Pocket
Facebook にシェア

大会名:【2017】CAT Ladies
開催コース:大箱根カントリークラブ(神奈川県)
/ 6,704Yards Par73(36,37)
開催期間:8月18日~8月20日
賞金総額:¥60,000,000
優勝賞金:¥10,800,000

イボミのゴルフ&スイング、2年連続賞金女王の成績。

賞金額:¥10,800,000
トータル:¥37,676,800
獲得賞金順位:16位
メルセデス・ランキング:14位

優勝:68+70+69=207(-12)

FR:優勝:32+37=69(-4)   通算207(-12)
2R:1位タイ:35+35=70(-3) 通算138(-8)
1R:1位タイ:31+37=68(-5)

2年連続賞金女王、イ・ボミのゴルフ。

【FR:32+37=69(-4)】
10:00アウトスタート
出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E3%82%A4%E3%83%9C%E3%83%9F&imageId=171060

待っていました。あなたの笑顔を、信じていましたあなたの復活を、28歳の誕生日で優勝した昨年の同大会。

 

今年は28歳最後の日にトップでティーオフし、6番からの連続バーディ、怒涛のバーディは圧巻です。

 

3日間で1ボギーは精神的にも自分自身をコントロールできている証でしょう。気持ちを平らに保ちながらのプレーはギャラリーに安心感を与えてくれます。

 

そして、心からのあなたの笑顔はファンの気持ちにゆとりを持たせかみ合ってきたイボミのゴルフを見ながらゴルフを愛した喜びにしたることができます。

 

ありがとう。ファンはこの日を待っていました。必ず来ると信じていました。

 

完全優勝、復活優勝、28歳最後の日で大会史上初の連覇、そして21回目の大会で21回目の優勝と色々な言葉を見つけて喜びを感じている勝手にボミマーです。

 

あす21日は、晴れ晴れした気持ちで29歳の誕生日を迎えることでしょう。次回、ニトリレディースはお休み予定ですね。

 

韓国の試合に出場予定だそうで久しぶりの韓国ツアーですね。頑張って下さい。

 

ファンは2年連続賞金女王になって燃えつき症候群に陥ったと思っていました。辛い日もあったと思います。

 

でも、この優勝から・・・
イ・ボミのコメントから・・・
沢山の事を教えてくれました。ありがとうございます。

イボミのコメント集:引用:LPGA

■優勝から遠ざかっている間、ギャラリーやファン。皆さんが心配そうな表情で、頑張って、頑張ってと励ましてくださいました。

うれしかったけど、期待に応えられない自分が歯がゆい。

今日の優勝は、皆さんへ捧げます。

 

■ライバルは自分自身。

このコースは15番から難しい。そこからが勝負。

 

■後半9ホールは、ボギーを打たないように気をつけた。

欲をいえば、パッティングのタッチがものすごく良かった
から、バーディーがもうひとつ…。

この3日間で3パットのボギーがひとつだけでした。

これを忘れないようにしないといけません。

■去年までずっと調子が良かったから、右肩上がりの状態は絶対に続かない。覚悟していた。

1位でいることは、とてもしんどい。

一生懸命、いいことばかりを考えようと思っても、そういうことは難しい。

これから年齢を重ねるわけだし、ゆっくりと下がりたい。今だからいえることですけど、それが正直な気持ちです。

■悪いときは、どんなに努力を重ねてもすぐにはいい方向へ行かない。でも、あきらめてはダメ。

どん底から這い上がると、人間はもっと強くなりますよ。

 

■7年間の願いがようやく叶います。心からうれしい。

そういうことを考えると、私って、ストーリーのある選手なんですね。

(正式LPGA会員の承認にたいして)

2R:35+35=70(-3)
10:00アウトスタート
出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E3%82%A4%E3%83%9C%E3%83%9F&imageId=170923

2Rは3バーディー、ノーボギー、8アンダーで首位をキープしました。完全復活と言っていいでしょうね。

 

イボミのコメントから判断すれば、コースマネジメントの冴えが戻り、勝負勘も女王に戻ったということでしょう。

 

得意のアプローチショットの落としどころが復活を物語っています。

 

マネジメントはプロゴルファーの真の実力だと思います。

 

1ホールごとにイメージを膨らまし、自分との戦いにも打ち勝ち、実行できるショットの精度もキープしながら18ホールを戦います。

 

その結果「優勝」ご褒美が待っているのです。

 

イボミは知り尽くしています。その瞬間を日本で20回も経験していますからね。

 

今季初勝利へ向けて、2年連続賞金女王の復活の日が明日みることができます。

さー!!劇的復活Vに向かってのカウントダウンが始まりました。

イ・ボミのコメント:引用:LPGA

■私から、ギャラリーへ素晴らしいプレーを届けたい。

それが心配をかけたお返しになります。とにかく優勝が欲しい。

 

■やっぱり、ノーボギーは素晴らしいと思う。ショットがイメージしたところにボールが落ちた。特にアプローチが楽しい。

 

■昨晩の雨で、距離でいうと1センチぐらい、グリーンが重い感じ。
きょうもピンチはあったけど、我慢を続けた。

それが最後に気持ちのいいバーディーにつながったのでしょうね。

 

■今年はラフが深い。だから、グリーンからボールがこぼれ
た時を想定して、たくさんアプローチを練習した成果が出た。

 

■下りは難しくなるので、上りのアプローチができるように外す位置を考えたマネジメントが決まった。

 

■明日は、自分を信じていきたい。今年は今回の前までラッキーなど全くなし。忘れましょう。だから、最終日は昨日と、今日のゴルフだけをイメージする。

 

■たとえ、ボギーが出てももうすぐ1歳おとなになるのだから-と楽な気持ちでプレーしましょう。

でも、考え方はおとなになっても、本音は27歳に戻りたいと願っている。

1R:31+37=68(-5)
10:15アウトスタート。
出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E3%82%A4%E3%83%9C%E3%83%9F&imageId=170880

あの笑顔が戻ってきました。

シーズン序盤からショットの不調で、スランプを招いていたイ・ボミが今季初の首位発進です。復調予言が的中しました。

 

大会連覇と今季初優勝に向けての好発進です。

 

28歳で迎える最後の大会は、10:15のアウトからのスタートです。

 

1番は2メートルを決めての、バーディー発進、7番からの3連続バーディーは圧巻です。

 

4メートル、10メートル、3メートルを沈め、9番を終え5バーディー、ボギーなしの5アンダー。久しぶりのイ・ボミのゴルフです。

 

15番でピン上10メートルから3パットし初ボギー。

 

でも18番パー5でバーディ、6バーディ1ボギー5アンダーで首位のスタートです。

 

イボミが第1ラウンドで首位に立つのは昨年6月のアース・モンダミン・カップ以来、1年2カ月ぶりですね。

イ・ボミのコメント:引用:LPGA

■スコアボードに私の名前がある。きょう一番、うれしかったこと
はそれですね。

■思い通りのショットができた。

勇気をもって。今まではミスを恐れて、逃げてばかりいた。今年最高のラウンドだと思う。

■ショットを打つ前にいろいろと考え、それがうまくいかないから、グリーン上でもまた考えた。

そうなると、パッティングで集中力がなくなる。スコアが伸びないのも当然です。

今だから、そう話せるけど、結果が出ない時は、ホテルの部屋へ帰ってゴルフのことばかりを考え、試合のない休日でもゴルフで悩んでいた。

いけないなぁ、と思っても、気持ちがどんどん下がっていった。

■全く影響がなかった。
(ボギー後)次のホールでチャンスをつくればいい。いや、つくれると自然に思えた。

18番、5メートルのバーディーで締めくくれたのは、前向きでいられたからでしょう。

締めの言葉は・・・
■去年の後半戦のような、いい感覚になっている。でした。

【8月17日】
2016年4勝目の
「ディフェンディングチャンピオン」として
臨む、
CAT Ladies。(8月21日:誕生日優勝)

スイングのリズムが崩れ、前半戦はスランプ状態が続きました。

 

しかし、
前週は7位タイ(-7)と久しぶりのベスト
10に入りましたね。

 

それは、LPGA相談役樋口久子さんから・・・

 

「考えすぎないこと。シンプル・イズ・ベストでプレーを心がける」とアドバイスを受けたそうです。

 

今大会で、復活、連覇となるような予感がします。それは、イボミのコメントです。

 

スランプから学んだことは、自分自身を客観的に見ることだったのでは。

 

強くて、可愛くて、優しい。イ・ボミのゴルフから学ぶ事は沢山ありますね。

イボミのコメント:引用:LPGA

■28歳、最後の試合です。

あとから、28歳って良かった-と思いたい。だから頑張る。勝ちたいです。

■ゴルフは練習するものが多い。

何を大事にしたらいいのか、わからなくなった。

練習場でいいショットが打てなければ、これだと思うまで集中して続ける。

次に、パッティング練習を行い、そうすると体が疲れているから、うまくいかない。

結局、あちらが立てば、こちらが立たず…。悪いほうへ悪いほうへ向かってしまう。

■自分では、天性の感覚が備わっている、と思っていた。

でも、振り返ってみると、努力に努力を重ねてここまできたのです。

たくさん練習をしないと私の自信にはならなかったから。よくよく考えれば、韓国で賞金女王になった翌年も、今回のような感じでした。

 

調子が悪いからもっと練習をしようと…。結局、それではうまくいかない。最近はシンプルに物事を考えられるようになったし、少しだけ余裕も出てきた。

 

■私としては、あしたにでも優勝したいところです。

【データ】

■フェアウエーキープ
FR: 11/14(78.57%)
2R: 13/14(92.85%)
1R: 12/14(85.71%)

■パット数
FR:26
2R:27
1R:30

■パーオン数
FR:13/18(72.22%)
2R:12/18(66.66%)
1R:16/18(88.88%)

2017年のイ・ボミのゴルフの目標

平均ストローク:60台

【par5でのバーディ数】

24戦:

FR:個  通算個
2R:1個  通算61個
1R:3個  通算60個

23戦:5個 通算57個
22戦:1個 通算52個
21戦:休み
20戦:5個 通算50個
19戦:3個 通算45個
18戦:休み
17戦:6個 通算42個
16戦:5個 通算36個
15戦:2個 通算31個
14戦:お休み
13戦:3個 通算29個
12戦:3個 通算26個
11戦:1個 通算23個
10戦:2個 通算22個

9戦:お休み
8戦:4個 通算20個
7戦:2個 通算16個
6戦:お休み
5戦:お休み
4戦:2個 通算:14個
3戦:6個 通算:12個
2戦:4個 通算:6個
1戦:2個

イ・ボミの今季の成績

参考資料:
2016年のイボミ成績
優勝

 

スポンサードリンク

最後までお読みいただきありがとうございます。