Pocket
Facebook にシェア

シンプルで簡単、しかも寄る!今どきのアプローチを知りたいと思いませんか?昔の打ち方とちょいと違う打ち方のスイング論です。

 

かわいい女子プロゴルファーは低スピンアプローチで勝負しています。

 

低く飛び出してキュキュッと止まるアプローチはアマチュアにとっては夢の又夢でしたよね。

 

でも女子ゴルフのツアーでアプローチを見ているとそんな球を打っている選手は皆無です。

 

今どきのかわいい女子プロゴルファーのアプローチはスピンを入れるのではなく“入る”という感覚が強くなっているようです。

 

参考にしてほしいのは、クラブやボールの進化を上手に利用しているかわいい黄金世代やかわいい若手女子プロゴルファーです。

 

今どきのゴルフは打ち方が変わってきました。では、どのように変わったのでしょうか?

スポンサードリンク

かわいい女子プロゴルファーのスイング論。ツアーで実践、低スピンアプローチとは。

今どきの女子プロゴルファーはクラブに仕事をさせています。だからスピンは“入れるから入る”時代になりました。

今どきのピッチ&ランは弾道が高く、スピン自体は少なめで、ボールの重さを利用して止める打ち方に変わりました。

 

初速を抑えて、ロフト通りの高さを出す打ち方です。

 

入射角は鈍角です。なぜならロフト通りの高さを出しやすく余計なスピンを抑えることができ距離感が合わせやすいからです。

 

昔のピッチ&ランは、強めにヘッドを入れることでスピンを入れ、バウンドで勢いを抑えていました。

 

ロフトを立てながらボールにコンタクトし、フェース面とボールの摩擦を強めることでスピンを入れていました。

 

軌道はボールにスピンを与えるために鋭角に入れていました。

【初速は速いから遅いへ】

ロフトを立てながらボールにコンタクトし、フェース面とボールの摩擦を強めることでスピンを入れていましたが、

 

今どきのアプローチは初速を抑えて、ロフト通りの高さを出すことを重視しています。

【軌道が鋭角から鈍角へ】

ボールにスピンを与えるために鋭角に入れていましたが、今どきの入射角は鈍角です。

 

そのほうがロフト通りの高さを出しやすく、余計なスピンを抑えられるので距離感が合わせやすいのです。

アマゾンで、お買い物をもっと楽しく!もっと便利に

Amazonの「プライム会員」になると豊富な品揃えを最短翌日に無料でお届けすることができます。さらに・・・

Prime Video限定オリジナル作品や小説、ビジネス本、実用書、マンガ、雑誌、洋書そして、音楽も聞き放題です。
⇒このプライム会員サービスは《30日間無料です。しかも登録後のキャンセルも自由で安心です。

⇒すぐに申し込む!!

かわいい女子プロゴルファーのスイング論。ツアーで見るフェースに乗せる低スピンアプローチ。

では、フェースにボールが乗る時間を長くし、必要以上にスピンが入らないようにするには何をすべきなのでしょうか?

縦振りしやすいアドレス。

ターゲットに対して体のラインをスクェアにセットして下さい。

 

さらにボールとの距離を近めにすることでヘッド軌道をストレートにしやすくなります。
注)ハンドダウンに構えるとボールとの距離が遠くなってしまいます。

 

ハンドファーストの度合いはかなり小さいですね。

 

ポイント1:ボールの位置を近くして真っすぐにヘッドを動かす上では重要なポイントです。

 

今どきのアプローチもアドレスが重要。ボールと自分との距離がポイントです。

 

ボールとの距離が遠いとどうしてもクラブは扇型に動きやすいので真っすぐ動かそうとすると手で動かす形になってしまいます。

 

昔はハンドダウン気味の構えが多かったと思いますが、今どきのアプローチはハンドアップ気味ですね。

ポイント2:「6:4」で左足に体重を。昔よりも低く打ち出さなくなったとはいえ、クラブは必ず上から入れることが重要です。

 

6対4の割合で左足に体重をかけておくことでナチュラルに上からヘッドを入れることができます。

 

ポイント3:ウエッジのフェースの開き方は少し開いたぐらいが真っすぐです。きっちりとスクェアに構えると、左に飛ぶのがウエッジの持つ構造であることも意識しましょう。

 

軌道は真っすぐ、まっすぐ。ヘッドは手先でなく体で上げましょう。

スポンサードリンク

かわいい女子プロゴルファーのスイング論。低スピンアプローチをツアーで実践。

松田鈴英は、テークバックでインサイドに上げる意識を持っていたそうです。今は、軌道を真っすぐにしたことで、寄せワンの確率が高まったようです。

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E6%9D%BE%E7%94%B0%E9%88%B4%E8%8B%B1&imageId=199629

【松田鈴英の低スピンアプローチ】

松田鈴英のコメント

自分のイメージではヘッドは外に上げるくらいのイメージでした。それくらいの意識でちょうど真っすぐ。

 

上げる時に注意しているのが右ひじで、右ひじが体から離れないように意識しています。

 

右脇が締まった状態で体と腕、クラブを一体化させて上げられるので、いつも同じ位置に上げられるのです。

 

インサイドにヘッドを上げていたときは止まりすぎたり止まらなかったり確率が悪かったが、真っすぐに上げるようにしてスピン量が安定します。

 

真っすぐ動かすことで、動きがよりシンプルになりますね。

【勝みなみの低スピンアプローチ】

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%8B%9D%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%BF&imageId=196839

とにかくシンプルに振る事だけをアプローチでは考えている勝みなみです。

勝みなみのコメント

スピンはクラブの性能に合わせています。

 

自分でクラブを動かそうとするのではなくクラブの自然な動きに任せてアプローチをしています。ボールをフェースに自分で乗せようとか、運ぼうとかは思っていません。

 

インパクトできっちりクラブが戻ればフェースにボールは乗ります。スピンもしっかり効いてくれます。

 

とてもシンプルですよね。

自分が使っているクラブの性能を信じて、できるだけシンプルに振る事だけを考えている勝みなみです。

 

結果的にフォローは真っすぐ出ていくし、余計な動きも少なくなります。勝みなみの特徴は手先の力感はゼロに近く、クラブの慣性に任せて振っているのです。

 

ポイント1:やさしくやわらかく運ぶ

ヘッドを無理に加速させたりしないから、軌道が安定する。ロフト角が長い時間キープさせるのでフェースに乗る時間も長くなる。

 

ポイント2、:ヘッドは低く出す。

手元を支点にヘッドの重さに任せてフォローを出す。

 

手の動きで低く長く出そうとすると体の軸がブレて突っ込む動きになりやすい。ヘッドの重さを感じられる力感がポイント。

 

ポイント3、:右肩の高さをキープ

ボールを上げる意識があると肩の高さが変わりやすくなる。右肩の高さをキープしたまま振ることで、支点が安定しシンプルな振り子運動が実現できる。

 

【永井花奈の低スピンアプローチ】

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E6%B0%B8%E4%BA%95%E8%8A%B1%E5%A5%88&imageId=185478
アプローチは小さな動きだからこそ体全体を使いましょう。

 

体重移動の意識はないが、その場で回転するイメージは強く持っているという永井花奈です。理由はヘッドを真っすぐ、真っすぐに動かすためです。

 

フェース面ができるだけ長く真っすぐに動けばフェースにボールが乗る時間も長くなります。

 

ただ、それだけを意識すると手先の動きが強くなってしまうので、永井の場合はひざ下のエリアでフェース面の角度が変わらないように振る意識を持っている
とのことです。

 

ダウンスイングからフォローにかけては体の右サイドの押し込みがフェース面をキープするコツです。

 

右サイドの動きを使うためには、テークバックで右ひざの動き過ぎを抑える必要があります。

 

ポイント1:体の正面からクラブが外れない。

フォローでは体の正面にクラブが収まるのが正解です。手首の動きを使って振っていると、フォローで体の幅から外れてしまいます。

 

体を止めずに体の回転重視で振ることが必要です。

ポイント2:テークバックでコックを入れる。

体の左右の動きを抑えつつ、ヘッドを真っすぐ上げるにはコックを縦に入れる必要があります。

 

テークバックでコックを入れて、その形をキープしたまま体を回転させると軌道がまっすぐになります。

ポイント3:手がこねてないからフェースに乗る。

手首の角度は最初から最後まで同じイメージで振ります。

 

フェース面がフォローで自分の顔をむくように振るとインパクトゾーンが長くなりボールをフェースに乗せられます。

【三浦桃香の低スピンアプローチ】

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E4%B8%89%E6%B5%A6%E6%A1%83%E9%A6%99&imageId=196326

前傾角度が保てないと浮いてしまいます。ダブりやトップがでるのは頭の高さが上下するからです。

 

アプローチのように小さい動きでは少しの上下動が命取りになります。

 

入射角度を安定させたいなら前傾角度を保つことが絶対条件です。

ポイント1:左方向へ腰を回転していく。

インパクトで詰まるのも前傾角度が崩れる原因になります。体の回転を止めずにスムーズに左サイドに回転していくことで、アドレス時の前傾角度をキープしやすくなります。

ポイント2:グリップは長く持つ。

グリップは長く握ります。ヘッドの重さを感じなすくなるので腕に余計な力が入らなくなります。

 

短く持つとヘッドの重さが消えるので手先の動きが強くなりがちになります。

 

三浦桃香のアプローチの考え方は常にロフト通りの高さを出す事です。

 

それが一番シンプルでミスが少ないからで、そんな三浦が意識しているのはお腹です。

 

アプローチでボールを上げようとすると体が伸びあがって前傾角度が崩れてしまいます。

 

だからアドレスで腹筋に力を入れて体が起き上がらないように意識しています。

 

体が少しでも起き上がるとボールに届かなくなるので結果手で合わせる打ち方になってしまうのです。

 

安定したキャリーと余計なスピンを抑えるには前傾角度のキープは必須です。

 

地面に対して圧力をかけ続けることで前傾角度がキープできるだけでなく、ヘッドの入射角も一定になります。

スポンサードリンク

かわいい女子プロゴルファーのスイング論。低スピンアプローチがツアーで主流のまとめ。

1、アドレスはスクエア。

やや右足寄りにボールをセットし、そこにフェースを合せた状態からターゲット方向に飛ばします。真っすぐヘッドを動かさなければボールは乗らないのです。

2、ヘッド軌道

インパクト時に右手首の角度をキープしたままターゲット方向へボールを投げる感覚で回転します。

 

真っすぐに動く時間が長くなるほどスピン量が安定します。

 

3、フォローの動きだけでボールを飛ばす。

インパクトの状態からフォローだけでボールを飛ばす練習です。

 

体の回転とクラブが動く方向の力のベクトルが一致するとフェースで押すようにしてボールを飛ばせるようになります。

 

低スピンアプローチであなたのゴルフをワンランクアップしてシングルを目指して下さい。

 

かわいい女子プロゴルファーのアプローチを是非トーナメント会場で観戦して参考にして下さい。

アマゾンで、お買い物をもっと楽しく!もっと便利に

ゴルフクラブやゴルフ用品のご注文確定の最短翌日に 無料でお届けするサービスをご存知ですか!?

さらに・・・

Prime Video限定オリジナル作品や小説、ビジネス本、実用書、マンガ、雑誌、洋書そして、音楽も聞き放題です。

 

⇒このプライム会員サービスは《30日間無料》です。しかも登録後のキャンセルも自由で安心です。

 

↓↓↓↓30日間の無料体験「今すぐ申し込む」↓↓↓↓

女子プロゴルファーの応援を宜しくお願いします。

 

スポンサードリンク

エンジョイゴルフ!!楽しいゴルフライフを!!