Pocket
Facebook にシェア

スポンサーリンク

芹澤信雄のゴルフレッスン、レベルスイング習得しよう。

 

芹澤プロのアドレス時のベルトの高さが
■テークバック、
■バックスイング、
■トップ
スイング、
■ダウンスイング、
■インパクト、
■フォロースルー、
そして
■フィニッシュまで上下動せず、まったく
同じ高さに保たれています。

 

腰の水平回転が正しく実践されているのが、
このベルトの高さによっても明らか
です。

 

膝の高さも変わりません。腰が浮いたり、
沈んだりしないからこそミート率は格

高まります。

 

肩の動作にも注目してみてください。

バックスイングからトップスイングにかけ
ては左肩がアゴの下に到達するまで回転さ
せ、・・・
インパクト以降は右肩が目標方向
に正対
るくらいまでターンさせています。

 

一見すると左右の方が上下動しているよう
に思えるかも知れませんが、両肩はス
イン
グ軸(アドレス時の前傾させた背骨ライン)
に対してレベル(水平)に回転しているの
です。

 

芹澤信雄のゴルフレッスン、レベルスイングの基本。

レベルスイングとは、腰の水平回転に膝・
肩が連動する動きです。

アームローテーション×ボディーターンで
す。それでは、スイングの一連の動作を紹
介します。

【テークバック】

アドレスからテークバックまで常に体の
面の三角形を崩さないで始動する
理想的な
スイングです。

 

多くのアマチュアの方々はアドレス後、打
ち急ぐために手首や肘を曲げてス
イングし
ようとします。
(実際にそれでもクラブは上がるわけです)

 

するとどうなるか・・・テンポが速くなり、
軸が左に傾いてしまうのです。

 

すので、芹澤プロのアドレスからテーク
バックを参考にして、軸を意識してゆ
っく
りとテークバックすることを覚えて下さい。

【トップスイング】

トップの位置は、
身長によって違いますが、テークバックか
らアームローテーションが始まりま
す。

 

そのアームローテーションを崩さずボディ
ーターンでトップの位置まで持って
いきま
す。

 

左腕が地面と平行になった時にシャフトは
90度真上に立っています。グリッ
プエン
ドが真下を指していますね。

 

そこで、コックは終了し、そこからボディ
ーターンでトップの位置が決まりま
す。

【ダウンスイング】

トップスイングのポジションからダウンス
イングに入りますが、腰の切り返し
で手元
が動きます。

 

その時、腰は地面と平行(レベル)に回転
している点に注目してください。

 

ゆえにヘッドの高さとボールの高さがマッ
チングしてミート率を高めるのです。

【インパクト】

インパクトではティーペグが飛びません。
小さくて見えにくいですがティは残ってい
ます。

(写真)まさしくレベルスイングです。

芹澤信雄のゴルフレッスン、前傾させた背骨を軸に腰を水平に回転。

芹澤プロの膝の高さや角度がアドレス時か
らインパクトまで終始キープされたま
まス
イングしている点に注目してい下さい。

 

レベルスイングとは腰を水平回転させ、ダ
ウンスイングではクラブヘッドの入射
角が
レベル(水平)に近いことで、右腰のター
ンに連動してヘッドを押し込み、
ボールを
押すような動作をしているようにさえ見え
ます。

 

これがレベルスイングの真骨頂であり、常
に安定したミート率を導くキーポイン
トで
もあるのです。

芹澤信雄のゴルフレッスン、レベルスイングの極意とは。

目指せレベルスイング

レベルスイングとはボディーターンとアー
ムローテーションで
あることはお解りいた
だけましたでしょうか?

 

この二つの動作を融合して行う動作がゴル
フスイング習得への
スタートラインです。

 

レベルアップ、スコアアップを目指すため
にも、頭の中のスイング理論を
白紙に戻し
芹澤信雄のレベルスイングの極意からベス
トスイングを学んで
下さい。

レベルスイングとは何か

ボールを打つ意識は必要なし、腰の回転が
ボールをクリアヒットします。

 

ルフスイングはクラブを規則的に動かす
「アームローテーション」と規則
的に動か
されているクラブに加速を加えてヘッドス
ピードを上げる「ボデ
ィーターン」との二
つの異なる動作の融合によって行われます。

 

アベレージゴルファーの多くは、この「二
つの動作の融合」を頭で理解し
ないまま、
ボールを打つだけに終始してしまうので上
達の道が狭くなって
しまうのです。

 

「ショットが飛ばない、曲がる」と悩み続
ける理由の一つとして、アーム
ローテーシ
ョンばかりを過剰に意識したりするスイン
グに陥ってしまいます。

 

これでは上達は望めません。

 

レベルスイングとは「ボディーターン」
基本とし、スイングした結果、
右腰が地面
に対して水平にターンし、腰の高さがレベ
ル(水平)に保たれ
たままフィニッシュを
迎えるスイングのことです。

 

もちろん、均一のアームローテーションも
前提となります。

 

決してボールの前後であるインパクトエリ
アでクラブヘッドを水平に走ら
せるスイン
グではなく、腰の高さを終始レベルに保っ
たまま、ダウンスイ
ング以降は右腰を水平
にターンさせて行くのが真のレベルスイン
グなので
す。

 

右腰の積極的なターンによってボールをヒ
ットし、さらに右腰を押し込ん
で行くイメ
ージであって、決してボールを打つ意識は
要りません。

 

むしろ、打つイメージはスイングに、クラ
ブヘッドを走らせる動作にブレ
ーキを掛け
ることになるのです。

 

レベルスイングはミート率を飛躍的に高め
ます。だから無駄なく、確実に
飛距離を出
せます。

 

チーム芹澤のプロたちが実践するレベルス
イングをマスターしてあなたの
ゴルフスイ
ングを美しく優しそうなスイングにして下
さい。

レベルスイング理論再確認

レベルスイングは、基本的には腰の回転運
動(ツイスト)だと理解してく
ださい。

 

テークバックでは、右股関節に体重を乗せ
る動作によって腰を右に回して
行きます。

 

トップスイングからダウンスイングへの切
り返しは、左腰の捻り戻しから
スタート
せ、続いて右腰を目標(フォロースルー)
向へ押し込んで行
くように水平回転させる。

 

左股関節に体重を移動させてインパクトを
迎えるのが理想です。

芹澤信雄のゴルフレッスン、正しいアームローテーションとは?

レベルスイングをマスターするには、スイ
ング中の腕の正しい使い方、振り
方を理解
し実戦することが不可欠です。

 

クラブヘッドを加速させなければボールを
遠くへ飛ばすことはできませんが、
それは
決して腕を素早く振るのではなく、ボディ
ーターンによってもたらせ
るのです。

 

正しいアームローテーションとは何かを学
びましょう。

 

アームローテーションとは、

スイング時に両腕を積極的に使うことで
起こるフェースターンと、リストターン
の動作(手首の動き)を同調させたスイ
ングのことを表す言葉です。

 

 

ゴルファーにとって腕のローテーション
はとても重要な要素です。

 

 

腕の動きを上手く使うことで起こるアー
ムローテーションは、上手になると格段
にヘッドスピードが上がり、ボールを的
確にコントロールすることができるよう
になります。

 

 

飛距離が出やすくなるので、飛距離に悩
んでいる方はアームローテーションをし
っかりとマスターしてください。

※アームローテーション「腕と肩」

スイングの二大悪癖のおさらい。

スイングの二大悪癖に、スエー(下半身)
リバース(上半身)スイ
ングがあります。

 

スエーとは・・・

バックスイングで体重を右足に移動させよ
うとして、アドレス位置よりも
も腰の位
置も右に動かしてしまいます。

 

 

そうすると、ボールを打つためにはダウン
スイング
以降は頭も腰も左に動かしてクラ
ブを振らなければなりません。

これがスエースイングです。

リバースとは

一方、頭を動かさずにスイングする意識
が強いために、バックスイングでは
スイ
ング軸を左に傾けてしまうと、ダウンス
イング以降はスイング軸を右に
傾けなけ
ればクラブを振れなくなってしまいます。

 

体重がバックスイングで左足にダウンス
イング以降は右足に乗る、いわゆる
ギッ
タンバッコンの体重移動でショットする
のがリバーススイングです。

 

いずれもスイング軸がぶれていることが
原因です。

 

右から左への体重移動も頭を動かさない
スイングも腰の回転の中心となるス
イン
グ軸が定まっていないと、意識だけが先
行した不自然なスイングになっ
てしまう
のです。

 

まずは、頭で覚えたスイングの常識は忘
れて、スイング軸を理解し身につけ
るこ
とから始めましょう。

地球儀を思い浮かべてみましょう。

地球儀の軸は少し傾いています。それは
アドレス時に上半身を前傾させて背
骨の
ライン(軸)と同じです。

 

その先端に位置するのが頭ですから、軸
を中心にして回転する限り、頭の位
置自
体は動きません。

 

地球儀をクルクル回したなら地球儀の側
面は回転し、その軸は動かないのと
同じ
なのです。

 

軸を中心にして回転することが、スエー
やリバーススイングを矯正する最大
ポイ
ントなのです。

 

この二大悪癖スイングを払拭するために
も、ぜひ実践してほしいのが正しい
アー
ムローテーションのためのドリル「ビュ
ンビュン素振り」です。

 

クラブヘッドを左右に正しく振ることに
よって遠心力が強まり、軸が安定す
るの
です。

 

駒を思い浮かべてみてください。クルク
ル素早く回転している時は駒の軸は
ぶれ
ずに安定しています。

 

しかし、回転が弱まってくるに従って軸
は左右にぐらつき始めます。

 

これと同じで、素早いアームローテーシ
ョンでクラブヘッドを左右に振れば
振る
ほどぶれません。

 

安定したスイング軸を作り上げ、スエー
やリバーススイングに陥ることもな
くな
るのです。

 

スポンサードリンク

是非試してみて下さい。