Pocket
Facebook にシェア

3パットを劇変するパターが欲しいですよね。どんなパターが3パットを減らしてくれるのか?ネットや店頭で選ぶときに迷ってしまいますね。選び方はやはり人気ランキング1位から選んで下さい。

 

「ゴルフは上がってなんぼ」ゴルフを始めた時に良く聞かされたと思います。いくら遠くに飛ばしても、アイアンの精度が高くてパーオンしても3パットしていたので上達しているとは言えません。

 

そこで3パットを撲滅するには人気のパターが一番です。

スポンサーリンク

パターは人気ランキング1位のオデッセイ。

でもでも、自分に合った好きなパターとは?人それぞれの好みや相性がありますよね。

 

先ずはフィーリングが大事です。

カタログやネットで選ぶのも良いのですが、まずはオデッセイのパターを店頭で確かめて試打してみましょう。

 

都内でも郊外でもショップには必ずパター売り場があり試打できますよね。手に触れて目で見て打感を確認してから購入して下さい。

ブレード型はスコッティキャメロン、マレット型はオデッセイが一番。

 

大きく分けてヘッドはこの2タイプですよね。ブレード型(ピン型)の一番人気はスコッティ・キャメロン セレクト ニューポートでしょうね。ブレード型は重心がフェースに近いところにあるので「しっかり感」があります。マレット型は重心が深いので打感はソフトに感じます。

 

 

それと最近のパターは形状は似ていますが、「インサート」はメーカーによって違う素材を使っています。そこに違いが生じるのです。

 

 

打感はインサート素材で変わります。

写真:GDO

そもそもパターにインサート素材を使うことは、打感を硬くしないためなんですが、硬い打感というのはないのです。

 

 

打感は「ノーマルからソフト」そして、「超ソフト」になっています。その中でもオデッセイは超ソフトな打感なのです。打感の違いは、やはりインサート素材と接地面積の影響が大きいですね。素材としてアルミに比べて樹脂のほうが軟らかいです。

 

 

そしてオデッセイはインサートに溝をつけることでボールとの接地面積を小さくしてよりソフトな打感にしています。

ソフトな打感のオデッセイは高速グリーンや冬向きなのです。

打感は好みによって違ってくると思いますが、いえることは、自分が思ったスピードや距離感が出せる打感がいいと思います。

 

 

基本的に打感が「超ソフト」なタイプは、スピードはゆっくりです。ノーマルはスピードがでます。

 

 

昔のヘッドとフェースが単一素材の伝統的なパターはさらに初速は速くなります。

 

 

そこでグリーンとパターの相性は、グリーンが高速であれば、打感がソフトなパターはショートパットの距離を打ち分けやすくします。それは冬の硬いグリーンでも同じなんです。

 

 

もし、パターでショートするミスの多い人は逆に一段階硬めのインサートを選んで下さい。転がりがよくなるのでミスは減るかもしれません。

スポンサードリンク

パターは一番人気のオデッセイを選ぼう。

今やゴルファーの50%はオデッセイのパターを使っていると言われています。それは形状なんでしょうか?打感なのでしょうか。パター選びは先ずは形状で選ぶ方がとても多いと思います。次にインサートによる打感の違いも大きく左右しますよね。

 

 

オデッセイのネオマレット型の「EXOセブン」はホワイト・ホットから続く“オデッセイらしいソフトな打感”が皆さんに支持されているのでしょう。

 

 

EXOセブンのインサートは爪(マイクロヒンジ)があることで、ボールをつかまえてくれるので、最後のひと伸びがある転がりが利点ですね。

 

 

トーナメントでも良く見ますよね。最後のひと転がりでバーディーを奪うジャストタッチのプロはパタ名人ですよね。

 

 

是非初心者の方はこのEXOセブンを宝物にして下さい。

スポンサードリンク

パター人気ランキング1位のオデッセイも長さが命。

パター購入時の前にスペックを確認しましょう。もちろん好きな形状で選ぶのは最も重要視してほしいのですが、、、、

 

その形が決まったら、「長さ」をチェックしてほしいですね。

なぜならば、ゴルフクラブの中ではパターは特に海外メーカーが多いので、日本人には少し長いのです。

 

よく34インチのパターを購入する方が多いのですが、34インチ使用は身長が180cm以上の人にとって適正な長さなのです。

 

170cm前後の平均的な日本人の身長の方は32インチから33インチのパターをお勧めします。なぜならば、クラブの長さが合わないと、ライ角にも問題が出てしまいます。

 

一般的には、ライ角70度のパターが多いのですが、適正より長いパターで構えるとライ角はフラットなってしまいます。

 

短いとアップライトになってしまって、そのパター本来のライ角では構えることができません。ですから長さで選ぶ事を最重要視してほしいのです。

 

判断基準として、アドレスした時に構えた時の首から背中上部の角度が重要です。

 

その角度に違和感のない長さとライ角を選ぶほうが良いでしょう。

スポンサードリンク

パターの人気ランキング2018は?

オデッセイのマレット型はかっこいいですよね。やはり1番人気はオデッセイですね。

超ソフト

■#1:オデッセイ EXOセブン(キャロウェイ)
インサート:ホワイト・ホット マイクロ
ヒンジ。

 

ソフトな打感なのに転がりがいい。
ホワイト・ホットから続く、オデッセイらしいソフトな打感が好まれています。

スペック:
ロフト角:3度
ライ角:70度
長さ:33、34インチ
価格:4万2000円+税

■#2:スパイダー・ツアーレッド
(クランクネック)

インサート:アイオノマー

 

芯を外しても打感が変わらない。

黒いフェースは見た目ではハードな打感のように感じますが、すごくソフトタッチで打てるシリーズです。

ミスヒットにも強くて、芯を外したときでも打感の柔らかさを感じるパターです。

スペック:
ロフト角:2.5度
ライ角:70度
長さ:33、34インチ
価格:3万3000円+税

ソフト

■#3:シグマ2・タイン4(ピン)
インサート:ぺバックス(エラストマー)

静かな打球音で転がりすぎない安心感

ピンのパターと言えば、“ピン”と音がするのが伝統でしたが、このモデルは“コォン”という静かな音だと思います。

 

かなり打感はソフトです。距離感的にも転がりすぎないので安心です。

スペック:
ロフト角:3度
ライ角:70度
長さ:34インチ
価格:3万1000円+税~

■#4:シルバーブレードCC-03CS(プロギア)
インサート:TPU樹脂

樹脂ならではの打感と距離の一定感が絶妙。

樹脂インサートならではのソフトなフィーリングです。このパターは重心が深い事です。すごく安定感が高いのです。

 

ショートしたり、打ちすぎたりする人に合うかもしれません。

スペック:
ロフト角:3度
ライ角:70度
長さ:33、34インチ
価格:2万5000円+税

ノーマル

■#5:スコッティ・キャメロン セレクト・
ファストバック
(タイトリスト)
インサート:6061アルミ二ウム

 

キャメロン独特の甲高い打球音

他のブランドとは違う独特の打球音がキャメロンパターの特徴です。この打球音で距離を合わせる人も多いので、一度使って慣れてしまうと、手離せないと思います。さすがキャメロンですね。

スペック:
ロフト角:3.5度
ライ角:70度
長さ:33、34、35インチ
価格:オープン(実勢価格:5万5000円前後+税)

■#6:ヴォルト2.0 ケッチ(ピン)
インサート:6061アルミ二ウム


適度な硬さとTR溝で転がりが安定

決して打感が硬いわけではありませんが、しっかりした感触で距離感を出せるタイプです。

 

TR溝の効果によって、インパクトで多少左右に打点がズレても転がり方が安定します。平均パット数を減らしやすいですね。

スペック:
ロフト角:3度
ライ角:70度
長さ:34インチ
価格:5万円+税

パターの人気ランキングを紹介しました。初心者が選ぶ基準はまずは見た目で自分に合うか否かですね。打感の感触で選んで下さい。

最後に価格ですね

自分のお財布と相談して中古から選んでも良いですし、今お使いのパターを下取りに出す方法もあります。

3パットを撲滅してゴルフライフを楽しんで下さい。

 

スポンサードリンク

最後までお読みいただきありがとうございます。