Pocket
Facebook にシェア

女子ツアーの選手の中でアプローチショットの名手はイボミだと思います。

(※2018年ツアーではその精度が落ちていて不調ですがすぐに復活すると思います。
リカバリー率は61.13%で42位)

 

イボミのアプローチウエッジを使用した時の距離感はキュキュとスピンが効いてグリーンで止まる球を打ちますね。

 

これぞイボミのアプローチショット!!

スポンサードリンク

イボミのスイング、ウエッジでのアプローチショット。

Embed from Getty Images

イボミの使用している57度のウエッジは2種類あり試合で使い分けています。

 

タイトリストのボーケーSM7でSグラインドとLグラインドの2本です。

イボミのクラブセッティング2018

 

内地の野芝やコーライ芝で使用しているのはSグラインドで北海道などの洋芝対策Lグラインドです。この2種類の違いはどこにあるのでしょうか?

 

ロフトは1度立て57度にしLグラインドはソールのトゥとヒール部分が削られています。(仕様では58度になっています)

 

バンスが10度のSグラインドでは自分が思っている以上の距離が出てしまうこともあったそうです。

 

※ウェッジにバンスを付けたのはバンカーショットを優しく脱出できるためにバンス角をジーンサラゼンが考案し広がっていきました。

イボミの場合、ローバンス(4度)で構えた時に洋芝でペタッとボールが沈んでいても拾いやすいイメージがあるそうです。

 

又地面が硬いコースでもローバンスは有効で、特にグリーン周りの短いアプロ-チでは、地面が硬いとバンスでヘッドが跳ねてしまい、すごく難しいと言います。

 

このように一般的にクラブに(道具)対して深く考え工夫するのは今までは男子プロ達でした。

 

契約メイカーのクラフトマンがツアーに帯同し練習ラウンドなどでチェックするのですが女子プロの方々はそこまでクラブに対して執着していませんでした。

 

 

しかし、イボミを始め韓国から強い選手が日本ツアーで上位を占め活躍をしているのはバックグランドに多くの選手の要望を叶えるクラフトマンの存在があったのだと思います。

 

イボミも今以上にクラブ(道具)のことをもっと知りたくなったと思います。

 

北海道のmeijiカップの優勝はこのローバンスの57度ウエッジを投入していたそうです。(2016年)


その理由は、芝質でクラブを替えたそうです。

 

洋芝(北海道)・・・
打球痕の中心はスコアラインの下から3本目。フェース面の下側についており、ヘッドを低く入れてクリーンに球をとらえています。

 

コーライ(本州他)・・・
ヘッドを上から入れてバンスを使って球を打つため、打球痕の中心はスコアラインの下から4本目。

 

短い距離でもターフを取って打っています。

アマゾンで、お買い物をもっと楽しく!もっと便利に

Amazonの「プライム会員」になると豊富な品揃えを最短翌日に無料でお届けすることができます。さらに・・・

Prime Video限定オリジナル作品や小説、ビジネス本、実用書、マンガ、雑誌、洋書そして、音楽も聞き放題です。
⇒このプライム会員サービスは《30日間無料です。しかも登録後のキャンセルも自由で安心です。

⇒すぐに申し込む!!

イボミのスイング、アプローチウエッジというクラブを知る。

アプロ-チ、ロブ、バンカーと様々なショットバリエーションを再現するのがアプローチウェッジです。


このクラブの特徴を知ることが、上達への近道になる事は間違えありません。

 

今までのウエッジの使い方が間違っていた!という新たな発見があるかもしれませんよ。

 

ウエッジはバンスのあるクラブです。
DSC_0945
では、バンスとは・・・
振り幅を小さくして、素振りをしてみましょう。

 

地面とヘッドが擦れて「シュッ、シュッ」という音がすると思います。

 

この時、地面に当たっている部分がバウンスです。

インパクトでヘッドが鋭角に入っても地面に刺さることなくスムーズな抜けを可能にするウエッジの核となる部分です。

 

このバウンスをうまく地面とコンタクトさせる感覚を持つことが重要です。

 

フェースを開けば開くほどバウンスが使えます。

 

ウエッジショットの説明で、よく「フェースを開きましょう」という言葉を耳にすると思います。

 

これはボールを上げたい状況ということもあるのですが、フェースを開けば開くほどソール後方側のバウンス角が大きくなって、よりバウンスを使ったショットができるからなのです。

 

ウエッジというクラブの性質を理解することで、あなたはパーオンに失敗しても、3オン2パットのボギーで上がれるゴルファーになれるのです。

 

でもそんな中上級者になると襲ってくるのが、パー4の3打目のアプローチでシャンクです。

 

頭が真っ白になりますよね。結局4オン2パットのダボになってしまいますからね。

 

いや―本当にいやですよね。シャンク。ペチャッの音が出たとたん別世界に入ってしまいます。

特にグリーン周りのアプローチショットは困りますよね。止まりません。シャンクが出てグリー周りをぐるぐると回ってしまった経験はありませんか?

 

そこでシャンクやトップのミス解消法やアプローチショットの解説をいたします。

シャンク解消法!!

シャンクが出たら、インパクトまでは右カカトを上げないで、右ヒザを前にださないようにしましょう。

 

せっかくグリーン周りまできたのに想定外のシャンクでは、スコアーはもちろん、精神的にも大きなダメージを受けますよね。

 

では、その原因は何でしょうか?

 

シャンクする人のほとんどは下半身が動すぎています。

 

とりわけダウンスイングでショットと同じように右カカトが上がり、右ヒザが前に出ています。

 

こうなるとクラブの通り道がなくなって手が前に出てしまいます。

 

この影響でフェースが開き、シャンクが出るわけです。

 

もしシャンクが出たなら、右ヒザの位置を保ったまま振る意識を持って下さい。

 

すでに重心をさげて構えていますから、その状態をキープしてベタ足で振って下さい。

 

少なくともインパクトまでは右カカトを上げないようにしましょう。

スポンサードリンク

イボミのスイング、理想のアプローチショット。

アプローチでも上半身は右より左が大事です。左わきを締めてヘッドの重さで振りましょう。

 

左ワキを締めて振るとクラブと体の動きが同調します。グリップエンドが常に自分(おへそ)に向いています。

 

逆に左ワキが空いているとヘッドがスイング軌道から外れてしまいます。

 

他のショットと同様にアプローチでも上体をリラックスさせておくことが大事です。

 

腕に力が入ると手でクラブを振り回しがちになります。これだと軸がブレて体とクラブがバラバラに動くことになります。

 

ポイントはアドレスで上体をリラックスさせておくことです。構えてから両ヒジの距離を少し離すようにして下さい。

 

こうすると程よく脱力して上体をリラックスさせられます。これができたら左ワキを適度に締めることです。

 

これにより、腕と体が一緒に動くので、クラブを体の動きに同調させることができるのです。

 

いわゆる、ヘッドの重さを使って自然にスイングできるようになります。

スポンサードリンク

イボミのスイング、左で打つアプローチ練習法。

アプローチで大事なのは正確性です。狙ったところへボールを運ぶ、縦のディスタンスと方向性を正確に打つことです。アドレスから左足体重で体重移動しないで打つ、

それにはシンプルに構えてシンプルに打つのがベストです。大事なのはクラブのロフト通りに打てるようになることです。

 

まず、ボールを両足の真ん中に置いてアドレスします。

 

アプローチはドライバーショットのように遠くに飛ばす必要性はないので体重移動をしなくてもいいのです。

 

左足の付け根がスイング軸になります。そのためにイボミは左足に体重を乗せ、終始左足体重のままスイングしています。

 

こうすると、左足を軸にしてシンプルに振ることができます。フィニッシュでは左あし一本で立つ感じになります。

 

打った後も重心は左腰に、そこに体重が乗る感じです。それとアプローチはクラブを短く持つことも忘れないでください。

スポンサードリンク

イボミのスイング、アプローチでトップが出たら・・・。

トップが出やすい人は、ボールの行方が気になってヘッドアップしたりボールをあげようとして上体が伸びあがって、いわゆる「すくい打ち」の形になっています。

 

こうなると右足に体重が乗ったまま打つことになります。そのためすくい打ちになるのです。

 

トップを無くすには左足の付け根を軸に振ればすくい打ちはなくなります。

 

ポイントはアドレスで左足付け根にハリをもたせ6:4の左足体重で構えることです。

 

さらに、左母指球を踏ん張るようにして左足体重のまま振り抜けばOKです。

スポンサードリンク

イボミのスイング、アプローチのフォロー。

 

アプローチと言えども最後まで降り抜くことです。

 

グリップエンドをおへそに向けて左右対称に振ってフォローが出れば距離感が出てスピンもかかります。

 

アドレスからフォローまでグリップエンドは常におへそに!

 

勢い付けて降り抜くショットとは違って、アプローチではふり幅が小さくなります。

 

そのため、手先でボールに合わせにいきやすくなり、これがざっくりやトップの原因です。

 

このようになる方は、インパクトで終わる感じのスイングになっています。

 

本人が意識しなくてもそうなっています。

 

これを防ぐには、意識してフォローをしっかり出すことですが、フォローだけを気にするとタイミングが早くなるので、左右対称のふり幅で振ってみて下さい。

 

ポイントはフォローでおへそとヘッドを目標に向けることです。

 

グリップエンドと左腰の間隔を保って動けると手と体を一体化させて降り抜けます。

スポンサードリンク

イボミのスイング、アプローチのまとめ。

インパクトではフェースと右手のヒラが目標を向くようにしましょう。

 

ヘッドと手首はインパクトまで直線で動かしましょう。インパクトまで手首を返してはダメです。

 

右手のヒラはクラブフェースと同様に目標方向を向いていますからその方向に打ち出しましょう。

 

打つ前に、あらかじめインパクトの形を作ってからスイング始動してもよいでしょう。

 

インパクトの前に手首を返して打つと、ヘッド軌道が不安定になってしまいミスの原因になります。

 

正確性が大事なアプローチでは、なるべくスイングの再現性を高めるためにも、手首は返さないで、上半身の回転でボールを打つことです。

 

いかがでしたか?

 

アプローチが上達すればあなたはすぐに90切りゴルフの仲間です。

 

パーオンをしなくてもアプローチで寄せて1パットのパープレーができるゴルファーになればゴルフがもっと楽しくなります。

 

是非イボミのアプローチを真似てシングルを目指して下さい。

 

ゴルフは他のスポーツと同様に基本が大事です。ですがスイングの基本は自分一人では習得できるものではありません。

 

トッププレーヤーは今では専属のコーチがついています。

 

なぜならスイングは変化するのです。変化するスイングを自分だけでチェックすることはできません。

 

アマチュアであればなおさらなのですが、一人黙々と練習場で球を打っている人を見かけます。

 

球を打つ前に時々はプロのゴルフ診断を受けてスイングチェックをして下さい。

 

アプローチもスイングの基本が大事です。ゴルフ上達の近道はスイングチェックです。

アマゾンで、お買い物をもっと楽しく!もっと便利に

ゴルフクラブやゴルフ用品のご注文確定の最短翌日に 無料でお届けするサービスをご存知ですか!?

さらに・・・

Prime Video限定オリジナル作品や小説、ビジネス本、実用書、マンガ、雑誌、洋書そして、音楽も聞き放題です。

 

⇒このプライム会員サービスは《30日間無料》です。しかも登録後のキャンセルも自由で安心です。

 

↓↓↓↓30日間の無料体験「今すぐ申し込む」↓↓↓↓

スイングチェックをしよう。

 

スポンサードリンク

最後までお読みいただきありがとうございます。