Pocket
Facebook にシェア

芹澤信雄プロのゴルフスイング理論は“レベルスイング”です。

 

そこで、レベルスイングをマスターするためのグリップの握り方からアドレスの取り方をはじめ、スイング軸や体重移動そしてスイングの各ポジションでの正しい動作を紹介します。

 

まずは、グリップと「軸」です。

 

ゴルフはクラブでボールを当てる球技です。(笑)クラブを握らないとボールを当てることは
できません。

 

ですから、クラブの握り方が大変重要になるわけです。自分の好みに合わせて選択して下さい。

スポンサードリンク

芹澤信雄のゴルフレッスン。グリップは人それぞれ。

アドレスした際、両肩ラインとグリップ位置を結んでできる「三角形」。

 

の三角形の形を崩さずにスイングすることでスイングプレーン(アドレス時のシャフトを基軸にした円弧)に沿ってクラブを振ることができます。

DSC_9545

いわゆるオンプレーンスイングが可能になるのです。オンプレーンスイングさえできれば、グリップはどんな握り方でも構いません。

 

但し、右手の人差し指と親指との間にできるVが右肩を指すという条件つきです。

 

なぜなら、それがスムーズなバックスイングをそしてオンプレーンスイングを導いてくれるからです。

 

それと、グリップで良く質問を受けるのは握り方の強さです。

スポンサードリンク

芹澤信雄のゴルフレッスン。グリップの握り方。

グリッププレッシャーですが、小鳥を握る強さとかソフトな感じの表現を使いますが要はクラブを引っ張れても抜けない程度が理想ですね。

 

さてグリップはもちろん両手でできるのですが、ここでは左手の握り方の種類を紹介しましょう。

 

自分のグリップを知ることで自分のゴルフスタイルが解りますので確認してください。

芹澤信雄のゴルフレッスン。グリップの種類。

スタンダードグリップ

DSC_9545

 

手を自然体で下げて握ると、左手のナックル(指関節)は2個ほど見える状態です。これがスタンダードグリップです。

ストロンググリップ

ナックルが4個くらい見えるのはストロンググリップです。

 

このグリップではダウンスイングからインパクトにかけてフェース面が左方向に向いてしまうため、フックボールが出やすくなります。

ウイークグリップ

ウイークグリップ(ナックルがほとんど見えないグリップ)は、フェース面をスクエアに合わせた場合、ダウンスイングでフェース面は左に出る球筋になります。

 

左手に対して右手をどう握るかによって、グリップの呼び方が違ってきます。

DSC_9546
オーバーラッピング

↑↑右手の小指を左手の人差し指と中指の間にかぶせるようにして握るのが「オーバーラッピンググリップ」です。

 

インターロッキング
インターロッキング

↑↑右手小指を左手の人差し指に絡めるようにして握るのが「インターロッキンググリップ」です。

 

左右の手の一体感が最も感じられるのがインターロッキンググリップですね。

 

それと、野球のバットを握るように左右の手をかぶせずに握るのが「ベースボールグリップ」で、右手の返り幅が最も大きいのがベースボールグリップです。

 

自分にとってフィーリングの良いグリップを探し出してください。インパクトはアドレスの再現と言われるように、どんなグリップでもアドレスした時のフェース面に戻ってくることが大事です。

 

グリップはクラブと体をつなぐ唯一の接点です。自分がどんなグリップで握っているのかをチェックしてください。

 

さて、芹澤信雄プロのスイングのキーワードはレベルスイングです。

 

チーム芹澤の各選手は究極のレベルスイングを求めて日々練習し精度を高めています。

 

そのプロ達の練習法を皆さんに紹介します。

スポンサードリンク

芹澤信雄のゴルフレッスン。「ビュンビュン素振り」でスイング軸を作る!

右左右対称に最初はゆっくり振ってみましょう。

両腰を水平にターンさせてクラブを振って下さい。


「レベルスイング」をマスターするには、「スイング軸」
が絶対不可欠です。

 

その軸を作るためのドリルとして最適なのが「ビュンビュン素振り」です。

 

肩幅の広さにスタンスを取り、下半身をしっかり安定させ、両肩の高さの振り幅でクラブを素早く振るのですが、最初はゆっくりでOKです。

 

アドレス時のシャフトの角度を基準にしたスイングプレーン(スイング面)をイメージし、それに沿って左右対称にクラブを振ります。(=オンプレーンのスイングをします)

 

慣れてきたら、ビュンビュンという風切り音がするようにスイングスピードを速めてみましょう。

 

素早く振るためには下半身を不動にし、腹筋に力を入れ、アドレス時の上体の前傾角度を保たなければなりません。

 

この「ビュンビュン素振り」をすることで、バックスイング、フォロースルーで腕を伸ばしてのローテーションやリストターンなど、レベルスイングに必要なスイングパーツを自然にマスターできるのです。

 

1日20回×3セットを繰り返すことで、生きたボールを打てるようになります。

スポンサードリンク

芹澤信雄のゴルフレッスン。トルネードスティックでレベルスイング

レベルDSC_0253レベルDSC_0279レベルDSC_0263

 

 

 

 

 

素振り用の練習器具(トルネードスティッ)を使う際もオンプレーンスイングを意識し、バックスイングとフォロースルー地点でのローテーションを確実に行って下さい。

スポンサードリンク

芹澤信雄のゴルフレッスン。スリークォータースイングでレベルスイングの「核」を作る。

 

飛ばす意識も動作も無用です。体の正面でのインパクトを優先。右肩の高さから左肩の高さまでの振り幅であるスリークォータースイングをして下さい。

 

体の正面でボールをとらえるドリル、「ビュンビュン素振り」によって培ったレベルスイングを実践するショットドリルです。

 

使用するクラブは7番アイアン。肩幅よりも狭いスタンス幅で構え、両足かかとを地面につけたままのベタ足でスイングします。

 

飛距離は無視し、決して早く振って飛ばそうとしてはいけません。

 

スイングプレーンに沿ってクラブを右肩の高さまで振り上げて下さい。

 

ダウンスイングでは左腰のリード(ターン)を先行させ、スイングプレーンをなぞるようにしてクラブを振り下ろし、体の正面でインパクトを迎えるようにしてください。

スイングのイメージとしては、スイングプレーン上で腕をスムーズにローテーションしているだけであり、飛ばす意識はまったく不要です。

 

毎日の練習でビュンビュン素振りを行って下さい。

みるみる球筋が鋭くなりますよ。

 

スポンサードリンク

エンジョイゴルフ!!楽しいゴルフライフを。