イボミの2016年公式記録(データ)

イボミ2016年の成績公式データです。

賞金女王に輝いたイボミのパーセーブ率、リカバリー率、平均ストローク、パーオン率の公式記録を紹介します。

強くて、可愛くて、やさしいイボミ。強さは数値に現れ、その裏に強さの秘密が隠されています。

イ・ボミの2016年。連続賞金女王の記録。

獲得賞金:1位

¥175,869,764

年間優勝数:5回

  1. ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ
  2. アース・モンダミンカップ
  3. meiji カップ
  4. CAT Ladies
  5. 伊藤園レディスゴルフトーナメント

 

  • メルセデス・ランキング:1位

    623.01pt

    • 年間獲得賞金:1位

    ¥175,869,764

    • 平均ストローク:1位(目標の60台に)

    70.0922

    • パーオン率:1位

    74.4694

    • 平均パット数:3位

    1.7718

    • パーセーブ率:1位

    91.0112

    • イーグル数:28位

    2個

    • 平均バーディー数:3位

    3.6067(5位~3位へ)

    • リカバリー率:1位

    72.8606

    イ・ボミの注目公式記録項目

    特に注目したい項目はパーセーブ率です。18ホールで1個のボギーを叩くと約94%になります。

    ボギー数をいかに叩かないか。強い選手、常に優勝争いをしている選手はボギーを打たかないのです。

    1日1個のボギーレベルに近づけているのがイボミの強さの証ですね。

    パーセーブ率

    パーかそれより良いスコアを獲得する率。

    【(パーセーブホール数÷総ホール数)×100】のランキングです。
    ※規定ラウンド数を満たしている選手のみ対象

    リカバリー率

    パーオンしないホールでパーかそれより良いスコアを獲得する率のランキングです。
    ※規定ラウンド数を満たしている選手のみ対象

    注目のリカバリー率です。

    パーセーブ率が上がるということは、アプローチとパターの技術が優れていることですから結果的にリカバリー率は上がります。

    イボミ選手のリカバリー率の推移

    • 2012年:24位:63.1579
    • 2013年:10位:66.4179
    • 2014年:9位:67.1642
    • 2015年:6位:66.5272
    • 2016年:1位:72.8606

    急激な伸び率です。

    イボミ選手が強いのはリカバリー率を上げる練習すなわちアプローチの精度を高めていたのです。

    1R中にグリーンを外す4回~5回を集中してリカバリーし、実践でその感覚を養ってきました。

    次は平均ストロークです。

    2016年の目標の一つとして、「70台を切る」ことを宣言しています。

    しかし、結果は70.0922 。夏前は60台でした。しかし秋へと季節が変わり天候しだいではスコアが左右されます。

    やはり、70台を切ることはできませんでした。

    平均ストローク

    1ラウンド当たりの平均ストローク数

    【(ストローク数×72÷コース所定パー)÷ラウンド数】のランキングです。
    ※規定ラウンド数を満たしている選手のみ対象

    最後は、パーオン率です。

    このパーオン率が高いことはフェアウエーを外していないドライバーショットのフェアウエーキープ率と直結しています。

    再現性が高くリズムが一定なのが曲がらないショットを生むイボミの秘訣なのです。

    パーオン率

    パーオンをする率(パー4での1オン、パー5での2オンを含む)
    【(パーオンホール数÷総ホール数)×100】のランキングです。
    ※規定ラウンド数を満たしている選手のみ対象

    スポンサード




    まとめ。

    とにかく連続賞金女王になることは快挙です。

    2011年に日本参戦し日本語も解らないながらも仲間に入りゴルフ関係の取材にも積極的に応えて日本語をマスターしてきました。

    それはとても大変なことですが、それでも努力して日本の賞金女王になりました。

    いつまでも頑張って活躍してほしい選手です。