-minna.jp/_ct/17062614
菊池絵理香はタイトリストと契約しています。ほとんど、タイトリストのクラブですが、フェアウェイウッドだけキャロウェイのローグスターを使用していますね。

 

タイトリストは主にVG3シリーズを使用しています。

 

難しいというイメージがあるタイトリストですが、VG3は競技志向のアスリートゴルファー向けのクラブではなく、

 

どちらかというと、アベレージゴルファーからゴルフ上級者まで幅広い層に適合するブランドですね。

 

ウェアは23区ゴルフと契約しています。

 

菊池絵理香と言えば、「ファッションがかわいい」という声が多いですね。特に、ピンク系のウェアがかなり似合っていると思います。

 

※画像は菊池選手が実際に使用してクラブではありません。またセッティングはツアーで替えることもあります。特にパターはトーナメント会場の芝によって変えている選手もいます。

ドライバー:タイトリスト VG3

ロフト:9.5°
シャフト:フジクラ・スピーダー569・エボリューション4 (SR)

 

アマゾンでは価格がかなり下がりましたね

 

楽天で価格を調べる


FW:キャロウェイ・エピックフラッシュ・スター

#3#5
ロフト:15°/18°

シャフト:フジクラ・スピーダー569・エボリューションⅤ(S)


UT:タイトリスト 816 H1

ロフト: 21°

シャフト:フジクラ・スピーダー569・エボリューションⅡ(S)


ユーティリティ:タイトリスト VG3(2018) #5

ロフト:23°

シャフト:フジクラ・スピーダー569・エボリューションⅡ(S)


アイアン:タイトリスト VG3

(6I~PW )

シャフト:NSプロ・ゼロス7(S)


ウェッジ:ボーケイデザイン SM6-F

ロフト:48° /52°
シャフト:N.S.プロゼロス8(s)
長さ:35.75インチ/35.5インチ
バランス:C9/D0


ウェッジ:ボーケイデザイン・プロトタイプ2017

ロフト:58°
シャフト:N.S.プロゼロス8(s)
長さ:35インチ
バランス:D1


パター:スコッティキャメロン・ファントムX T-12ツアー


ボール:タイトリスト・プロV1


菊池絵里香の契約先

追記:3月5日

アフラック生命保険株式会社とスポンサー契約を締結しました。

所属先:オンワードホールディングス

ウェア:23区ゴルフ


出典:https://golfes.jp/kr-20160302-1/


シューズ:フットジョイ


グローブ:フットジョイ
出典:https://www.pargolf.co.jp/tour/LPGA/7220/gallery/round/0/photo/175678#ad-image-10

スポンサードリンク

菊池絵理香のトーナメント2019

【ベスト10フィニッシュの試合】

9位タイ:サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント

6位タイ:ほけんの窓口レディース

2位タイ:スタジオアリス女子オープン

9位タイ:第7回アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI


開幕戦:第32回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント

開催日程:3月7日~3月10日
開催場所: 琉球ゴルフ倶楽部(沖縄県)
FR:24位タイ:39+37=76(+4)2バーディー、6ボギー
通算:293(+5)
賞金:¥960,000

3R:9位タイ:37+38=75(+3)2バーディー、5ボギー

2R:8位タイ:37+35=72(±0)3バーディー、1ボギー、1ダブルボギー

1R:2位タイ:35+35=70(-2)4アンダー、2ボギー

スポンサードリンク

菊池絵理香のプロフィールと彼氏の存在。

菊地絵理香は、1988年7月12日生まれ、北海道苫小牧市出身の女子プロゴルファーです。

身長:157cm
体重:52kg
血液型:B型
出身校:東北高等学校(宮城県)
プロテスト合格日:2008年7月31日(80期生)
趣味:音楽鑑賞 読書
好きな色:黄緑 白 黒
ゴルフ歴:6歳~

小柄な体格なので、飛距離は出ませんが、正確なショットで安定した成績を残しています。

 

菊地絵理香と言えば、かわいい女子プロゴルファーとしても有名ですよね。

 

北海道出身の女性はかわいい人が多いと言われていますが、菊地絵理香もまさに北海道美人といった感じで、ひとことで言えば透明感がある女性です。

 

透き通るような白い肌、大きな目が印象的な美人女子プロゴルファーです。

菊地絵理香は、ゴルフの名門東北高校出身!

ゴルフは、6歳の時に父親の影響で始めました。

 

高校は、地元北海道を離れ、東北高校へ進学しました。東北高校は、ゴルフの名門として有名ですね。

 

1学年上に、有村智恵原江里菜がいて、1学年下には木戸愛がいます。何とも豪華なメンバーですね!

 

菊地絵理香は、高校1年生の時から「東北ジュニアゴルフ選手権」で優勝するなど頭角をあらわし、2006年には「全国高等学校ゴルフ選手権」で優勝しています。

 

アマチュア時代から輝かしい成績を残してきた選手です。

菊地絵理香 彼氏はいる?

かわいい女子プロゴルファーは、インターネットの検索キーワードに「彼氏はいる?」というキーワードが出てきますよね?

 

菊地絵理香ももちろんそのうちの1人です。

 

確かにあれだけかわいいと男性ファンが多くなりますから、「菊地絵理香に彼氏はいるか?」ということが気になってしまうのは仕方ないことかもしれないですね。かわいい女子プロゴルファーの宿命ですね。

 

 

菊池絵理香は、試合中でも指輪をしていることがあり、「そろそろ、結婚するのか?」「菊池絵理香がしている指輪は彼氏に貰ったのではないか?」などと、様々な憶測を呼びました。

 

 

調べてみましたが、菊池絵理香に彼氏がいるかどうかはわかりませんでした。菊池絵理香も、もう30歳を超えましたし、結婚も考える時期だとは思いますが…

 

あれだけかわいいので、彼氏がいないということはないと思いますが、実際のところはわかりません。

菊池絵理香の姉もプロゴルファー。

実は、菊池絵理香の姉である菊池明砂美もプロゴルファーです。

しかも美人!美人です。

出典:https://www.lpga.or.jp/members/info/1000766

まだ目立った活躍はまだありませんが、実力がついて来れば、人気が出そうな選手です。

 

姉妹で美人、さらにプロゴルファーというのは、かなりレアだと思います。

菊池絵理香のスイングの特徴

菊池絵理香は、ドライバーショットの飛距離は230ヤード前後で飛距離が出る選手ではありませんが、フェアウェイキープ率が71.9%です。

出典:https://golfes.jp/kr-20160302-1/

ミート率が高く、ショットを曲げない選手ですね。

力みがないスイングでしっかりと最後まで振り切るスイング、左右の体重移動の仕方などはアマチュアゴルファーも見習いたいところです。

 

下半身の強さも菊池絵里香の特徴の一つですね。

 

トップからフィニッシュまで、軸が崩れないスイングは、下半身の強さからきています。

 

菊池絵理香と言えば、太もも。かなりしっかりとした太ももをしています。

 

下半身のトレーニングをしている証拠ですね。この太ももが、スイングをする上での安定感を生んでいるのだと思います。

菊池絵理香のプロゴルファーとしての実績。

高校卒業後、2008年に2回目の挑戦でプロテストに合格しています。

 

アマチュア時代は、エリート街道を順調に進んできた菊池絵理香ですが、プロになってからは中々苦労をしたようです。

 

2008年度からツアー参戦していますが、中々思ったような結果は出せず、賞金ランキングは、60位台で停滞していました。

2012年に賞金ランキング43位に。そこから、
2013年、賞金ランキング20位、
2014年には賞金ランキング23位と少しずつ結果を出し始め、
2015年に開催された「KKT杯バンテリンレディスオープン」においてプロ8年目でツアー初優勝を果たしています。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/news/jlpga/article/56632/1/

イメージ的に、ツアー参戦してからすぐに結果を出している選手なのかと思っていましたが、本当に地道に、少しずつ力をつけてきた選手ですね。

 

2015年は、賞金ランキング8位。

2016年は、「スタジオアリス女子オープン」でツアー2勝目を果たし、賞金ランキング10位。

 

2017年は、「Tポイントレディス ゴルフトーナメント」でツアー3勝目を果たし賞金ランキングは、24位。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/jlpga/5789/photo/67711/4/159865/
2018年は、優勝こそなかったものの、33試合に出場し、予選落ちはたったの2回、トップ10入り8回と安定した成績を残し、賞金ランキングは7位でした。

 

2013年以降は、賞金ランキングは悪くても20位台という成績で、連続でシード権を獲得しています。

 

この安定感は素晴らしいです。

スポンサードリンク

菊池絵理香への期待とまとめ。

菊池絵理香は、アマチュア時代から活躍していたゴルファーですし、かわいいルックスで、とても人気が高い選手です。

 

プレースタイルも素晴らしく、男性ファンが多いのもうなずけます。なにより菊池絵理香は、予選落ちが少なく安定した成績を残している選手です。

 

2013年から賞金ランキング25位を下回ることなく、毎年シード権を獲得しているのは偉業と言っても良いのではないかと思います。

 

それだけ精神的にも技術的にも強い女子プロゴルファーであるのだということですね。

 

菊池絵理香は、控えめな性格であるということは有名な話で、コメントも控えめです。

 

この控えめな性格が好きなファンも多いようです。

 

個人的にはもっとアグレッシブな性格になることができれば、十分に賞金女王になれる技術力はあるのではないかと思います。

 

ファンの皆様は現地で応援して下さい。トーナメント会場は各選手の応援団が18ホールを選手と一緒に回っている光景をよく見ます。

 

選手はファンの声援がとても嬉しいのです。刺激を受けてバーディーを取ることができるのはファンの一押しなのです。

菊池絵理香の応援を宜しくお願いします。

 

スポンサードリンク

エンジョイゴルフ!!ゴルフライフを楽しんで下さい。